ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

新築住宅の外観で失敗したくない!どこに注意するべき?

2019.9.5

新築住宅を建てることを考えている方の多くは「おしゃれな外観にしたい」と考えていることでしょう。

自分の家なのですから、おしゃれにしたいと考えるのも普通です。

しかし、住宅の外観で失敗や後悔をしてしまう方が多いのも事実です。

新築住宅をこれから建てる上で、失敗・後悔をしないためにどうるすべきかご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

現在住んでいるアパートに立ち退き書面が届いたらどうする?

アパートで暮らしていて、突然立ち退きに関する書面が届いた場合、身に覚えがないと困惑してしまいます...

アパートの照明が故障!交換や修理費用はだれが負担する?

アパートには、エアコンやコンロなど様々な設備が入居前から装備されていることも多いです。 照明も...

新築のカーテンはどう選ぶ?おすすめの機能で生活を豊かに

新築でカーテンを設置する場合、どのようなものを選べば良いのか迷うものです。 一般的に、カーテン...

アパートの名前で入居率が変わる!?決め方のポイント

アパート経営するにあたり、重要視すべきところはたくさんあるかと思いますが、なかなか名前については重要...

アパートの住人から苦情!ドライヤーの音と時間帯トラブル!

アパートなどの集合住宅では、ドライヤーの音も問題になることがあります。 ドライヤーは使用し...

アパートのBSアンテナと、NHK受信料の支払いについて

アパートの設備として、BSアンテナが付いている物件があります。 これは、各部屋で地デジだけでな...

アパートにおける雨漏りの怖さとは?損害賠償の責任について

アパートのトラブルの中でも特に厄介なのが雨漏りです。 大家の立場としては大切な建物が汚損するこ...

なかなか厄介!アパートの契約更新時の保証人の取り扱い

近年、家賃滞納のリスクが多いことからアパート契約時の審査が厳しくなっています。 中でも最も厄介なの...

アパートの入居時の挨拶は必要?一般的にはどうしてる?

アパートに新しく入居する場合、挨拶はするでしょうか? 「挨拶するのは当然!」と思う方がいる一方...

アパートの給湯器に不具合が起きた場合の交換方法等について

アパート、マンションなどの賃貸物件に何年も住んでいると、大なり小なり設備の故障が起こります。 持...

寮がある高校は関東にいくつある?

自宅のまわりに行きたい高校がどうしてもない場合、寮付きの高校を見つけたら、進学できる高校の選択肢...

家屋調査は何のため?新築物件の場合にはいつ来るの?

新築で住宅を購入すると、「家屋調査」というものが行われるのはご存知でしょうか。 一度は耳にした...

アパートでbsが無料で見られる?アンテナなしで見る方法とは

アパートやマンションに住んでいる方で「bs放送を視聴したい」と思っている方もいることでしょう。 ...

マンションの火災報知器は点検しないといけない!?

管理会社目線で、今回は皆さんの周りに必ずある、火災報知器についてご紹介します。 マンションの火災報...

学生寮付きの高校を東京で探すときはココに注意しよう!

地方から東京の高校へ進学する場合、場所にもよりますが実家から高校への毎日の通学は困難です。 そ...

スポンサーリンク

新築住宅の外観は失敗しやすい

新築住宅を建てることを考えると、「おしゃれな外観にしたいな」と考える方が大半でしょう。

外観は、住宅の雰囲気を印象付ける重要なところです。

生活に直結はしないものの、おしゃれにはしておきたいものですよね。

この住宅の外観というのは、外壁に使う物のサンプルを見ながら決めていくのが一般的です。

しかし、サンプルは小さいために、実際に住宅が完成したときのことを考えると、なかなか上手くイメージができないものです。

そのため、完成してから「失敗した」と感じることが多くあるのです。

多くの方は、住宅が完成するまでの間、外観デザインが上手くいったかについて心配でいることが多いようです。

新築住宅の外観を決める要因とは?

そもそも、こだわって作ったはずの新築住宅を「失敗したな」と思わせてしまう要因はどこにあるのでしょうか。

新築住宅の外観は以下の3つによって印象が左右されます。

・住宅の形
・窓の位置
・外壁の色や素材

住宅の間取りで住宅の形が変わり、窓の配置や外壁次第で、外観の印象は大きく変わってきます。

外観を失敗したと感じている方は、窓の配置・選び方について語っている方が多いようです。

次いで多いのは、外壁の色ついてです。

このほかにも、「庇(ひさし)を設けなかった」ということを後悔しているといったことや、近年流行しているキューブ型の住宅にありがちな意見として「雨が直接窓に当たってうるさい」などといったこともあげられます。

