地目が原野の土地とは?読み方などを知り新築に活かそう

土地ひとつひとつに地目があることをご存知でしょうか。

地目は20種類以上あり、その中のひとつには「原野」というものもあります。

この記事では、「地目」と「原野」の読み方や原野がどんな土地なのかについてお話をし、その土地に新築した際に行う地目変更についてもお話しします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

地目変更しないと田畑を駐車場にできない?その手続きとは?

田畑として使っていた土地を駐車場に変えて活用したい場合、農地である田畑は、農地法で守られています...

隣家との境界ブロック塀の基準は?高さはどれくらいがいい?

新しく土地を買って家を建てようとするとき、すでに隣家との境界ブロック塀があったらどうしますか。...

分筆登記の費用はどのくらい?測量から分筆の相場を解説!

1つの土地を分割する「分筆」は、土地の相続や分譲地の整備など、様々な場面で行われています。し...

住所が違う!?正式住所を検索で知ろう!検索のコツって?

インターネットやSNSの利用が増えて、個人情報の漏洩に対して、以前より神経質になるのも無理のない流...

九州7県の面積や人口などの比較から九州について学ぼう

皆さんは、九州についてどのようなことをご存知でしょうか。九州は、北海道と比較すると約半分程度の面...

隣地との境界の壁はどの位置に設置したら?気になる費用は?

新たに住宅を購入するときに、隣地との境界に壁と作ることもあるでしょう。実は、この境界の壁を作る...

盛土の施工は締固めが肝?盛土の目的について知識を深めよう

盛土は建設において、とても重要な施工です。盛土を行う際は手順を踏まえて施工することになります...

境界の測量でのトラブルを回避!立会いで注意すべき点!

土地家屋調査士や業者からある日突然境界測量の立会いを求められたらどうしますか。測量は場合によ...

地目を変更し所有する畑を宅地として利用しよう

「相続で畑を引き継いだものの農業をやるつもりはなく持て余している」、「農家を廃業して他の仕事に就...

地目が畑の土地に建物を建てる!地目変更の方法とタイミング

新築予定の土地の地目が「畑」になっていることもあるでしょう。地目が畑のままだと建物を建てるこ...

自然災害から家を守るには地目に注目!「畑」の地盤は弱い?

いつどこで起こるか分からない自然災害。家を地震などの自然災害から守るには、家の重要な部分でも...

境界を確定させるためにはどのくらいの費用がかかるの?

土地を始めとする不動産の売却には、境界を確定させるために、測量を行わなければならない場合がありま...

地目の手続きはどう行う?墓地に関わる地目変更を徹底解説

墓地・霊園を新設する際には、「地目変更」も欠かせない手続きの1つです。「地目変更」とは、...

地目が田となっている土地を売却したい!売買での注意点は?

現在の日本では、農家の高齢化により休耕地や耕作放棄地が増えてきています。「後継がいない」「相続...

地目変更登記とは一体何?どんな流れで行うのが一般的?

「地目変更登記」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。土地は、利用する上でその利用目的を決...

スポンサーリンク

そもそも地目って何?読み方は「ちもく」?

土地ひとつひとつには、地目が設定されています。

まず、地目についてご説明をしていきましょう。

地目の読み方は「ちもく」で、土地を利用状況によって区分したものをいい、土地の登記簿に記載されています。

ある土地に家や建物が建っているのであれば、その土地は「宅地」という地目になり、農地であれば「田」もしくは「畑」という地目となっています。

ほかにも、「牧場」や「山林」、「公衆用道路」など20種類以上の地目があるのです。

この地目が、固定資産税の評価や土地の取引価格などに影響を与える場合もありますので、もし所有する土地の地目が不明な場合は一度確認しておくと良いでしょう。

そして、20種類以上ある地目のひとつには、「原野」というものもあります。

これがどんな土地かについては、次項でお伝えしていきます。

「原野」とはどんな土地?読み方などを知ろう

数多くある地目のひとつには、「原野」というものもあります。

読み方は「げんや」で、「耕作の方法によらないで雑草、かん木類の生育する土地」と規定されています。

ちなみにかん木とは、高さが人の背丈ほどあり、あまり太くない幹で、根本付近から枝分かれしている低木のことです。

地目が原野となる条件は下記のとおりです。

・農地には適していない土地であること

・雑草やかん木類が生育していること

休耕田や耕作を放棄した畑では、雑草やかん木類が生い茂っていることもあり、見た目は原野のような土地ではありますが、元々の土地は農地に適しているため、原野としては扱われません。

上記の条件のうち片方ではなく、2つとも満たしている土地を、「原野」として扱うことができるのです。

ではもし、原野の土地に家を新築しようと考えた場合、それは可能なのでしょうか。

地目が原野の土地に家を建てることはできる?

