納戸を活用しよう!棚・ラック・突っ張で自由にDIYできる!

みなさんのお宅に「納戸」はありますか。

もしあるようであれば、物はきれいに収納されていますか。

納戸が季節もののアイテムや洋服で荒れた状態では、探したいものもすぐに見つかりません。

今回は納戸の活用方法についてのお話や、棚やラック、突っ張り棒などを使ったDIY方法などをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

防犯と換気を同時に!窓に隙間を開けながら施錠できる鍵とは

部屋の空気の入れ替えなどをするために、換気は重要ですよね。換気するには窓を開けることが多いと...

暑さ対策に窓にすだれを設置しよう!室内外の付け方をご紹介

真夏日になると、室内にいても暑さを感じますよね。エアコンをかけるのも良いですが、ずっと付けて...

壁や窓から聞こえる音を何とかしたい!賃貸でもできる対策法

一人暮らしをしている方の多くは、窓の外や壁の向こうから聞こえてくる音に悩んでいるかと思います。...

ロフトベッドは便利!賃貸でも置くことはできるの?

高いところに寝ると、なんだか落ち着きますよね。ハンモックもそうですし、映画などで見る木の上の...

開けにくい窓に取っ手を吸盤で取り付けるだけで開閉が楽に!

近頃は、マイホームを建てようという場合に、間取りだけではなく、窓にこだわるという人も多いのではないで...

窓の隙間から侵入する冷気をパネルで遮断!お手軽防寒方法!

窓の隙間から入り込む冷気は、思っている以上に部屋を冷やします。かといって隙間を埋める、窓を取り...

窓から隙間風が!隙間テープで正しい隙間風対策をしよう!

現在お住いの家には窓がいくつもあるかと思います。寒い冬、暖房の効きが悪く感じることはあり...

窓のレールにはストッパーを!一人暮らしでもできる防犯対策

一人暮らしで特にアパートの下層階に住んでいる方であれば、窓への防犯対策は重要です。しかし、防...

窓にシャッターをつけると防音や防犯対策になる?

毎日生活していると、窓の外から聞こえてくる騒音が気になることがあるでしょう。反対に、自分の家...

二重窓をDIY!内窓とレールはプラスチック素材を用いて節約

気温の低い日に窓の近くにいくと、冷気を感じることはありませんか?このとき「窓は閉め切っている...

窓に隙間テープを貼るメリットは?防音効果がある?!

比較的安価で手に入り、ホームセンターや100円ショップなど、さまざまなところで隙間テープは販売され...

マンションの納戸に棚を設置しよう!釘不要の作り方をご紹介

賃貸マンションには、「納戸」のある物件もざらにありますね。納戸があることで収納も便利になりま...

家庭にあるものを使って!窓ガラスについた水垢の落とし方

ふと窓ガラスを見たときに、うろこ状のような水垢がついているのを発見したことはありませんか?発...

窓の鍵が壊れた!防犯面が心配!対処方法をご紹介

リビングの窓は寝室や和室などの窓と違い、使用頻度が高いですよね。窓の開閉の回数が多いと、...

フローリングを張り替えてみよう!diyはどうやって行う?

家でくつろいでいるとき、「フローリングがだいぶ傷ついてきたな」とふと気がつくこともあるでしょう。...

スポンサーリンク

納戸とは?棚や収納ラックは必要?

納戸は間取り図で見ると「N」や「S」などと表示されることが多く、サービスルーム、ユーティリティースペース、多目的ルームなど、さまざまな名前で呼ばれますが、大きな違いはありません。

