ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

窓をデザイン性で選ぶならルーバー窓!?修理方法も必見!

2019.4.6

私たちにとって身近な存在の窓ですが、なかでもデザイン性にこだわる方に人気なのがルーバー窓です。

それに加え、窓の開閉方法にも他の窓にはない特徴があり、その点も人気の理由の一つでしょう。

また、そのルーバー窓に何か不具合が起こった場合、その原因や修理方法なども気になりますよね。

ここでは、ルーバー窓をより快適に使い続けるためのポイントをご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お悩みの窓はDIYで壁化しよう!その方法と注意点とは?

家の中には、「ほとんど開けない窓」や「日差しがきつい窓」、「人目が気になる窓」など、ふさいでしま...

住所を教えたくない人も安心!今人気の郵送方法をご紹介!

最近では、お店に買いに行くよりネット通販などでの買い物が主流になりつつあります。 重い商品や、お...

窓やキッチンに柵を設置しよう!大切な赤ちゃんを守るために

賃貸マンションでも、一戸建てであっても、赤ちゃんがいるご家庭では家の中に様々な対策をすることが重...

建蔽率とは?その計算方法は?簡単にご説明!

「家を建てるとき」や「家を購入するとき」に建蔽率(けんぺいりつ)という言葉を聞かれたことがあるの...

敷金、礼金なしの賃貸物件は退去時費用が高額になる!?

まだまだ少ないとはいえ、敷金、礼金なしを謳った賃貸物件が増えてきました。 初期費用がかかる引っ...

管理会社の賃貸物件におけるクレーム対応の仕組みと方法

賃貸アパート、マンションに長くお住まいですと隣の住人からの騒音、設備の故障など様々なトラブルが起こる...

管理会社と契約を直接結ぶと仲介手数料は払わずに済む?

新しく賃貸アパートなどを借りるときは、家賃の他にも様々な費用がかかりますよね。 そのひとつであ...

自宅を増築したい!登記が必要な時と不要な時がある!?

ライフプランは年々変わっていくものです。 家族構成が変わるのに合わせて家族が暮らしやすい家を創...

窓の隙間風はゴムパッキンの劣化が原因?自分で交換出来る?

サッシ窓を長年使っていると、ゴムパッキンの劣化が気になりませんか? 結露などでゴムパッキンにカ...

玄関に涼しげな網戸を付けたい!賃貸でdiyはできるの?

賃貸アパートの場合は玄関にまで網戸を付けてある物件は少ないと思います。 でも、玄関のドアを開け...

窓のすだれは夏に効果絶大!おしゃれに飾ってエコに過ごそう

夏が近づくにつれ、だんだんと気温が上がっていきます。 エアコンや扇風機を1日中つけて過ごす方も...

「準防火地域」で必須の窓の防火対策!そのお値段は?

「準防火地域」に家を建てる場合には、防火対策をしなければなりません。 その際、延焼の原因にもな...

窓からの冷気をシャットアウト!ダンボールで節約防寒対策!

寒い時期には窓を閉めていても、室内は冷気で満ちてしまいます。 その原因の多くが窓になりますので...

窓が閉まらない!そのときの原因と対処方法を解説

普段から私たちが当たり前に使っている窓ですが、稀に窓が閉まらない・開かないなどのトラブルが起こる...

家賃の自動引き落としの手数料はいくら?ufjやみずほを比較

最近では、家賃の支払いを銀行の自動引き落としにしたり、クレジットカードで支払いをする物件が増えて...

スポンサーリンク

ルーバー窓の特徴と役割

数ある窓の種類のなかでも、ルーバー窓に関しては詳しくご存じない方も多いですよね。

そのため、まずはルーバー窓の特徴についてみていきましょう。

別名ジャロジー窓ともよばれるルーバー窓は、主に住宅などで使用される窓の一種です。

その構造は、何枚もの細長いガラスの板を重ね、それをブラインドのようにしたものです。

また、この細長いガラスの板の部分がルーバーと呼ばれます。

このような構造から、特徴的な形状をしており、デザイン性に優れているのは魅力といえるでしょう。

それに加え、ルーバー部分の一部が破損した場合、修理には破損した部分だけ交換ということができるため、修理費を抑えることもできます。

また、窓の主な役割として、明かりを室内へ取り入れることが挙げられますよね。

しかしそれだけでなく、ルーバーの角度調整により、外からの視線を遮ったり、雨が降っていても換気できるなどの役割も果たします。

一方で、ガラスの強度が弱く、断熱性や防犯性が低いという特徴も併せ持っています。

修理につながりやすいルーバー窓のパーツはどこ?

次に、ルーバー窓の主なパーツについて、以下でまとめていきます。

・オペレーターハンドル

ハンドルを回して、ルーバー窓を開閉する役割があります。

注意点として、このハンドルを引いた状態だと壊れて修理が必要になることが多いため、注意して回すようにしてください。

・オペレーターハンドル(チェーンタイプ)

