固定資産税がいきなり値上がり?その理由には様々な背景が!

皆さんは、「固定資産税がなぜか値上がりした」という話を聞いたことはないでしょうか。

多くの場合、「評価替え」の年に固定資産税が値上がりします。

なぜ、そういったことが起こるのでしょうか。

実は、それには様々な背景があるのです。

今回は、固定資産税がいきなり値上がりした場合に考えられる理由を、一つ一つ見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

円高になると輸出企業の業績が悪化するといわれるのはなぜ?

円高になると、経済にはネガティブな影響が出ると考えられています。特に関係してくるのは、輸出企...

一人暮らしは節約適齢期!楽しく貯金するol生活のススメ

貯金の残高が増えていくのを見るのが、楽しいと思うあなた!そんなあなたは、節約に向いているに違いあ...

円安は輸出に有利!投資のタイミングは円高・円安?

「円安になると輸出に有利になる」と聞いたことはありませんか?円安か円高かによって貿易の業績は大き...

円高で最高値を記録したのはいつ?なぜ円は買われたのか?

有事の際、一般的にその国の通貨は売られるのが普通です。しかしながら、日本で有事があった場...

誰でもできる1000万円貯金して銀行預金以外で増やす方法とは

「貯金1000万円」というと、別世界のことのように感じている人が多いのではないでしょうか。もちろ...

インターネットで見かける「1K」とは何の単位?

近年、インターネット上で見かけることのある「1K」などといった単位ですが、何のことかお分かりでしょ...

GDP(国内総生産)とGDP成長率の求め方について復習しよう!

新聞やニュースなどでGDPという言葉を目にされたことはないでしょうか。これは、「Gross ...

頭金なしの住宅ローンは無謀か?購入者のブログを検証する

「頭金なし、家賃程度の住宅ローンの支払いで家が買える」と聞くと、現在賃貸生活をしている人は「自分もマ...

私道は課税対象!?固定資産税はいくらくらいかかるの?

不動産を持っていると毎年かかってくるのが固定資産税という税金です。建物はもちろん、土地にも通...

所得税を支払う個人事業主は減価償却が強制!なぜ法人と違う

確定申告と言えば、事業をする上で最も大切なことの一つですね。確定申告は個人の事業主と、法...

固定資産税を決めるための家屋調査を拒否することは可能か?

皆さんが新築戸建てを購入されたり、大幅な増改築を行われたような場合、市区町村の役所などから、家屋調...

個人事業主向け!所得税の納付書の入手方法や書き方を知ろう

納税は国民の義務です。そして、それには所得税も含まれます。会社員であれば、所得税は天引き...

今更聞けない!1kとは一体いくら?1kはお金だけじゃない?

最近、SNSやネットの掲示板でよく目にする「1k」という表記。「今日は株で30k回収成功!」...

ゼネコンとは何か?仕事の内容や役割をわかりやすく解説

みなさんは、ゼネコンという言葉を聞いたことはありますか?就職活動の最中や、何となく見ていたテレビ...

生活保護受給者の入院中の扶助はどうなる?家賃もその対象?

生活保護を受給していると、生活費や医療費などを始め、実に様々な分野で扶助を受け取ることができます...

スポンサーリンク

固定資産税の仕組み

まず、固定資産税という税制の仕組みについて見ていきましょう。

固定資産税は、1月1日時点で持っていた家や土地にかかる税金です。

徴収された税金は、地域住民の生活に必要な設備を維持するために使われます。

つまり、私達の生活を維持する事業に使われる、大事な財源なのです。

そして、この固定資産税は、3年ごとに「評価替え」が行われます。

「評価替え」とは、「固定資産税の税率を見直す」ことです。

どうして3年に一度「評価替え」を行なう必要があるのかというと、固定資産の価値は毎年変わるという特徴があるからです。

そして、この評価替えを行う年度のことを「基準年度」と言います。

前回と変わったことで、固定資産税が高くなる方もいれば安くなる方もいるのです。

固定資産税が安くなれば助かりますが、値上がりすると、「どうして高くなったのか」と思いますよね。

その理由にはどんなことがあるのか、次の章でお伝えします。

固定資産税が値上がりするのはなぜ?

では、固定資産税が値上がりするのはなぜなのか、その理由を見ていきましょう。

一般的には、家や土地の価値は、年数が経つごとに下がっていきます。

そのため、「固定資産税は、毎年下がっていくものだ」「固定資産税が値上がりするはずがない」と考えている方も多いのが現状です。

しかし、家や土地の価値が絶対に下がるとは言い切れません。

例えば、新築してから4年目(人によっては、6年目または8年目)を迎えた場合がそうです。

新築住宅の場合、建てるのに多くのお金がかかっています。

そのため、一時的な措置として、固定資産税が減額されているのです。

その減額措置が終了するタイミングが大抵4年目にあたるので、一気に値上がりしたように感じますが、これは固定資産税の値上がりではなく、減額措置の終了によって「適正な税額に戻った」と考えるべきです。

また、値上がりのタイミングが人によって違うのは、新築で建てた家の内容によって減額される期間が異なるためです。

普通は3年の措置なので、4年目から税額が戻りますが、

・3階建て以上で耐火・準耐火の家(もしくは長期優良住宅)では5年間

・3階建て以上の耐火・準耐火の家であり、長期優良住宅でもある場合は7年間

減額されることになっています。

固定資産税が値上がりした場合に考えられる他の理由とは?

