ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

経費算出にも必要!不動産の仲介手数料の勘定科目とは?

2018.7.5

法人や個人事業主が不動産を購入、賃貸した場合、仲介手数料をはじめ、諸々の費用がかかります。

これらを経理上記帳する際にはルールがあり、収支をいくつかの分類に仕分けする必要があります。

その仕分けを『勘定科目』と呼びます。

不動産購入も賃貸も、簿記の考え方では『取引』に該当するため記録が必要です。

では、不動産の仲介手数料は、どのような記録を残せばいいのでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

賃貸物件のルールやマナーとは?道徳心をもって判断しよう

さまざまな人が住んでいる賃貸物件では、ルールやマナーが重要視されます。 お互いに気持ち良い環境...

木造アパートのメリットとは。新築は音漏れしないって本当?

2階建のアパートというと、木造で建てられているものが多いです。 木造アパートのメリットとデメリ...

ローコストアパートを建てる。低い金額には理由があった

アパートを経営するにあたって、出来るだけ低い金額でアパートを建てたいと考えるオーナーもいます。 ...

賃貸住まいの方必見!火災保険の加入と更新が重要な理由

賃貸物件の契約時に、加入を求められるのが火災保険です。 勧められるまま加入して、あまり内容を覚えて...

家賃の延滞金(遅延損害金)は消費税扱い?賃貸と税金のお話

賃貸経営をしていて、借主から延滞金(遅延損害金)を受け取るようなことは、できれば避けたい事態ですよね...

ゼネコンとは何か?仕事の内容や役割をわかりやすく解説

みなさんは、ゼネコンという言葉を聞いたことはありますか? 就職活動の最中や、何となく見ていたテレビ...

一級建築士の受験には実務経験が必要?書き方はどうする?

転職する際には、様々な求人を目にします。 「一級建築士の資格を取って、新しい職に就きたい」と考...

九州の面積の約2倍!広大な北海道の人々の生活実態を学ぶ

日本の最北端に位置する北海道は、九州の約2倍の面積を誇る、日本一大きな都道府県です。 よく、「北海...

サイディング屋の単価が適正かどうかをどうやって判断する?

アパート経営は、毎月決まった家賃収入が得られるため、人気のある投資の一つです。 しかし、特に建...

家賃収入を確定申告していないなら早めの申告を!

不動産を人に貸して、家賃収入を得ている方が、希に確定申告をしていないと耳にすることがあります。 し...

アパート経営のいろは!新米大家さんは挨拶も大切

「挨拶は大切。」と子供の頃に教わっても、大人になると忘れてしまったり、上手にできないことがありますよ...

建築士の試験は独学で製図試験も合格できるのか?徹底解説!

1級建築士や2級建築士の試験は難しく、合格率も低い難関です。 学科で合格しても、次の段階の製図の...

家賃収入を確定申告せず、税金を未納にしているとどうなる?

賃貸住宅を管理している大家さんには、家賃収入があります。 また、会社員でも、実家を貸しているなどで...

シャーメゾンの新築に採用されている騒音防止の床がスゴイ!

賃貸住宅というと、構造が安っぽい、隣や上の部屋からの騒音がうるさい、というイメージがあります。 ...

鉄骨造の賃貸物件では、バルコニーの防水対策がとても重要!

鉄骨造の賃貸物件を所有・管理している大家さんは多いです。 しかし、鉄骨造の賃貸物件で重要なのが...

スポンサーリンク

不動産購入と賃貸の仲介手数料の違い

簿記の考え方では、仲介手数料は購入と賃貸で性質がやや変わります。

勘定科目の説明の前に、不動産の仲介手数料について理解しましょう。

不動産購入の場合の仲介手数料は、土地や物件の購入者が取引成立の後に払う、契約を仲介した不動産会社への成功報酬になります。

金額は、物件の値段が400万円以上なら『購入した土地、物件の値段の3%+6万円』が上限であると、宅地建物取引業法で定められています。

それに対し、賃貸の場合の仲介手数料は不動産の貸主、または借主、あるいは両方が賃貸契約、手続を結んだ不動産会社に支払う成功報酬です。

賃貸の場合は、家賃の1ヶ月分が上限と、こちらも宅地建物取引業法で定められています。

この場合、貸主と借主のどちらが払ってもよいですし、貸主と借主が折半で支払うこともできますが、両者に請求しても上限は家賃の1ヶ月分であり、金額が増えるわけではありません。

このように、同じ『仲介手数料』でも『購入』と『賃貸』で差があることが分かります。

まずは、不動産の形式が購入か賃貸かを確認しましょう。

不動産を購入取得した時の仲介手数料の勘定科目は?

ここからは、不動産の仲介手数料の勘定項目が購入と賃貸で、どう異なるかをご説明いたします。

まずは購入の場合です。

購入の場合は、購入者と不動産会社の二者での取引、賃貸の場合は借主と貸主、そして不動産会社の三者取引になります。

購入の場合、仲介手数料の勘定科目は『付随費用』に分類されます。

付随費用とは、資産取引に関連した費用のことをいいます。

資産取引とは、その資産の取得のようなプラス方向のものと、処分、解体などのマイナス方向のものもありますが、どちらもこの資産取引の中に含まれます。

不動産の場合の付随費用には、購入費用から解体費用まで含まれます。

つまり、購入から処分まで、資産の権利取得~消失までにかかる費用がほぼすべて含まれ、仲介手数料のほかにも、含まれる費用は多岐に渡ります。

購入の場合は、不動産の取得原価(実際に購入した金額)でその金額が資産計上されます。

ちなみに、不動産取得税、固定資産取得に係る借入金利子に関しては、付随費用に含むかは任意とされていますので、『雑費』に含まれることも少なくないようです。

不動産を賃貸したときの仲介手数料の勘定科目は?

