借地借家法等の法律は宅建に必須!わかりやすい覚え方を解説

アパートの大家さんの中には、宅建の資格を取るかどうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

宅建がなくてもアパート経営に支障はありませんが、あると不動産に関しての知識が増えるので役に立てることはできるでしょう。

しかし、宅建の試験では「借地借家法」などの法律問題も出題されますので、この分野の勉強が必須といえます。

そこで当記事では、宅建の試験内容でもある借地借家法を中心に、わかりやすい覚え方などについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓のストッパーは100均ショップのものでも十分!

防犯対策を考えていて、「窓にストッパーを付けたらどうだろう」と思ったことはありませんか。窓の...

家賃を滞納すると保証会社はどのような取り立てをするのか?

昨今は、不動産会社の仲介で賃貸契約を結ぶ際に、連帯保証人ではなく、保証会社との保証契約を条件とする...

BSを契約してない方も必見!高画質ハイビジョン番組が見れる

現在、BSでは高画質なハイビジョン番組が見れると人気です。同じく人気のCSに比べ、視聴料が基...

家屋調査はリハビリ職にとって算定を取る有効なアプローチ

家屋調査とは、入院や入所している人に対して、病院や施設のリハビリスタッフが家に出向き、身体に障害を...

東日本でフレッツ光を解約する際の撤去工事や費用は?

光回線を使っていても、事情が変われば、解約する必要が出てきますよね。しかし、フレッツ光などの...

家賃が高いと生活が大変?一人暮らしの家賃相場は?

「これから一人暮らしを始めよう!」とアパート探しを行っている方もいることでしょうそのような方で...

礼金に消費税がかからないのは居住用賃貸物件だけなのか

新たに賃貸物件を借りる際に初期費用として礼金を支払う場合があります。マンションやアパート...

【アパート経営】エアコン等・設備の修理代は絶対貸主負担?

アパート経営を始めてまもない新米オーナーさんにとって、高額な設備の修理代や交換費用などの出費は悩まし...

賃貸の畳の交換するときの費用は借主と貸し主どちらの負担?

賃貸物件にお住まいの方で、和室がある方もいらっしゃいますよね。近年では、フローリング人気に押...

借主の敷金の精算をしたい!知ってもらいたい仕訳の仕方

あなたがアパートやマンションの貸主の場合、借主が退去する際に、敷金の精算が必要になります。返...

窓にプラスアルファの効果!ガラスフィルムのきれいな貼り方

ガラスフィルムは、窓ガラスに貼ることで、いろいろな効果が得られるフィルムのことです。最近では...

窓の額縁にカビや腐食が!木枠の傷みは交換して解消する

家の窓の中で部屋の位置によって、結露しやすい窓というものがあります。主に北側に面した窓で...

家賃の振込手数料を少しでも安くするコツとは!?

家賃の振込手数料を安くするコツを把握しておくと、一年間あたりの節約効果は大きくなります。引越...

長期に渡る家賃滞納者への対処法は?裁判所を通して解決!

長期に渡る家賃滞納者への対応は、賃貸経営者にとって悩みの種ではないでしょうか?家賃滞納者に対...

賃貸アパートの畳の部屋にベッドを置いても大丈夫?対策は?

賃貸アパートの中には、洋室ではなく、畳の部屋があることは珍しくないですよね。畳の部屋は布団を...

スポンサーリンク

宅建とは何?宅建士になるとどんな仕事をするの?

アパートの大家さんたちの中には、「宅建の資格を取ったほうが良いのかな?」と悩む方もいるでしょう。

実際は、宅建の資格がなくてもアパート経営には支障がありませんので、取得しなくても特に問題はありません。

ですが、宅建の資格を取ることで不動産に対する知識が増えますので、ほかの事業に目を向けることも可能です。

宅建の資格を取得することで、どんなことができるかをまずはお話ししましょう。

はじめに宅建とは、「宅地建物取引士」の略称で、宅建士ともいわれています。

この資格は国家資格の一つで、年に1回のみ受験することができ、毎年20万人近くが受験します。

宅建の資格試験に合格すると、宅建士として働くことが可能です。

賃貸物件のあっせんの前に、その土地や建物について専門知識のないお客様にわかりやすい説明をすることができるようになるのです。

そのため、自分でも不動産業を営むことができるので、委託せずに自分のアパートの入居者を募集することが可能になります。

さらに、ほかのアパートの仲介もすることができ、不動産売買をはじめることができるので、事業の幅も広がりますね。

ですから、アパート経営に宅建がなくても支障はありませんが、持っていて損をするということはありません。

ぜひ、大家さんも宅建の資格試験に受験してみてはいかがでしょう。

その際は、借地借家法などの法律問題も宅建の試験で出題されますので、その勉強をしておくことが大切です。

資格試験については、次項でお話ししていきましょう。

宅建の試験内容の一つ!借地借家法とは何?

