隣家との境界線にフェンスを建てる際は高さや種類に注意!

なんらかの事情で隣家との境界線にフェンスを建てることになった場合、フェンスの高さや種類に注意をする必要があります。

何も考えず、さらには隣家に事前に知らせることなくフェンスを建ててしまうと、思わぬトラブルを招いてしまうことになるかもしれません。

ここでは、隣家との境界線にフェンスを建てる際の注意点についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旗竿地購入検討の方必見!後悔しないためにはブログを見よ!

新築するにあたって、「お手頃な土地を発見!」と思っても、その土地が「旗竿地」であれば、購入前に熟...

家族の命を守る「擁壁」コンクリート擁壁の耐用年数は?

住宅を購入するときに気を付けたいのは、「擁壁(ようへき)」を作らなくてはならない場合です。「...

境界から隣家の塀がはみ出している!中古物件の越境対処法!

新しい住まいに暮らすため、中古物件の購入を検討している方もいることでしょう。物件購入の際、様...

地番の調べ方は?市役所に行けば分かるとは限らない!?

不動産を売却する時や相続する時など、不動産を管理する時は地番が必要です。ですが、普段私たちが使...

農地転用をする場合注意すべきことは?開発許可の順序とは?

自分が持っている田んぼや畑に、家を建てたり、駐車場として利用したい場合、どのような順序で手続きを...

汚れが目立つ擁壁を塗装・補修しよう!簡単DIY術のご紹介!

道路より敷地が高い、隣の敷地と高低差がある、もしくは道路からの目線が気になるというような場合は擁...

地目が「畑」の場合は売買できない?売買を行う方法とは?

近年では、農業を行う人が減りつつあり「農地を相続したが売ってしまいたい」という方もいらっしゃること...

新築したら境界に塀を設置!塀の高さや位置には注意が必要

新築したら、隣のお宅との境界に塀を設置して敷地を明確に分けたいですよね。できれば視線を遮るこ...

九州の面積の約2倍!広大な北海道の人々の生活実態を学ぶ

日本の最北端に位置する北海道は、九州の約2倍の面積を誇る、日本一大きな都道府県です。よく、「北海...

土地の地番の調べ方は?無料で調べる方法をご紹介

「所有する不動産に関する書類を紛失してしまったせいで地番がわからない」と困ったことがある人もいる...

駐車場に無断駐車されている!レッカーで運んでもいいの?

マンションに住んでいて、車を所有している方は、駐車場も契約しているという方がほとんどですよね。駐...

地番と住所は異なる!?それぞれの違いと異なる理由は?

普段郵便物や身分証明等に使用している住所ですが、不動産売買の時には住所ではなく地番を尋ねられるこ...

地目が公衆用道路となっている土地を売買する時の注意点!

不動産を売買する経験は一般的にはそう多くはないですが、しっかりとした知識のないままに売買してしまうと...

盛土の施工は締固めが肝?盛土の目的について知識を深めよう

盛土は建設において、とても重要な施工です。盛土を行う際は手順を踏まえて施工することになります...

住所は教えたくないが荷物を受け取りたい場合の方法

荷物は受け取りたいけれど、送り主に住所は教えたくないという場合がありますね。喧嘩した友人や別れ...

スポンサーリンク

隣家との境界線に無断でフェンスを建てるのはトラブルの元!

持ち家となると、特別な事情がない限り、隣家とは一生涯のお付き合いになります。

ですから、隣家との関係はこじらせたくないものです。

しかし、普段から隣家と仲良くしていても、ちょっとしたことで関係が悪化してしまうことも十分にあり得ます。

その中で、隣家との「境界線」にまつわるトラブルが最近では多く見受けられるのです。

例えば、隣家に事前の断りなく、境界線に高さのあるフェンスを建ててしまい、隣家への陽当たりが悪くなりトラブルにつながったというケースです。

また、境界線に物理的な線引きがないからと勝手にブロック塀を建ててしまい、それが境界線からはみ出していたというケースもあります。

ほとんどの場合、ブロック塀には基礎が入っていますから、これを撤去するとなると大変なことにもなります。

「自分の敷地なのだから、何をしても大丈夫」というわけにはいきません。

隣家との境界線にフェンスやブロック塀などを建てる計画があるのなら、事前に隣家へひとこと相談することをおすすめします。

境界線に建てるフェンスの高さに注意!

隣家との境界線にフェンスを建てることになったら、フェンスの高さに注意する必要があります。

例えば、隣家が北側、自宅が南側だとしましょう。

そして、隣家との境界線に高さのあるフェンスを建てたら、隣家の南側に当たる窓から陽射しが入りにくくなってしまうかもしれないのです。

特に、住宅密集地のような土地があまり広くない場所であれば、そうなってしまう可能性は高いです。

また、フェンスが高いことで圧迫感が生まれ、隣家の南側部分は暗いイメージになってしまうことも考えられます。

フェンスひとつで隣家と大きなトラブルになるのは避けたいものです。

そのためにも、境界線にフェンスを建てる際は高さに十分注意するようにしましょう。

隣家との境界線にフェンスを建てる際は、その高さだけではなく、フェンスの種類にも注意が必要となります。

次の項でお話ししていきます。

フェンスは高さだけでなくその種類にも注意!

