ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

意外と多い?建ぺい率、容積率オーバーの物件に注意!

2019.9.12

不動産を購入する時に何かと見かけるのが「建ぺい率」や「容積率」です。

これらは家を建てる上で重要ですが、理解できている人はそう多くはありません。

しかも建ぺい率や容積率をオーバーしてしまっている物件も、多数流通しています。

建ぺい率や容積率をオーバーしていると後にトラブルへと発展してしまいがちですので、しっかり確認しておきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

息子夫婦と母親の関係も良好!結婚生活を壊さない二世帯住宅

結婚してから相手の両親と同居となると、気になるのは生活のしやすさです。 相手の父親や、最も気に...

もったいない!家賃の引き落とし手数料はなくせるのか?

アパートの家賃を自動引き落としで支払っている方の中には、家賃に手数料がかかっている方もいらっしゃ...

テーマのある男性の一人暮らしの部屋づくりとインテリア選び

女性と比べて男性は、好みがはっきりしていて、部屋のインテイリアひとつとっても、こだわりが強いのではな...

木製の窓サッシの額縁を塗装しよう!くわしい手順をご紹介!

窓の額縁はカーテンよりも外側に位置するため、紫外線をたくさん浴び続けています。 また、雨の...

少額訴訟で家賃滞納を回収したい!その費用と請求について!

賃貸経営者にとって、何度請求をしても支払いをしてくれない家賃滞納者は困りものですよね。 それを...

家の窓をミラー化するとどんなメリットがある?DIY方法は?

窓の日差しが強く、冷房の効きが悪いと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 また、窓の前に他...

家賃滞納による強制退去について!滞納が何ヶ月も続く場合は

家賃滞納者がいると、その分家賃収入が減ってしまうことになります。 家賃滞納をする人は、様々な理由が...

窓にプチプチを貼って結露を防止しカビ対策!その効果とは?

寒い冬の時期に、窓に起こる現象といったら「結露」ではないでしょうか。 室内を暖めるとどうしても...

同居を解消したい!なぜ話し合いが必要なの?ローンは!?

長く不動産の仕事をしていると、同居を解消して家を売ったり、また別に家を建てたり、といったケースに出...

1人暮らしの家賃の目安はどのくらい?手取り18万円の場合

毎月の給料が手取り18万円ほどで、1人暮らしを計画している方もいるでしょう。 20万円に届かな...

窓の断熱効果を高めて快適な生活を!100均グッズでプチDIY!

日本では季節ごとに気温も変わりますので、夏は暑く冬は寒い気温の中で生活します。 外だけではなく...

窓のガタつきや隙間風は戸車が原因?それ自分で調整出来る!

窓のガタつきや隙間風が気になっていませんか。 その原因は、戸車かもしれません。 窓の下に付い...

管理会社に対するクレームの言い方

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合、入居した部屋の設備不良や、他の入居者とのトラ...

新築で外構!境界はコストの安いブロックフェンスがおすすめ

新築したら、それと同時に外構工事も必要となります。 特に、隣家の土地と自分の土地を分ける境界に...

窓を支えるゴムパッキンとは?劣化を遅らせる方法も必見!

窓の構造上、大きな役割を果たしているのがゴムパッキンの存在でしょう。 また、その役割を大いに果...

スポンサーリンク

なぜ建ぺい率や容積率がオーバーしてしまう?

建ぺい率や容積率をオーバーしてしまっている物件は、実はそう珍しくありません。

しかし、どうして建ぺい率や容積率がオーバーしてしまうのでしょうか?

日本には建築基準法という法律があり、基準を満たさない建築物は建築することができません。

建ぺい率や容積率は地域によって違いがありますが、都市計画法によって定められたものなのでオーバーするということは考えられないはずなのです。

ところが流通している物件を見ていると、建ぺい率や容積率が適合していないものを多数見かけます。

これには2つの理由が考えられます。

まず1つめは法律の改定によって、現状の基準に適合しなくなってしまった場合です。

これを「既存不適格物件」と言います。

建てられた当初は適法であったため、仕方がないと言わざるを得ません。

2つめは「違反物件」と言い、建築当初から違反していた場合です。

建築物の建築には建築確認という許可が必要なのですが、建築確認を取った後に設計を変えて建築するなどの悪質なものがこの違反物件と呼ばれるものです。

また、後から増改築した時に基準をオーバーしてしまった場合も、違反物件となります。

同じように建ぺい率や容積率をオーバーしていても、この両者の扱いは全く異なるものとなります。

建ぺい率や容積率がオーバーしているとどうなる?

建ぺい率や容積率がオーバーしている物件は現在も市場に出回っていますが、特に問題はないのでしょうか?

実は先程ご説明した「既存不適格物件」か「違反物件」かによって扱いは異なります。

既存不適格物件は建てられた当初は適法だったため、ある意味仕方がないとも言える物件です。

誰しも建築する時にその後改定があり、基準をオーバーしてしまうなんてことは想像もつかないでしょう。

だからこそ、既存不適格物件については「原則そのままの状態での存在」が認められています。

一方で違反物件については、最初から建ぺい率や容積率をオーバーしていることを知った上での建築となるため、悪質な場合には行政指導の対象となります。

もちろん、取り壊しや修復などが求められることもあります。

ただし違反物件について明確な罰則が定められていないため、自治体判断によりどのような行政指導が行われるかはっきりと言えないのが現状です。

建ぺい率や容積率がオーバーしている物件を見分ける方法は?

