ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

GDPから経済成長率を知るには?計算方法をおさらいしよう!

2018.8.26

ニュースや新聞では、「GDP」や「経済成長率」といった言葉が盛んに飛び交い、その国の成長率を知るためには欠かせない情報です。

また、国の経済成長率は、GDPの値から算出するため、その計算方法は非常に重要と言えます。

そこで、この記事では、経済成長率の計算方法を始め、GDPの知識について、詳しくご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

外国為替証拠金取引、いわゆるfxのブログは参考に値するか?

外国為替証拠金取引というと、なんだか難しい経済用語のように感じますが、fxなら皆さんも聞いたことがあ...

固定資産税がいきなり値上がり?その理由には様々な背景が!

皆さんは、「固定資産税がなぜか値上がりした」という話を聞いたことはないでしょうか。 多くの場合...

住宅ローンは団信への加入が不可欠。告知義務違反とは?

金融機関で住宅ローンを組む際に、加入が義務付けられている、団体信用生命保険(団信)という保険がありま...

固定資産税は新築から3年間軽減される?平均はどれくらい?

土地や住宅などを購入すると、必ず付いてくるものが固定資産税です。 固定資産税は不動産の所有者で...

定期預金で子供の教育資金を積み立て!途中で解約できるの?

子供の未来のために定期預金をしたいと考えているかたも、いらっしゃることでしょう。 または、定期預金...

生活保護を受けている人が入院したら、家賃はどうなる?

日常生活が困難な人のための制度として、生活保護があります。 生活保護を受けている間に、体調を崩...

fxは為替の土日変動にも注意!週末の持ち越しリスクとは?

ほとんどのfx業者では、土日に取引を行うことはできません。 しかしながら、為替相場は土日関係な...

家屋調査での固定資産税対策ってあるの?税金を安く払う方法

新築の物件を建てたら、家屋調査への心構えが必要です。 固定資産税を決めるために調査するのですが...

所得税の計算方法を解説、毎月の給与から天引きされる額は?

会社員のみなさんは、毎月の給与から所得税が天引きされていますよね。 その金額は、どのような計算で算...

固定資産税の領収書は必要?確定申告で必要経費となる税金

私たちは、毎年多くの税金を納めますよね。 消費税をはじめ、所得税や住民税はもちろんのこと、所有...

中古物件を住宅ローンで購入!審査の流れを押さえておこう!

近年は、新築にこだわらずに中古物件を選ぶ人も増えています。 中古物件の購入にも住宅ローンを使う...

アベノミクスは失敗したのか?その責任は誰がどう取るべき?

2012年12月に発足した、第2次安倍内閣によるデフレ経済脱却のための政策を、安倍首相の名前に因ん...

確定申告で世帯主や所得に関する記載を間違えたらどうなる?

確定申告する際には、様々な書類を用意します。 忙しい中、締め切りの3月15日に合わせて書類を作...

固定資産税の領収書の保管方法!もし紛失したらどうすべき?

毎年支払う税金として、多くの人に関係するのが「固定資産税」です。 固定資産税を現金で支払った場...

家屋の固定資産税は必ず下がる?計算方法や税金対策をご紹介

税金のひとつに、「固定資産税」があります。 家屋にも固定資産税が掛かることは、ご存知の方も多いです...

スポンサーリンク

経済成長率を計算するために!まずはGDPについておさらい

GDPや経済成長率は、その国の成長を表すもので、私達の国の成長率を知るためには、その計算方法を知っておいて損はありません。

まず、その計算方法を知る前に、GDPについておさらいしておきましょう。

そもそもGDPとは、「Gross Domestic Product」から頭文字を取ったもので、日本では「国内総生産」と言われています。

また、「主に1年を通して生産された付加価値の総額」を指し、その国が持つ経済力の規模や、景気の傾向を総合的に示す指標として用いられます。

例えば、GDPが増えれば成長率はプラスとなり、減ればマイナスとなります。

つまり、GDPの伸び率が「経済成長率」を意味しています。

したがって、国内の経済活動がどれだけ行われたのかを計算することで、経済成長率を知ることができるのです。

GDPに関わる「付加価値」とは?その意味について

前項では、経済成長率の計算に関わる、GDPの意味についてご説明してきました。

GDPは、「一定期間に国内で生み出されている付加価値の総額」と述べましたが、「付加価値」とは何かご存知でしょうか?

