ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

アパートをペット可にする場合、防音対策はどのようにする?

2018.11.22

ペット可のアパートやマンションは、近年、増えつつあります。

ある程度の需要が見込めますので、お持ちのアパートに空室が目立ってきたら、ペット可アパートへの変更も、考慮してみてはいかがでしょうか。

その際の、防音対策や注意点などを、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートのインテリアをシンプルにしたら家賃収入UP!?

アパートは、築年数が古くなるとどうしても入居者が減ってしまいます。 そのため、築浅の物件より家...

署名と記名、捺印と押印の違いとは?外国人にもお願いする?

公的機関で証明書を発行してもらう際、「こちらに署名捺印を」と、お願いされた経験をお持ちの方は多いでし...

アパート経営者必見!地震保険料は年末調整で控除される!

地震大国ともいわれている日本。 ここ何年かを振り返っても、大きな地震がたくさんありました。 ...

家賃を受領したら領収書はどうする?但し書きにはどう書く?

大家さんにとって、家賃を毎月きちんと受領することはとても重要ですよね。 しかし、その際、領収書の発...

登録免許税の納め方は?納付書の入手方法と書き方を確認!

長引く不況や将来への不安から、「賃貸アパートを経営したい!」という人がいます。 しかし、それに...

仲介手数料を仕訳!不動産屋さんに支払ったときはどうなる?

アパート経営する大家さんたちの多くは、不動産屋さんに仲介手数料を支払うかと思います。 支払いを...

ローコストアパートを建てる。低い金額には理由があった

アパートを経営するにあたって、出来るだけ低い金額でアパートを建てたいと考えるオーナーもいます。 ...

家賃収入で得た勘定科目の仕分け!個人と法人で異なるの?

家賃収入や賃貸収入があるかたの勘定科目にスポットを当ててお話します。 個人で経営をしているのか、法...

アパートを建てるときに気にしてほしい値段とそのリスク

アパート経営は、安定した収入が得られるとして人気が高まっています。 そのためにはアパートの...

アパート経営開始!買うべきは4階建てEVなし階段のみ物件?

アパート経営を始めようと、中古のアパートを購入すると、理不尽なこともたくさんあります。 経営するな...

【アパート経営】エアコン等・設備の修理代は絶対貸主負担?

アパート経営を始めてまもない新米オーナーさんにとって、高額な設備の修理代や交換費用などの出費は悩まし...

アパートを魅力的に紹介!お部屋の画像はどこを見られる?

賃貸住宅情報サイトに載せるアパートのお部屋や外観の画像は、その物件に興味があるなら必ず見られるもの...

業者によってさまざま、アパート清掃の仕事の範囲とは?

アパート清掃の仕事というと、一般的には廊下やゴミ置き場などの共用部分を掃除することを思い浮かべるので...

工事現場の看板にある建築主の名前は必ず書くべきなのか?

近所の空き地に家を建てている場合など、工事現場の道沿いに看板が掲げてあるのをご存知でしょうか。 そ...

賃貸で多い敷金トラブル!返還請求には期限がある

賃貸借契約が終了し、部屋を明け渡したときに、敷金は返還されるものです。 敷金は返還されるものとご存...

スポンサーリンク

アパートに空室が目立ってきたら

アパート経営で困るのは、空室がなかなか埋まらないときです。

空室対策で頭を悩ませている大家さんは、たくさんいることでしょう。

特に、築年数がある程度経過しているアパートは、なかなか空室が埋まりませんよね。

せっかくリフォームして、設備を新しくしたのに、空室が埋まらないと経費ばかりが、かさみます。

更新の時期を過ぎても、満室にならないのであれば、何か対策を考えなければなりません。

空室が出てしまう原因を突き詰めて解決すれば、満室になるはずですが、対策を講じてみても効果が出ないこともあります。

これ以上、家賃を下げることもできません。

そのような場合は、あなたのアパートに、お近くの競合物件にない、新しい魅力を付加する必要があります。

そのひとつの魅力として、おすすめするのが、ペット可アパートです。

ペット可アパートは、近年増えつつあります。

とある調査では、何らかのペットを飼っている世帯は、全体の1/3程度であるとの結果が出ています。

この結果から見ても、ペット可アパートの需要は高まっていると考えられます。

もともと普通のアパートであったものを、ペット可アパートにする場合、どのような部分に注意すればよいのでしょうか。

防音対策などは、どのようにすればよいのか、みていきましょう。

ペット可にするには?防音対策は?

