ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

境界立会いの拒否トラブルはなぜ起こる?立会いのメリットは

2019.8.12

境界確定測量に伴う境界確定では、隣地所有者の立会いがなければ成立しないため、隣地所有者の協力が必要です。

しかし、この境界立会いの依頼には、応じなければならない法的な義務がなく、様々な背景を理由に立会いを拒否するトラブルも増えつつあります。

この記事では、境界立会いの拒否トラブルの原因や、立会いを依頼された側のメリットについてご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

住所の正式な調べ方を知りたい!住所に関するマメ知識

様々な手続きや履歴書、郵便物を出す時、何かと書く機会の多い住所ですが、ご自分の正式な住所をご存知で...

関東は面積に関係なく地価ランキング上位ほど人が集まる

関東と言えば、日本の中心というイメージです。 政治、経済、情報が多く集まっており、面積の割には...

家族の命を守る「擁壁」コンクリート擁壁の耐用年数は?

住宅を購入するときに気を付けたいのは、「擁壁(ようへき)」を作らなくてはならない場合です。 「...

農地転用をする場合注意すべきことは?開発許可の順序とは?

自分が持っている田んぼや畑に、家を建てたり、駐車場として利用したい場合、どのような順序で手続きを...

境界から隣家の塀がはみ出している!中古物件の越境対処法!

新しい住まいに暮らすため、中古物件の購入を検討している方もいることでしょう。 物件購入の際、様...

地目を変更し所有する畑を宅地として利用しよう

「相続で畑を引き継いだものの農業をやるつもりはなく持て余している」、「農家を廃業して他の仕事に就...

地目変更登記の費用はどのくらい?宅地に変更する際の流れ

土地の種類を現す言葉として、「地目」というものがあります。 もし、家を建てる予定の土地が「宅地...

土地の管理には境界杭の設置が大事!その重要性と費用とは

新しい土地を所有する場合、所有者が利用できる土地の範囲を明確にしておく必要があります。 と言う...

擁壁駐車場の費用はどれくらい?費用を抑える方法は?

道路と敷地に段差がある場合、駐車場を作るには擁壁を設置する必要があります。 擁壁を設置するには...

九州7県の面積や人口などの比較から九州について学ぼう

皆さんは、九州についてどのようなことをご存知でしょうか。 九州は、北海道と比較すると約半分程度の面...

自然災害から家を守るには地目に注目!「畑」の地盤は弱い?

いつどこで起こるか分からない自然災害。 家を地震などの自然災害から守るには、家の重要な部分でも...

隣家との境界ブロック塀の基準は?高さはどれくらいがいい?

新しく土地を買って家を建てようとするとき、すでに隣家との境界ブロック塀があったらどうしますか。 ...

境界の測量でのトラブルを回避!立会いで注意すべき点!

土地家屋調査士や業者からある日突然境界測量の立会いを求められたらどうしますか。 測量は場合によ...

地番の調べ方を教えて!地図や検索などおすすめ方法をご紹介

地番をご存知ですか。 地番とは文字通り土地に付与された番号なのですが、不動産関係者でない限り、...

九州の面積の約2倍!広大な北海道の人々の生活実態を学ぶ

日本の最北端に位置する北海道は、九州の約2倍の面積を誇る、日本一大きな都道府県です。 よく、「北海...

スポンサーリンク

境界立会いの拒否トラブルは相隣関係の不仲が背景?

境界確定に伴う境界立会いは、依頼側にとっては非常に重要な合意になるため、滞りなく済ませる必要があります。

しかし、突然立会いの依頼をしても難色を示されることも少なくありません。

境界立会いには法律上応じる義務が伴わないため、依頼された側には拒否をする権利があります。

そのため、境界立会いの依頼を受けた側は、隣の土地の境界は無関係だと決め込んだり、忙しい時間を割いてまで、わざわざ協力をする必要はないと拒否するケースも見られます。

また、多く見られるケースは「相隣関係の不仲」が背景になっているケースです。

例えば、隣家の騒音問題やゴミ出し問題など、社会的なマナーにおいてトラブルがある場合、境界立会いを拒否されるケースがあります。

つまり逆に言えば、相隣関係が良好でさえあれば、このような立会い拒否トラブルは起こりにくいと言えます。

境界立会いの拒否トラブルの原因に測量士や不動産業者が関わることも

境界立会いの拒否トラブルには、依頼された側の主観的な考えや、隣接関係の不仲以外にも、測量士や不動産業者の態度が背景になっているケースもあります。

隣地所有者へ立会いの依頼をする際、まずは測量士や不動産業者が挨拶をしに行くことが一般的です。

しかし、挨拶もなしに勝手に隣地に入っていったり、許可もなく境界周辺に穴を掘ったりするなど、隣地所有者に迷惑をかけるケースがしばしば起こっています。

また、隣地所有者の意見も聞かず、一方的に境界立会いをごり押ししてくるケースもあり、そういった不快感・不信感から、最終的に境界立会いが不調に終わることも少なくありません。

