ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

床面積の計算に含めるバルコニーと含めないバルコニーの違い

2019.6.30

部屋を借りるときなどに「床面積」という言葉が出てきます。

床面積が広ければ住生活のスペースは広くなりますが、床面性が狭いと住生活のスペースも狭くなりますね。

そのため、床面積の広さは色々な点で重要になります。

ところで、この床面積を計算する際、バルコニーやベランダは含まれているのでしょうか。
今回は、床面積とバルコニーの関係についてのお話です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

窓用の目隠シールを100均で買っていろいろアレンジしよう!

100均ショップは、今や私たちの生活に欠かせないものとなっています。 皆さんのお宅の近くにも、...

窓にプチプチを貼って結露を防止しカビ対策!その効果とは?

寒い冬の時期に、窓に起こる現象といったら「結露」ではないでしょうか。 室内を暖めるとどうしても...

寮がある高校は関東にいくつある?

自宅のまわりに行きたい高校がどうしてもない場合、寮付きの高校を見つけたら、進学できる高校の選択肢...

窓の気密性はゴムパッキンが重要!交換時期を見極めよう!

窓にあるゴムパッキンは直射日光や雨にさらされ、だんだんと経年劣化していきます。 劣化すると窓の...

窓から聞こえる音が気になる!原因は隙間風?対策方法とは?

「窓は閉めているはずなのに隙間風や笛のような音がする」ということはありませんか。 昼間ならまだ我...

ルーバー窓には突っ張り棒での防犯が有効?その効果を検証!

「ルーバー窓」と呼ばれる窓があります。 なかなか目にする機会がないかもしれませんが、実は、一戸...

同居を解消したい!なぜ話し合いが必要なの?ローンは!?

長く不動産の仕事をしていると、同居を解消して家を売ったり、また別に家を建てたり、といったケースに出...

進化した窓の「雪囲い」!取付も簡単!金具はもういらない?

「雪囲い」は、公園などの樹木が雪や寒さに負けないように、コモを巻いて守るもので、樹木の冬支度とし...

不動産はアナログが主流!デジタル化は進むのか?例をご紹介

アナログとデジタルの違いについてみなさんは説明できますでしょうか? 多くの人は、新しいか古い、...

生活保護を受けている人が入院したら、家賃はどうなる?

日常生活が困難な人のための制度として、生活保護があります。 生活保護を受けている間に、体調を崩...

日本の不動産登記には公信力がない?それは一体なぜ?

家などの不動産を購入したときに行う「登記」ですが、それには公信力がないということはご存知でしょうか...

家賃5万円は高い?家賃の理想と高く感じる金額とは

春になると、新たに社会人になった方や進学して親元を離れるという方も増えてきます。 そうなると、...

分筆した土地は評価が下がる?分筆について知識を深めよう

大きな土地を所有していたり、相続するとなった際、頭をよぎるのが「分筆(ぶんぴつ)」でしょう。 ...

家賃4万で一人暮らしのコツ!収入と支出を把握し物件選びを

今まで実家などに住んでいた場合、一人暮らしにかかる費用は気になるでしょう。 家賃以外にも初期費...

窓掃除ロボットとはどんなもの?使い方と選び方とは?

近年、掃除を行ってくれるロボットが注目されています。 掃除を行う手間や時間から開放されるため、購...