ペット可アパートは増えているとはいえ、まだ賃貸物件数が不足しています。

もし、周辺にペット可アパートがあまりない地域であれば、家賃を下げずに空室を埋めることができるかもしれません。

しかも、リフォームをせずに済む可能性もあります。

お金をかけてリフォームをし、新築同然にしたアパートですと、ペットを飼っている人から、逆に敬遠される傾向があります。

キレイすぎる部屋ですと、自分のペットが汚してしまう心配が生じてしまうからです。

それであれば、部屋はリフォームせず、クリーニングだけして、ペット可にするのもひとつの方法です。

しかし、気になるのは防音対策です。

もともとペット可アパートではなかったのですから、防音対策がされていることは少ないでしょう。

そのため、リフォームをするのであれば、防音対策に絞って行うのもおすすめです。

それだけでも、埋まらなかった空室が埋まる可能性があります。

それでは、ペット可アパートで入居者を募集する際の注意点について、お伝えしていきます。

アパートをペット可にする前に確認すること

まずは、もともとお住まいになっている入居者に、ペット可アパートになることについて、お知らせします。

前置きなくペット可にしてしまうと、既存の入居者とトラブルになってしまう可能性があるからです。

ペット可アパートにしたことによって、既存の入居者が退去してしまっては、意味がありません。

木造アパートでは、防音も完璧ではありませんので、既存の入居者の同意は、必ず得ておきましょう。

ここで異議がなければ、ペット可アパートとして募集をします。

もし、防音対策が心配なようでしたら、『小型犬1匹のみ』など、条件を決めるようにしましょう。

ペット可にすると、どうしても騒音や臭いの問題が出てきます。

契約書で、規則や条件を明確にしておくことが大切です。

また、原状回復が高額になることも覚悟しておきましょう。

そのため、敷金を多く取るなど対策が必要になります。

できるだけ汚れ・防音対策をしておく

アパートをペット可にするのは、空室対策としては有効です。

しかし、良いことばかりではありません。

ペット可にすることによって、起こるトラブルもあることを知っておきましょう。

まず考えられるのは、汚れや臭いの問題です。

先ほどもお伝えしましたが、原状回復工事が高額になってしまうこともあります。

クロスの汚れ、床や柱にキズがあると、大きな修復工事が必要になるかもしれません。

また、飼育状況によっては、においが部屋についてしまうこともあります。

こういったことを防ぐために、大家さんとして対策できることは、あらかじめ行っておきます。

簡単でおすすめなのは、フローリングの上にフローリングカーペットを敷いておくことです。

敷くだけで、きれいな床になりますし、リフォームほどお金も掛かりません。

退去後は、交換するだけで、再びキレイな床にすることができます。

ペットのことを考えて、クッションフロアタイプのカーペットにしても良いかと思います。

これは、防音対策としても、おすすめです。

クロスの汚れについては、壁の下部に剥がせる保護シートを貼り付けておくことで、ある程度防ぐことができます。

さらにしっかり対策をしたい場合は、アクリル板でできたペットの引っ掻き防止板を、壁の下部に貼り付けるという方法もあります。

リフォームするなら防音対策を重点的に

ペット可アパートといっても、騒音が可なわけではありません。

もし、本格的にペット可アパートにするために、リフォームをするのであれば、以下のような設備を付けるのがおすすめです。

リフォームの際には、防音・遮音効果のある建材を使います。

ペットの鳴き声や足音を抑えてくれる、遮音性の高い下地パネルや防音シートを、床・壁・天井に使いましょう。

また、気付きにくいのですが、換気扇も音漏れしやすい箇所です。

防音壁がなく、ダイレクトで音が外に漏れてしまうので、気を付けなければなりません。

換気扇用の防音カバーがありますので、それを設置しましょう。

また、窓のサッシにも防音対策が必要です。

壁や天井から響く騒音も、もちろんありますが、外から響いてくる騒音もあります。

音の出入りは、断然、窓からが多いのです。

窓からの音は、ガラスではなく、サッシの隙間から入ってきます。

そのため、できるだけ隙間をなくすことが大切です。

対策は簡単です。

二重窓(内窓)を設置するのです。

気密性が高くなり、音が外に漏れるのを防いでくれます。

窓を取り替える必要もなく、施工費も比較的安く済みます。

ペット可アパートであっても、できるだけ入居者のストレスを減らす工夫が必要です。

本格的にペット可アパートへの変更を考えているのであれば、上記のようなリフォームをするのも良いでしょう。

ペット可アパートはリスクもあるが対策できる

ペット可アパートでは、契約書で、しっかりとルールを決めておくことも大切です。

退去後の原状回復費用についても、明記しておきましょう。

明記することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

原状回復については、アパートの入居前にお互い立ち会って、チェックシートで現在の状態を確認しておきます。

このときの状態を、書面に残しておきましょう。

また、ペット可といっても、どのようなペットでも可というわけには、いかないかと思います。

場所によって『大型犬不可』や『2匹まで』など、条件が出てくるでしょう。

もともとペット可アパートでなかった場合、防音などの問題もありますので、状況に合わせて条件を決めます。

ペットの種類や、何匹まで飼育OKなのかも、しっかり決めておきましょう。

飼育についても、管理会社と相談しながら、明確なルールを決めて、契約書に記載しておきます。

ペット可アパートにすることで、空室を埋めることができる可能性は高いです。

しかし、その分リスクもあることを、十分承知しておきましょう。

そのリスクは、前もって対策しておくことで、ある程度防ぐこともできます。

リスクを理解して、対策しておくことが大切なのです。

どの入居者にも快適な暮らしを

ペット可アパートといっても、ペットを飼っていない人が住む可能性もあります。

ペット可にすることによって、空室は埋まるかもしれませんが、生活環境が悪化しては意味がありません。

どの入居者にも、快適に暮らしていただきたいですよね。

大家さんとして、しっかり対策をしておきましょう。

 - 経営