不動産を購入した場合、仲介手数料の勘定科目は『付随費用』になることが分かりました。

それに対し、不動産賃貸の場合は、仲介手数料の勘定科目は基本的に『支払手数料』に該当します。

支払手数料とは『報酬』に関する支払を管理する勘定区分です。

不動産の契約とは、不動産会社に業務を委託し手続きを執行して契約を締結してもらうので、仲介手数料は不動産会社がそのノウハウを提供する『情報提供料』と考えられています。

つまり、仲介手数料とは、『情報を提供する対価に報酬を渡す』という関係で成立していると法的には見なされています。

その報酬を支払うため、仲介手数料が『支払手数料』に該当すると考えられるわけです。

ただし、その契約が租税特別措置法関係通達に記載される『正当な対価』と認められない場合は、この費用は『交際費』として取り扱われます。

基本は支払手数料として計上しておけば問題ないので、報酬を支払う=支払手数料と関連付けて覚えておきましょう。

不動産賃貸の礼金の勘定科目とは?

賃貸の場合、仲介手数料は不動産屋さんに支払う『礼金』と扱われる場合があります。

不動産賃貸の礼金の場合は、その金額によって区分が変化します。

礼金の定義は『返還されないお金』ということで、後の返還可能性のある敷金と区別されています。

礼金の金額が20万円未満の場合は、支払の時点で全額費用処理を行うことができます。

その際の勘定科目は『地代家賃』を使います。

地代家賃とは、事業で使っている事務所や駐車場などの賃貸料金のことです。

しかし、礼金が20万円を超えると、この礼金は税制上では『繰延資産』として扱われます。

この場合は『長期前払費用』(資産)に計上し、賃借期間毎に償却計算します。

ただし、金額だけでなく、賃借期間にも規定があります。

賃借期間が5年未満の場合は、規定の期間内での計算になります。

また、賃借期間が5年以上であっても、『5年』での費用償却としての計算になります。

例えば礼金が60万円、賃借期間が6年の場合は、賃借期間を5年(=60ヶ月)に直し

60万円÷60(ヶ月)=10,000円が月ごとの償却費用になるというわけです。

オフィスと自宅を兼ねる賃貸物件の仲介手数料の経費計上について

不動産が賃貸の場合、仲介手数料の勘定科目は『支払手数料』になることは、先ほどお話しました。

しかし、オフィスが購入した自宅など、自身の居住を兼ねている場合、経費に組み込む時に問題が起こってしまいます。

賃貸で事務所を借りて仕事をしている場合は、仲介手数料を全額経費として計上することができます。

例えば仲介手数料10万円を、事業用の口座から支払った場合です。

日付 5/1
借方 支払手数料 100,000円
貸方 普通預金 100,000円
摘要 賃貸物件の仲介手数料

となります。

借方の勘定区分が支払手数料になっています。

逆に、自宅を事務所としている場合は、事業で自宅を使う割合を家事按分しなければなりません。

具体的には、仕事場と家の面積の関連や光熱費、通信費、運送費用等です。

それをした後、適正な一部の額が経費として認められます。

例えば、仲介手数料10万円の中から20%の2万円を家事按分して経費とし、個人用口座として支払う場合です。

日付 5/1
借方 支払手数料 100,000円
貸方 事業主借 100,000円
摘要 賃貸物件の仲介手数料(按分比率20%)

となります。

不動産賃貸と購入の仲介手数料の勘定科目の違い

要素が多岐にわたり非常に複雑ですが、不動産の仲介手数料の勘定科目を考える際に最初に捉えたいのは、その不動産資産を『自己所有』したか否かです。

不動産賃貸と購入の違いとは、その不動産が自分のものになったか、そうでないかで性質が大きく異なります。

不動産を買った場合、事業者は資産を所有するので、その資産は事業主の財産に計上されることになります。

それに対して賃貸の場合、その不動産は借主の所有物になったわけではありませんので、事業主の利益に計上されるのではなく、『支出』によって維持されるということです。

賃貸の場合、それは仲介手数料だけでなく、家賃などその不動産にかかる費用のすべてが支出として考えられます。

購入すれば資産を『取得』したことになり、賃貸はその資産を維持するための『支出』となります。

よって、購入の場合は『資産計上』、賃貸の場合は『支払』になるという考え方が基本になります。

勘定科目に迷ったときは、それが『資産計上』か『支払』かを考えるとよいでしょう。

不動産の仲介手数料の勘定科目は、その性質を見よう

なかなか複雑な区分ですが、不動産の仲介手数料の勘定科目は自己裁量に任される部分もあります。

基本的には『付随費用』か『支払手数料』のどちらかの判断ができれば問題ありません。

まずは賃貸か購入かを確認し、それから細かいところを見ていくとよいでしょう。

 - ビジネス, 不動産業界, 経営