入居者が窓に防犯フィルムを貼ったまま退去!はがす方法は?

なにかと物騒な世の中ですから、防犯のために、自ら対策をしている入居者も多いのではないでしょうか。

部屋の窓から泥棒の侵入を防ぐ効果のある、防犯フィルムが人気ではありますが、このフィルムをはがすことは、なかなか難しいです。

今回は、入居者が貼った防犯フィルムのはがし方を、ご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓が鏡に見えるミラーフィルムでプライバシー保護と防犯対策

寒い時期が終わり、暖かい季節がくると、窓から部屋へ日差しをたくさん入れたいですよね。カーテン...

窓からの侵入を防ぐための防犯グッズとは?換気もできる!?

全国で起きている住宅侵入盗被害の半数以上が、「窓からの侵入」となっています。その「窓から...

木造賃貸は騒音トラブルが起きやすい!物件選びのポイント

木造の賃貸住宅は、比較的家賃が安いことから選ぶ方が多いのではないでしょうか。しかし、木造の賃...

窓の補助鍵は100均のものでも防犯対策に十分有効!

防犯意識の高い人であれば玄関などには色々な防犯対策をしていると思いますが、窓の防犯対策はされてい...

MRF金利0%!サービス豊富なSMBC日興証券で何に投資する?

証券口座の受け皿として利用されているMRF。そのMRF金利が0%となりました。金利0%で...

スプレッドはFXで重要!意味を理解してから取引をはじめよう

FX取引をはじめようと考えている方は、知っておくべき大切な用語がたくさんあります。その一つに...

賃貸は凍えるほど寒い?窓の冷気にはカーテンで対抗しよう

入居者の間でささやかれている「冬場の賃貸の部屋は凍えるほど寒い!」という言葉をオーナーさんは聞い...

MRF金利0%で楽天証券での取扱い終了!代わるものとは?

日銀によるマイナス金利の影響で、MRFの金利は軒並み下がりました。まだMRFの取扱いがある証...

窓やベランダの手すりに布団干しはNG!どう行えば良いの?

マンションの使用規則の中には、窓やベランダの手すりにお布団を干すことを禁止と定めていることが多く...

いつの間に!家の中に蜘蛛の巣が多いのはなぜ?予防&対策

昔の言い伝えでは、「家の中に昼間現れる蜘蛛は、神様の使いだから殺さない方がいい」などと言われてい...

窓から入る蚊やハエ!虫を寄せ付けないためにできることは?

気温が上がってくると、家の窓を開け放ち、風を通すお宅が増えますよね。そんな時、どうしても気に...

業者で変わる?スプレッドと取引手数料がもたらす利益の違い

FXでは、カタカナやアルファベットの聞きなれない用語が頻繁に出てきます。FXという言葉自体もそ...

日経225オプションとはどんなもの?ブログから学ぼう!

「日経225オプション」とはどんな投資か知っていますか?これから投資を始めたいという方や、投...

フローリングにシールが!キレイにはがす方法をご紹介!

一人暮らしであっても、友人の子どもや甥っ子・姪っ子が遊びにくることもありますよね。子ども...

面倒な窓掃除を簡単に!洗剤がなくても代用できるものご紹介

窓掃除は、なかなか重い腰が上がらないという方も多いことでしょう。そんな面倒な窓掃除を、簡...

スポンサーリンク

窓ガラスを割って侵入してくる

住宅を襲う空き巣ですが、どこから侵入してくるのでしょうか。

以前はピッキングで玄関からの被害が多かったのですが、現在は複雑な構造の鍵が多いため、ピッキング被害が減少してきました。

しかし、空き巣自体が減ってきたのではありません。

どこから侵入するかというと、およそ7割近く窓から侵入しています。

窓の鍵がかかっていたとしても、鍵の近くの窓ガラスを割って鍵を開ければ、部屋に入ることができるのです。

大家さんからしたら、狙われやすい物件にしたくありませんし、もし空き巣被害に遭ってしまったら、住んでいる人も気が気ではないですよね。

はがすことが難しい防犯フィルムを入居者が「貼ろう」と考える前に、大家さんができる防犯対策はないのでしょうか。

住宅侵入に5分以上の時間が掛かりそうな物件は、約半数近くが、侵入を諦める傾向があるようです。

そこで、窓を破壊するまでに時間が掛かる、面格子の取り付けを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

大家さんができる窓の防犯対策は?

