アパートで注意したいテレビ音量!音トラブルを防ぐポイント

戸建てはもちろん、アパートなどでも家電製品は欠かせません。

それには、洗濯機などの生活に必要なものから、娯楽性の強いテレビなど様々なものがあります。

しかし、それが発する音量によっては、他のアパート住民にとって気になる音となることもあります。

テレビの音量による近隣トラブルも起こり得るため、何らかの対策を講じることが望ましいでしょう。

今回は、アパートでテレビを見る際の音の響きを軽減するポイントに加え、おすすめの音対策アイテムもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートで洗車するのにホースを使っていいのか?!

賃貸アパートで共用水道を使ってホースを繋ぎ、駐車場で洗車している人や、自宅の室内からホースを引っ張...

アパートの管理会社は、苦情には迅速かつ真摯に対応しよう!

アパートの管理会社は、すべての苦情に対し丁寧かつ迅速に対応し、アパート関係者すべてが満足いくように解...

アパートを退去する時の立会いでは一体どんなことをするの?

アパートからの引っ越しとなると、やらなければならないことがたくさんありますね。退去時の立...

新築の玄関をおしゃれにしたい!こだわるべきポイントとは?

新築の住宅に限らず、住宅の玄関というのは「家の顔」と言われる場所です。来客があった際には、ま...

アパートの苦情はどこに言う?直接相手に言ってはダメな理由

アパートなどの集合住宅に住んでいると、騒音や共用スペースの使い方などで不快に感じることがあるかも...

アパートでの隣人トラブルはどうしたら避けられる?

アパートに住んでいると、思いもよらないことで隣人トラブルに巻き込まれることがあります。こちら...

賃貸でもおしゃれに!窓飾りシートとジェルシールの活用法

賃貸物件に住んでいると、退去時には原状復帰が基本となりますよね。そのため、部屋をおしゃれにし...

中古物件マンションを購入しよう!資産価値がある東京エリア

東京の中古物件のマンションは駅が近く、都内へのアクセスのいい立地であることが多いです。そのた...

新築住宅契約後にオプション費用が上がった!その原因とは?

新築住宅を建てることを決め、ハウスメーカーなどと契約するという方もいらっしゃることでしょう。...

アパートの外壁に地震などでヒビが入ったらどうする?

日本は地震が多い国ですから、建物も地震による影響を免れることはできません。大きな地震が起きた後、...

1kのキッチンは狭いもの?間取りについて考えよう!

1kというと、狭いのが当たり前、と思っていませんか?たしかに全体的な広さは限られますが、キッ...

賃貸アパートの契約期間とは?2年ごとに更新する理由は?

賃貸アパートに住んでいる方ならご存知かと思いますが、アパートに住むと、「2年」ごとに更新手続きを...

ロフトつきの部屋は、はしごが邪魔?

筆者は以前、ロフトつきのアパートに住んだことがあります。家賃が安くてキレイでロフトも便利そう...

アパートの保証人の変更は可能か?それに伴う手続きについて

現役の不動産会社の社員です。時折、アパートに入居中のお客様から保証人を変更したい旨の連絡をいただ...

鉄骨造の住宅は音が響く?防音性の調べ方や対策方法とは

鉄骨造のアパートなどの集合住宅に住んでいる方の中には、近隣住民の生活音が部屋に響くのが気になってし...