結論から言うと、「付加価値」とは、「生産過程において新たに付け加えられた価値」を指します。

また、「商品やサービスなどに独自に生み出された価値」とも捉えることができます。

例えば、スーパーなどで販売されている野菜は、生産者が育てて出荷し、流通経路を経て店頭に並んでいます。

この野菜の価値は、「生産者が生み出した価値」と、「流通業界が生み出した価値」を合わせた価値で、つまりは、この両者はその独自によって生み出された「付加価値」と言えます。

このように、生産過程や流通過程によって生み出された付加価値の総額が、GDPになるというわけです。

経済成長率を計算するには?実質GDPと名目GDPについて

GDPに関わる「付加価値」が分かったところで、引き続きGDPについて見ていきましょう。

ニュースや新聞で経済成長率について見ていると、「実質GDP」や「名目GDP」といった言葉が頻出し、その意味について疑問を持った方もいることでしょう。

GDPには、「実質」と「名目」の2種類があり、本質的な経済成長率を求めるためには、基本的に「実質GDP」が用いられています。

まず、名目GDPとは、一定の期間を通して国内生産された付加価値の合計額の指標を指しますが、それに対し、実質GDPは、その付加価値の総額から「物価変動の影響」を省いて計算されたものになります。

実質GDPの説明を、式に当てはめたものが以下です。

「名目GDP」-「物価変動の影響」=「実質GDP」

例えば、5年間で物価が2倍に上昇(インフレ)した場合、その間に名目GDPが2倍になったとしても、実質GDP・成長率は横ばいのままということになります。

つまり、名目成長率は以下の式で計算できます。

実質成長率+インフレ率=名目成長率

上記が、名目GDPと実質GDPの違いになります。

しかし、これだけでは理解が不十分なので、次項でより詳しくご説明していきます。

実質GDPと名目GDPの違いとは?計算して見ていこう

それでは、名目GDPと実質GDPについて、より分かりやい例を挙げながら計算してみましょう。

例えば、スーパーを起業してりんごを販売したとします。

・1年目の単価は100円:1,000個売れた

100×1,000=100,000円(売り上げ)

・2年目の単価は50円:1,500個売れた

50×1,500=75,000円(売り上げ)

では、名目・実質について、それぞれのGDPを見ていきます。

まず、1年目は、名目・実質共に売り上げは100,000円となります。

その一方で、2年目には物価変動が生じており、りんごの単価は50円値下げしています。

【名目GDP:物価反映あり】

名目GDP=50円(値下げ分)×1,500=75,000円

【実質GDP:物価反映なし】

実質GDP=100円×1,500=150,000円

以上のように、名目GDPは値下げ分を含めて計算し、実質GDPでは値下げ分を含めずに計算されています。

つまり、実質GDPは、名目GDPに対し、基準となる価格を設け、価格変動による影響を取り除くことで、GDPの変化を明確にするものなのです。

このような両者の物価変動の金額差が、経済成長率の計算に大きく関わっています。

それについて、次項で詳しく見ていきましょう。

GDPから成長経済率を算出するには?その計算方法について

経済成長率を改めて説明すると、一定の期間において、国民の経済規模が拡大する「速度」を、GDPから算出したものになります。

そこで算出した経済成長率が、その国の景気や投資判断の材料となり、一つの指標として用いられます。

では、経済成長率の計算方法を見ていきましょう。

(当期GDP-前期GDP)÷前期GDP×100=経済成長率

これを踏まえた上で、前項のりんごの例に沿って計算していきます、

・名目GDP=(75,000円-100,000円)÷100,000円×100=-25%(-0.25)

・実質GDP=(150,000円-100,000円)÷100,000円×100=50%(0.5)

これを前項に沿って、以下にまとめます。

【名目GDP】

・1年目:100円×1,000個=100,000円

・2年目:50円×1,500個=75,000円

・経済成長率:−25%

【実質GDP】

・1年目:100円×1,000個=100,000円

・2年目:100円×1,500個=150,000円

・経済成長率:50%

上記を見てみると、名目GDPでは、販売数は増加していますが、経済成長率はマイナスになっていることが分かります。

その一方で、実質GDPでは、販売数と経済成長率が共にプラスになっていることが分かります。

これはつまり、名目GDPは「金額基準」で、実質GDPは「販売数基準」として、それぞれに異なった方面から捉えられていることを意味しています。

では、このような名目GDPと実質GDPについて、どのような視点で捉えることができるのか、更に詳しく見ていきましょう。

GDP成長率のプラスだけでは景気の良し悪しは決まらない?

前項では、名目GDPと実質GDPから、それぞれに経済成長率を計算し、算出する方法についてご説明してきました。

前述の計算でも分かるように、その国の経済が実際にどのくらい成長しているのかを知る場合は、物価変動に影響される名目GDPでは判断することができないため、実質GDPが用いられます。

しかしながら、実際の私達の生活や景気に合致しているのは、名目GDPであると言えます。

そのため、実質GDPがプラスになったとしても、実際に世の中の景気が良くなっているとは、一概には言えないわけです。

また、名目GDPについても同様で、仮に名目GDPがプラスになっても、必ずしも実質的な所得増加には繋がらず、景気が良くなっているとは限りません。

したがって、名目GDPと実質GDPのいずれにしても、成長率の増減だけで判断するのではなく、実際の所得の増加や、インフレ率を同時に見ていく必要がありますね。

経済成長率を知るには名目GDPと実質GDPを知る必要がある

経済成長率を知るためには、名目GDPと実質GDPの違いを知ることが大切です。

ただ単に、GDPがプラスになったからといって、私達の生活の景気が良くなっているとは限りません。

GDPはあくまでも成長率を知るための材料であるため、実際の物価や所得など、多角的な視点で判断していく必要があります。

そうすることで、おのずと将来的な国の成長を見ることができるのです。

 - 経済, 経済指標