ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

窓の防犯対策に!クレセント錠の簡単な交換の仕方とは

2019.4.2

「防犯対策」をする場所と聞いて、思い浮かぶのはどこでしょうか。

玄関や勝手口が思い浮かびませんか。

実は、空き巣や泥棒は窓から侵入することがとても多いのです。

そのため、多くの窓につけられていることの多い「クレセント錠」を交換するだけでも防犯対策になります。

今回はクレセント錠の簡単な交換方法などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

賃貸を退去する時に知っておきたいこと!家賃は日割り可能?

賃貸物件を借りた場合、家賃は通常1ヶ月単位で金額が設定されています。 しかしながら、退去する際...

家賃滞納で裁判!?そうなる前に分割で支払う意思を見せよう

賃貸物件に住んでいると、毎月、家賃の支払いがありますよね。 この家賃、一日でも支払いが遅れると...

窓をお洒落にDIY!100均グッズを使った簡単DIYをご紹介!

部屋の中を自分好みのインテリアで統一させても、窓だけはそのままの状態で、カーテンがついているだけ...

火事と火災ってどんな違いがあるの?失敗しない火災保険選び

不幸なできごとは、実際に自分の身に降りかからないと、怖さを実感できないものです。 しかし、賃貸...

ペットの騒音は防音カーテンが効果大?犬の鳴き声の場合は?

自宅で犬を飼っている方は、ペットの鳴き声を気にしていますか。 戸建てであればそれほど気にしないでし...

家賃支払日は変更できる?支払いが苦しいなら考えるべきこと

毎月の家賃は、延滞せずに支払わないといけません。 延滞記録が残ってしまうと、その後のローンの際や...

農地転用した宅地に家を建てる!注意すべきは家の面積の制限

だれも使う人がおらず雑草が生い茂っているという農地を所有している人もいるでしょう。 税金をただ...

礼金は交渉次第で値下げができる!?新築でも交渉可能?

引っ越しには多くの費用がかかります。 その中でも比較的大きな割合を占めるのが「敷金・礼金」です...

不動産登記はオンライン申請が便利!?注意したい各時間帯

新築などの際、間取りや内装の決定などと同様に重要なのが各手続きです。 その手続きの中でも不動産...

賃貸契約書はトラブル時に役立つ!紛失したら再発行できる?

アパートなどの賃貸住宅を契約する際、「契約書」を交わすことが一般的です。 しかし、アパート...

日本の安全性に対する海外の反応は?在留外国人の増加に対応

日本は、マナーの良さや清潔さなどで、高い評価を受けることも多いですよね。 日本人としては誇らしいこ...

共働きで貯金は月々どれくらいが理想的?安定した貯金の方法

夫婦共働きが当たり前の現代、お金の使い道は貯金が主流になっています。 共働きをしていると、余裕があ...

bsの契約をしよう!nhkのbs放送を見るために

bs放送はアンテナが設置しているのであれば、無料で一部の放送を見ることが可能です。 ですが、有料...

窓が原因!?アパートでもできる隙間風や風切音への対処法

部屋の中でくつろいでいると、「ピューピュー」と隙間風を感じることはありませんか? ひどい場合は...

モデムやルーターの設定は?ドコモユーザーはドコモ光がお得

戸建てのインターネットの回線については、たくさんの情報を集めることができますが、集合住宅の回線の情...

スポンサーリンク

交換が必要?窓についている「クレセント錠」とは?

「クレセント錠」というものをご存知でしょうか。

恐らく、多くの方があまり聞いたことがないのではないでしょうか。

クレセント錠は、引き違い窓についていることが多い、三日月型に近い形をした錠のことを言います。

名前を聞くことは普段ありませんが、ほとんどの人が一度は目にしたことがありますよね。

そして、「錠」というのですから、窓の防犯に役立っているのかと思うでしょう。

しかし、実はこのクレセント錠だけでは「防犯している」とは言い難いのです。

というのも、窓ガラスを割られてしまったときに、指先だけで簡単に開けられてしまうからです。

そのため、空き巣に狙われてしまいやすいのです。

では、空き巣に狙われないようにするためにはどうしたらよいのでしょうか。

そのためには、クレセント錠を防犯性の高いものに交換するという方法が取れます。

窓のクレセント錠の交換でどれくらい防犯対策になるの?