地目が「原野」の土地に、家を新築することは可能なのでしょうか。

結論からいいますと、原野の土地に家を建てることは「可能」です。

しかし、原野の土地に家を新築する場合は、以下の2つのことに注意してすすめることが大切です。

・都市計画区域を確認すること

・「原野」から「宅地」へ地目変更登記をすること

それぞれについて、くわしく見ていきましょう。

まず、都市計画区域を確認することとしては、「ブルーマップを使うこと」と「都市計画課に聞くこと」などが挙げられます。

所有する土地が位置している都市計画区域に応じて、この後の進め方が変わります。

・市街化区域内の場合:建築基準法に基づいて、家の建築計画を進める

・市街化区域外の場合:都市計画法の許可を得る

また、市街化調整区域に位置している場合は、建築の許可が一切認められないこともあり得ます。

許可が得られなければ家を新築することができませんので、注意が必要です。

2つめの「原野」から「宅地」へ地目変更登記をすることについては、次項からお話ししていきます。

読み方から内容までくわしくお伝えしますので、ぜひ見てみてください。

原野の土地に新築したら地目変更登記を!読み方と意味

原野の土地に家を新築する場合に注意することの2つめは、地目変更登記をすることです。

読み方は「ちもくへんこうとうき」で、登記簿に記載されている地目がほかの地目に変更されたときに、行わなくてはならない登記をいいます。

これは不動産登記法でも規定がされていますので、原野の土地に家を建てた場合は行うことが必須です。

土地の地目が変更された場合は、「表題部所有者」もしくは「所有権の登記名義人」のいずれかが地目変更登記の申請を行います。

期限は地目の変更があった日から1ヶ月以内です。

登記の手続きとなると、司法書士にお願いする方も多いと思いますが、この地目変更登記は難しい登記ではないので、自分で手続きすることも可能です。

地目変更登記の手続き方法についても、次項でご説明しましょう。

「原野」から「宅地」へ!地目変更の手続き方法とは?

地目が原野の土地に家を新築した場合は、地目変更登記を行わなければなりません。

家を建てた土地の地目は「宅地」で、読み方は「たくち」です。

家ではない建物を建てた場合も、その土地の地目は宅地となります。

「原野」から「宅地」へ地目変更登記の手続き方法は、以下のとおりです。

1、工事の着工準備をする

建築確認の申請や開発許可の取得など、状況に応じた法規制をクリアしておきます。

2、変更予定の地目と、現況を一致させる

地目変更登記を行うには、「変更予定の地目」と「現況判断の地目」を一致させなければなりません。

そのため、原野の土地を宅地利用をはじめるための工事を完了させておきます。

3、必要な書類を取得する

地目変更登記では、「地目変更登記申請書」と「登記事項証明書などの土地資料」が必要です。

状況次第では、「転用事実確認証明」が必要になることもあります。

4、地目変更登記申請書を作成する

記入方法に関しては、法務局のサンプルを見たり、法務局の無料相談を利用したりすると良いでしょう。

5、法務局に地目変更登記の申請をする

1から4までの準備を終わったら、管轄の法務局に申請しに行きましょう。

地目変更登記の申請から1、2週間ほどで、手続きは完了します。

地目変更はしなければいけない?原野のままではダメ?

原野から宅地への地目変更登記の手続き方法をお話ししましたが、中には「原野」のままではいけないのかと、疑問に思う方もいるでしょう。

固定資産税の面からも、「宅地よりも原野のほうが安いからそのままの地目にしたい」と考える方もいます。

しかし、これについては間違いです。

なぜなら、地目には「課税地目」があるからです。

この読み方は「かぜいちもく」で、現在の用途で判断される地目のことをいい、固定資産税ではこの地目に基づいて課税されるのです。

そのため、登記地目が原野であっても、宅地のように使用していれば「宅地並み」と判断され、宅地と同じ扱いで課税されるようになっています。

場合によっては、宅地よりも宅地並みのほうが固定資産税が高くなることもあるので、固定資産税を安くしたいと考えるのであれば、宅地に変更しておいたほうが良いです。

また、家を建ててから1ヶ月以内に、原野から宅地に地目変更を行わないと、過料に処されることも考えられます。

ですから今後、原野の土地に家や建物を新築することを考えているのであれば、建てた後は必ず地目変更登記の手続きを行うようにしましょう。

原野の土地に家を建てたら地目変更を忘れずに!

所有している土地の地目が「原野」の場合、その土地に家を建てることは可能です。

しかし、建てる前には都市計画区域であるかを確認し、建てた後には地目変更の手続きを行わなくてはなりません。

建ててから1ヶ月以内に変更の登記を行わないと過料に処されることもあり、固定資産税に関しても高額になってしまう恐れがあります。

ですから、原野の土地に家を新築したあとには、原野から宅地への地目変更を忘れずに行いましょう。