ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

アパートの壁薄い物件を避ける!同棲を控えたカップルは必読

2019.2.20

街中の仲睦まじいカップルを見ると、幸せオーラのおすそ分けを頂いた気分になります。

同棲生活を開始させるカップルも多いでしょう。

まずは、同棲するアパート探しです。

壁薄いアパートは避けたいですよね。

そこで今回は、アパート選びのポイントや防音対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

賃貸保証会社とは何?緊急連絡先の人に支払い義務はあるの?

アパートを借りるときには、家賃を滞納した場合、それを代わりに支払う「連帯保証人」を立てるのが基本...

賃貸物件のルールやマナーとは?道徳心をもって判断しよう

さまざまな人が住んでいる賃貸物件では、ルールやマナーが重要視されます。 お互いに気持ち良い環境...

アパートでも火災保険は必要?また年末調整で控除できるのか

マイホームなどを購入して、火事や自然災害に備えて火災保険に加入している人は多いと思います。 住宅...

アパートの光熱費!契約の注意点やお得な支払い方法とは?

光熱費と言えば、一般的に電気代やガス代、それに灯油などの燃料費を指します。 アパートの契約時で言え...

賃貸でも大丈夫!窓の防寒対策は節約しつつおしゃれに!

寒い季節、窓から入ってくる冷気に困ったことはありませんか? 厚みのある壁と違って、窓からはどう...

アパートの部屋数が分からない!数え方には定義があるの?

アパートを探す際、真っ先に考えるのが予算と間取り、部屋数ではないでしょうか。 ですが、どん...

賃貸経営に必要!家賃と保証金の設定方法・償却とは?

貸主が賃貸経営を始めるにあたって、最初に悩むのが家賃の設定ですね。 また、保証金の設定もスムーズ...

アパートの電気代の平均額は!?電気代が安くなる余地アリ!

電気代の平均額はご存知ですか? 同じアパートに住んでいても、建築の構造であったり、生活スタイル...

アパートのロフトに布団を敷いて寝室として使うのはアリ?

ロフト付きの間取りは、1人暮らし用のアパートでも見かけることが増えつつあります。 さほど広さもな...

アパートの表札を手作りで出しても大丈夫?オーナーの心構え

アパートを借りている入居者の中には、アパートの表札を手作りして出す方がみられます。 ネットを見れば...

アパートの雨漏りトラブル!家賃を払わないのは正当な主張か

厄介なアパートの雨漏り。 原因を調べて適切な補修をするまでポタポタは止まらず、邪魔な養生は外れ...

快適エコ生活!窓の断熱をDIYでやってみよう!

「夏の室内がとにかく暑い」「冬に室内をいくら暖めてもなかなか暖かくならない」という住まいの悩みは良...

ロフトに布団を敷いて寝る場合、すのこを敷いてからが鉄則!

ワンルームにロフトが付いていると、1DKのようで少し得した気分になりますよね。 例えば、ロフトは...

アパートの自分の駐車場に無断駐車をされた!正しい対応は?

毎月の家賃と一緒に、アパートの駐車場料金を支払い、使用している方は多いと思います。 そんな...

モデムやルーターの設定は?ドコモユーザーはドコモ光がお得

戸建てのインターネットの回線については、たくさんの情報を集めることができますが、集合住宅の回線の情...