では、クレセント錠を交換するだけで、どのくらいの防犯対策になるのでしょうか。

まず、空き巣はどこから侵入してくることが多いのか考えてみましょう。

【一戸建て】

一戸建ての場合、最も空き巣の侵入口として使われるのが「窓」です。

次に多いのが、「勝手口などの出入り口」、最後に「玄関」となっています。

【3階以下の共同住宅】

こちらも、最も多いのは「窓」になります。

次に「玄関」、最後に「勝手口などの出入り口」となります。

以上のように、窓から空き巣が侵入してくることが多いということがお分かりいただけるかと思います。

窓からの侵入は一戸建ての場合、約60%を占めるとされています。

また、そんな窓からの侵入の中でも、最も狙われてしまいやすいのが、「1階の居室」です。

その多くは、庭に面していることでしょう。

空き巣からしたら、侵入口としては最適なのです。

ちなみに、空き巣は侵入までに10分以上かかるとあきらめることが多いと言われています。

そのため、クレセント錠を防犯性の高いものに交換を行うことで、空き巣の侵入を防ぐことができるのです。

窓のクレセント錠の劣化のサイン

クレセント錠の交換を行うことで、窓の防犯対策を強化することができます。

とはいえ、実際交換するとなると「まだ使えるのに交換するのはもったいない」と考える方も多いでしょう。

しかし、劣化したままのクレセント錠では防犯上よくありません。

ましてや、先述したように、通常のクレセント錠だけでは防犯効果は高くないのです。

そこで、ここではクレセント錠の交換のタイミングについてご紹介していきます。

まずは、クレセント錠が今、どのような状態にあるか確認してみましょう。

次のような状態に当てはまってはいないでしょうか。

・クレセント錠が硬くて、開け閉めがしにくい。

・クレセント錠をしっかりと閉めたが、ゆるい。

・クレセント錠を閉めたつもりが、閉まっていない。

・クレセント錠を閉めたはずなのに、外れている。

1つでも当てはまっていれば、クレセント錠が劣化しているので交換しましょう。

普通のクレセント錠でもよいのですが、防犯対策に特化したクレセント錠もありますので、そのようなものに交換してもいいでしょう。

クレセント錠の交換方法とは

ここでは、クレセント錠の交換の方法についてご説明していきます。

工程は、大きく分けて2つの手順で行うことができます。

①ネジカバーを外す

この工程については、ネジカバーがあるもののみになります。

マイナスドライバーなどを使って、カバーを外しましょう。

カバーは、クレセント錠の上下部それぞれにあります。

②ネジを外す

クレセント錠の上部から、ネジを外していきます。

上部のネジが外せたら、クレセント錠本体を少し横に倒して、裏板に直接ネジを仮止めしておきましょう。

仮止めをしたら、下部のネジも外しましょう。

これは、ネジを完全に外してしまうと、窓のサッシ枠の中にある裏板が外れてしまい、戻せなくなってしまうのを防ぐためです。

このように取り外すことで、クレセント錠の交換を行うことことができます。

新しいクレセント錠を取り付ける際には、ご紹介した方法の逆の工程で行ってください。

ところで、先述したような防犯性の高いクレセント錠とは、どのようなものがあるのでしょうか。

次項でご紹介していきます。

窓につけたい!おすすめの防犯クレセント錠

「窓の防犯性を高めるために、新しいクレセント錠に交換しよう」と考えたとき、どのようなものを取り付けたらよいのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめしたい防犯のできるクレセント錠を1つご紹介していきます。

【あかないんです ダイヤルロック付き防犯窓錠】

・参考価格:6588円

こちらは、3桁のダイヤル式ロックのついたクレセント錠になります。

これには大きな特徴が3つあります。

・金属素材を使っている

・ダイヤル式ロックを採用している

・受け金具の破壊防止対策を施している

従来のクレセント錠というのは、プラスチックで作られている場合が多くあります。

プラスチックで作られているものですと、簡単にクレセント錠を破壊されてしまう可能性があります。

しかし、金属素材を使って作られているこちらは、簡単には破壊することが難しいです。

また、クレセント錠を破壊されるときに狙われやすい受け金具部分は、破壊されないようプレートで保護されています。

ちなみに、このクレセント錠の取り付け方はとてもシンプルです。

従来のクレセント錠を先ほどご紹介した外し方で取り外し、専用の取り付け台を付けます。

そして、「あかないんです」の本体をネジでしっかり固定し完了です。

窓にできる防犯対策

先ほどは防犯性の高いクレセント錠についてご紹介しましたが、「交換はしたくない」といった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、最後にクレセント錠以外の窓にできる防犯対策をご紹介していきます。

窓から空き巣が侵入してくる場合、そのほとんどは窓ガラスを割って侵入してきます。

そのため「防犯フィルム」貼ることがおすすめです。

加えて、防犯フィルムは災害が起きたときなどに、窓ガラスが飛び散ってしまうのを防ぐことにも役立ちます。

また、お金をかけずに防犯対策を行いたい方におすすめなのが、「補助錠」を付けることです。

ホームセンターでも1500円ほどで購入することができます。

ワンタッチ式のものであれば、窓の上下に貼りつけるだけでよいですし、ロック式のものも取り入れたらさらに防犯性が高くなるでしょう。

ほかにも、夜に空き巣に狙われてしまうことを防ぐためには「センサーライト」をつけるのもよいでしょう。

空き巣は人目にさらされることや光に照らされることを嫌がります。

価格は様々ですが、安価なものですと4000円ほどで購入することができます。

窓から防犯意識を高めよう

窓のクレセント錠を交換するだけでも、窓からの空き巣の侵入を防ぐことに繋がります。

クレセント上の交換のタイミングを見極め、しっかりと対応することが大事です。

しかし、いくら防犯グッズを取り付けていても、しっかり施錠がされていないようでは全く意味がありません。

普段から防犯意識を高めておき、空き巣に狙われてしまうことのないようにしましょう。

 - 住まい, 修理・修繕・補修, 暮らし