しかし、固定資産税が値上がりした場合に考えられる理由は、新築時の減額措置が終了した場合だけではありません。

固定資産税の減額は、新築時以外にも適用されることがあるからです。

「うちは新築ではないのにいきなり固定資産税が値上がりした」と思っていても、値上がりの理由はそれではなかったというケースは多いものです。

例えば、

・自宅を耐震工事したり、バリアフリー化の工事をした

・省エネ性能を上げるために家を改修した

ということはなかったでしょうか。

その場合には新築時と同じように、減額制度によって税額が少なく抑えられていたということになります。

もちろん、減額される期間は、工事の内容によって異なりますが、その期間を過ぎたことで、固定資産税の税額が適正なものに戻ったのです。

今年になって、固定資産税いきなり値上がりしたという方は、数年前に家に関わる工事をしていないかよく思い出してみて下さい。

役所の計算ミスが原因で固定資産税が値上がりすることも!

新築でもなく、特に家の工事をしたわけでもないのに固定資産税が値上がりしている場合には、単純に役所の計算ミスが原因という可能性も考えられます。

しかし、その場合に気を付けたいのが、

・役所の計算ミスで今年からの固定資産税が値上がりしたのか

・計算ミスで今まで安い額だった(今年からの固定資産税は適正になっている)のか

のどちらなのかをはっきりさせることです。

また、役所の計算ミスでなくても、元々の固定資産税の額が今までは安すぎたという事情もあるかもしれません。

それが固定資産税の値上がりの理由だとしたら、「仕方がない面もある」と納得できるのではないでしょうか。

それでも多く払うことに納得できないと思う方は、その理由を役所に聞いてみることをおすすめします。

詳しい理由も聞かずに「値上がりしたから払いたくない」というのは、良くありません。

固定資産税の値上がりに納得できない時は理由を聞こう

固定資産税の値上がりに納得できない時は、その理由が気になるものです。

また、人の心理として、「どうしてこうなっているのかが分からない状態では、1円たりとも支払いたくない」というのもあります。

こうした場合には、遠慮せずにその理由を聞きましょう。

固定資産税の計算をしている地域の役所に問い合わせれば、答えてもらえるはずです。

納得いく説明をしてもらえるかは分かりませんが、多少は理解できる部分も出てくるのではないでしょうか。

ただし、その際は冷静に落ち着いて話すようにしましょう。

仮に、役所の評価ミスや計算ミスだったとしても、それは誰にでもあることです。

それを必要以上に責めてもどうにもなりません。

役所の計算ミスで税額が値上がりしていたのなら、正しい額に戻してもらえば良いのです。

一方、今まで計算ミスで安くなっていたのが今年から適正な税額になったのであれば、支払いに応じましょう。

また、固定資産税の値上がりについて、電話で聞ける場合もあれば、電話での問い合わせには個人情報保護の観点から応じていない場合もあります。

送られてきた固定資産税の納付書を持参して、直接役所の担当窓口まで行けるなら、そうするのが確実でしょう。

値上がりの理由を確認して、固定資産税の払い過ぎを防ごう!

固定資産税が値上がりしても、正当な理由があれば納得できるものです。

そして、多くの人は、値上がりの理由が分からなくても支払いに応じます。

しかし、それを「払い過ぎていた」としたらどうでしょうか。

役所の計算ミスで固定資産税を多く支払っていたと知ったら、気分の良いものではありませんよね。

近年、問題になっているのが、「固定資産税の過払い」の問題です。

もちろん、払い過ぎていたことが判明すれば減額修正されることもあります。

ですが一般的には、過払いに気づいた人が個別に還付請求して取り戻すことになるでしょう。

また、固定資産税に限らず、計算や入力などを人が行なう場合はどうしてもミスが起こります。

そして、ミスに気づかないまま時が流れてしまうことも多いので、自分が過払いに該当することも十分考えられます。

そのため、固定資産税の納税通知が届いたらすぐ、

・支払う額

・軽減措置がきちんと適用されているか(軽減措置がある場合)

を必ず確認しましょう。

税金を払わないのはいけませんが、言われるがまま払ってしまうのも危険です。

値上がりしている場合には、役所に問い合わせるなどして、その理由をきちんと探して下さい。

税金について正しい知識を持つことは、自分のお金を守ることにもつながります。

固定資産税が値上がりしたらその理由を調べよう!

今回は、固定資産税が急に値上がりした場合に考えられる理由について見てきました。

固定資産税は、「様々な理由で、値上がりすることがある」ということが分かりましたね。

そして、値上がりの明確な理由が分からない場合には、必ず説明を求めましょう。

また、税金については、人任せにせず、一度自分で計算するなどの当事者意識を持つことも大事ではないでしょうか。