そのため、境界立会いを依頼する側は、隣地所有者に対して真摯な姿勢が求められ、境界立会いを円満な形で進めることが重視されています。

境界立会いの目的は?必要となるケースは様々

これまでに、境界立会いの拒否トラブルにおける原因について見てきました。

ところで、そもそも境界立会いとは何を目的に行われるのでしょうか。

境界立会いとは、境界確定測量に伴う必須事項で、その土地の境界を隣接する所有者で確認し、合意を交わすことを指します。

つまり、将来的な隣地所有者との境界トラブルを未然に防ぐ意味があるのです。

境界確定に伴う境界立会いは、必要となる具体的なケースが様々にありますが、大きく分けると4つ挙げることができます。

①土地の売買

土地の売買契約における成立条件には、売買する土地の「境界確認書」の提出が求められ、境界立会いにおいて隣地所有者の合意が必要になります。

②分筆登記

一筆の土地を複数に分ける「分筆登記」では、前提として、隣地所有者の合意のもとに境界が確定されていることが必要です。

分筆登記を必要とするケースは、土地の一部を売買する場合や、土地を相続人ごとに分ける場合などがあります。

③境界フェンスの設置

境界フェンスなどを設置する場合、境界を巡るトラブルを防止するために、所有する土地の境界を明らかにし、隣地所有者との立会いが求められます。

④境界標の復元

所有地の境界を示す境界標は、経年劣化によって損壊したり、本来の位置からズレてしまう場合があります。

家屋調査士や隣地所有者との立会いのもと、境界標を正確な位置に復元しなければなりません。

以上のように、境界立会いが求められるケースは様々ですが、将来的な境界トラブルを防ぐ目的であることは共通しています。

そのため、境界立会いの理由がどうであれ、その土地の境界は隣接する土地の問題でもあるため、拒否するメリットは基本的にないでしょう。

境界立会いは財産を守ることにつながる

境界立会いが必要になるケースについて見てきましたが、境界立会いは依頼された側にも非常に大きなメリットがあります。

立会いには法的義務が伴わないため、拒否することもできますが、メリットについて知っておいても損はありません。

では、具体的な境界立会いで得られるメリットについて、2つに分けて見ていきましょう。

まず一つ目は、前述している通り、隣接する土地との境界が明確になることです。

隣接する土地との境界が明らかになるため、将来的な境界トラブルを防ぐことができます。

これは、ただ単に厄介なトラブルを防ぐだけではなく、不動産という大切な財産を守るためのメリットとも言えます。

例えば、塀やフェンスが設置されていたとしても、それが必ずしも境界線上にあるとは限りません。

と言うのも、杭などの境界標がなければ、境界が明確になっているとは言えないからです。

境界立会いを行うことで、自分が所有する土地の境界を見直す機会にもつながり、将来的に受け継いでいく土地を守ることができます。

拒否するには勿体ない!無料で境界を見直せる

境界立会いの2つ目のメリットは、無料で境界を明らかにすることができる点です。

境界測量や境界標設置にかかる費用は、基本的に境界立会いを依頼する側が全て負担します。

つまり、境界立会いに協力することで、費用をかけることなく自分の所有地を明確にすることができるのです。

また、境界確定や境界標の設置だけではなく、立会後は「筆界確認書」と「筆界確認図」まで貰うことができます。

「筆界確認書」とは、隣接する土地の境界線について、当事者同士が合意を交わした証明になりますが、それとセットで貰えるのが、土地の境界に関する図面である「筆界確認図」です。

この証明書を貰えるメリットは大きく、これを考えると立会いの拒否は勿体ないと言えます。

境界立会いは他人事じゃない!自分が依頼する側になる可能性も

これまでに、境界立会いのメリットについてご説明してきました。

境界立会いに得られるメリットは大きいですが、隣地所有者からの境界立会いは、別の意味でも他人事とは言えません。

と言うのは、土地を所有している場合、例えば将来、土地の贈与や売却、新しいブロック塀やフェンスの設置など、境界立会いが必要となるケースが出てこないとは限りません。

このようなケースはそう多くあることではありませんが、土地を所有している限り想定しておくべきことです。

今後もし境界立会いが必要になれば、隣地所有者に立会いの協力をお願いしなければなりませんが、仮に過去に立会いを拒否していた場合、隣地に協力を求めることは難しくなります。

したがって、土地の境界立会いは「お互い様」と考えるべきで、もともと相隣関係にトラブルさえなければ、積極的に協力することが望ましいと言えます。

相隣関係が立会いを左右する

境界立会いには法的義務がないため、様々な背景を理由に拒否される場合があります。

しかし、日頃から相隣関係が良好であれば、隣地所有者からの協力を得ることができるでしょう。

また、境界立会いは依頼された側にとっても大きなメリットになります。

境界立会いは「お互い様」と考え、積極的に協力をしていきましょう。

 - 土地, 境界