ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

登記上の地目が墓地である土地を売買することはできるのか?

2019.3.24

墓地というと、都会では霊園などの一区画にお墓を建てるのが一般的でしょう。

しかし、田舎では村落の墓地があったり、所有する土地を墓地として利用していることがよくあります。

今回は、このような地目が墓地である土地は、相続や売買ができるのか、また、どのような手続きが必要なのかを勉強していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

住所が違う!?正式住所を検索で知ろう!検索のコツって?

インターネットやSNSの利用が増えて、個人情報の漏洩に対して、以前より神経質になるのも無理のない流...

新築したら境界に壁を設置!高さ制限や注意点が知りたい!

新築したら、隣家の土地と自分の土地を区別するため、壁を設置したいとお考えの方は多くいらっしゃるで...

九州の面積の約2倍!広大な北海道の人々の生活実態を学ぶ

日本の最北端に位置する北海道は、九州の約2倍の面積を誇る、日本一大きな都道府県です。 よく、「北海...

盛土の施工は締固めが肝?盛土の目的について知識を深めよう

盛土は建設において、とても重要な施工です。 盛土を行う際は手順を踏まえて施工することになります...

住所の正式な書き方は?マンションで住所を表す方法について

あなたは普段の生活の中で、「正式な住所」を意識したことはありますか。 中でも、マンションに住んでい...

境界立会いの拒否トラブルはなぜ起こる?立会いのメリットは

境界確定測量に伴う境界確定では、隣地所有者の立会いがなければ成立しないため、隣地所有者の協力が必...

擁壁施工・補修の費用の相場は?2m未満の高さは申請不要?

土砂などの崩れを防ぐ目的で設置される擁壁。 擁壁の施工・補修費用の相場はどれぐらいなのでしょう...

新築で外構!境界はコストの安いブロックフェンスがおすすめ

新築したら、それと同時に外構工事も必要となります。 特に、隣家の土地と自分の土地を分ける境界に...

地番の調べ方を教えて!地図や検索などおすすめ方法をご紹介

地番をご存知ですか。 地番とは文字通り土地に付与された番号なのですが、不動産関係者でない限り、...

住所の正式な調べ方を知りたい!住所に関するマメ知識

様々な手続きや履歴書、郵便物を出す時、何かと書く機会の多い住所ですが、ご自分の正式な住所をご存知で...

地目が田となっている土地を売却したい!売買での注意点は?

現在の日本では、農家の高齢化により休耕地や耕作放棄地が増えてきています。 「後継がいない」「相続...

家族の命を守る「擁壁」コンクリート擁壁の耐用年数は?

住宅を購入するときに気を付けたいのは、「擁壁(ようへき)」を作らなくてはならない場合です。 「...

地番・住所(住居表示)の違いとそれぞれの調べ方について

日本で使われているのは基本的に住所(住居表示)であり、登記上で使用される地番は使わない人にとって...

地番と住所は異なる!?それぞれの違いと異なる理由は?

普段郵便物や身分証明等に使用している住所ですが、不動産売買の時には住所ではなく地番を尋ねられるこ...

傾斜のある土地を平らにする「盛土」と「切土」の違いとは?

傾斜のある土地を平らにして家を建てる場合、「盛土(もりど)」と「切土(きりど)」のどちらが良いの...

