アパートで注意したいテレビ音量!音トラブルを防ぐポイント

戸建てはもちろん、アパートなどでも家電製品は欠かせません。

それには、洗濯機などの生活に必要なものから、娯楽性の強いテレビなど様々なものがあります。

しかし、それが発する音量によっては、他のアパート住民にとって気になる音となることもあります。

テレビの音量による近隣トラブルも起こり得るため、何らかの対策を講じることが望ましいでしょう。

今回は、アパートでテレビを見る際の音の響きを軽減するポイントに加え、おすすめの音対策アイテムもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

賃貸の畳の交換するときの費用は借主と貸し主どちらの負担?

賃貸物件にお住まいの方で、和室がある方もいらっしゃいますよね。近年では、フローリング人気に押...

アパート住まいの足音の苦情!トラブル解決方法をご紹介

皆さんは、集合住宅に住んだことがありますか?アパートや団地、マンションなど色々ありますね。...

BS契約はアパートでも絶対しなくてはならないものなのか?

テレビが家にあるという方は、NHKの受信料を支払っていると思います。ただし、NHKの受信...

アパートの玄関をおしゃれにしたら入居率が上がるかも!?

玄関は、家に入って、最初に目に入る場所です。いわば、「顔」と言っても良いですよね。それは、アパ...

アパートのエアコンが効かない!原因と自分でできる対処とは

夏、暑さに耐えかねてエアコンのスイッチを入れたら効きが悪く、いつまでたっても部屋が冷えないという...

アパートを借りるときの注意点!抑えるべきポイントとは?

アパートを借りる際には、誰もが「失敗したくない!」と思うのではないでしょうか。自分の部屋では...

新築の良さはトイレにあり!?目的別のおすすめ壁紙も必見!

新築の良さを実感することと言えば、トイレなどの水周りの新しさもその内の1つではないでしょうか。...

アパートでbsが無料で見られる?アンテナなしで見る方法とは

アパートやマンションに住んでいる方で「bs放送を視聴したい」と思っている方もいることでしょう。...

後悔先に立たず!新築マンション購入前にブログで情報収集!

人生の大きな買い物である、新築マンションの購入。買ってから後悔するようなことは避けたいもので...

新築の水道工事の費用はどれくらい?費用が高い土地もある?

新築が完成したからといって、すぐに生活ができるわけではありません。電気や水道、ガスなどのライ...

持ち家やアパートなどの地震保険の概要と保険料控除について

地震保険は、万が一持ち家やアパートなどの建物や家財が地震により損害を受けた場合、それを補償する保険...

アパートの照明が故障!交換や修理費用はだれが負担する?

アパートには、エアコンやコンロなど様々な設備が入居前から装備されていることも多いです。照明も...

窓に補助鍵をつけて防犯効果を上げる!おすすめの補助鍵は?

窓を閉め切っている時、備え付けの鍵をかけて過ごすことが一般的ですよね。しかし、鍵を閉めた...

賃貸の窓のゴムパッキンが劣化!交換費用は誰が負担するの?

日頃の掃除でも、年末の大掃除でも見落としがちなのが、窓のゴムパッキンではないでしょうか。窓の...

アパートでギターの練習はNG?ギタリストのための賃貸術!

アパート暮らしのギタリストにとって、自分が住んでいる部屋でギターを練習することはもはや当たり前の...