外観を失敗してしまいやすくする要因が分かったところで、先ほどご紹介した3つについて、順番に見ていきましょう。

新築の間取りから失敗しない外観を

新築住宅を決めていく中で、最も重要視するのは「間取り」ではないでしょうか。

外観を気にするのはもちろん大切なことではありますが、間取りはその後の生活に直結していくため、「いかに住みやすい住宅になるか」が決まるところです。

ここを失敗してしまうと、のちのち生活がしにくい住宅になってしまうことが考えられます。

そのため、新築住宅の外構を決める際には、まずはこの間取りを決めた後に、外観を決めていくことが一般的です。

大手のハウスメーカーの場合では、元からある商品のタイプに合わせた間取りを考え、その後にその商品に合った外観を決めていきます。

このときに、外観のイメージ図として業者に提示されたものが理想通りであれば、安心感を得ることができますが、そうでないことも考えられます。

しかし、新築住宅を作っていくうえで、素人からしてみれば、間取りを決めるというのは、なかなかイメージがしにくいものでしょう。

そのため、間取りを決めながら外観もおしゃれにしたい場合には、あらかじめ「こんな外観の住宅にしたい」ということを業者に伝えておくことも一つの手段と言えます。

また、間取りを決めたあとから外観について希望を言うことも不可能ではありません。

間取りを決めた後に、外観のイメージ図が提示されても、庇などの長さを変えるといった方法で、間取りを変えずに、外観を変更することが可能な場合があります。

しかし、この方法は、業者によっては追加料金がかかってくることがありますので、あらかじめ確認をしておくことをおすすめします。

窓の位置で外観の失敗・成功が左右される?

新築住宅を決めていく中で、どのような窓を使うか・どこに設置するかということを決めていくでしょう。

この過程が、外観が失敗するか成功するかの分かれ道になります。

よくある例としては、玄関のある位置の壁に引き違い窓が2階部分に並ぶように2つ、一階の玄関と並ぶように1つある住宅です。

このような住宅はお世辞にも「おしゃれ」と思わせることはできないでしょう。

と言うのも、引き違い窓は使い勝手はいいのですが、どうしてもおしゃれには見えにくいのです。

このことに付け加え、2階で横並びになっている窓が目のように見えてしまい、壁に顔があるように見えてしまいます。

人の顔のように見えると、あまりおしゃれに見えないことが多いです。、

そのため、窓を配置する際には、引き違い窓は必要な場所に使うようにし、洗練されたデザインの窓をバランスよく配置することをおすすめします。

外壁の色で新築住宅の外観のイメージが決まる

新築住宅の耐久性を維持するために必要になる外壁の塗装ですが、その色の選び方でも外観を失敗するかどうかが決まってきます。

どのような色を使うかにもよって、住宅のイメージは大きく変わるため、重要なことといえるでしょう。

では、そんな住宅の塗装ですが、どのような色を選ぶことで、失敗が少なくなるのでしょうか。

人気を集めている色は以下の通りです。

①ベージュ…周囲と馴染みやすく、他の色と組み合わせることも容易にできます。

②グレー系…ベージュと同様、周囲に馴染みやすいことから、選ぶ人が増えてきています。

③ブラウン系…濃いものから薄いものと幅広いため、イメージに合うようによく検討する必要があるでしょう。

④ホワイト…清潔感のある色のため、長年人気を集めており、膨張色なので住宅を大きく見せることができる上、庭をより華やかに見せることができます。

⑤ブラック…スタイリッシュで「かっこいい」というイメージを与えやすい色ですが、紫外線による劣化が起きてしまうことがあるため、汚れにくい素材を使う必要があります。

これらに共通しているのは「変色をしにくい」ということです。

しかし、ホワイト・ブラックに関しては、年月とともに汚れが目立ってきてしまうことが考えられますので、留意しておきましょう。

また、住宅の外壁にたくさんの色を使いたくても、3色までにしておくことをおすすめします。

あまり多く色を使うと、ごちゃごちゃしてしまうためです。

・メインカラー
・アソートカラー
・アクセントカラー

といったように使う色を決めておくといいかもしれません。

失敗を少なくするためにも現物を見よう!

ここまで、新築住宅の外観で失敗しないために考えるべきことについて見てきました。

これらのことは、新築住宅について様々決めていく中で、業者とたくさん話し合いを重ねていくことになるでしょう。

しかし、話し合いなどだけでは、上手くイメージができないこともどうしても出てきます。

このような場合には、現物を見てみることが一番です。

近年では、おしゃれな住宅がたくさんあります。

もし、近所に好みに近い住宅がなかったとしても、住宅雑誌やインターネットのサイトでもおしゃれな住宅を見ることはできます。

そのような住宅を参考にしながら外観について考えると失敗が少なくなるかもしれません。

新築住宅の外観で失敗しないために

新築住宅の外観は、「間取り」「窓」「外壁」で決まることが多いです。

ぜひ、当記事でご紹介してきたことを参考にしながら、おしゃれな住宅設計にお役立てください。

その際は、住宅の外観も大切ですが、住宅の住み心地について考えることも忘れないように、心がけてみてください。

 - 一戸建て, 住宅