ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

窓用のエアコンで部屋が冷えないときの対処方法

2019.2.3

夏場は部屋の窓際が特に暑くなります。

そのため、窓付近にエアコンを設置している家がほとんどですが、エアコンにも様々な種類があり、窓に直接取り付けする窓用のエアコンもあります。

しかし、窓用エアコンは通常のエアコンに比べて、部屋の中がなかなか冷えないという傾向があります。

それは何故なのでしょうか?

窓用エアコンのメリットとデメリット、窓用エアコンが効かないときの対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

BS室内アンテナが映らない場合に確認すべき3つのポイント

BS室内アンテナは、屋外アンテナに比べて手軽に設置できるという利点があり、特に一人暮らしの方に利用...

外壁材のalcってどんなコンクリート?違いはどこにある?

マンションの建設にあたり、外壁材にalcをすすめられたけれど、alcとは何なのかが、よく分からないで...

着信音のベルはどんな音?電話の着信音の歌は使う人の個性

皆さんの家では電話のベルはどんな呼び出しの音がしますか。 携帯電話やスマートフォンでは、着信音...

ウォシュレットの水漏れの原因は?ノズルは綺麗に保とう

現代では当たり前になりつつあるウォシュレット。 海外からも注目されていますよね。 ある調査に...

断熱や防犯など機能を高めるための窓の交換はDIYで出来る!

家の中での窓の役割は大きく、冷暖房のポイントも窓です。 窓の断熱効果が高ければ、効率よく部屋を...

リフォーム営業経験者が語る!好感度アップするトークのコツ

「営業は天職だ。」そんなふうに言える方は少ないかもしれません。 努力してねばって、だんだんコツ...

建築基準法での床面積の計算に吹き抜け部分はどうなるのか?

建築基準法の中で、重要な部分になるひとつに「床面積」があります。 建ぺい率や容積率などとい...

窓の断熱効果を高めて快適な生活を!100均グッズでプチDIY!

日本では季節ごとに気温も変わりますので、夏は暑く冬は寒い気温の中で生活します。 外だけではなく...

不動産はアナログが主流!デジタル化は進むのか?例をご紹介

アナログとデジタルの違いについてみなさんは説明できますでしょうか? 多くの人は、新しいか古い、...

受信料絶対払うの?BS契約対応マンションでの心得・相談窓口

BSチャンネルを見ていないのに、衛生契約の受信料を支払わなければいけないというのは、納得できない...

軽量鉄骨と重量鉄骨の耐用年数は?両者を扱うパナホームとは

建物を建てる際に使用する鉄骨には、重量鉄骨と軽量鉄骨があります。 耐用年数をはじめ、それぞ...

家賃を滞納した場合どの位の期間で保証人に連絡がいくのか

アパートやマンションを借りる場合、まず入居の為の審査があります。 審査条件として特別な場合を除...

増え続ける家賃未払い問題!裁判で家賃を回収するために!

不安定な雇用や景気の低迷によって、家賃未払い問題は深刻な社会問題となっています。 家賃の未払い...

定められている基本的な窓の寸法と規格について再確認しよう

部屋を借りたいと考えている人たちが重要視するポイントは幾つかありますが、部屋を見た瞬間の第一印象...

濡縁キットを使った作り方!基本的な材料が揃っていて便利!

季節を選ばず、景色を楽しみながらほっとできるのが縁側です。 そして、縁側の一種である濡縁(ぬれ...

スポンサーリンク

窓用エアコンとは

最近は、温暖化の影響で夏場は特に気温が上がり、熱中症を防ぐ為にエアコンの使用が呼びかけられています。

まず、窓用エアコン部屋が冷えない対処方法についてご説明する前に、窓用エアコンについて詳しくご紹介します。

一般家庭で使用されるエアコンは大きく分けて壁掛け、床置き、窓用の3種類に分かれます。

そのなかで、家庭で使用されるエアコンのほとんどが壁掛けタイプのエアコンですが、そんな壁掛けのエアコンと窓用エアコンとの違いはどんなところにあるのでしょうか?

まず、窓用のエアコンの最大の特徴は、窓に直接エアコンを取り付ける構造になっていることです。

そして、壁掛け用のエアコンとは違い、外に室外機を置く必要がありません。

そのため、窓用エアコンはベランダがない家など、室外機を外に置けない家から一定の需要があります。

そんな窓用のエアコンですが、使用する際のメリットとデメリットはいくつか存在します。

次の項目では、窓用エアコンのメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

窓用エアコンのメリット

前の項目で窓用エアコンの特徴ついてご紹介しましたが、こちらでは窓用エアコンのメリットとデメリットについて詳しくご説明します。

まずは窓用エアコンのメリットについてご紹介します。

・取り付けが簡単

取り付け業者などを使わずに、個人で取り付け・取り外しが可能です。

そして、壁に穴をあけたりする必要もありません。

通常の壁掛けのエアコンなら、取り付け代として数千円~何万かかかる場合もありますが、窓用エアコンは、自分で取り付ければ、取り付け代はかかりません。

そして、前の項目でご紹介したように部屋の外に室外機を置く必要がないので、ベランダがない家でも設置できます。

また、ベランダが狭い家の場合でも、ベランダのスペースを確保できるというメリットがあります。

そんな窓用エアコンですが、最初の項目でご説明したように、壁掛け用のエアコンに比べて部屋の中が冷えないというデメリットもあります。

何故、壁掛けのエアコンより部屋が冷えにくいのでしょうか?

