ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

アパート暮らしの人必見!音楽や足音による騒音問題について

2018.10.27

アパートのような集合住宅に住んでいると、「いつも隣人が音楽を流していてうるさい!」というような「騒音トラブル」に遭遇してしまう可能性があります。

こういった騒音トラブルの、被害者や加害者にならないためには、どうしたらいいのでしょうか?

今回の記事では、騒音トラブルを防ぐ方法や対策などについて、詳しくお話ししていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートで初めての一人暮らし!インテリア配置のコツ

アパートで、初めて一人暮らしをされる方は、開放感を感じるとともに、自分のことを全てしなければいけな...

アパートのエアコンが壊れたら修理費は誰が支払う?

近年では、始めからエアコンが備え付けられている物件も多くなっています。 アパートに暮らし始めて、...

アパートのお風呂の排水溝が詰まった!どう対処すればいい?

アパートに住んでいて、お風呂の排水溝が詰まってしまった、という経験を持つ方は多いです。 掃除をし...

アパートの駐車場でも車庫証明は必要?引っ越し編

「引っ越し先のアパートで駐車用を借りたけど、車庫証明ってどうだったっけ?」と、慌てた経験はありません...

敷金の返還率アップ!?アパートの風呂場の換気扇手入れ方法

アパートのお風呂場の換気扇の掃除はしていますか。 汚れを見て見ぬふりをしていませんか。 しか...

アパートの壁に穴を開けてしまった!修理費は支払うの?

アパートなどの賃貸の壁に、うっかり大きな穴を開けてしまった経験をしたことがある人もいるでしょう。 ...

賃貸を退去する時に知っておきたいこと!家賃は日割り可能?

賃貸物件を借りた場合、家賃は通常1ヶ月単位で金額が設定されています。 しかしながら、退去する際...

窓をDIYしよう!簡単な窓枠の作り方とそのポイントとは?

賃貸住宅や一戸建てのお宅でも「窓の雰囲気を変えたいな」と思うことはありませんか。 ですが、なか...

窓ガラスフィルムを貼ろう!DIYで外から見えない窓に!

ホームセンターやインターネットでは、外から見えないものや、デザイン性の高いものなど、多くの種類の...

アパートの部屋数が分からない!数え方には定義があるの?

アパートを探す際、真っ先に考えるのが予算と間取り、部屋数ではないでしょうか。 ですが、どん...

賃貸保証会社とは何?緊急連絡先の人に支払い義務はあるの?

アパートを借りるときには、家賃を滞納した場合、それを代わりに支払う「連帯保証人」を立てるのが基本...

アパートのレイアウトで広く見せるには?1kでも使えるコツ

アパートの部屋が1kで狭いから、レイアウトやインテリアを諦めているという方いませんか? そんな...

賃貸で新生活!ハウスクリーニングは入居前に要求できる?

賃貸で新生活が始まるときは、とても楽しみなものです。 新しいピカピカのお部屋で、新生活をスタートさ...

アパート暮らしでお風呂の時間は何時まで?もし苦情が来たら

壁が薄いアパートだと、シャワーを浴びている音がはっきりと隣や階下に聞こえてしまうことがあります。 ...

アパートの隣人が怖い!アパート選びのコツやトラブル対処法

アパートに住んでいれば、気の合わない隣人や、なんとなく苦手な人と出くわすこともありますよね。 そ...

スポンサーリンク

アパートに住んでいると騒音トラブルに遭いやすいのはなぜ?