建築基準法上「居室と認められない部屋」は納戸という位置づけになります。

また、納戸の特徴として、次のことがあげられます。

・窓がない場合が多い
・コンセントがない場合が多い
・人が歩けるくらいのスペースがある

納戸は家の中の貴重な収納スペースです。

よく、普段使わないものや、季節ものの洋服などを収納するために使いますが、棚などを使い上手く収納しないと、収拾がつかないくらいに散らかってしまいます。

そのため、DIYで棚やラックを作成し、納戸を有効に活用することをおすすめします。

次項で、納戸のさまざまな活用方法を見ていきましょう。

納戸の活用方法はDIYで自由自在

納戸はDIY次第でさまざまな部屋として活用できます。

ここではその一例をご紹介しましょう。

●収納スペース

押し入れなどと同じく、収納スペースとして納戸を活用できます。

棚を置けば布団や毛布をたたんで収納することが可能です。

この時、除湿シートを敷くなどして、湿気が溜まりにくくなるような配慮をすることが重要です。

●書斎スペース

2~3畳あれば、机や棚を設置して簡単な書斎を作ることが可能です。

扉を閉めれば音を遮ることもできるため、家で仕事をすることが多い方は、リビングにワークスペースを作るよりも集中して作業することができるでしょう。

夏場はエアコンがないと厳しいため、これから新築する方で納戸に書斎を検討している方は、窓を作るなどして、窓用エアコンの設置を想定しておきましょう。

●パントリー

納戸はパントリー(食品庫)としても活用できます。

ただ、パントリーは全体を見渡せて、一目で何があるか分かるようなスペースである必要があります。

そのため、あまり奥行きのある納戸は不向きとなりますので、注意しましょう。

納戸にDIY!棚と突っ張り棒でウォークインクローゼットに

先ほど、納戸はパントリーや書斎になるという活用方法のお話をしましたが、DIY次第ではウォークインクローゼットとしても活用することができます。

部屋に洋服を置くスペースがあまりない場合に、利用すると良いでしょう。

DIYの方法はとても簡単です。

まず、納戸に棚を設置しましょう。

棚は購入したものでも、納戸の幅に合わせて手作りしたものでも、どちらでも構いません。

棚には収納ケースを置き、たたんだ洋服をしまうスペースにしましょう。

そして、棚の上の天井に近い場所に、突っ張り棒を設置します。

重さで落ちてこないように、力を入れて設置しましょう。

ハンガーでかける洋服が多い場合は、上から見た時に「L」になるように、もう1本突っ張り棒を設置します。

これだけで、ウォークインクローゼットは完成します。

突っ張り棒と棚の色を同系色にすると、一体感が出ておしゃれな雰囲気にすることができるでしょう。

納戸に窓がある場合は、洋服の日焼けが心配なため、簡易的なカーテンを設置することをおすすめします。

ウォークインクローゼットが不必要になったら、突っ張り棒をはずすだけで通常の納戸として利用できます。

納戸に収納すべきものとは?収納ルールを守ろう

納戸は普段使わないものを収納することが多い場所ですが、具体的にはどのようなものの収納に適しているのでしょうか。

以下でご紹介します。

・季節ものの洋服や靴、布団
・扇風機やストーブなどの季節家電
・スポーツ用具(ラケット・ゴルフクラブなど)
・図鑑などの書籍
・雑貨、普段使わない食器

上記の中に、実際に自宅の納戸にしまっているものはありますか。

これらは収納ルールを守って、効率よく収納することが大事です。

納戸の収納ルールとして、以下のようなことがあげられます。

・納戸に物を詰め込みすぎない
・納戸にあるものは1年ごとに必要か判断する
・衝動買いを控える

棚などをDIYして、人が通れるほどのスペースを確保しつつ、収納を詰め込みすぎなければ、散らかることはほぼありません。

また、納戸にあるものは普段使わないものなので、1年に1度は不必要なものかの判断しましょう。

迷ったら無理には捨てず、1年後にまた必要かを考えましょう。

そして、ものを衝動買いすることを控えましょう。

無駄なものを増やさないように心掛けることも、節約と使いやすい納戸へと繋がります。

納戸の基本的なDIY!棚とハンガーパイプを活用する

ここでは、DIYで納戸に収納場所を作っていきます。

納戸の収納を効率よく行うには、ハンガーパイプ・収納棚・キャスター付き収納ケースの3つを揃えることから始めましょう。

この3つをうまく組み合わせれば、見た目がきれいに見えるだけでなく、どこになにがあるのか一目で分かります。

自分だけでなく、家族も探しやすい仕組みとなっているので参考にしてください。

【納戸の基本の収納方法】

まず、収納棚を組み立てましょう。

市販されているもので構いませんが、背の高いものの方が収納力は上がります。

高い場所は落ちてきても危険度の低い、軽量なもの(タオルのストックなど)を収納しましょう。

次に、収納棚を設置したら、すぐ横のスペースにハンガーパイプを置きます。

ハンガーパイプには家族全員の冬物のアウターや、冠婚葬祭の衣服をかけておくことで、しわにならず保管することができます。

そして、急に必要となった場合も、すぐに着用することができます。

最後にキャスター付き収納ケースですが、棚の下にくるように設置しましょう。

キャスターが付いているため、重量のあるアルバムや図鑑(書籍)などを保管するのに適しています。

それぞれの場所に決まったものを収納することで、納戸をスッキリした状態で保つことができます。

納戸をDIYする際の注意点とは?

納戸をDIYできれいに収納するのは良いことですが、注意点もあります。

ここでは見落としがちな注意すべき点をご紹介していきましょう。

●湿気対策

布団や衣類を収納する際に気をつけたいのが湿気です。

納戸は窓がないことが多く、十分な換気を行わないと、湿気によってカビが発生してしまう恐れがあります。

そのため、棚には抗菌マットや除湿シートを置き、除湿器か扇風機も定期的にまわすように心掛けましょう。

ドアは閉め切りにせず、基本的に開けたままにしておきます。

風の流れを作ることでカビ予防になりますので、梅雨や夏の時期は工夫して換気を行うようにしましょう。

●コンセントがない

書斎にする場合、コンセントがないとパソコンやプリンターなどの使用ができません。

また、エアコンも設置できないため、あらかじめ頭に入れておきましょう。

コンセントがないと掃除機をかけることもできないため、延長コードなどで対応するようにしましょう。

DIYで納戸を有効活用しよう

納戸は、通常通り収納として使うことはもちろん、ウォークインクローゼットや書斎にしたりと、工夫次第でさまざまな使い方ができます。

DIYと聞くとハードルが上がる感じがしますが、棚やラックは市販のものを使えば、誰にでも使いやすいスペースへと変身させることができるでしょう。

今現在、納戸が散らかって困っている方は、思い切ってDIYすることをおすすめします。