アパートの雪かきはどこまで?ポイントと注意したい放置場所

冬場特有の悩みの種と言えば、降雪です。

降雪により、歩行も困難になることが考えられます。

そのため、雪かきを行って安全を確保することが望ましいでしょう。

また、雪かきをアパートなどの集合住宅で行う場合、どこまでの範囲を行ったら良いのかという疑問も湧きます。

それに加え、雪かきをスムーズに行うポイントや集めた雪を放置してはいけない場所などについてもご説明していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートを魅力的に紹介!お部屋の画像はどこを見られる?

賃貸住宅情報サイトに載せるアパートのお部屋や外観の画像は、その物件に興味があるなら必ず見られるもので...

木造などの構造で変わる!?賃貸アパート等の壁の厚さの違い

賃貸物件を検討している場合、気になるポイントの一つには「防音性」もあるのではないでしょうか。...

窓からの冷気が寒すぎる!100均でお金をかけずにできる対策

寒い季節、家の中で暖房をつけてくつろいでいても「なんだか寒い?」と感じたことはありませんか?...

コレで不安解消!アパートの家賃が安い理由を解き明かす

賃貸物件の中でも、特に家賃が安い条件と言えば、アパートタイプ。新築で部屋も広いのに家賃が安い...

マンションでのピアノを演奏は時間や防音対策に注意しよう

マンションにお住まいの方で、ピアノの演奏をしている、またはピアノの購入を検討している方もいらっし...

アパートの契約更新前に無職に!無職だと更新できない!?

賃貸暮らしなら2年に1度、契約更新の時期がやってきます。そんな時に運悪く会社を辞めて無職にな...

契約書に書いてある敷金償却って何?賃貸用語の意味を知ろう

アパートなどを借りるときは、賃貸契約書を交わします。契約書のなかには、専門用語がズラリ。...

アパートの照明切れは誰が負担する?led電球に交換できる?

アパートに住んでいると、突然照明が切れてしまうことありますよね。その場合、借り主が交換を自ら行...

新築の住宅で猫を飼いたい!キズを作らないための対策とは

新築を建てようとしている、もしくはこれから住むという方の中には「猫を飼いたい」と考えている方もい...

窓も節電につながる!クーラーの電気代を節約する方法とは?

暑い夏、欠かせない存在となるのはクーラーをはじめとする冷房ですね。しかしずっと使い続ければ、...

アパートに蜂の巣を発見!大東建託はどう対応してくれるの?

アパートの住み替えを考えているならば、大東建託の賃貸物件はいかがでしょうか。全国各地に沢...

アパートの部屋内に漂う異臭の発生源は?対処法教えます!

アパートに住んでいて、在宅時や帰宅時に「部屋の中がなんだか臭い」と感じたことはありませんか。...

アパート管理費の内容は?アパート内の掃除費用も含まれる?

アパートに住む契約をすると、入居者に毎月、住居費用として、家賃・管理費・共益費などを支払ってもらいま...

新築住宅で後悔しないように!知っておきたい窓の失敗

新築住宅を計画する際、どのようなことを重視していますか?多くの人が間取りやデザインなどを重視...

アパートの部屋番号の順番には決まりがあるの?

アパート選びをしているときや、実際に住んでいるときに「部屋番号の順番は決まってるのかな」と疑問に思...

スポンサーリンク

アパートの雪かきが必要な理由

アパートに住む場合、契約書に記載されているような規定のあるものであれば、それに従うことが求められます。

しかし、そのような特に規定がない事柄の場合には、自己判断が重要になります。

それには多くのものがありますが、ここでは今回の題材でもあるアパートの雪かきについて考えてみましょう。

ただし、アパートによっては雪かきに関する規定がある場合もあるため、一度貸主に確認しておくようにしてください。

降雪量が多い地域などでは、普段から各人が雪に対する高い意識を持っているため、雪かきをするのは当たり前のことと言えます。

しかし、降雪量が限定的な地域の場合、いざ降雪があった場合、雪かきをどのようにすれば良いのかな悩むことがあります。

戸建ての持ち家などであればまだしも、アパートなど多くの方が暮らす集合住宅であれば、なおさらどこまでの範囲を行えば良いのか判断が難しいものです。

かといって、降雪があったにも関わらずアパートの雪かきを行わなかったらどうなるでしょう。

自宅前の通路に雪があれば、そこを他の住民が通る際邪魔になってしまいます。

また、その雪が凍結した場合、転倒などの危険性も高まります。

それらを防ぐためにも、アパートの雪かきは積極的に行うことが望ましいと言えます。

アパートの雪かきはどこまで行う?