スポンサーリンク

カップルがアパートで同棲するメリット・デメリット

結婚前に、アパートなどで同棲を経験するカップルは多いです。

お互いが離れ離れで暮らしている時は、会いたい時にすぐ会うことができないので、寂しい思いをすることもありますよね。

しかし同棲すれば、帰る家は同じです。

ですから、自然と一緒にいる時間も増え、共有できることも多くなります。

といっても、現実の生活は、残念ながら夢物語のようにはいきません。

ここでは、カップルが同棲することのメリット・デメリットについてお話しします。

☆メリット

・一緒にいられる時間が増える
・安心感が得られる
・結婚生活をリアルに体験できる
・生活費が抑えられ、お金が貯まる

☆デメリット

・なれ合いになり、結婚へのけじめが付けにくい
・お金の管理で喧嘩になりやすい
・1人の自由な時間が減る
・相手の生活スタイルや欠点が気になる

いかがですか。

結婚してしまうと簡単には離婚できませんよね。

しかし同棲の場合は、簡単に言えば、別れてしまえばそこまでなのです。

結婚の前段階の「お試し期間」として、同棲してみるのもいいですね。

素敵な恋愛関係を持続させるには、生活環境も大切です。

同棲するアパートが壁薄いという理由でストレスとなり、喧嘩の原因にならないようにするためにも、これから住むアパート探しは重要なのです。

カップルがアパートの賃貸契約をする際の注意点

さて、いざアパートでカップルが同棲を開始させるためには、賃貸契約する際に注意点があります。

中には、「カップルのどちらかがすでに借りている部屋で同棲を始めようかな」と考える人もいますよね。

しかし、ここで注意が必要です。

カップルのどちらかが住んでいる部屋を、「同居人なし」ということで賃貸借契約書を交わしている場合は、契約違反になる場合があるからです。

いくら彼氏・彼女が借りている部屋であっても、許可をとらずに勝手に同棲を開始してはいけないのです。

必ず賃貸借契約書を確認してみてください。

今、カップルのどちらかが住んでいる部屋が「二人入居不可」の場合は、改めて物件を探す必要があります。

カップルで部屋を借りる際は、まず最初に「二人入居可」の物件であることを確かめましょう。

物件によっては「同居人は親族に限る」ということもあります。

ですから、大家さんや管理会社の担当者には、物件を探している段階であらかじめ同棲することを伝えておくといいでしょう。

同棲の場合の契約方法には、「カップル両者が連名で契約書に署名捺印する」ケースと、「カップルのどちらか片方が契約者になって契約をする」ケースがあります。

気になる連帯保証人についてですが、それはどうなるのでしょうか。

連帯保証人はカップルのどちらか片方だけ、またはカップルそれぞれで必要となる場合と、ケースごとに異なります。

次項は、壁薄い物件を見抜く方法についてご紹介します。

壁薄いのを見抜くには?アパートの選び方

カップルが同棲を開始するにあたり、アパート選びで重要なのは防音性の高い物件を選ぶことです。

アパートなどの賃貸物件には、家賃が安いものから高いものまで幅広くありますよね。

実は、安い家賃の物件ほど壁薄い特徴があり、プライベート性が無くなってしまいます。

プライベート性とは、自分のプライベートがしっかりと確保された空間のことです。

壁薄いアパートに住むと、隣人の生活音が筒抜け状態になっている場合もあります。

それはつまり、自分の部屋の生活音も隣の部屋に筒抜けだということを意味します。

ウキウキしながら始めたカップルの同棲生活ですが、壁薄い物件では常に隣の部屋の物音を気にしながら、自分達の物音にも気をつけながら生活をしていかなければいけません。

誰でも隣人とのトラブルは避けたいですよね。

そう思いつつも多くのカップルが家賃の安さを重視して、防音性を軽視してしまう傾向にあります。

後々後悔しないためにも、物件の下見の際のチェックポイントをご紹介します。

●部屋の中で、物音や話し声がホールのように響くか

音が響くのは、その物件の壁の作りが甘いため音が吸収されずに反響してしまうからです。

手を叩いてみるのもおすすめです。

「パンッ!」と響くようであれば、壁薄い物件と判断できますよ。

壁薄い物件は断熱材などもあまり使われていないことも多いらしいので、冬は寒いというデメリットも、もれなくついてくるかもしれませんね。

●壁を軽く叩いた時に響くか

