ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

アパートの立ち退き費用から円滑な立ち退き交渉術をご紹介!

2019.7.17

アパートを長いこと経営していると、物件の老朽化で建て替えが必要になることもあるでしょう。

そのような場合、住んでいる入居者に対し、立ち退きのお願いをしなければならず、保証として立ち退き費用を用意するのが望ましいと言えます。

この記事では、アパートにおける立ち退きの費用から、スムーズな交渉術についてご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパート経営への道。一棟の建築費をどのように決めるか

アパート経営は、資産運用のひとつとして、人気を集めています。 しかし、アパート経営するためには...

アパート暮らしで気になるドアの開閉音!どうしたら良い?

アパートのような集合住宅では、生活音が気になりますよね。 音を出している本人はそれほどでもない...

アパートの更新料に消費税はかかる?居住用と事業用で異なる

アパートを契約すると、多くの場合、2年ごとにやってくるのが「更新」です。 更新には更新料がかか...

新築のクロスに隙間が!木造住宅に起こるクロス問題と対処法

新築が完成して数カ月が経過したころ、ふと壁を見ると、クロスとクロスの間に隙間ができているのを目に...

アパートでも火災保険は必要?また年末調整で控除できるのか

マイホームなどを購入して、火事や自然災害に備えて火災保険に加入している人は多いと思います。 住...

アパートの保証人の変更は可能か?それに伴う手続きについて

現役の不動産会社の社員です。 時折、アパートに入居中のお客様から保証人を変更したい旨の連絡をいただ...

窓に貼ったステッカーで車検が通らない!車検証がいる時とは

車の窓ガラスにルールがあるのをご存知でしょうか。 窓ガラスだけでなく、車には意外と知られていな...

アパートの窓にできる防音グッズ!プチプチシートは効果的?

アパートに住んでいると気になるのが、やはり音。 窓から入ってくる様々な音に悩まされることもあり...

アパートの保証人がいない!保証会社の料金と審査方法は?

賃貸アパートの契約で大きな壁となるのが連帯保証人の有無です。 親が高齢、兄弟とは疎遠で頼みづらい...

アパートの給湯器に不具合が起きた場合の交換方法等について

アパート、マンションなどの賃貸物件に何年も住んでいると、大なり小なり設備の故障が起こります。 持...

窓にできる寒さ対策!プチプチなどの100均アイテムで試そう

賃貸アパートに住みはじめて、はじめての冬。 外出から帰ってくると、室内はすっかり冷えていて、暖...

アパートの入居日の変更は契約前か後かにより注意点も違う!

アパートへの入居を決めた場合、多くの方が大家さんと約束した入居日に入居するものです。 しかし、...

中古物件マンションを購入しよう!資産価値がある東京エリア

東京の中古物件のマンションは駅が近く、都内へのアクセスのいい立地であることが多いです。 そのた...

賃貸を退去する時に知っておきたいこと!家賃は日割り可能?

賃貸物件を借りた場合、家賃は通常1ヶ月単位で金額が設定されています。 しかしながら、退去する際...

木造などの構造で変わる!?賃貸アパート等の壁の厚さの違い

賃貸物件を検討している場合、気になるポイントの一つには「防音性」もあるのではないでしょうか。 ...

スポンサーリンク

アパートの建て替えが必要になったら!「立ち退き費用」による慎重な打診を

アパートの老朽化による建て替えで、突然アパートからの立ち退きの要求があった場合、住んでいる入居者にとっては、決して快く承諾できるものとは言えません。

と言うのも、立ち退きの要求はあくまでも「貸主の都合」であり、現在の住居がなくなれば新たな居住先を見つけなければならないからです。

仮に、近隣に代替のアパートが用意されても、引っ越しやその他諸々に費用がかかるため、入居者が難色を示すとしても無理はありません。

そこで、立ち退きの要求をより後押しさせる打診法として、「立ち退き費用」が大きく関わってきます。

この「立ち退き費用」があることで、入居者の立ち退きに対する憂いも軽減することができ、立ち退きの交渉をスムーズにすることが期待できます。

アパートの立ち退き費用はどのくらい?円滑な交渉のために

アパートなどの「立ち退き費用」には法的な定めは設けられておらず、必ずしも入居者に対して支払う義務はありません。

また、この立ち退き費用の金額についても法的な制約があるわけでもありません。

しかし、賃貸などの立ち退き要求においては、「家賃6か月分」にあたる費用を「心付け」として入居者に支払うことが一般的です。

これは、家賃の6か月分程度の費用があれば、立ち退きによって発生する引っ越しなどの費用をカバーできるだろうという、あくまでも不動産業界が考える相場と言えます。

しかしながら、実際に家賃6か月分で全ての費用が賄えるのかと言えば難しいところで、入居者はもう少し多めの費用を粘ってくる可能性があります。

例えば、月々の家賃が3万円の場合、それの6か月分となれば18万円にしかなりません。

そのため、より円滑な交渉を望むのであれば、入居者の立場を十分に配慮することを優先して、「家賃10か月分」程度の費用を考えても良いでしょう。

したがって、立ち退き費用は、交渉次第で家賃6~10か月分の費用を見ておくのが望ましいと言えます。

立ち退き通知はいつまでにする?