「既存不適格物件」も「違反物件」も建ぺい率や容積率などがオーバーし、建築基準法を満たしていないことに変わりはありません。

「既存不適格物件」も増改築や修繕時には建築基準法通りに適合させなければなりませんし、同規模の建て替えはできません。

このような建ぺい率や容積率をオーバーした物件を見分けるためには、どうすればいいのでしょうか?

建ぺい率や容積率は都市計画法によって定められていますから、簡単に調べることが可能です。

また、登記簿謄本は誰でも簡単に取れるので、建ぺい率や容積率を計算することはさほど難しくないでしょう。

しかしもっと簡単な方法があります。

それは仲介業者である不動産業者に聞くことです。

土地や建物を不動産業者の仲介によって購入する場合、売買契約締結前に不動産業者は土地や建物についての重要事項説明をする義務があります。

そして容積率や建ぺい率がオーバーしている既存不適格物件や違反物件は、その旨を重要事項説明書に記載し、説明しなければなりません。

ただし、売主と直接売買契約を結ぶ場合にはこの方法は使えませんので注意が必要です。

建ぺい率や容積率がオーバーしていると売却しづらい!?

建ぺい率や容積率がオーバーしている既存不適格物件や違反物件は、行政指導の対象となるだけではなく売却もしづらくなってしまいます。

なぜなら、建ぺい率や容積率がオーバーしてしまっている物件には銀行は融資をしないからです。

既存不適格物件、違反物件どちらであっても、この点は同じです。

つまり、どちらも建築基準法の基準を満たしておらず、担保価値がないとみなされてしまうのです。

住宅ローンが通らないとなると、現金で買うことしかできず、買い手が限られてきてしまうのは言うまでもありません。

ただし自己資金が十分にあり、住宅ローン融資が少額で済む、土地のみの評価額が借り入れ額より高いなどの場合には融資が受けられることも稀にあるようです。

また、建ぺい率や容積率がオーバーしている物件の売買では、重要事項説明書にその旨の記載がなされます。

文脈は様々ですが、「建ぺい率、容積率の超過により違反建築物として監督官庁より是正命令を受ける場合があります」というような内容が書かれます。

これを見た買主はどう感じるでしょうか?

やはり不安になってしまいますよね。

この点も売却しづらい理由となっているのは間違いないでしょう。

既存不適格物適法物件に戻すことは可能?

では、建ぺい率や容積率をオーバーしている既存不適格物件を適法に戻す方法はないのでしょうか?

いくつかの方法をご紹介します。

①土地の再測量

オーバー比率が2~5%程度であれば、土地の再測量をしてみると良いでしょう。

特に昔登記された土地は、測量技術の関係で正確ではないものもあります。

現在の測量技術で測量すれば、土地面積が増える可能性があります。

②建ぺい率や容積率に参入しなくていい部分を探す

登記簿上の床面積と建築基準法上の床面積では若干の誤差が発生します。

建築基準法では出窓や軒、庇、バルコニーなどは建ぺい率に算入しなくて良いことになっています。

同じようにピロティやバルコニー、廊下、ベランダ、玄関、駐車場などは容積率に算入する必要はありません。

このような部分が登記簿上の床面積として計算されていないか確認してみましょう。

③減築リフォーム、土地の合筆をする

①や②のどちらも当てはまらない場合には、減築リフォームをすることで合法の建築物へ戻すことが可能です。

また隣接した土地の一部を買い取り、合筆し土地の広さを広げることでオーバーした建ぺい率や容積率を適法に戻すことも可能です。

増改築の際は建ぺい率、容積率オーバーにご注意を!

購入した中古物件が「建ぺい率や容積率をオーバーしていないものの、ギリギリだった」という場合、購入後の増改築についても注意しなければなりません。

もちろん建ぺい率や容積率に算入しなくていい部分の増改築については、特に問題ありません。

しかし建ぺい率や容積率に算入する部分について、しっかり確認しないで増改築をしてしまうと結果的に建ぺい率や容積率をオーバーしてしまう可能性があります。

増改築により建ぺい率や容積率がオーバーしてしまった物件は、違反物件となり行政指導の対象です。

さらに売却もしづらくなってしまうため、所有し続けるか更地にして売却する、オーバー部分を壊して適正にし売却する、などの対象が必要となります。

いずれにしても金銭面はもちろん、時間や労力の面で大きな負担となることは間違いないでしょう。

建ぺい率、容積率オーバー物件を購入の際は慎重に

建ぺい率や容積率をオーバーしている物件は銀行の融資がつきにくく、買い手が見つかりにくいためなかなか売却ができません。

だからこそ市場へは通常の物件相場よりも安く出回るのですが、行政指導や処分の対象であるため注意が必要です。

また、増改築によって建ぺい率や容積率をオーバーしてしまうことも多いので、しっかりと確認するようにしましょう。

 - 暮らし, 法令