賃貸でもOK!窓や壁に飾りを吊るすおしゃれなインテリア

賃貸に住んでいると原状復帰を意識してしまい、どうしても平凡なインテリアになってしまいがちですよね。

家具やファブリック類を自分ではうまくコーディネートしたつもりでも、垢抜けた雰囲気はなかなか出せないものです。

そこで、これまでと一味違ったインテリアにするアイデアをご提案します。

それはずばり、窓や壁に飾りを吊るすというものです。

賃貸でもOKな方法なので、部屋のインテリアをどうにか変えたいと思っていた方必見ですよ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートのwi-fi通信速度が遅いと思ったときの原因と対処法

インターネット通信において、wi-fiの存在はもはやなくてはならない存在です。しかし、アパー...

家を借りた際、家賃の振込手数料を負担するのは一体誰なのか

家を借りると、発生するのが家賃です。毎月、支払いをすることが契約によって決められています。さ...

ガラス窓のタイプは遮熱と断熱が存在?使い分け方法も必見!

夏場などの暑い時期でよくきかれるのが、ガラス窓の遮熱の重要性でしょう。ですが、年間を通して室...

納戸を活用した収納術で布団をスッキリさせよう!

最近の住宅は和室がない間取りも多く、布団を収納する押入れがない家が増えてきています。そのよう...

窓から入る冷気をシャットアウト!断熱材をDIYしてみよう!

窓を閉め切っていても、冷気を感じることはありませんか?冷気は窓からも入るといわれていて、知ら...

アパートの隣人がうるさい!騒音を気にしないようにするには

複数の人が生活をしているアパートでは、騒音に悩まされることもあるでしょう。特に騒音の原因が隣...

アパート経営開始!買うべきは4階建てEVなし階段のみ物件?

アパート経営を始めようと、中古のアパートを購入すると、理不尽なこともたくさんあります。経営するな...

簡単にできる窓の防寒対策にDIYでチャレンジしてみよう!

バスや電車の窓際の座席などに座っていて、「窓に近い方の手足がやけに冷えるな」と思ったことはないでし...

窓のハンドルトラブル!自分で修理する方法や注意点

窓のなかには、開閉方法にハンドルを使うタイプのものがあります。とてもおしゃれな反面、強度...

アパートの入居時の挨拶は必要?一般的にはどうしてる?

アパートに新しく入居する場合、挨拶はするでしょうか?「挨拶するのは当然!」と思う方がいる一方...

アパートの上の階は暑い?!二階が特に暑くなる理由と対策

「アパートは一階より二階が暑い」という声はよく聞かれます。特にこれから二階に住もうと考えている...

快適エコ生活!窓の断熱をDIYでやってみよう!

「夏の室内がとにかく暑い」「冬に室内をいくら暖めてもなかなか暖かくならない」という住まいの悩みは良...

窓からの冷気を遮る!おすすめの断熱シートやボードは?

暖房を付けてもなかなか暖まらないと感じている人はいませんか?窓の対策をすることで、暖房効率が...

よく聞くアパート経営の利回り、新築では平均どのくらいか?

年金の破綻の懸念や、政府の推し進める働き方改革などの影響で、個人投資が今注目を浴びています。中で...

賃貸を退去する時に知っておきたいこと!家賃は日割り可能?

賃貸物件を借りた場合、家賃は通常1ヶ月単位で金額が設定されています。しかしながら、退去する際...

スポンサーリンク

飾りを吊るす・絵を飾る…賃貸ではどこまで大丈夫?