スポンサーリンク

墓地は法律で用途が定められ、登記上の地目も「墓地」である

昨今は「終活」というものが流行しています。

人生の終わりに向けて、安心して逝けるように身の回りを整理することをこのように呼んでいるのです。

その終活の1つが、墓地の購入や廃止でしょう。

生きている間から立派な墓を建てておく人もいれば、代々の墓地の墓じまいをして、永代供養などを利用する人もいます。

昨今は少子化、核家族化が進み、墓1つとっても子供にとって負担が大きくなっています。

そこで、子供に墓を建てさせたり、代々の墓地の管理をさせることのないよう、親が終活として、墓の始末をしておくのでしょう。

ちなみに、皆さんは墓地というものはそもそもどのようなものかご存知でしょうか。

土地にはそれぞれ地目というものがあり、墓地は23ある地目のうち「墓地」という地目で登記されています。

そして、「墓地」とは「人の遺体又は遺骨を埋葬する土地」と不動産登記の法律で定められています。

都会の霊園や田舎の共同墓地、また個人所有の墓地などであっても、遺骨などを埋葬している土地は、いずれも墓地として登記されているはずです。

ところで、よく「家を買う」のと同じような言い回しで「墓を買う」などと言いますが、墓地も宅地と同じように相続や売買ができるのでしょうか。

霊園にお墓を建てる場合、墓地は売買契約ではなく使用権契約になる

私たちが新たに「墓を建てる」「墓を買う」などと言う場合、特に都会などでは、一般的に霊園やお寺などに墓を建てることを意味します。

なぜなら、現行の墓地、埋葬等に関する墓埋法により、個人の土地などに墓を新設することは認められていないからです。

つまり、他の選択肢がないのです。

そこで、霊園やお寺のなどが所有し、すでに墓地として登記している土地の一区画を使用する契約を結ぶのが一般的です。

正確に表現するなら、「墓を買う」とは墓地を売買するのではなく、永代使用料や管理費を支払って土地を借り受けるということになります。

この場合は、借りる方は特に登記や地目変更をする必要はなく、霊園などと契約を結ぶことで墓を建てることができます。

また、墓は祭祀財産であり、慣習に従って祭祀継承者が引き継ぐことと民法で定められており、墓石と同じように永代使用権も引き継ぐことができます。

つまり、契約した人が亡くなっても、その子や孫が権利を引き継ぐことができるわけです。

ただ、墓地の所有権はあくまで霊園やお寺にあり、契約で無関係の他人にその権利を譲渡することは禁止されています。

そのため、このような契約形態の墓地は、基本的には売買することは不可能であると言ってよいでしょう。

地方の村落の墓地も地目は墓地だが、みなし墓地である場合も

地方などでは、霊園でもお寺でもなく、昔からの村落の墓地というものが存在しています。

これは、誰かの土地を売買によって取得し、墓地としたものではないようです。

おそらく自然発生的に、村の山などを切り拓いて墓地としたり、お寺の敷地に接する一角などを墓地と決めて、昔から継承してきたものでしょう。

墓地については、昭和23年に先の墓埋法が施行されました。

それによると、墓地などを経営しようとする者は、都道府県知事の許可を受けなければならないとされています。

しかし、それ以前からすでにあった墓地については、みなし墓地とされ、許可を受けたものとして墓地の経営が認められています。

このような村落の墓地は、誰かの所有地ではなく、村の共有地とされていたりもします。

また、地目が墓地であれば固定資産税も相続税もかからないため、調べても誰の所有地かわからないというものも多数存在します。

ただ、その墓地の継承などについては、地方ごとの慣例に従って、一家の後継ぎなどに代々受け継がれているようです。

また、田舎などでは、古くから個人で先祖代々の墓地を所有しているお宅などもあります。

個人の墓地の新設は認められていませんが、このような古くからの墓地は、現在も所有や相続が認められています。

墓地を廃止するような場合も地目変更が必要となる

ところで、新しく墓地を経営するためには、都道府県知事の許可が必要と述べました。

他にも、法務局で地目の変更や登記などをしなければなりません。

そして逆に墓地を廃止する場合にも、いくつかの手続きが必要となります。

霊園などでは、まず墓地使用者1人1人の承諾を得なければなりません。

その上で都道府県知事に墓地廃止許可申請書の提出が必要です。

ちなみに、一般の個人所有の墓地もこれ以降は同様の手続きとなります。

都道府県知事の許可が下りれば、墓じまいのための閉眼供養などが必要です。

供養が終わって初めて墓石を撤去し、中の遺骨などを取り出すことができます。

また、遺骨などを他の永代供養の墓地などに移す場合は、最寄りの市町村に改装許可書の申請が必要です。

このような段階を踏めば、墓地の廃止ができますが、廃止するとその土地の地目を「墓地」としておくことができなくなります。

そこで、引き続き法務局で地目変更の手続きをしなければなりません。

例えば墓地を相続して更地にし、売買するような場合も、通常はこのような手続きが必要になります。

地目変更で売買も可能になる?墓地に関する手続きと費用

地目変更の手続きには登記申請書や住宅地図を用いた土地の案内図、登記簿に載せられている土地の公図の写しなどが必要です。

多少複雑な手続きになるので、これを土地家屋調査士に依頼するとなると、1筆なら5万円程度、複数なら7~8万円程度の費用がかかります。

また、霊園などに墓を建てる費用は、墓所の所在地や墓石によって変わりますが、少なくとも100万円程度は必要でしょう。

逆に墓じまいの平均費用は、お墓の撤去と遺骨の移設だけでも10~30万円、その他に寺院への離檀料や供養のお布施を考えると、50万円程度が必要です。

そして、その後に遺骨をどうするかによって変わりますが、永代供養する場合でも、さらに数十万円が必要となってきます。

このように、どちらの場合にしても高額な費用がかかってくるため、子供に負担をかけまいと終活が流行るのも頷けますね。

ところで、基本的に墓地の売買は不可能であると述べましたが、個人所有の墓地の場合、墓じまいをして更地にし、地目変更すれば売買も可能になります。

土地が売れれば、墓じまいの費用の足しにすることもできるでしょう。

ただ、墓地であれば固定資産税はかかりませんでしたが、宅地や雑種地などに地目変更をすると税金がかかります。

また、元墓地であった土地は相場よりかなり査定が低くなるなどというデメリットがあることも覚悟しておかなければなりません。

地目が元墓地である土地の賃貸や売買

例えば、親から相続した墓地を更地にし、有効活用したいとアパートなどを建てたとしましょう。

もちろん近所の人はそこが元墓地だと知っていますが、よそからきた人にはわかりませんね。

ただ、不動産仲介業者が仲介する場合、重要事項もしくは締結可否の判断材料となりうることとして告知義務が発生します。

つまり、元墓地であったことを内緒にしたままで契約することは不可能ということになります。

ちなみに法務局で調べると、100年前くらいまでなら土地の利用状況を調べることもできるそうで、過去の地目が墓地であったことは隠せません。

恐らく、そのような土地に相場の買値や家賃を支払う人はいないでしょう。

かなり安く売るか、安く貸すことを覚悟しておかなければなりません。

その上で、墓じまいやアパートの建築費などを含めて、採算がとれるかどうかを考慮しなければ、有効活用どころか不採算事業になってしまいます。

このように、墓地は特殊なもので、廃止するにも地目変更して売買するにも注意が必要です。

また、逆に安い土地を購入するような場合には、そこが元墓地などではないか確認することも必要ではないでしょうか。

墓地だけではない今できる終活の準備を

今回は、墓地について地目変更の手続きや売買などの方法を勉強してきました。

人間いつかは最期の時を迎えるもので、その時になって困らないように備えておくことは必要でしょう。

例えば、登記簿で実家の相続すべき土地の地目を確認したり、家計簿に墓を建てるための貯金を付け加えたり、いくらでもできることはあるはずです。

終活とまではいかなくても、皆さんも早めの準備を心掛けてみてはいかがでしょうか。

 - 土地, 地目