アパートの雪かきに関しては、規定がないことが多いため、自己判断が求められます。

雪かきの範囲をどこまでにするのかという点も、各人の感覚で判断されるでしょう。

しかし、ここだけは必要という場所で言うならば、前項で触れた自分の家の前の雪かきです。

また、そのアパートの共有スペースの雪かきも念頭に置いておくことが大切です。

例えば、自分の部屋が階段付近に位置している場合、可能であればそこの雪かきも行うと良いでしょう。

階段付近に部屋があるからといって、必ずしも行う必要はありませんが、階段は住民が通る場所のため、誰かしらが行うことが望ましいのです。

それに加え、アパートの自転車置き場なども雪がたまっている可能性があります。

自転車は、学生などの大切な交通手段であることが多いため、気付いた方が雪かきを行うと良いでしょう。

アパートのような集合住宅では、雪かきの際などに住民の助け合いが重要となります。

その心構えは、アパートに住む全ての方に必要と言えますね。

アパート駐車スペースの雪かきはどこまで行う?

アパートに駐車スペースがある場合には、そこも雪かきも行うことが必要になります。

雪かきをせずに凍結した場合、それが原因で事故に繋がることも考えられるため、雪がやわらかいうちに早めに雪かきを行うべきでしょう。

駐車スペースの雪かきはどこまで行えば良いのかと言うと、自分の駐車スペースはもちろん、そこまで歩いていく範囲も行いましょう。

また、男性の場合、隣の駐車スペースの方が高齢者や女性の一人暮らしなどであれば、ついでにその範囲も行っておくのも良いですね。

雪かきは、成人男性であっても大きな労力がかかるものですが、高齢者や女性であればなおさら大変です。

雪かきによる事故も多いので、このような心遣いは大変喜ばれるでしょう。

雪かきで集めた雪はどこまで運ぶ?

通路や駐車スペースなど、アパートの雪かきを行うと相当な量の雪が集まります。

その雪をどこまで運べば良いのかも考えなくてはなりません。

アパートの雪は、その敷地内の人が通らないような場所まで運ぶのが良いでしょう。

例えば、駐車スペースや庭の端などがおすすめです。

また、できれば日陰ではなく、日向に集めておきましょう。

雪は、日が当たるか否かで溶けていくスピードに大きな違いが出ます。

時間が経てば経つほど雪は強固にもなっていきますので、日に当てることにより長期間残ることを防げます。

溶けた雪は水となり流れていくため、排水溝付近に集めておくのもおすすめです。

一方で、雪かきで集めた雪を、適していない場所に運んで放置してしまうケースも少なくありません。

アパートの雪かきをしても、そのような場所に放置してしまっては、せっかくの良い行動が台無しになってしまいます。

次項では、注意したい雪の放置場所についてご説明していきましょう。

法律に触れることも!アパートの雪かきで注意したい放置場所

アパートなど賃貸に限らず全ての建物に言えることですが、雪かきを行った際には集めた雪を置く場所に注意する必要があります。

場合によっては法律に触れることもあるため、詳しくご説明していきましょう。

その場所として、まず挙げられるのが道路です。

特に、アパートに接している道路の場合、つい放置してしまいがちですが、そこに雪があることで車の交通を阻害する可能性もあります。

場合によっては罰則を科せられることもあるため、注意してください。

また、雪は水でできているものですが、だからと言って下水道に流すのは禁止されていますのでやめましょう。

それだけでなく、アパートの近くに川がある場合にも、そこに放置することは禁じられています。

川の水質などを保つためにも、そのような行為は許されません。

もし、川付近に公共用の雪捨て場がある場合には、そこに捨ててください。

また、場所に限らず雪かきで集めた雪は積む高さにも注意が必要です。

雪が溶け始めた際、あまりにも高さがある場合は大きく崩れる恐れがあります。

どこまで積んだら危険が高まるか、よく考えながら行うようにしてください。

アパートの雪かきをスムーズに行うポイント

アパートの雪かきは、効率良く行うことも大切です。

効率の悪い雪かきは時間もかかり、「いつまでやっても終わらない」という気持ちになってしまうでしょう。

そこで、身体への負担を最小限に抑えるためにも、ここでは雪かきを行う際のポイントをご紹介していきます。

・雪を遠くから放り投げない

スコップですくった雪を遠くから投げる光景を目にすることがありますが、あれは手首などに大きく負担がかかる行為ですので避けましょう。

・少しずつ運ぶ

雪かきで集めた雪を運ぶ際、運搬用の一・二輪車などを使って運ぶこともあります。

その場合、どこまで積めるかということより、負担なく運べる量を積むようにしてください。

効率が悪いように感じる方もいるかも知れませんが、どうにせよ雪かきはある程度時間がかかる作業です。

また、雪は集めることで見た目よりも重量があるため、無理は禁物です。

重くて運ぶのに難儀するよりは、結果的に作業がスムーズに進みます。

このような効率の良い方法で、アパートの雪かきを行いましょう。

効率良い雪かきを!邪魔にならない場所に集めよう

アパートに限らず、降雪があった際に重要になるのが雪かきです。

スコップはもちろん、長靴なども事前に用意しておくと、より効率の良い雪かきができるでしょう。

また、雪かきで集めた雪はどこに集めて置いておくかも重要です。

場所によっては違法となることもあるため、節度を持って最後まで取り組みましょう。