このタイプは、チェーンを引っぱりルーバー窓を開閉しますが、閉める際には完全に閉めるためにもチェーンが止まるまで引っぱるようにしましょう。

・ルーパーグリップ

窓ガラスを支える役割があり、他の窓ガラスと連動していることが特徴です。

また、このルーパーグリップが壊れるとすべての窓ガラスの開閉に影響を及ぼします。

そのため、壊れないように日頃から丁寧に取り扱うよう注意してください。

・窓ガラス

一般的なものとして、ルーバー窓には半透明の窓ガラスが多く取り付けられています。

・リモコン

電動のものにはリモコンが付いている場合があります。

ルーバー窓の開閉時間を時間設定できるものもあります。

ルーバー窓の修理が必要?①窓が閉まらない

次に、ルーバー窓の主な不具合についてみていきます。

まず挙げられるのが、ルーバー窓がしっかりと閉まらないという場合でしょう。

これには、ガラスホルダーの緩みや、ホルダーの突起がしっかりと奥まで入っていないことが原因として考えられます。

ちなみに、その際の修理方法は以下の手順となります。

①オペレーターホルダーを回転させる

その際、ガラスホルダーが仕舞われているケースに対し水平になるまで回転させましょう。

②ホルダーを押し込む

緩んだホルダーを奥まで押し込むように入れてください。

またその際、ホルダーの突起とホルダーを仕舞っている穴がしっかりと噛み合っているか、確認しましょう。

他には、オペレーターハンドルの台座の緩みが気になるという場合も、不具合の一つと言えます。

それには、以下の手順を参考に修理をしてください。

①ネジカバーを取り外す

オペレーターハンドルに取り付けられているため、それを取り外します。

その際はマイナスドライバーなどを使って取り外しましょう。

②ネジを締める

次に、プラスドライバーを使ってネジを締めましょう。

ただしその際、あまり力を入れすぎるとネジ山が壊れる可能性がありますので、注意してください。

最後に、しっかりとオペレーターハンドルの台座が固定されているか確認しましょう。

ルーバー窓の修理が必要?②リモコンが操作不可能

電動のルーバー窓はリモコンを操作して開閉しますが、どうやっても反応しないことはないでしょうか。

それにはルーバー窓自体の不具合というより、ルーバー窓からリモコンまでの距離が離れすぎているということが考えられます。

また、意外な盲点として電池が切れているということも考えられますね。

そのため、まずはルーバー窓に近づいてリモコン操作をしてみましょう。

その際、もし操作が不可能な場合は、次に電池が切れていることを疑ってください。

ルーバー窓のリモコンは、電池がなくなると液晶に電池切れが表示されるものもあるため、表示される場合はそれを目安に電池交換をしましょう。

また、もしルーバー窓の開閉時間を設定しておいた場合、それはリセットされてしまいます。

電池を交換した際にはもう一度時間設定をしておきましょう。

このように、いくつかの方法を試してもリモコン操作が不可能な場合、取扱説明書をもう一度確認します。

取扱説明書を確認することで解決可能な問題である可能性もあります。

それでもリモコン操作が不可能な場合、ルーバー窓自体の不具合も考えられますので、修理を検討する必要があるでしょう。

窓ガラスの熱割れの原因と対策

先述した通り、ルーバー窓のデメリットといわれる点の一つに、ガラスが割れやすいという点があります。

ガラスの一部なら割れても修理費用が安いとはいえ、割れないに越したことはありません。

ここでは、窓ガラスが割れることを防ぐため、その原因に焦点を当てていきます。

また、この点に関しては、ルーバー窓以外の窓に取り付けられているガラスにも当てはまることでしょう。

まず、窓ガラスは温度差により歪んで、ヒビが発生することがあります。

窓ガラスは外側にも面しているため、場所によっては直射日光が当たることになります。

それにより、ガラスの温度も上昇します。

一方、その窓ガラス周辺に取り付けられている枠は、サッシのなかに入り込んでいるため、直射日光は当たりません。

すると、窓の中央部分である窓ガラスが温度上昇により膨張していくのに対し、周囲はそれより低温ため膨張せず、引っ張るような力が発生します。

これによって、窓ガラスが割れることがあり、これをを熱割れといいます。

これを防ぐ方法としては、よしずなどで窓ガラスに直射日光が当たらないようにすることが有効でしょう。

また、冬場に使われる暖房機器などが熱割れの原因なる場合もあります。

例としてはストーブなどが挙げられ、それらの風が窓ガラスに直接当たらないようにしましょう。

窓ガラス以外のパーツは早めの修理を

ガラスが割れる原因として次に挙げられるのが、強風などにより飛んできた飛来物がぶつかることによるものでしょう。

ただ強風が吹いているだけの状態であれば、窓ガラスがそれにより割れるということはあまり考えられません。。

しかし、このような強風には小さな石などが混じっている場合が多く、それが強い力でぶつかってくることになります。

それにより、窓ガラスが割れて交換となったケースも多いのです。

主にルーバー窓は、先述した通り何枚もの細長いガラスが重なっている構造のため、ガラス毎の強度が低く、より割れやすいともいえるでしょう。

また、窓ガラスの割れときいて忘れてはならないのが、年月の経過による劣化です。

これには、ガラスよりも窓自体の耐久性の低下によってヒビが発生することが原因として考えられます。

このような劣化は、窓ガラス以外のパーツも例外ではありません。

それらは窓ガラスと違い修理も可能なため、何か不具合を感じたら早めに修理することをおすすめします。

ルーバー窓の便利さは生活にも影響を与える!

ルーバー窓は、そのデザイン性の高さなどにより近年人気が高まっていますよね。

しかしその構造上、取り扱いを雑に行なうと、ガラスの割れによる交換はもちろん、各パーツの修理が必要となる場合もありますので注意してくだい。

また、ルーバー窓はリモコンで操作可能なものが多く、このように取り扱いに注意して長く愛用することで、私たちの生活にとってより便利な存在となるでしょう。

 - 住まい, 修理・修繕・補修, 暮らし