そもそも、アパートに住んでいると、騒音トラブルに遭う確率が高いのはなぜでしょうか。

これには「建築構造」が大きく関わっています。

アパートやマンションなどの建築構造には、主に3種類ありますので、それぞれの特徴をご紹介していきます。

●木造

軽量なため、通気性や耐震性に優れているという面がありますが、防音性は低いです。

古い木造の物件は、遮音材が使用されていない場合があります。

●鉄骨

軽量鉄骨と重量鉄骨の2種類があり、素材によっても防音性が変化します。

鉄や鋼を使用しているので、木造よりは防音性が高いでしょう。

●鉄筋コンクリート

鉄筋を組み合わせて、コンクリートを流し固めているため、この中では最も防音性が高いです。

さらに、耐火性や断熱性にも優れています。

以上が主な建築構造の特徴です。

アパートの場合、建築コストや改良面などを考慮され、木造と鉄骨による構造が多いため、鉄筋コンクリートの建物に比べて騒音トラブルが起きやすくなってしまうのです。

音楽が好きな人や、楽器を演奏する人は、物件選びからも対策が必要ですね。

物件選びについては、次項で詳しくお話ししていきます。

音楽好きの人へ!防音性の高いアパートを探すコツ

ここでは実際に、防音性の高いアパートを見つけるためのコツをご紹介していきます。

まずは、前項でもお話しした「鉄筋コンクリート」の建物を探すのがベストです。

この構造の場合、賃料が高めな可能性があります。

「賃料」と「防音」のどちらを重視するか、自分でしっかり検討することも大事ですね。

また、鉄筋コンクリートの建物でも、「壁が薄い」というケースがありますので、内見する時は実際に壁を叩いてみるのがおすすめです。

軽く叩いた時に、音が響くかどうかで判断します。

もしも、高めの音で響くようでしたら、壁にはコンクリートが入っていない構造の可能性がありますので、要注意です。

さらに、内見する時間も重要です。

隣人が帰宅している時間帯に内見をすれば、普段の生活音がどの程度聞こえてくるかがわかります。

こういった点を意識すると、防音性の高い部屋に巡り合える可能性が高くなります。

しかし、いくら防音性に優れた物件に住めたとしても、近隣への配慮を忘れてしまってはいけません。

「鉄筋コンクリートの物件=完全防音」ではありませんので、音楽が好きな人は、騒音対策が必要ですね。

アパート暮らしあるある!騒音トラブルの原因

これまで、建物に関連したお話をしてきましたが、ここからは本題です。

まずは、防音性の低いアパート暮らしの人が陥りやすい、騒音トラブルの原因をご紹介していきます。

●流している音楽やテレビの音量が大きい

自分が思っているよりも、音量が大きめに設定されていることがあります。

イヤホンを使用すれば、音漏れの心配はありません。

●電話や会話の声

会話が盛り上がってしまうと、声が大きくなりがちです。

部屋の中で騒ぐと、近隣の迷惑となります。

●楽器演奏の練習

楽器の音は、離れた場所にまで響きやすいものです。

できるだけ部屋での演奏は控え、防音室やスタジオをレンタルするのがベターです。

●こどもやペットの足音

足音も騒音トラブルの代表格です。

床が薄い構造の建物は、振動が伝わりやすくなりますので、注意が必要です。

●人の出入りが激しい

特に、ドアを開け閉めする音は、建物全体に響く場合があります。

家族が多かったり、友人を家に招く頻度が多い住民は、近隣から苦情がくる可能性が高まります。

原因をいくつかご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

騒音トラブルは、日常生活の不注意によるものが多いです。

些細なことがきっかけで、大きな問題に発展してしまう可能性がありますので、生活音には気を付けていきたいですね。

音楽も遮断したい!アパートでもできる騒音対策について

前項でお話しした、音楽や足音などの騒音は、「壁・床・窓」それぞれに対策をすることで、聞こえ方や響き方の改善につながります。

そこで、アパート暮らしでもできる騒音対策をご紹介していきます。

【騒音対策①壁】

壁には、「遮音シート」を張り付けると、防音効果が期待できます。

これは防音用の建材ですが、通販でも気軽に購入することができます。

張り付ける際には、退去時に剥がせるように、マスキングテープを使うことをおすすめします。

さらに、「吸音マット」というウレタン製の吸音材を併用することで、効果はアップします。

【騒音対策②床】

床には、「防音カーペット」や「吸音ゴムシート」を敷くといいでしょう。

音や振動を吸収してくれますし、床に傷が付きにくくなるなどの利点もあります。

ホームセンターやインテリアショップで売られている、厚めの「コルクマット」で代用することも可能です。

【騒音対策③窓】

窓には、「防音カーテン」を吊るしましょう。

窓ガラスに「防音シート」や「プチプチシート」を貼ることもおすすめです。

是非、お試しください。

音楽を止めて!苦情はどこに伝えるべき?

では実際に、騒音トラブルに遭ってしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

もしも、面識のない相手が加害者だった場合、いきなり押しかけて直接注意をすると、感情的になりやすいので、相手の反感を買ってしまう可能性があります。

逆上した相手と、さらなるトラブルに発展していくことになりかねませんので、やめておきましょう。

アパートを管理している、「大家」または「管理会社」を通して注意してもらうのがベストです。

この時、「毎晩9時頃に大音量の音楽が1時間ほど流れているので、とても迷惑をしています」というように詳細を伝えると、第三者でも状況が把握しやすくなります。

また、「どうしても自分の気持ちを相手に伝えたい!」という人は、共有の掲示板や手紙を通して、文面で注意してみましょう。

間接的に伝えることで、相手も冷静に苦情を受け入れてくれることがあります。

さらに、何度苦情を言っても改善しない場合は、各自治体の公害相談窓口を訪れてみるのもいいでしょう。

状況次第で、専門の職員が指導を行ってくれます。

大きな問題に発展する前に、解決していけるといいですね。

騒音トラブルを回避するにはどうすればいい?

最後に、自分が騒音トラブルの加害者にならないために、注意すべきポイントをご紹介していきます。

●挨拶回りをする

まず、アパートに引っ越してきた際には、挨拶回りを兼ねて、自分の生活リズムや状況を報告しましょう。

例えば、こどものいる家庭の場合、「足音や声が響いてしまうことがあるかもしれません」という旨を事前に伝えることで、多少の物音でクレームがくることは少なくなります。

また、仕事が夜勤の人は、「昼間は寝ているので、静かにしていただけると助かります」と伝えるだけで、配慮してくれる場合があります。

近隣の住民と、積極的にコミュニケーションをとることが、トラブル防止策になるでしょう。

●家具の配置を変える

生活音を漏らさないようにするためには、家具の配置にも意識を向けてみましょう。

例えば、テレビや音楽プレーヤーが壁沿いにある場合、隣の住民に音漏れする可能性がありますので、少し壁から離した位置に配置するといでしょう。

こういった工夫が、騒音トラブル回避のポイントです。

騒音トラブルは日常生活の延長線上で起こる!

アパートに住んでいると、騒音トラブルに遭いやすくなります。

誰しも、他人の生活音は気になるものです。

住民全員が、「同じ建物を共有しながら生活している」という意識を持つことが大切です。

また、防音対策をすることで、日々快適に過ごすことができるでしょう。

厄介な騒音トラブルを回避するためには、今までの生活や習慣を見直してみることも必要ですね。

 - アパート