スポンサーリンク

賃貸物件を選ぶ際の重要選択条件は最寄りの駅・家賃・床面積

賃貸物件の広告を見ると、その部屋についての説明が書かれています。

住所、最寄りの駅、家賃、そして部屋の広さなどがです。

私たちが部屋を探すときに何を優先するかを考えると、最寄りの駅や家賃が挙げられるのではないでしょうか。

最寄りの駅は通学や通勤に重要ですよね。

そのため、できる限り通勤通学に便利な物件を選びます。

また、最寄駅以外で優先することの多い条件が家賃です。

自分が支払える範囲の物件を借りるのは、当たり前のことですね。

そして、部屋の広さも重要です。

同じ家賃で最寄駅までの距離が同じなら、広い部屋に住みたいですね。

そのため、賃貸物件の不動産広告などには、必ず部屋の広さを明記しています。

部屋の広さの表し方には、和室何帖、洋室何帖という「畳にしたらこれくらい」という書き方があります。

しかし、それでは畳の大きさが地方やメーカーによって違うことがあり、一律ではありません。

またこれでは廊下や収納、キッチンやトイレの面積が分かりません。

そこで、すべての外壁に囲まれた屋内の床面積も明記しています。

賃貸物件の場合の床面積は、自分で使うことのできる自室の面積を計算して表していますので、特に部屋の広さを重視している人は確認しましょう。

床面積は全体の広さを計算し数値化したものですが、使い勝手が悪いのも困ります。

そこで、部屋の形やベランダ・バルコニーの有無、トイレや浴室・キッチンの作りなどが書かれた間取り図を確認することも大切です。

建物の床面積の計算方法

前項では、賃貸物件を選ぶ際に最寄りの駅、家賃、床面積が重要とお伝えしました。

こちらでは、その中の床面積の計算方法についてお伝えします。

建物の各階または、その一部の壁や柱の中心線で囲まれた部分を真上から見た面積を床面積といいます。

バルコニーやベランダ、玄関ポーチがある場合、それらも床面積には含まれるのかは次項でご説明しますが、まずは、床面積の計算方法をお伝えします。

小学校で習う四角形の面積と同じで、「縦の長さ×横の長さ」になります。

長さの単位はすべてm(メートル)で、床面積の単位はすべて㎡(平方メートル)です。

不動産会社の広告で床面積を出すときに小数点が出た場合は、小数点以下第2位まで表記することがよくあります。

床面積の計算に入らない?バルコニーとベランダ

バルコニーが広いのは嬉しいですが、広告に明記されている床面積にバルコニーが含まれていて、部屋が狭くなるのは嫌ですね。

このとき、もう一つ疑問に感じるのが、ベランダとバルコニーの違いです。

不動産広告には「ベランダ」と明記されていたり「バルコニー」と明記されていたりすることがあります。

この二つはどう違うのでしょうか。

バルコニーとベランダでは、床面積に含めるための条件も違うのでしょうか。

ベランダは、部屋の外に張り出した「屋根付き」のスペースのことを言います。

そのため、雨が降っても、洗濯物を干すことができます。

それに対して、部屋の外に張り出した部分はあるけれど、そこに屋根は付いていない、というものはバルコニーになります。

ベランダもバルコニーも、床面積の計算には含まれないことが基本になっていますが、条件によっては含まれることもあります。

床面積に含まれないバルコニーやベランダは、外壁面から張り出した部分が2m以内であることが条件です。

他にも、外気に触れていて開放されている部分の高さが1.1m以上あることや、外気に触れていて開放されている部分の高さが天井までの高さの2分の1以上あることなどが条件になっています。

バルコニーなどは、外壁面の外側に張り出したものになりますので、幅が2m以内であれば、すべて床面積に含めることはありません。

床面積に含める条件にあるのは、幅だけになりますので、どれだけ長さがあってもかまいません。

では、バルコニー以外にも床面積に含まれない部分はあるのでしょうか。

それについては次項でご説明します。

バルコニーの他にも床面積の計算に含まれない部分がある!

アパートやマンションの1階の部屋には、専用の庭がついていることもありますね。

これらの専用の庭部分も、床面積には含まれません。

一戸建てについている玄関ポーチも床面積には入りませんが、ポーチの部分が大きく取られて自転車置き場などがしっかりとある場合は、床面積に入ることもあります。

バルコニーやベランダ、ポーチは基本的には床面積に含まれませんが、広すぎると床面積に入ってしまうので気を付けましょう。

また、ビルトインの駐車場は、延べ床面積の5分の1以下なら床面積の計算のときに含めません。

ワンルームによくある、ロフトや天井が地盤面から1m以下の高さの地下室も床面積の計算には含めませんが、地下室は普通の部屋として成り立つ場合は、床面積を計算するときに含めることになります。

幅2mを超えたバルコニーの床面積の計算

バルコニーやベランダの幅が2mを超えると、床面積に含まれることになります。

賃貸物件の場合、幅が10cm違うだけで床面積が2㎡以上違ったら、借りる人の目にはバルコニーが含まれている方がすごく広い感じがしますよね。

最も、アパートで幅が2mを超えるバルコニーというのは、バランスが悪いためあまりありません。

バルコニーの幅が2m以下なら床面積にプラスされることはありませんが、もし幅が2m10cmで長さ1mのバルコニーの場合は「2m10cm×1m」分の面積が、床面積にプラスされてしまうのでしょうか。

実は、この場合は2mよりも多くなった分の面積だけが床面積に含まれます。

そのため、幅2m10cmのバルコニーなら、10cmの部分だけの面積を計算して床面積に含めるのです。

床面積の計算が必要なインナーバルコニー

バルコニーにおいて気を付けなければいけないのは、インナーバルコニーです。

インナーバルコニーは、家の一部がバルコニーになっているものをいいます。

今までご紹介したバルコニーは外に張り出したものですが、インナーバルコニーは建物の形はそのままで、建物の一部が抜けてそこがバルコニーになったものです。

屋根も付いているため、天候に左右されずに洗濯物を干したり、家族でバーベキューをしたりすることもできます。

また、インナーバルコニーは、実用的なだけでなくとてもおしゃれです。

南欧風の家を購入すると、パティオ風のイメージで、インナーバルコニーつきの場合もあります。

しかし、インナーバルコニーは屋根がない部屋の一つとされて、床面積の計算の中に入ります。

また、幅が2mを超えた分ではなく、空間の床面積全体が、延べ床面積を計算するときに普通の部屋の床面積と同じように含まれます。

そのため、洗濯物や布団を干せるバルコニーが良いのか、それともバーベキューや家庭菜園ができるバルコニーが良いのか、目的を考えてバルコニーの幅や形を考えるのも大切ですね。

使いやすいバルコニーを検討しよう

バルコニーは、床面積の計算に含める場合と、含めない場合があります。

賃貸はある程度バルコニーの大きさは決まっていますので、床面積に含まれないことが多いでしょう。

しかし、一戸建ての場合は違います。

バルコニーを床面積に含めるときには、色々な条件があります。

それらをよく踏まえたうえで、自分の生活に合った使いやすいバルコニーの検討をしてみてください。

 - 暮らし, 法令