次の項目で、その理由と、窓用エアコンの他のデメリットについて詳しくご紹介します。

窓用エアコンは部屋が十分に冷えない?

次に窓用エアコンのデメリットについてご紹介します。

・部屋が十分に冷えない

窓用エアコンは壁掛けのエアコンに比べてパワーが劣ります。

何故なら壁掛け用のエアコンは10畳以上に対応していますが、窓用エアコンには10畳以上の部屋に対応しているものがないからです。

そのため、窓用エアコンは狭い部屋なら冷気は通りますが、広い部屋は十分に冷えません。

窓用エアコンである程度の広さの部屋を冷やそうとすると、必然的に壁掛けのエアコンより風力あげる事になるので、壁用のエアコンより電気代が高くなる傾向があります。

・部屋のなかでエアコンの音がする

室外機を置く必要がない代わりに室内でエアコンの運転音がするため、音が気になる場合があります。

そして、運転音は外にも聞こるので、隣の家が近い場合には注意が必要です。

・防犯面の不安

窓にエアコンを設置するため、窓を完全に閉めることができません。

そのため、防犯面に心配があることと、窓とエアコンの隙間から小さい虫が入ることがあります。

・窓の外にスペースが必要

室外機を置く必要はありませんが、エアコンの排風スペースが1メートルほど必要です。

以上が窓用のエアコンのデメリットになります。

次に、窓用のエアコンで部屋が冷えない場合の確認事項と対処方法についてご紹介します。

窓用のエアコンで部屋が冷えない原因

前の項目でご紹介したように、窓用のエアコンは通常の壁掛け用のエアコンに比べて部屋の中が冷えない傾向があります。

しかし、エアコンの不具合で部屋が冷えないというケースもあります。

その場合の確認事項と対処方法についてご紹介します。

・吹き出し口が開いているか

エアコンの吹き出し口が閉じていると、冷気が十分に部屋に送り込まれません。

そして、吹き出し口が閉じていることで本体の中にある温度センサーが逆流してきた冷気に反応し、運転を休めてしまうことがあります。

吹き出し口が閉まったまま使用をしていると故障の原因にもなりますので、吹き出し口はしっかり確認しましょう。

そして、吹き出し口の前に荷物が置いてあると、冷気は部屋にいきわたりませんし、冷気がに逆流して温度センサーが誤差を起こす可能性があります。

吹き出し口の前に物を置かないように注意しましょう。

次の項目では、吹き出し口以外の確認事項についてご紹介します。

吹き出し口以外の異常

次に、吹き出し口に異常がないにも関わらず、部屋が冷えない場合の確認事項についてご説明します。

・エアコンの外側が日焼けしていないか?

窓用エアコンは窓に設置しているため、外側の部分は日に当たることになります。

部屋の方角にもよりますが、日当たりの良い部屋の場合は、日が当たりすぎてエアコンが過熱していまい、故障してしまうケースがあります。

それを防ぐ為にも、エアコンに日が当たらないように日よけをつくるなどして対策を講じましょう。

そして、窓用のエアコンと窓の隙間から中の冷気が逃げてしまっていることもあります。

窓用エアコンと窓の隙間はしっかり閉じましょう。

以上のことを確認しても、冷気が弱いなどの不具合があるときは、故障の可能性があるので、修理もしくは交換の手続きを取りましょう。

部屋が冷えないときの対策グッズ

前の項目では、窓用エアコンで部屋が冷えない原因と対処方法についてご紹介しましたが、他にも部屋を涼しくする対策方法をご紹介します。

・扇風機

扇風機は涼しい風を送り込むと同時に、部屋の風通しを良くする効果もあります。

窓を開けて、テーブルの上など部屋のなかのなるべく高い場所に扇風機を置き、扇風機の首を上に向けて回しておくことで、部屋の風通しを良くしてくれます。

部屋の中の風通しが悪いと熱気がこもってしまうため、部屋のなかの風通しを良くすることによって、部屋の熱気を外に逃がしましょう。

・断熱シート

断熱シートを窓に貼ることによって、窓からの熱気を防ぐ効果があります。

窓と窓用エアコンの隙間を防ぐときにも使えます。

・すだれ

断熱シート同様、窓からの熱気を防ぐ効果があります。

そして、窓用エアコンの日焼けを防ぐこともできます。

窓用エアコン以外の断熱対策も

窓用エアコンで部屋が冷えない場合には、以上の事を確認して、それでも部屋の温度が下がらない場合には他の断熱対策が必要となります。

エアコンだけをずっと使用していると電気代もかかってしまいます。

これから夏場は気温が上がっていくと予想されていますので、電気代をなるべくおさえるためにも、エアコンをうまく調節しながら暑さ対策を講じましょう。

 - 建物, 暮らし, 設備