アパートで猫を飼っている人の退去費用は?日々の生活で対策

現在賃貸アパートにお住まいの方で、ペットに猫を飼っている方も多くいらっしゃるでしょう。

ペット可のアパートであっても、そうでないアパートであっても、退去の際は原状回復が条件となります。

猫を飼っている人の、実際の退去費用はどのくらいかかるのでしょうか。

また、費用を抑える方法などはあるのでしょうか。

くわしくお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

持ち家やアパートなどの地震保険の概要と保険料控除について

地震保険は、万が一持ち家やアパートなどの建物や家財が地震により損害を受けた場合、それを補償する保険...

マンションの火災報知器は点検しないといけない!?

管理会社目線で、今回は皆さんの周りに必ずある、火災報知器についてご紹介します。マンションの火災報...

アパートの電気代の平均額は!?電気代が安くなる余地アリ!

電気代の平均額はご存知ですか?同じアパートに住んでいても、建築の構造であったり、生活スタイル...

木造アパートは床も音漏れの原因に!?防音対策をはじめよう

住んでいるアパートが木造で、お部屋が2階以上であれば、防音対策を施す必要があるのは窓だけではあり...

新築の失敗に多い窓の設置!後悔しないための家づくりとは?

新築で後悔することの一つに、「窓」が挙げられます。窓は、日々の生活に必要な採光や風通しの役割...

アパートでの給湯器の故障やトラブルはどうしたら解決する?

手先も凍るような真冬の時期に、寒い思いをして家に帰ると、お風呂に入って体を温めたいものですよね。...

家賃と管理費に消費税はかかるのか?

賃貸物件を借りる際に、物件によっては家賃と別に管理費や共益費を支払うことがあります。その場合...

賃貸でもおしゃれに!窓飾りシートとジェルシールの活用法

賃貸物件に住んでいると、退去時には原状復帰が基本となりますよね。そのため、部屋をおしゃれにし...

家賃の引き落とし日はいつ?土日には注意!

アパートの家賃を自動引き落としで支払っている方は、引き落とし日までに入金を忘れると滞納になってし...

アパートの表札を手作りで出しても大丈夫?オーナーの心構え

アパートを借りている入居者の中には、アパートの表札を手作りして出す方がみられます。ネットを見れば...

アパートのドア交換にかかる費用や知っておくと便利なこと

賃貸アパートのドアには、「穴が空いた」「傷が付いた」「台風の影響で歪んでしまった」など、数々のトラブ...

現在住んでいるアパートに立ち退き書面が届いたらどうする?

アパートで暮らしていて、突然立ち退きに関する書面が届いた場合、身に覚えがないと困惑してしまいます...

マイホームを建てたけれど後悔だらけ!ブログに見る失敗例

マイホームを建てるときは、誰もが後悔したくないと思うことでしょう。しかし、マイホームは1回目...

賃貸の仲介手数料と消費税をしっかり理解し正しい契約を

賃貸契約をする際に支払う項目は、いろいろあります。中でも仲介手数料は、不動産によって家賃の1...

気になるアパートの退去費用!10年以上住むと費用はどうなる

アパートを退去するとき、気になるのが退去費用ですよね。特に、10年以上住んでいると、どう...

スポンサーリンク

アパートの退去費用とは?

まずは、アパートの「退去費用」についてくわしくお話ししていきます。

退去費用とは、借主が利用していた部屋を退去する時に発生する費用です。

壁紙や床、天井など、借主の「故意・過失」によって傷ついた部屋の修繕に充てる費用となります。

どのくらい故意・過失の部分が大きいかが重要で、「意図的に部屋を損傷させた」と取られると、退去費用もその分高くなってしまいます。

賃貸アパートは契約の際に、「敷金」や「礼金」を不動産会社に支払います。

不動産会社によって違いはありますが、よく「敷金2ヶ月分、礼金1ヶ月分」などを耳にしますよね。

この「敷金」が、退去の際にかかる修繕費用に充てられますが、敷金だけで補えない場合、プラスして退去費用を負担しなければならなくなります。

しかし、「どこまでが故意」であるかの判断基準は非常に難しく、金銭も絡むため、トラブルに発展しやすいところです。

国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、以下のようになっています。

・壁に貼ったポスターなどの跡は借主負担

・引っ越しの際にできたキズはオーナー負担

この考えですと、猫の付けた傷は借主負担になる可能性が高くなります。

次項でくわしくご説明していきましょう。

アパートで猫が付けた傷は借主負担?