大家さんも宅建の資格を持つことで、できる事業の幅を広げられますので、ぜひ資格の取得を目指してみてはいかがでしょう。

受験しようと考えるのであれば、やはり勉強しておくことが大切です。

ここではまず、宅建の試験内容についてお話ししましょう。

宅建は、全問マークシート方式で50問出題されます。

どのような問題が出されるかというと、以下のとおりです。

・民法等(14問)
・宅建業法(20問)
・法令上の制限(8問)
・その他関連知識(8問)

この中で特に出題されやすいものが、「借地借家法」という法律です。

では、この借地借家法とはどのような法律なのでしょうか。

これは、借地権および建物の賃貸借契約等に関して特別な定めをする法律をいいます。

具体的にご説明すると、借地権の存続期間や効力等や、建物の賃貸借契約の更新や効力などについて、借地権者や建物の賃借人に不利にならないよう、一定の制限がこの法律の中で定められているのです。

少々複雑なため、覚えるのに苦戦する方も多いです。

そんなとき、「わかりやすい覚え方はないかなぁ」と思うこともあるでしょう。

そこで次項では、借地借家法をきちんと理解するための覚え方についてお話をしていきます。

借地借家法のわかりやすい覚え方①下準備

それではここから、宅建の試験内容の一つ、借地借家法のわかりやすい覚え方についてお話をしていきます。

きちんと理解し、わかりやすく覚えていくためには、3つのステップを踏みます。

1つめのステップは、「下準備」です。

料理でも下準備をするように、勉強でもまずは下準備からはじめてみましょう。

ここでの下準備は、借地借家法の用語や法律的な言い回しに慣れることです。

試験に合格するためには、試験問題の内容を理解することが重要です。

しかし、一つ一つの用語に慣れていなくて理解していないと、問題が書いてあることも理解できなければ、答えることもできませんよね。

ですから、まずは法律用語に慣れることからはじめるのです。

借地借家法であれば、「借地権」や「借家権」などが挙げられますね。

これらの用語を理解することで、借地借家法の法律を理解することにもつながりますので、一つ一つの用語を押さえていきましょう。

六法全書などを読んで慣れるのも良いですが、法律に関する書籍によってはわかりやすく解説しているものもあります。

自分が読みやすいものを選んで、用語に慣れていきましょう。

借地借家法のわかりやすい覚え方②インプット

下準備がある程度できたら、2つめのステップ「インプット」に移りましょう。

ここでのインプットは、宅建のテキストを読み、練習問題を解いていくことです。

借地借家法などの民法は暗記が多くなりますので、以下のポイントを意識すると頭に入りやすいですよ。

・覚えていくもの同士を、「流れ」「関係性」「比較」で関連づけていくこと

例えば借地借家法であれば、民法の賃貸借・借地借家法の借地・借地借家法の借家における存続期間や終了、更新、対抗要件などを比較していくと、暗記しやすくなります。

インプットでは何より、自分にとってわかりやすいテキストを選ぶことが重要です。

自分に合わないテキストでは、勉強がはかどらなくなってしまうこともありますから、「勉強するのが楽しみ!」と思わせてくれるようなテキストを選ぶようにしてください。

借地借家法のわかりやすい覚え方③アウトプット

借地借家法のわかりやすい覚え方の3つめのステップが、「アウトプット」です。

借地借家法をわかりやすく覚えるためには、アウトプット、つまり過去問を解くことが大切です。

高校や大学受験、そのほかの資格試験でも同じですが、やはり過去問を解くことでより用語への理解が深まります。

もし、過去問の試験問題の内容がわからなければ勉強不足な箇所も確認できますし、すらすらと解けるようであれば自分が理解している証にもなります。

自分がどの程度まで理解できているかを、過去問を解くことで確認してみてください。

わからない箇所があった場合は、その部分をまた1つめのステップから覚えていくようにしましょう。

さらに過去問では、実際の宅建の試験がどのように出題されるかも確認できますから、何問か解いていくうちに試験のコツをつかめるかもしれません。

過去問で自分の勉強を確認するとともに、宅建の試験形式の予習をしておきましょう。

宅建に合格するには!楽することはしない

宅建の試験内容の一つでもある、借地借家法のわかりやすい覚え方についてお話をしてきました。

もちろん借地借家法だけでなく、ほかの法律もご紹介した3つのステップを踏むことで、しっかりと頭で覚えることができるでしょう。

語呂合わせなどで暗記する方法もありますが、その用語自体の意味を理解しておかないと、語呂にしても「その用語の意味は何だったっけ?」となる場合もあります。

特に、宅建では民法などの法律が多く絡んできますから、曖昧に覚えるのは危険です。

地道に努力して覚えることで身につきますから、楽して勉強をするのではなく、ご紹介した3つのステップを踏んで法律の内容を理解するようにしてください。

そして、年に一度しかない宅建の受験に、無事に合格できるようにしましょう。

大家さんも宅建の資格を目指そう!

アパートの大家さんも、宅建の資格を取得することでほかの事業にも目を向けることができます。

もし、宅建の資格試験に挑むのであれば、試験内容でもある法律などの勉強をしなくてはなりません。

ここでは特に、借地借家法についてお話をしてきましたが、ほかの法律でも同じ覚え方をすると良いでしょう。

年に一度しかない宅建の資格試験に向けて、ご紹介した3つのステップを踏んで法律の勉強に励んでみてください。