住居の窓からの防犯機能を高める面格子ですが、種類がたくさんあります。

防犯機能が高いと言える面格子は、以下の通りです。

●ステンレス面格子

硬い素材でできているステンレス面格子ならば、簡単に破壊することは困難なので、防犯機能は高いです。

●室内面格子

室内に面格子があるので、外から破壊ができません。

こちらも値段は高くなりますが、防犯機能の高い面格子と言えます。

どちらも普通の面格子と比べると、値段は高くなりますが、入居者の安全を考えて、こうしたことも視野に入れてみましょう。

反対に、破壊されやすい面格子とは、どんなものなのでしょうか。

▼ビスが外部に露出した取付方法

ネジやボルトが露出していれば、ドライバーなどで簡単に外されてしまいます。

▼接合部が少ない

縦格子などはバールを使えば、すぐに破壊できてしまいます。

こういった面格子では、防犯機能としては高くありません。

せっかく取り付けていても、こうした面格子に防犯機能が高くないことを知っていれば、防犯フィルムを貼ろうと思う方もいることでしょう。

後ではがすことが難しい防犯フィルムを、入居者が貼らなくてもよい防犯対策は、他にあるでしょうか。

窓に雨戸を付けて防犯対策

窓からの侵入被害を高める方法は、まだあります。

雨戸やシャッターです。

雨戸やシャッターは、開け閉めする必要があり、音がします。

雨戸やシャッターが閉まっていれば当然、開けなくては中に入れません。

そのため、空き巣をするには、手こずる物件と言えるでしょう。

手こずる物件ということは、空き巣が嫌う物件とも言えるでしょう。

雨戸やシャッターは防犯以外でも、断熱や防音、プライバシーの確保もできます。

自然災害である暴雨や台風など、防雨の対策にもなります。

従来の引き違い方式の雨戸は、開閉するときに室内の窓を開けなければいけません。

寒い冬は、冷たい風が入り込んできて、室温が下がってしまうといった難点がありました。

しかし、窓の内側に取り付けられる室内タイプの雨戸もあります。

室内から取り付けることができるので、アパートなどの賃貸物件でも設置可能です。

そして、開閉するときに、冷たい風が入り込んでくる心配もありません。

また、鍵をかけられる構造で、万が一隙間から手が入れられても、鍵が開かない仕掛けになっているものもあります。

内窓が付いていたり、木枠の幅がある程度確保できないと取り付けられないですが、防犯機能面でいえば、検討してみる価値があります。

しかしながら、大家さんがこうした対策をする前に、入居者が防犯フィルムを貼って防犯対策をするかもしれません。

なかなかはがすことが難しい防犯フィルムですが、どういった効果があるのでしょうか。

はがすことは考えず防犯フィルムを貼ると

窓からの侵入で多いのは、ガラスを割って鍵を開ける手口が多いとお伝えしました。

メディアでも、こうした手口から住宅侵入を防ぐ方法を放送していることから、賃貸アパートに住んでいる方も、防犯対策に踏み切るのではないでしょうか。

誰も、空き巣被害には遭いたくないですからね。

手軽に、そしてコストも掛けずに窓からの侵入を防ぐ方法として、防犯フィルムがあります。

この防犯フィルムは窓に貼るだけで強度が増し、空き巣をしようと窓ガラスをたたき割っても、簡単に割れない仕組みになっています。

防犯の面でお話すると、窓全体に防犯フィルムを貼るのが一番です。

しかし、貼る面積が大きくなればコストは掛かりますし、なかなか素人ではうまく貼れません。

そこで、窓の鍵付近だけ、防犯フィルムが貼れる商品が販売されています。

鍵付近に防犯フィルムを貼るといっても、できるだけ広範囲に貼る必要があります。

なぜなら、防犯フィルムが貼られていない場所を割られて、手を伸ばせば鍵に行き着くようでは、何の意味もないからです。

そういったことから、窓全面に貼っていなかったとしても、広範囲で防犯フィルム貼ることになるのです。

防犯のためと入居者が対策をしたまでは良いのですが、この防犯フィルム、なかなかはがすことが容易ではないのです。

窓に貼られた防犯フィルム。はがす?はがさない?

入居者が防犯のためにと貼った防犯フィルムですが、退去時に、はがさなくてはいけないのでしょうか。

大家さんは、はがすか、はがさないかで、とても迷いますよね。

通常であれば、防犯フィルムや窓ガラスフィルムは、部屋の資産価値があります。

大家さん側としては、資産価値の上がる防犯フィルムを、わざわざはがさなくても良いのではないでしょうか。

新しく入居する人も、「防犯フィルムが貼られていて困る」といった人は、おそらく少ないでしょう。

しかし、以下のケースでは、フィルムをはがすかはがさないかは、大家さんの判断が必要になってきます。

・防犯フィルム自体の劣化(防犯効果が薄れている)
・正しい位置に貼られていない
・見た目が汚い
・新しい入居者がはがして欲しいとの要望

中には、粘着力がある業務用のフィルムが貼られている場合があります。

この場合は、専用の道具や工具を使い、専門的技術を持っている人がはがさないと、窓ガラスの表面を傷つけてしまう原因になります。

窓ガラスの交換となると、大きな出費になってしまいます。

ご自身ではがせない状態であれば、専門の方にお願いをして、はがしてもらいましょう。

窓に貼られた防犯フィルムをはがす工程

先ほどお話した通り、粘着力の強い防犯フィルムの場合は、ご自身ではがそうとすると、窓ガラスに傷が付いてしまいます。

専門の方にお願いすると、どのように防犯フィルムをはがしていくのでしょうか。

まず、防犯フィルムをはがすことに適した工具を使い、専用の洗剤でフィルム部分をはがしていきます。

接着面が残るので、窓用スクレーパー(三枚刃)を使い、丁寧にはがすといった工程です。

時間も労力も掛かり、正しい順序で進めていかなくてはなりません。

窓用スクレーパーを使いこなせていなければ、窓ガラスに傷をつけてしまう危険性があります。

必ず、専門の方にお願いしましょう。

ホームセンターなどで販売されている粘着力の弱い防犯フィルムなら、大家さんでもはがすことができる場合もありますので、ご紹介します。

①防犯フィルムにドライヤーを当てて温めていきます。

②温めながら窓ガラスを傷つけないように注意し、カッターなどで一方向に5~10cmの筋を入れましょう。

③接着面が残るので、中性洗剤を薄めた水溶液を吹き付けて、5分ほど放置しましょう。

④糊が浮いてきたら、ヘラを使い、取り除きましょう。

空き巣被害に遭わないために

一番は空き巣に遭わないことが良いですが、いつ何時、被害に遭うかは誰にも分かりません。

大家さんからしても、ご自身の所有する物件が、空き巣被害に遭うことは避けたいですよね。

入居者の安全をまもるためにも、様々な防犯対策をすることが、求められている時代なのかもしれません。