ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

会社役員として働くメリットと使用人兼務役員制度について

2018.5.7

社員として働いている会社で、「役員にならないか?」と声を掛けられたら、誰でも戸惑いますよね。

その背景には、「役員がどんなものか分からない」ことがあるのではないでしょうか。

今回は、会社の役員として働くメリット・デメリットをご紹介していきます。

また、使用人兼務役員制度についてもご紹介しているので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

簿価単価?ドル・コスト平均法?持株会の疑問を解決!

従業員持株会制度を実際に利用している人の中には、実は詳しいことはわからないという方が多いのではな...

アパート経営開始!買うべきは4階建てEVなし階段のみ物件?

アパート経営を始めようと、中古のアパートを購入すると、理不尽なこともたくさんあります。 経営するな...

w造2×4とはどんなアパート?そのメリットデメリットとは

アパート経営において、アパートの建物はいちばん大切な商売道具といえます。 大切な商売道具なのですか...

会社の相談役はどんな仕事をしている?役割や給与を調査!

会社員といて働いている人は、仕事内容や給与に不満を持つことも多いですよね。 しかし、会社内には...

一級建築士の合格者が多い!大学別ランキングをご紹介!

一級建築士を目指す人にとって、どこの大学に通うかという大学選びはとても重要です。 何故なら、通...

アパートの部屋内に漂う異臭の発生源は?対処法教えます!

アパートに住んでいて、在宅時や帰宅時に「部屋の中がなんだか臭い」と感じたことはありませんか。 ...

窓の隙間は隙間テープで塞ごう!虫や隙間風をシャットアウト

気が付くと部屋の中を小さな虫が飛んでいた、というご経験はありませんか。 窓が閉まっているのにど...

簿記の基本を学ぶ~「現金」と「当座預金」の違いとは~

企業では日々取引が行われています。 今回は、企業会計の基本である簿記の全体像についてご説明します...

家賃の値上げがしたい。入居者に拒否されたときはどうする?

アパートやマンションの経営で、頭を悩ませるのが家賃です。 高くもなく、安くもなく、ちょうど良い金額...

今さら聞けない!リートは投資として得なの?投資ブログ心得

リートとは、投資家から集めた資金を使って不動産を購入し、その不動産から得られた家賃収入や売却益を...

家賃収入の申告漏れに注意!税金に時効があっても支払おう!

物件を所有し、家賃収入を得ている方は毎年確定申告を提出し、家賃収入にかかる税金も納めなければなりませ...

大阪市西成区は治安が悪い?飛田新地やあいりん地区とは?

大阪在住の方ならご存知だと思いますが、大阪市西成区は治安が悪いと言われています。 西成区といえば、...

家賃の延滞金(遅延損害金)は消費税扱い?賃貸と税金のお話

賃貸経営をしていて、借主から延滞金(遅延損害金)を受け取るようなことは、できれば避けたい事態ですよね...

防犯と換気を同時に!窓に隙間を開けながら施錠できる鍵とは

部屋の空気の入れ替えなどをするために、換気は重要ですよね。 換気するには窓を開けることが多いと...

床のワックス剥がれを発見!ワックスを塗る注意点やコツ

若い世代の方には、畳よりもフローリングに人気の傾向があるため、大家さんの中には、「床と共に全室フ...

スポンサーリンク

会社役員とは

はじめに、「会社役員」とは、何を指すのかご紹介しましょう。

日本には、「会社法」という法律があり、そこで「役員」の定義が書かれています。

そこでは、「取締役」「会計参与」「監査役」が役員とされています。

会社法の施行規則を見てみると、上記に加えて「執行役」「理事」「監事」なども役員として含める場合があるようですが、これらは、会社法では役員ではありません。

また、「会長」「副会長」「専務」「常務」などの役職名が与えられていると、何となく役員のような印象を受けます。

しかし、これらは単なる呼称であり、役員ではない(=従業員)ので注意が必要です。

役員かそうでないかは、「取締役会に参加可能で、議決権を持っているか」という点で見分けます。

そして、役員というのは会社の経営者なので、それまでの従業員の働き方とは異なります。

ですから、従業員が役員(会社の経営者)になるには、一度退職する必要があります。

つまり、従業員ではなくなるので、従業員時代の身分などは、全て失うということです。

退職金制度のある会社ならば、退職金をもらって一度退職し、改めて役員として会社に迎えられることになりますので、この点をよく理解しておきましょう。

次項は、会社役員になるメリットをご紹介します。

会社役員になるメリットとは

では、「取締役」「会計参与」「監査役」などの会社役員になった場合、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

メリットとして、まず挙げられるのが、「定年がない」ということです。

従業員には、定年があるので、一定の年齢までしか働けません。

ですが、定年のない役員になれば、健康で会社に必要とされている限り、働くことができます。

また、会社という組織の中で、大きな権限が与えられる立場が役員です。

これは、会社の中で最高のポジションに就けるということなので、会社に尽くしてきた方にとっては、ひとつのステータスです。

そして、「役員報酬がある」ことも、大きなメリットですね。

先ほどもお伝えしたように、会社役員は会社の経営者なので、その手腕によっては、さらに大きな報酬を得ることも可能です。

売上を伸ばして業績を上げ、会社を大きくさせることができれば、優秀な経営者として、従業員やその業界、世間から評価されることもあるでしょう。

会社役員になるとどんな権限が与えられる?