壁が粗雑な物件なのかを判断するために、壁を軽くコツンと叩いてみましょう。

それだけでも、壁の密度の薄さはすぐにわかりますよ。

壁が軽い音がしたり音が響くようならば、防音性の高い物件とは言えないでしょう。

壁薄いアパートでの防音対策①

アパートなどの壁薄い物件は、どうして多いと思いますか。

もちろん家賃が安いアパートが全てそうではありませんが、以下のこんな理由が考えられるのです。

貸し主からすると、賃貸物件により多くの入居者がいた方が、当然ながら家賃収入が高くなります。

それゆえ1つの物件に、できるだけ可能な限り多くの部屋を作りたいわけです。

そのために、壁や柱を薄くした造りになっているそうです。

必要最低限の建築基準を上回っていれば、削減できるコストは削減した方が安く賃貸物件を建設できるので、貸し主からすると得られるメリットは大きいのです。

しかし、若いカップルの場合は特に、高い家賃が払えなくて、壁薄い物件で我慢している場合もありますよね。

壁が薄くて困っている人のために、防音対策方法をご紹介します。

☆防音シート

アパートの壁の薄さなどによる騒音トラブルはとても多いです。

ですから、色々な種類の防音グッズが市販されていますよね。

部屋の壁が薄いと感じたら、防音グッズの中でも効果が高いと人気の「防音シート」を使ってみましょう。

遮音性にとても優れています。

さらに防音シートのメリットは防音性だけではありません。

夏は暑さ、冬は寒さ対策にも役立ってくれますよ。

デザインもオシャレなものもあるので、使いやすいでしょう。

壁薄いアパートでの防音対策②

引き続き、壁薄いアパートで手軽に使えるアイテムや対策をご紹介していきますね。

☆防音マット

隣の部屋の物音がよく聞こえるのは、壁が薄いのだけが原因ではありません。

実は、床もその原因のひとつなのです。

床がフローリングむき出し状態のままでは、音が響いてしまうのです。

防音性が高いマットを敷くのがベストですが、カーペットやコルクマットなどを敷き詰めても防音対策に有効です。

コルクマットは100円均一でも購入可能なので、お金を少しでも節約したいカップルにはおすすめです。

☆壁にカーテンをつける

通常は窓に使われているカーテンを、壁際に設置してみましょう。

カーテンの波打つような形は、音を吸収してくれるのです。

もちろん防音カーテンも販売されています。

床と同様に、むき出しの状態よりも、カーテンなどの布を挟んだ方が防音効果が得られるのです。

☆家具を壁際に置く

家具を壁際に沿う形で置くことによって、防音効果が期待できるでしょう。

カップルが同棲を解消することになったら?

壁薄いアパートでも、防音対策などをして工夫すれば快適に生活できるでしょう。

しかし、どんなカップルでも、この先の未来にどんなことが起きるかは予測できません。

もちろん同棲生活を経て、無事に結婚するカップルも多いですよね。

その反対に、カップルのどちらかが仕事で突然転勤になったり、お互いの気持ちが離れてしまうこともあります。

そうなると残念ですが、同棲生活を解消するという結論に至るでしょう。

同棲を解消するにあたり、考えるべきことがあります。

同棲していたアパートに、カップルのどちらかが住み続ける場合もありますね。

もしもカップル連名で契約をしていた場合は、出ていく人は契約名義から外してもらうか、契約を解約するのが無難でしょう。

詳細については、大家さんや管理会社に確認してみましょう。

カップル双方が退去する場合は、賃貸契約に従い、大家さんや管理会社に退去する旨を連絡します。

一般的には退去する30日前までには、大家さんや管理会社に連絡を入れなければいけないことになっています。

ですから、その後の約1ヶ月分の家賃は発生します。

退去してからも、光熱費の支払いや敷金の返還などのお金の清算が必要なのです。

元カップル同士が後々お金で争う事にならないように、そこら辺もしっかり頭に入れておきましょうね。

物件選びは慎重に

家賃を安く抑えるために防音性の低い物件にするか、高い家賃を払って遮音性の高い物件を選ぶかの選択は、悩みどころですね。

そもそも、別れを想定して同棲を始めるカップルはいないはずです。

いつまでも良好な関係が続くように、限られた予算内で、プライベート性が重視できる物件選びができるといいですね。

楽しい同棲生活を過ごしてください。

 - アパート