アパートの建て替えで入居者の立ち退きが必要となった場合、立ち退きの通知はいつまでに行うことが望ましいのでしょうか。

結論から言うと、原則的に少なくとも6か月前までに入居者に対して通知を行わなければなりません。

これは、ほとんどの賃貸借契約書に記載されていることが一般的です。

それに加え、借地借家法第26条では、入居者に対して賃貸契約更新の1年~半年前に通知することが定められています。

したがって、貸主はこれらのことを考慮した上で、立ち退き通知を行う必要があります。

また、立ち退きの通知をする際は、いきなり内容証明を送るのではなく、口頭と書面にて直接通知するのが望ましいでしょう。

通知の流れを以下にまとめます。

①立ち退きの打診

②代替物件の提案

③立ち退き費用の相談・交渉

交渉は一日でも早く進めたいところですが、立ち退き要求自体に強制力があるわけではないため、慎重に交渉することが重要です。

そのため、おおよそ1か月程度を交渉期間として考えましょう。

トラブルを防ぐ立ち退き交渉の3つのポイント

アパートの立ち退き交渉では、その立ち退き要求そのものに法的な強制力が伴わないため、トラブルに発展するケースも少なくありません。

そのため、貸主側には立ち退きを要求する「正当な事由」が必要になりますが、アパートの建て替えは正当な事由としては弱いと言えます。

そのため、円滑な立ち退き交渉のポイントについてよく踏まえた上で、交渉に進んでいくことが求められます。

①明確な理由と説明

アパートの建て替えが理由となるので、建て替えの必要性について明確な説明が必要とされます。

・築年数が古く耐震基準を満たしていない

・建物の老朽化に伴い入居者の安全性を担保できない

・倒壊の危険性がある

以上のように、入居者にとって納得しやすい理由を明確に説明しましょう。

②立ち退き費用の融通

前述しましたが、正当事由の弱さをカバーするために、立ち退き費用は必須として考えるのが望ましいでしょう。

あくまでも入居者の立場を考慮し、交渉次第で融通を利かせるのがベターです。

③引っ越し先の斡旋

入居者にとって、立ち退き後の憂いとして大きいのは新たな居住先です。

老朽化が進んだアパートに住む入居者は、高齢者や低収入であることが考えられ、これまでと同じ水準の物件を見つけるのは困難であることもあります。

そのため、不動産会社と連携して、積極的な引っ越し先の斡旋をするのが良いでしょう。

入居者の立ち退きを円満なものにするためにも、引っ越し先へのフォローは非常に重要です。

立ち退き費用を支払う前の注意点

前項では、アパートの建て替えによる立ち退き交渉のポイントについてお話してきました。

いずれにしても、入居者が納得する形になるようにある程度は妥協、フォローをすることが、円滑な交渉のためには重要です。

ただし、立ち退き費用の支払いに関しては、あらかじめ注意しておきたいことが2つあります。

立ち退きが難航することのないように、以下はしっかりと把握しておきましょう。

・支払い期限を設ける

立ち退き費用の支払い期限を明示しておかないと、入居者から何度も要求されることになり、不信感へと繋がります。

支払い期限は口頭だけではなく、書面においても記載しておくと良いでしょう。

・金額は他言無用

交渉次第では、入居者によって立ち退き費用の金額が異なる場合が出てきます。

そのため、万が一他の入居者に金額の話をされてしまうと、後々トラブルに発展する恐れがあります。

他の入居者に他言することがないように、入念な注意を促しましょう。

アパートの立ち退き交渉に不安がある場合は代行という手段も

これまでに、アパートの立ち退き費用から交渉術についてご説明してきました。

入居者の円満な立ち退きを望むのであれば、貸主にもそれ相応の交渉力や労力が必要になることが分かりましたが、自分で交渉するのは躊躇してしまう人もいることでしょう。

そこで、もし立ち退き交渉を自力で行うことに不安がある場合は、交渉の代行としてコンサルタント会社に依頼することがおすすめです。

実績がある交渉技術に優れたコンサルタント会社であれば、入居者にとっても確実性のある安心した交渉が期待できるでしょう。

また、コンサルティング費用もお手頃な場合が多いため、比較的気軽に依頼することができます。

費用が気になる場合は、いくつかのコンサルタント会社に相談し、相場を見てみても良いでしょう。

円滑な立ち退きのために

アパートの建て替えによる立ち退き要求は、交渉にそれなりの配慮や妥協が必要になってきます。

その打診として、引っ越しなどの費用を賄う立ち退き費用を始め、引っ越し先の斡旋などの積極的なフォローが望まれます。

円満な立ち退きができるように、入居者の立場を配慮した交渉をしていきましょう。

 - アパート, 住宅