先ほどご紹介したように、会社役員になると様々なメリットがあります。

メリットの1つに「権限が付与される」ことがありますが、実際に役員になると、以下の権限が与えられます。

<代表取締役>

・その会社の代表として発言できる
・契約書にサインするなど、他の会社との交渉ができる

<会計参与>

・計算書類を他の役員と作成する際、会計帳簿をいつでも閲覧できる
(会計がきちんと行われているかをチェックするため)

<監査役>

・取締役から、どのような事業状況か報告を受けたり、独自に調査することができる
・取締役の不正を裁判所に訴えることもできる

また、監査役は、役員がきちんと仕事をしているかを監督する立場なので、取締役会や株主総会で監査結果を報告します。

そして、日本では、長年会社に尽くした従業員の中から役員を選ぶのが一般的です。

会社役員になることにはデメリットもある

先ほど、会社役員になるメリットをご紹介しましたが、どんなことにもデメリットはあります。

ここでは、会社役員のデメリットを見ていきましょう。

はじめに、「会社役員は、従業員ではない」とお伝えしましたね。

役員は、従業員に指示を出して仕事をさせることはあっても、誰かから指示されることはありません。

そのため、役員になると、従業員時代に入れていた「労災保険」や「雇用保険」には入ることができなくなります。

なぜかというと、役員は労働基準法に定める労働者にも該当しないので、労働者に与えられているものには加入できないからです。

また、従業員ではないので、会社で何か不祥事があった場合、責任を取るという形で解任されるリスクがあります。

自分の責任ではなくても、役員としての連帯責任があるからです。

様々な権限や地位、大きな報酬を得ることが望める反面、責任の大きさや解任のリスクもあるのが、会社役員なのです。

会社役員と従業員のメリットを合わせた働き方がある

ここまで、会社役員とはどんなものか、会社役員のメリット・デメリットをお伝えしてきました。

役員は、上司の指示で働くことはないため、労災保険や雇用保険には加入できません。

従業員は、上司の指示で働く代わりに、労災保険や雇用保険に加入できます。

ですが、役員になっても、従業員時代のメリットを維持する方法があります。

それが、「使用人兼務役員制度」を使った働き方です。

この「使用人兼務役員制度」を使うことで、役員になる方の雇用保険を担保し、そのモチベーションを上げることができます。

そのため、役員になる方と会社、双方にメリットがあります。

ただし、すでに持っている肩書によっては、この制度が使えません。

「代表取締役」はもちろん、「取締役」「会計参与」「監査役」は「兼務役員」にはなれません。

ですが、「委員会を設置していない会社の取締役」であれば、指示を受けないという役員のメリットと、雇用保険に入れるという従業員のメリットを得ることができます。

経営者としての権限はありつつ、従業員の制度も利用できるのは、嬉しいですよね。

しかし、この制度が使える役員かどうかの判断は難しいので、この制度を利用したい場合には、事前に会社の顧問税理士などに確認することが必要です。

使用人兼務役員制度のメリットは他にもある!

「使用人兼務役員制度」を使うと、役員であっても雇用保険に入れるのは、先ほどお伝えした通りです。

多岐に渡る書類をハローワークに提出しなければならないので、簡単ではありませんが、それでも大きなメリットです。

では、他には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

会社には、税制上でのメリットがあります。

なぜなら、この制度を使うことで節税になるからです。

原則として、役員への報酬や賞与は、税金を計算する上で経費にはなりません。

しかし、兼務役員であれば、支給する給与の額を変更することができ、賞与についても経費にすることができるのです。

もちろん、それをするには、

・役員分の給与と使用人分の給与を区別し、税務調査で説明できるようにしておく
・賞与は、他の従業員と同じ時期に支給する

などの注意点があります。

委員会を設置していない会社の取締役の場合、従業員の業務を兼務することも多々あるので、この制度の利用を検討してみると良いでしょう。

役員になったら、会社への更なる貢献が求められる!

今回は、会社の役員になった場合のメリットやデメリットについてご紹介しました。

どんなことにも、メリット・デメリットはありますが、会社役員は誰でもなれるわけではありません。

会社を経営していくのは責任やリスクもありますが、様々な権限を与えられて、会社の方針などを決めていけるのは、大きな魅力ではないでしょうか。

また、使用人兼務役員制度は節税にも繋がるので、できるなら活用してみると良いですね。

 - ビジネス, 経営