スポンサーリンク

アパートで気になるのはテレビなどのささいな音

アパートなどの集合住宅では、他の住民が発するささいな音が気になるものです。

人によっては騒音とも捉えかねないため、自分が発する音に注意する必要があります。

一般的にアパートで気になる音として挙げられるものは以下の通りです。

・歩いたり走ったりする音

これらの足音は、1階に住む方が多く感じます。

2階に住む方は、カーペットなどを敷いて足音が響かないようにするのもおすすめです。

・家電製品の音

テレビや洗濯機などの家電製品は、現代の生活には必需品とも言えます。

これらは音を発生させるものが多いですが、音量に配慮したものも多なっています。

・インターホンの音

盲点として挙げられるインターホンの音は、意外に他の住民の部屋に響くものです。

入居当初の音量設定が最大になっていることもあるので、一度音量を確認するのも良いでしょう。

これら以外にも、ドアや窓の開閉音など、ほんのささいな音が他の住民にとっては気になる音として挙げられています。

アパートで気になる音のポイント!音量と時間帯

前項でご紹介したアパートで気になる音には、いくつかのポイントがあります。

まず挙げられるのが、音量です。

例えば、掃除機などを強モードで使用する場合、吸引力が高まりますが、発生する音量も大きくなります。

塩などの粒子が細かいものをこぼした場合などは仕方がありませんが、なるべく強モードで使用する場合は短時間にするように心掛けましょう。

また、テレビなどリラックスするための家電は、つい自分好みの音量で楽しみたくなります。

しかし、他の住民の迷惑にならないよう、節度を持って音量も気にかけるようにしてください。

それに加え、重要なポイントが時間帯です。

どのような音であっても、夜は気になりやすい時間帯です。

多くのアパート住民は、夜には仕事などから帰ってきてリラックスしていることが多いでしょう。

学生であれば、貴重な勉強の時間帯とも言えます。

夜は睡眠の導入時間帯でもあり、あまり音を発するのは適していないでしょう。

だからと言って、早朝に音を発するのも問題です。

特に目覚まし時計などは音量が大きいものが多く、他のアパート住民の睡眠を妨げてしまう可能性もあるため、注意してください。

アパートでテレビを楽しむには音量に加えて配置にも注意

アパートで気になる音の中には、先述した通りテレビの音も挙げられます。

完全にテレビの音を無くすには、アパートにテレビを配置しないということが極論です。

中には一切テレビを観ない人もいますが、テレビの無い生活は多くの人にとって味気ないものでしょう。

そこで、アパートでできるテレビの音対策をご紹介します。

述べた通り、テレビは音量に注意することが大切ですが、それだけではありません。

どのように配置するかも重要です。

音は壁を伝って響くため、テレビを壁に密着させて配置するのは避けましょう。

数cmでも離すように配置すると、音の伝わりを軽減できます。

また、テレビなどの家電製品は湿気を避けたいところです。

壁と密着したテレビでは、その間に湿気が溜まりやすく、カビの発生なども懸念されます。

壁から離してテレビを配置することは、他のアパート住民への音対策になるだけでなく、テレビ自体にとっても良いことと言えます。

アパートでテレビの音の響きを軽減!吸音マット

アパートでテレビを楽しむ際には、壁から離して配置するだけでなく、以下のような吸音マットを使用するのも音対策になります。

【ドリックス:吸音フェルト フェルメノン】

9mmという厚みが、テレビの音が近隣に響くのを防いでくれます。

種類も豊富で、壁に貼り付けるものから、下に敷くものまであります。

賃貸住宅は退去時の原状回復のことも考える必要があるため、壁を傷つけない点も魅力です。

パズルタイプもあるため、テレビの大きさに合わせて組み合わせることもできます。

カラー展開も豊富で、アパートの壁と同色を選べば目立ちません。

反対に、花柄などを選べば、まるで絵画を飾っているかのようなインテリア性もあります。

それだけでなく、素材にホルムアルデヒドを使用していないため、人体の影響にも考慮したアイテムとなっています。

また、通気性にも優れており、テレビ周辺の湿気対策にもなるでしょう。

さらに、このアイテムは防炎性にも優れているため、場合によっては火元となり得る家電周辺に配置するには適していると言えます。

次項では、アパートで大きな音量でテレビを見たい時におすすめなアイテムについてお話しましょう。

ヘッドフォンなら音量も気にならない!

テレビと言えば、テレビ番組だけでなく専用の機械を使用するなどして、DVDなどを楽しむこともできます。

例えば、好きな映画のDVDをレンタルショップなどで借りてテレビで見る方も多いのではないでしょうか。

映画特有の迫力などを感じるためにも、その際には大きな音量で楽しみたいと思うことでしょう。

また映画だけでなく、音楽好きな方にとってはアーティストのDVDも人気です。

アーティストのコンサートDVDなどは、大きな音量で見ることで、まるで自分が会場にいるかのような臨場感を味わえます。

このように、テレビは見るものによっては大きな音量を求める場合もあります。

しかし、アパートで大きな音量でテレビを見ることは、他の住民への音漏れなどを考えると抵抗があります。

そこでおすすめなのが、無線ヘッドフォンを使用してテレビを見る方法です。

ヘッドフォンには有線のものもありますが、線に足を引っ掛ける可能性や収納のしやすさなどを考慮すると、無線のもののほうがおすすめです。

無線ヘッドフォンを使用してテレビを見ることで、大きな音量であっても他のアパート住民への音漏れを防げると言えます。

アパートで使用する無線ヘッドフォンの選び方

前項でご紹介した無線ヘッドフォンですが、多くの種類の中から自分に合ったものを選ぶことが大切です。

そこで、ここではアパートのテレビにおすすめな無線ヘッドフォンの選び方をご説明しましょう。

まず大切なのは、ヘッドフォンの重量です。

映画などをテレビで見る場合、長時間になるため重量のあるヘッドフォンだと負担がかかります。

家電量販店などでサンプルがあれば、一度装着して重量を確かめてみるのも良いでしょう。

また、音が遅れて聞こえるものはおすすめできません。

それが気になり、テレビを楽しめなくなってしまいます。

そして、高機能のものはもちろん良いですが、それゆえ操作が難しいもことあります。

普段よく使用することを想定し、高機能かつ操作が簡単なものを選ぶと良いでしょう。

このように、テレビに使用する無線ヘッドフォンはどのようなものを選ぶかが重要となります。

また注意点として、無線ヘッドフォンを使用してテレビを見る場合、耳が塞がれている状態のため、自分の発する声が思った以上に大きくなってしまうことがあります。

面白いシーンの時など、大笑いをしてテレビを見ることもありますが、あまり大きな声を出さないよう心掛けましょう。

他のアパート住民から、テレビの音量よりも声のほうが気になると思われるかもしれません。

便利アイテムでテレビをもっと楽しく

アパートなどの集合住宅では、音量に注意するなどの配慮も必要です。

テレビの配置はもちろん、テレビの向きを部屋の中央にするなども音の広がりを抑えてくれるとも言われています。

一度、自分のテレビがそれらに当てはまっているかを確認するのも良いでしょう。

また、今回ご紹介した各アイテムを参考に、他のアパート住民への音漏れ対策を講じるのもおすすめです。