隣家との境界線にフェンスを建てる場合、高さに注意も必要ですが、フェンスの種類にも注意をする必要があります。

まず、フェンスの種類をいくつかご紹介しましょう。

・縦格子フェンス
・メッシュフェンス
・鋳物フェンス
・木目調フェンス

最初の三つの「縦格子フェンス」「メッシュフェンス」「鋳物フェンス」にはある程度の隙間があるので、高さにさえ注意をすればそこまで圧迫感はないでしょう。

最後の「木目調フェンス」に関しても隙間があるものもたくさんありますが、中には隙間がほとんどないタイプのフェンスもあります。

そうすると、やはり隣家への圧迫感が強くなってしまうのです。

さらには、木目調なだけに色味もダークなことが多いですから、隣家の土地に暗いイメージをもたらせてしまうことにもなりかねません。

自分の敷地に建てるものですから好みのフェンスを建てたい気持ちも分かりますが、周囲との関係性を悪化させないためにも、フェンスの種類に注意を払うようにしましょう。

境界線にフェンスじゃなくて生垣でも大丈夫?

隣家との境界線に、フェンスではなくて圧迫感のなさそうな生垣にしようとお考えになることがあるかもしれませんね。

しかし、それはおすすめできません。

なぜかと言いますと、「お手入れ」と「虫」の問題があるからです。

生垣、つまり植物は成長しますから、枝を切ったりなどのお手入れが定期的に必要になります。

高さのある樹木であれば、なおのこと剪定は大変な作業となってしまいます。

放置しておくと枝が伸び放題になってしまい、隣家に迷惑をかけてしまうことにもなります。

さらには、枯葉が隣家の敷地内に飛んで行ってしまったり、生垣に虫が大量に発生してしまう可能性が大いにあるのです。

また、意外に思われるかもしれませんが、生垣は枝と葉が密集していることにより、日光を遮ってしまうことが多いのです。

それに加え、風通しもよくないですから、境界線に生垣はあまりおすすめできません。

フェンスやブロック塀の高さによっては防犯上や倒壊のリスクが!

隣家との境界線にフェンスやブロック塀を設置する際、フェンスやブロック塀に隙間がほとんどなく、さらには高さもあると防犯上のリスクが生じます。

空き巣などの不審者の傾向として、敷地内に入り込んだ後に外から敷地内が見えにくい家を選ぶと言われています。

高さのあるフェンスやブロック塀の方が防犯上のリスクが低く思いがちですが、一概にそうとは言えないのです。

そのため、防犯上のことを考えると、高くて隙間のないフェンスやブロック塀は避けた方がいいでしょう。

また、高さのあるフェンスやブロック塀は防犯上だけではなく、地震が起きた際に倒壊してしまうというリスクも考えられます。

万が一、それらが倒壊してしまったと想定した場合、大変危険です。

ちなみに、ブロック塀を設置する際には建築基準法により高さの制限があります。

基本的に高さは1.2m以下、諸条件を満たせば2.2m以下でも許可されています。

これらは法律で定められていることなので、遵守するようにしましょう。

共有フェンスを建てる際の注意点とは?

自分の敷地内にフェンスを建てる際は、当たり前ですが費用は自己負担となります。

しかし、分譲地の新築住宅などは隣家との境界線に物理的な線引きがないことがあります。

(もちろん、古い土地で、もともとあった境界線や境界標がなくなってしまっているケースもあります。

その場合、隣家と共有でフェンスを建てるというケースが多いでしょう。

つまり、フェンス設置にかかる費用や持ち分すべてが折半になるということです。

お互いに特にフェンス自体ににこだわりがなく、一般的なものでいいという場合は話がこじれることは少ないでしょう。

しかし、例えば隣家がデザイン性の高いフェンスがいいということであれば、フェンスの施工費用が高額になってしまうことがあるのです。

この場合、自分がフェンスに関してこだわりがない場合は、一般的なフェンスを建てることを想定して、その費用分を支払えばいいでしょう。

ただし、もしかしたらこれに隣家の方が納得しない可能性もあります。

フェンス一つでも隣家とのトラブルを抱えてしまう要因になり得ますから、フェンスのデザインや種類のみならず、フェンスの高さをどうするのかなども十分に話し合って決めるようにしましょう。

さらには、フェンスのデザインで裏表がある場合があります。

自分の敷地の方がフェンスの表で、隣家が裏となると、これもトラブルの元です。

共有フェンスを建てる場合は、裏表のない「間仕切り用」のフェンスを採用するように気を付けましょう。

境界線にフェンスを建てる際には注意が必要!

お話ししてきましたように、隣家との境界線にフェンスやブロック塀を建てる際には、フェンスの高さや種類などに気を付ける必要があります。

自分の敷地内だからと好き勝手にフェンスを建ててしまうと、隣家とトラブルになってしまうことも十分に考えられます。

長く住むことになる自宅ですから、できるだけ隣家の方とはいい関係でいたいものですね。