賃貸物件には原状復帰の原則があるので、退去する際には部屋の中を元通りにしなくてはなりません。

しかし、その「元通り」の意味は「完全に元の状態に戻す」ということではありません。

部屋を毎日使用していると、どうしても劣化してきてしまうものがあります。

例えば、クロスが変色したり家具を置いてあった場所に跡がついてしまったりなどです。

このような類のものは仕方のないことなので、借主が直す必要のないものとされています。

また、下地ボードを張り替えしなくてもいいような画びょうやピンなどの穴も借主が元通りに直す必要がないです。

ただし、意図的に掃除を怠ったことによって台所やトイレが汚れてしまっていたり、窓の結露を放置してカビができてしまったら、それらは借主負担で修繕する必要があります。

もちろん、画びょうなどと違って大きく穴が開く釘やネジを使用したら、退去時は自分で修繕しなくてはなりません。

ですから、絵を飾ったり飾りを吊るすというようなことをする際は、釘などの大きく穴が開くものは使用しないようにしましょう。

窓や壁に飾りを吊るすアイデア!①

賃貸でも部屋をおしゃれに演出することは可能です。

前項で述べたように、下地ボードの張り替えが必要になるような釘やネジの使用はせずに行いましょう。

窓や壁に飾りを吊るすのに使用するのは、画びょうやピンです。

ピンは「虫ピン」というもので、画びょうよりも細く、見た目もシンプルなので使いやすいです。

窓に飾りを吊るすのであれば、窓枠をチェックしてみましょう。

窓枠が木であれば、そこに虫ピンを刺して飾りを吊るすことができます。

材質が木でなければ、賃貸物件では大体ついているカーテンレールを活用してみましょう。

まず、S字フックを用意します。

S字フックは100均でも販売されていますよ。

そのS字フックをカーテンレールにかけて、そこに飾りを吊るすのです。

そうすると、どこにも穴を開けることなく飾りを吊るすことができます。

窓や壁に飾りを吊るすアイデア!②

窓に飾りを吊るすには虫ピンやS字フックが最適です。

窓とは別に、壁に飾りを吊るす場合には画びょうや虫ピンを使ってみましょう。

画びょうや虫ピンを使用する際は、飾りは軽いものを選ぶようにしてくださいね。

もしも、重いものを吊るしてしまうと落下してしまう危険があるためです。

壁には絵を飾るのもおすすめです。

お気に入りの絵を飾るだけで、部屋の雰囲気はグッと変わります。

また、布を使って作る壁飾りを飾るのも最近の流行ですね。

壁飾りの作り方も簡単です。

まず、ホームセンターなどで売られている厚さが2㎝くらいの発泡スチロールとお好きな布、カッターを用意します。

発泡スチロールを布の大きさより少し小さくカットします。

そして、その発泡スチロールの裏面の端から1㎝くらいの部分全体にカッターで切り込みを入れます。

その発泡スチロールの表面を布で覆い、その布の端をさきほどの切り込みに差し込みます。

これで、布で作る壁飾りの完成です。

素材が発泡スチロールと布なのでとても軽量です。

飾る際は、虫ピンを壁にさしておき、その虫ピンに発泡スチロールを差し込むだけで大丈夫です。

窓や壁に吊るすおすすめの飾り~植物編~

窓や壁に吊るす飾りは、何と言っても軽量であることが原則です。

ここでは、窓や壁に気軽に吊るすことのできる飾りをご紹介しましょう。

【ツタが伸びる観葉植物】

グリーンネックレスやアイビーなどは、ツタがよく伸びることで有名ですよね。

このようなツタが伸びる観葉植物は、吊るすことでその魅力が増します。

【多肉植物】

多肉植物は、ここ最近で一気に人気が加速しましたよね。

多肉植物は少ない水と土で育つので、植える器を軽量なものにすれば吊るして飾ることもできます。

【エアプランツ】

エアプランツは水がなくても育つ植物です。

そのため、自分の好きな器で飾ることができます。

多肉植物と同様、植える器を軽量なものにすれば吊るすことができます。

部屋の中にグリーンがあると見た目だけではなく、空気も綺麗になる気がしますよね。

おしゃれな部屋には必ずと言っていいほどグリーンが飾ってあるので、これらの植物はおすすめですよ。

窓や壁に吊るすおすすめの飾り~雑貨編~

窓や壁に吊るすおすすめの飾りは植物だけではありません。

お気に入りの雑貨を吊るしてしまうのも、おしゃれなインテリアへの第一歩となります。

【帽子やストールなどの衣類雑貨】

もしも、お気に入りの帽子やストールなどがある場合、それを壁に吊るしてみましょう。

壁に吊るすことで、インテリアの一部となるだけではなく、帽子を使用したい時にさっとかぶれるので一石二鳥なのです。

【ミラー】

インテリアショップにはおしゃれなミラーがたくさん売られています。

ミラーを飾ることで部屋の中を広く見せる効果もあるので、比較的狭い賃貸では案外おすすめの飾りです。

【ドライフラワー】

ドライフラワーも軽量なので、窓や壁に吊るすことが簡単です。

ドライフラワーをスワッグにして飾ると、まるでおしゃれな雑貨屋さんのようになりますよ。

【フォトフレーム】

軽量のフォトフレームであれば、写真やおしゃれな雑誌の切り抜きなどを入れて吊るすこともできます。

小さいフォトフレームを複数飾ることで、セレクトショップのようにもなります。

ここでご紹介したものの他にも、アイデアと工夫次第ではいろいろなものを飾ることができます。

賃貸だからと、おしゃれなインテリアを諦める必要はありませんよ。

賃貸の部屋を飾ることのできるアイテム

賃貸の部屋の窓や壁に飾りを吊るすには、虫ピンや画びょうがおすすめとご紹介してきましたが、他にも活用できるアイテムがあります。

いくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【ホッチキス】

180度開くホッチキスは、飾るものが軽量のものであればなんなく飾ることができます。

しかも、ホッチキスの針の穴は非常に小さいので、賃貸で何かを飾るというようなときに便利なアイテムです。

【マスキングテープ】

窓や壁に何かを飾るというのではなく、視点を変えて、壁自体を装飾してしまうという方法もあります。

マスキングテープには幅広のタイプのものがありますので、それをクロスに貼ってみてはいかがでしょう。

クロス全体が装飾されると、ガラッと部屋の雰囲気は変わりますよ。

ただし、クロスの種類によってはマスキングテープをはがす際に綺麗にはがすことができない場合もあります。

そのため、一度目立ちにくい場所で試してみるようにしてくださいね。

【つっぱり棒】

つっぱり棒とS字フックを組み合わせれば、いろいろな飾りを吊るすことができます。

しかも、部屋を傷つけることもないので何かと便利なアイテムですよ。

賃貸でもおしゃれなインテリアに!

退去時は綺麗に元通りにしなくてはと、おしゃれなインテリアを諦めている方も多いことでしょう。

しかし、賃貸でもアイデアと工夫次第でおしゃれな部屋にすることができるのです。

ここでは窓や壁から飾りを吊るすアイデアを中心にお伝えしてきました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。