スポンサーリンク

アパートで気になるのはテレビなどのささいな音

アパートなどの集合住宅では、他の住民が発するささいな音が気になるものです。

人によっては騒音とも捉えかねないため、自分が発する音に注意する必要があります。

一般的にアパートで気になる音として挙げられるものは以下の通りです。

・歩いたり走ったりする音

これらの足音は、1階に住む方が多く感じます。

2階に住む方は、カーペットなどを敷いて足音が響かないようにするのもおすすめです。

・家電製品の音

テレビや洗濯機などの家電製品は、現代の生活には必需品とも言えます。

これらは音を発生させるものが多いですが、音量に配慮したものも多なっています。

・インターホンの音

盲点として挙げられるインターホンの音は、意外に他の住民の部屋に響くものです。

入居当初の音量設定が最大になっていることもあるので、一度音量を確認するのも良いでしょう。

これら以外にも、ドアや窓の開閉音など、ほんのささいな音が他の住民にとっては気になる音として挙げられています。

アパートで気になる音のポイント!音量と時間帯

前項でご紹介したアパートで気になる音には、いくつかのポイントがあります。

まず挙げられるのが、音量です。

例えば、掃除機などを強モードで使用する場合、吸引力が高まりますが、発生する音量も大きくなります。

塩などの粒子が細かいものをこぼした場合などは仕方がありませんが、なるべく強モードで使用する場合は短時間にするように心掛けましょう。

また、テレビなどリラックスするための家電は、つい自分好みの音量で楽しみたくなります。

しかし、他の住民の迷惑にならないよう、節度を持って音量も気にかけるようにしてください。

それに加え、重要なポイントが時間帯です。

どのような音であっても、夜は気になりやすい時間帯です。

多くのアパート住民は、夜には仕事などから帰ってきてリラックスしていることが多いでしょう。

学生であれば、貴重な勉強の時間帯とも言えます。

夜は睡眠の導入時間帯でもあり、あまり音を発するのは適していないでしょう。

だからと言って、早朝に音を発するのも問題です。

特に目覚まし時計などは音量が大きいものが多く、他のアパート住民の睡眠を妨げてしまう可能性もあるため、注意してください。

アパートでテレビを楽しむには音量に加えて配置にも注意

アパートで気になる音の中には、先述した通りテレビの音も挙げられます。

完全にテレビの音を無くすには、アパートにテレビを配置しないということが極論です。

中には一切テレビを観ない人もいますが、テレビの無い生活は多くの人にとって味気ないものでしょう。

そこで、アパートでできるテレビの音対策をご紹介します。

述べた通り、テレビは音量に注意することが大切ですが、それだけではありません。

どのように配置するかも重要です。

音は壁を伝って響くため、テレビを壁に密着させて配置するのは避けましょう。

数cmでも離すように配置すると、音の伝わりを軽減できます。

また、テレビなどの家電製品は湿気を避けたいところです。

壁と密着したテレビでは、その間に湿気が溜まりやすく、カビの発生なども懸念されます。

壁から離してテレビを配置することは、他のアパート住民への音対策になるだけでなく、テレビ自体にとっても良いことと言えます。

アパートでテレビの音の響きを軽減!吸音マット

アパートでテレビを楽しむ際には、壁から離して配置するだけでなく、以下のような吸音マットを使用するのも音対策になります。

【ドリックス:吸音フェルト フェルメノン】

9mmという厚みが、テレビの音が近隣に響くのを防いでくれます。

種類も豊富で、壁に貼り付けるものから、下に敷くものまであります。

賃貸住宅は退去時の原状回復のことも考える必要があるため、壁を傷つけない点も魅力です。

パズルタイプもあるため、テレビの大きさに合わせて組み合わせることもできます。

カラー展開も豊富で、アパートの壁と同色を選べば目立ちません。

反対に、花柄などを選べば、まるで絵画を飾っているかのようなインテリア性もあります。

それだけでなく、素材にホルムアルデヒドを使用していないため、人体の影響にも考慮したアイテムとなっています。

また、通気性にも優れており、テレビ周辺の湿気対策にもなるでしょう。

さらに、このアイテムは防炎性にも優れているため、場合によっては火元となり得る家電周辺に配置するには適していると言えます。

次項では、アパートで大きな音量でテレビを見たい時におすすめなアイテムについてお話しましょう。

ヘッドフォンなら音量も気にならない!

テレビと言えば、テレビ番組だけでなく専用の機械を使用するなどして、DVDなどを楽しむこともできます。

例えば、好きな映画のDVDをレンタルショップなどで借りてテレビで見る方も多いのではないでしょうか。

映画特有の迫力などを感じるためにも、その際には大きな音量で楽しみたいと思うことでしょう。

また映画だけでなく、音楽好きな方にとってはアーティストのDVDも人気です。

アーティストのコンサートDVDなどは、大きな音量で見ることで、まるで自分が会場にいるかのような臨場感を味わえます。

このように、テレビは見るものによっては大きな音量を求める場合もあります。

しかし、アパートで大きな音量でテレビを見ることは、他の住民への音漏れなどを考えると抵抗があります。

そこでおすすめなのが、無線ヘッドフォンを使用してテレビを見る方法です。

ヘッドフォンには有線のものもありますが、線に足を引っ掛ける可能性や収納のしやすさなどを考慮すると、無線のもののほうがおすすめです。

無線ヘッドフォンを使用してテレビを見ることで、大きな音量であっても他のアパート住民への音漏れを防げると言えます。

アパートで使用する無線ヘッドフォンの選び方

前項でご紹介した無線ヘッドフォンですが、多くの種類の中から自分に合ったものを選ぶことが大切です。

そこで、ここではアパートのテレビにおすすめな無線ヘッドフォンの選び方をご説明しましょう。

まず大切なのは、ヘッドフォンの重量です。

映画などをテレビで見る場合、長時間になるため重量のあるヘッドフォンだと負担がかかります。

家電量販店などでサンプルがあれば、一度装着して重量を確かめてみるのも良いでしょう。

また、音が遅れて聞こえるものはおすすめできません。

それが気になり、テレビを楽しめなくなってしまいます。

そして、高機能のものはもちろん良いですが、それゆえ操作が難しいもことあります。

普段よく使用することを想定し、高機能かつ操作が簡単なものを選ぶと良いでしょう。

このように、テレビに使用する無線ヘッドフォンはどのようなものを選ぶかが重要となります。

また注意点として、無線ヘッドフォンを使用してテレビを見る場合、耳が塞がれている状態のため、自分の発する声が思った以上に大きくなってしまうことがあります。

面白いシーンの時など、大笑いをしてテレビを見ることもありますが、あまり大きな声を出さないよう心掛けましょう。

他のアパート住民から、テレビの音量よりも声のほうが気になると思われるかもしれません。

便利アイテムでテレビをもっと楽しく

アパートなどの集合住宅では、音量に注意するなどの配慮も必要です。

テレビの配置はもちろん、テレビの向きを部屋の中央にするなども音の広がりを抑えてくれるとも言われています。

一度、自分のテレビがそれらに当てはまっているかを確認するのも良いでしょう。

また、今回ご紹介した各アイテムを参考に、他のアパート住民への音漏れ対策を講じるのもおすすめです。