借主が意図的に付けた傷は、アパートを退去する際、借主が費用を負担しなければなりません。

猫などのペットがつけた傷も、ここに含まれます。

国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」には以下のように記されています。

・飼育ペットによる柱や壁紙などの傷・臭いは借主負担となる

猫がつけた傷が柱やふすまなどの建具についていた場合、上記に該当しますので、借主の負担となってしまいます。

日々の暮らしの中で、傷をつけてはいけない場所を猫に「しつけ」することも重要となるでしょう。

また、このガイドラインはあくまでも「ペット可のアパート」の場合に該当するものです。

ところが、まれにペット可ではないアパートで、こっそり猫を飼っている方もいるようです。

猫は泣き声が犬ほど響かないため、室内で飼いやすい傾向があるためでしょう。

しかし、賃貸アパートでペットを飼うことを禁じられている場合は、「用法違反」にあたるため、絶対にやめましょう。

猫のいるアパートの退去費用①「フローリング」

猫がアパートの部屋を傷つけてしまった場合、退去する際に修繕費用を負担しなければなりません。

ここからは、退去費用がどのくらいかかるのかをご紹介していきましょう。

猫が傷つけやすい場所は、「フローリング」や「壁紙」などが考えられます

まずはフローリングの修繕費用からご紹介しています。

猫の性格も関係しますが、よく動きまわるタイプの猫は、年中部屋の中を走り回っています。

飛んだり跳ねたりするため、フローリングは傷だらけになってしまうでしょう。

自然による経年劣化の場合は費用負担する必要はありませんが、明らかに猫が付けた傷が多い場合は借主負担となります。

そしてフローリングの修繕費用の相場ですが、「1㎡あたり3,000~8,000円」と割高です。

これが、例えば、6畳(9.72㎡)の床をすべて直すとしましょう。

すると、およそ30,000~75,000円もの修繕費用がかかってしまうことになります。

12畳の部屋であれば、単純にその倍はかかってしまうでしょう。

アパートでペットを飼うということは、「大きな出費がある」というリスクを事前に頭に入れてから、部屋を借りるようにすることが必要と言えます。

猫のいるアパートの退去費用②「壁紙」

続いては、アパート退去の際にかかる、「壁紙」の修繕費用のお話をしていきましょう。

猫は、爪で引っかいたり、ものに噛みついたりする習性があります。

猫は主に以下のような理由うで爪とぎをしているとされます。

・爪が伸びてかゆい

・飼い主の気を引きたい

・ストレスが溜まっている

・研ぎやすいものが目の前にある

爪研ぎ自体を止めさせることは難しいので、壁紙の前に家具を置いたりして、なるべく傷がつかないように対処しましょう。

万が一壁紙を傷つけてしまった際の貼り換えの費用ですが、「1㎡あたり1,000円」くらいとなります。

壁紙は傷が付いている場所を中心に貼り替えるため、それほど費用はかからないと考えがちですが、実はそうでもありません。

壁紙に染み付いた猫の「におい」を消すため、部屋の壁紙をすべて貼り替えることがあるのです。

これについては壁紙だけでなく、先ほどのフローリングにも言えることとなります。

においの対策については、次項でくわしくお話をしていきましょう。

アパートでの猫の傷・におい対策

アパートの退去費用を抑えるためには、日々の生活の中で、猫の傷やにおいの対策をしっかりとることが重要です。

以下でそれぞれの対処方法をご紹介していきます。

●傷対策

フローリングのままで生活すると、猫を飼っていなくても傷は付きやすいです。

そのため、フローリングの上にカーペットやラグを敷いて対策しましょう。

コルクマットやジョイントマットであれば、汚れた際に部分洗いできて便利です。

猫が走り回った際の防音効果も期待できるでしょう。

●におい対策

猫や犬はマーキングといって、縄張りを印すために糞尿でにおい付けをする習性があります。

部屋の中でマーキングをしたら、すぐに拭きとってにおいが残らないようにしてください。

また、猫はよく毛玉や食べたものを吐き戻してしまいます。

これも独特な猫のにおいの原因となりますので、見つけたらすぐにきれいに掃除しましょう。

汚れたらすぐにきれいに拭くことが、においを染み込ませないポイントとなります。

アパート退去の際は「原価償却」を考慮!

賃貸アパートには「原価償却」というものが存在します。

これは、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によるもので、経年劣化によるアパートの建具などの「価値が下がった分を考慮する」というものになります。

例で言うと、アパートの壁紙の場合、耐用年数を「6年」とする決まりがあります。

これにより、6年以上経過している壁紙の場合、価値は「1円」にまで下がるのです。

賃貸アパートに住み始めて、「3年」で退去したとします。

壁紙の修繕費用が40,000円だと仮定して、3年で退去すると、壁紙の価値は半分まで下がったことになります。

すると修繕費用は、以下のようになります。

・40,000円×0.5(50%)=20,000円

これが1年で退去した場合はどうでしょうか。

・40,000円×0.83(83%)=33,200円

このように、退去した時期によって、修繕費用大きな開きがあるのです。

猫が壁紙を傷つけたとしても、6年以上経過していたら、減価償却により修繕費用が発生しないこともあり得るのです。

猫のいるアパートを退去する際は修繕費が必要

アパートで猫を飼っていると、床や壁紙を爪で傷つけたり、においが移ったりして、きれいな状態を保つのはなかなか難しいでしょう。

退去費用は「敷金」から支払われますが、破損場所が多いとプラスして費用を負担しなければなりません。

ペット可のアパートであっても、傷をつけて良いということではありません。

退去の際の負担を軽くするためにも、日ごろから猫への対策をとって生活しましょう。