新築予定の方必見!コンセントの配置で失敗しないポイントは

新築した方のお話を聞くと、コンセントの位置を失敗したと口にする方が多くいらっしゃいます。

何気なく使っているコンセントですが、使い勝手を計算されて設置されていることが一般的です。

失敗したと感じる方が多いのは、それほどコンセントの配置というのは難しく、住み始めた後の生活を想像しながら配置する箇所を決める必要があるためです。

今回は、新築時にコンセントの配置を決める際のポイントをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築と中古のメリット・デメリット!一戸建てのおすすめは?

一戸建てへの住宅に引っ越しを考えている方が最初に悩むことは、新築または中古、どちらの一戸建てを購...

マンションの火災報知器が義務化になった訳や止め方をご紹介

マンションで火災報知器の非常ベルが鳴ると、マンション内で火災が起こったのかと不安になるでしょう。...

賃貸アパートは世帯主と契約者が一致していないといけない?

賃貸アパートに住んでいる方の中には、何かの書類を提出する際に「世帯主」を問われることもあるでしょ...

アパートを借りる時保証会社を利用!緊急連絡先は何のため?

アパートなどの賃貸住宅を借りる際に、保証会社を利用することがあるでしょう。この保証会社を利用...

修繕積立金の値上げに反対された!大家はどう説得すべき?

大家さんにとって、管理するマンションの修繕費用の工面は悩みですよね。修繕積立金を値上げしたくても...

コレで不安解消!アパートの家賃が安い理由を解き明かす

賃貸物件の中でも、特に家賃が安い条件と言えば、アパートタイプ。新築で部屋も広いのに家賃が安い...

アパートのお風呂の排水溝が詰まった!どう対処すればいい?

アパートに住んでいて、お風呂の排水溝が詰まってしまった、という経験を持つ方は多いです。掃除をし...

高層マンションで地震に遭遇したら!揺れはどれくらい?

高層マンションは、誰もが一度は憧れますよね。マンションを選ぶ際には、高層か低層かで、値段も大きく...

増築して二世帯住宅に渡り廊下をつけるかつけないか

親世帯、あるいは子世帯との同居を検討する時に、皆さんはどんなことを考えますか?「1階と2階で...

アパートの契約名義変更の手数料・意外とかさむその理由!

アパートなどの賃貸物件に住んでいる間に、様々な理由で契約の名義変更をしたい状況に遭遇する場合がありま...

アパートの「更新手数料」は支払い義務あり?その相場は?

アパートに住んでいると、2年に1度くらいの割合で更新手続きの通知がきます。「このまま住み続け...

アパートの雨漏りトラブル!家賃を払わないのは正当な主張か

厄介なアパートの雨漏り。原因を調べて適切な補修をするまでポタポタは止まらず、邪魔な養生は外れ...

アパート暮らしでお風呂の時間は何時まで?もし苦情が来たら

壁が薄いアパートだと、シャワーを浴びている音がはっきりと隣や階下に聞こえてしまうことがあります。...

アパートの駐車場に無断で駐車されたら!?適切な対処法とは

アパートのような集合住宅は、トラブルが発生してしまうことも多いです。駐車場に、まったく知らない...

アパートを解約するとき、賃料を「日割り清算する」とは?

引っ越しすることが決まって、アパートを解約するときは、やるべきことがたくさんあります。解約の...

スポンサーリンク

新築で多いコンセントの失敗例とは

新築した時は、部屋には何もない状態です。

しかし、家具や家電製品を設置していくと、コンセントが必要となるのもがだんだんと増えていきます。

その時に「コンセントの位置に失敗した」と感じる方が多いようです。

では具体的に、どのような時に失敗したと感じるのでしょうか。

●コンセントの数が足りない

コンセントを多めに配置したつもりでも、家電製品が集中している場所ではコンセントが不足してしまう事態も起こります。

この場合、3つ口コンセントやタコ足配線で対応している方が多いようです。

●家具でコンセントが隠れる

あまり考えずにコンセントを配置すると、大きな家具で隠れてしまうことがあります。

コンセントを避けるように家具の配置を決めるのは現実的ではありません。

●使わないコンセントがある

よく考えて配置したけれど、まったく使用しないコンセントがあることも多いです。

コンセントの設置には費用がかかりますから、無駄になってしまっては勿体ないですね。

以上のようなコンセントの失敗は非常に多く、該当する方も多くいらっしゃるでしょう。

次項からは、失敗しないコンセントの配置決めのポイントをご紹介していきます。

コンセントで失敗しないために!間取りを活用する

新築する流れでは、間取りなどがある程度決まってから、コンセントの配置を決めることとなります。

そこで、コンセントの配置を失敗しないために、家の間取りを活用しましょう。

間取りの上に家具を置いてみて、どの場所にコンセントが必要となるのか、間取り全体の家具の位置を把握するのです。

まだ家具が決まってない方は、テレビやレコーダーなど、まず必要になるものだけでも配置してみましょう。

すると、おのずとコンセントが必要になる場所が見えてくるはずです。

例えば、子供部屋で考えてみましょう。

まず、学習机とベッドの位置を決め、そのすぐ近くにコンセントを配置します。

学習机はライトが必要なので、すぐそばにコンセントが必要ですよね。

ベッド周辺では携帯電話などを充電するためにコンセントが必要ですが、ベッドの真上ではコードが届きづらいため、少し離して配置する必要があります。

このように、家のどこに家具を置くか、コンセントで失敗しないためにも、ある程度は最初に決めておく必要があるのです。

テレビと周辺機器の数を把握しておこう

先ほど、間取りに家具を配置してコンセントの数を把握するとお伝えしましたが、テレビのまわりは特に気を付けなければなりません。

テレビには周辺機器がたくさんあるためです。

テレビのまわりには、レコーダーやースピーカー、ゲーム機器などが置いてあることが多く、それらはすべてコンセントを必要とするものです。

そのため、前もって必要となるコンセントの数をきちんと把握しておく必要があります。

そして、これからテレビを置くであろう部屋のコンセントにも注意が必要です。

今はまだ設置がなくても、将来的にテレビやレコーダー、ゲーム機器などを置くことも考えられます。

新築の際はなかなか把握しづらいですが、よく考えてコンセントの配置を行ってください。

また、インターネットの環境が整った住宅では、モデムや家庭LANのためのコンセントも必要になります。

無線にするか有線にするかは住人により異なりますが、有線の場合は各部屋に配線を通さなければなりません。

昨今では、ルーター専用の置き場所がある住宅メーカーも多くありますが、それがない場合は、自分でルーター用のコンセントを増やす必要があるのです。

テレビまわり、モデムまわりはコンセントの数に失敗すると、タコ足配線などでコードが乱雑になりがちなので注意しましょう。

掃除機でコンセントの配置を決めると失敗を避けられる

間取りに家具を置いて、ある程度のコンセントの配置が終わったら、残りのコンセントの位置を考えていきましょう。

新築でコンセントの配置に失敗しないためのポイントとして、掃除機を使う際に不便さがないかを確認してみるのも良いでしょう。

部屋で掃除機をかけるならどこにコンセントが必要か、などと意識して配置すると、まんべんなくコンセントの配置が行えるのです。

コンセントはどうしてもテレビまわりや家具まわりに偏りがちになります。

しかし、掃除機をかけることを想像すると、数メートル以内にコンセントが設置できるようになるため、延長コードの必要がなくなるのです。

延長コードは足に引っ掛けて転倒する恐れがあり、小さな子供のいる家庭では特に注意が必要です。

コードレス掃除機を愛用している方も、コードの掃除機をかけると想像しながら、コンセントの配置を行っておくと良いでしょう。

新築のコンセントはここにも必要!

新築に配置するコンセントは、上記のポイントを押さえれば、失敗することはあまり考えられません。

そこでここでは、コンセントが「あって良かった」と思えるおすすめの設置場所をご紹介します。

コンセントは後付けすることが難しいため、前もって検討しましょう。

●納戸

3~4畳ある大き目の納戸も珍しくありません。

のちのち、納戸を書斎として使うことも考えられますので、パソコンやプリンター用のコンセントが必要となる場合もあるでしょう。

また、小さめの納戸であっても、コードレス掃除機の充電にコンセントが必要となることもあります。

2口のコンセントがあれば、安心できるでしょう。

●玄関の靴箱の上

靴箱が腰ぐらいの高さであれば、デジタルフォトフレームや、クリスマスツリーなど季節もののイルミネーションを楽しむことができます。

また、水槽を設置することも可能でしょう。

玄関を快適にしたり、おしゃれに演出するには、コンセントは1つあった方が良いですね。

憧れの新築!家の外のコンセントにも目を向けよう

よくクリスマスの時期などに、イルミネーションで住宅を飾っているのを見かけますよね。

新築したらイルミネーションなど、さまざまな形で季節のイベントを楽しみたいという方も多くいらっしゃるでしょう。

そのような場合、家の外のコンセントにも目を向けてみましょう。

コンセントと聞くと家の中をメインに考えてしまいますが、家の外でも電気を使用するものは意外と多いのです。

家の外に配置するコンセントは「屋外コンセント」と呼びます。

例えば、給湯器や浄化槽、電気自動車などは屋外コンセントが必要になります。

家庭によっては、草刈り機や高圧洗浄機でコンセントを必要とすることもあるでしょう。

また、庭をライトで照らしたい場合にも、コンセントが必要になります。

広いベランダがあるお宅では、ベランダに屋外コンセントを設置すれば、イルミネーションなど飾ることもでき、用途の幅が広がります。

新築のコンセントで失敗しないためには、家の中だけでなく、家の外にも目を向けることが重要です。

新築のコンセントはよく考えて配置しよう

今回は、新築のコンセントの配置で失敗しないためのポイントを中心にご紹介してきました。

間取りができあがっているようであれば、家具を配置してその周辺にコンセントを置くようにしましょう。

また、掃除機の動線を考えながら、残りのコンセントをバランスよく配置していきましょう。

場合によっては家の外に屋外コンセントを増やし、快適で理想の新築を作り上げてください。