窓からの冷気をシャットアウト!防寒のためのDIYで断熱対策

冬場、窓からひんやりとした冷たい空気を感じたことはありませんか。

窓はガラスでできているので、外の空気を部屋へと通しやすいのです。

いくら部屋の中を暖房で暖めても、冷たい空気が入り込めば効率が良いとはいえません。

そこで防寒のためにもDIYで対策を取りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

退去時に敷金以上請求された!敷金トラブルを回避するには?

賃貸物件でよく耳にするのが、退去時の敷金に関するトラブルです。「敷金が戻ってこない」「敷金以...

必見!木造アパートでトラブルにならないための騒音対策

集合住宅において起こり得るトラブルの一つに、騒音トラブルがあります。中でも木造アパートは、音が...

賃貸の壁紙の張り替え費用は誰が負担する?安く済ませる方法

賃貸物件にお住まいの方が、退去することになった場合、基本的には原状回復を行う必要があります。...

窓のサッシから隙間風が!自分でできる対処法が知りたい!

寒い季節、暖房をつけても部屋がなかなか暖まらないという経験はありませんか。実は窓のサッシは隙...

巻き込まれたくない隣人トラブル!騒音問題は一軒家でも発生

一軒家を購入する際に特に気になる点は、隣人トラブルの有無ではないでしょうか。トラブルが起...

家賃4万で一人暮らしのコツ!収入と支出を把握し物件選びを

今まで実家などに住んでいた場合、一人暮らしにかかる費用は気になるでしょう。家賃以外にも初期費...

根抵当権における元本確定の事由とは?破産の場合には?

「根抵当権」は、不動産関係の人や、法律に携わっている人にとってはおなじみのワードかもしれません。...

田園調布に豪邸を建てて優雅に住みたい!狙い目は何丁目?

田園調布という地名を聞いて、どんなイメージがありますか?やはり、「豪邸」や「高級住宅街」というイ...

窓からの落下防止もおしゃれにしたい!おしゃれな柵はある?

近年のニュースなどで、「子供が窓から落下した」という事故を耳にしたことはありませんか。このよう...

窓のパッキンには重要な役割がある!取り替えポイントとは?

快適な生活を送るためには、まず家のなかも快適でなければなりません。そのために重要なのが、窓の...

ガラス窓のタイプは遮熱と断熱が存在?使い分け方法も必見!

夏場などの暑い時期でよくきかれるのが、ガラス窓の遮熱の重要性でしょう。ですが、年間を通して室...

窓の網戸を虫除けしたい!必見!さまざまな虫除け方法

夏が近づくと気温が上がるため、窓を開けて部屋に風を取り入れる人も多いのではないでしょうか。窓...

賃貸物件でのバルサン使用時の注意点!ペットへの影響は!?

害虫から私達を守ってくれるバルサンは、テレビのCMでもお馴染みですよね。バルサンは、不快害虫...

家に蜘蛛などの害虫が!どこから侵入する?駆除は誰が行う?

一軒家に限らずアパート・マンションなどでも、蜘蛛やゴキブリなどの害虫がたびたび部屋に出没することが...

窓に対策を!隙間テープの貼る位置はどこがいい?

お部屋の中で最も大きい開口部である窓からは、隙間風や虫、花粉、音などが入ってきます。これらの...

スポンサーリンク

手軽にDIY!窓にプチプチシートで防寒対策

まず思いつくのは、窓に直接シートを貼って、冷気の侵入を防ぐ方法です。

ホームセンターや100均ショップでも購入できる「プチプチシート」を使い、DIYで防寒対策を行いましょう。

プチプチシートは割れ物にくるまれているイメージが強いですよね。

あのシートのプチプチは、一つ一つが空気の層になっているのです。

窓に貼る場合、その空気の層が、外からの冷気を部屋へ通しにくくしてくれるのです。

実際に窓に貼るプチプチシートですが、「三層構造」になっているタイプを用意しましょう。

おすすめは「川上産業:プチプチ三層品 エアキャップ最厚」というアイテムです。

上記のプチプチシートは、価格の安いものと違い、丸いプチプチを上下からシートでサンドイッチした中空構造となっています。

また、「42d」という厚いビニール素材を採用しているので、高い断熱効果が期待できるのです。

このプチプチシートを窓ガラスの大きさに合わせてカットして、両面テープなどで貼り付けましょう。

このような簡単なDIYで窓の防寒対策ができるのです。

もちろん価格の安いプチプチシートでも断熱効果は期待できますので、試してみてくださいね。

DIYで窓の防寒対策!プチプチシートにプラスしよう

上記のプチプチシートを貼ったうえで、さらに追加でDIYすると断熱効果が上がるアイテムがあります。

以下でご紹介していきます。

●サッシに断熱テープを貼る

窓ガラスはプチプチシートで防寒対策しましたが、こちらはサッシに貼るタイプの断熱テープになります。

サッシ枠の結露を防ぐことが可能です。

サッシの部分すべてに貼り付けると高い防寒効果を期待できます。

●カーテンにつるす断熱

こちらはカーテンフックやカーテンレールにつるして使用する、ビニール素材のカーテンになります。

カーテンと窓の間にレースのカーテンのような感覚でつるします。

すると、窓からの冷気を部屋に届かないようにシャットアウトすることができるのです。

しかし、中空素材ではないため性能はプチプチシートには劣りますが、プラスして使えば断熱効果は上がるでしょう。

DIYで窓の防寒対策!プラダンを貼ろう①

先ほどご紹介したプチプチシートですが、窓の内側に直接貼ると見た目があまりよくありませんよね。

昼間、カーテンを開けているとプチプチシートは丸見えです。

インテリアにこだわる人は、その見栄えが気になる人も多いでしょう。

そのような場合は、プチプチシートよりも見栄えが良い「プラダン」でDIYをして、窓ガラスに防寒対策をとりましょう。

プラダンとは「プラスチック段ボール」の略語で、窓ガラスの簡易的な断熱材として使用することができます。

安くて簡単に貼り付けられ、防寒効果も抜群だと人気が高いアイテムなのです。

見た目もスタイリッシュで、部屋にすっきりとした印象を与えます。

さらにプラスチック素材のため、切断がしやすいというメリットがあります。

プチプチシートはハサミを入れる際、どうしてもよれてしまいがちです。

それと比べると、まっすぐにカットでき、窓ガラスのサイズにぴったり合わせて切断ができます。

DIYの作業時間も早く済むことでしょう。

では、プラダンの貼り方ですが、次項でくわしくご紹介します。

DIYで窓の防寒対策!プラダンを貼ろう②

プラダンを窓ガラスに貼り、DIYで防寒対策をとりましょう。

以下でくわしくご説明していきます。

【用意するもの】

・プラダン
・テープ
・ハサミ
・メジャー
・ボールペン

【プラダンの貼り方】

①窓ガラスの計測

まず、プラダンを購入する前に窓の大きさを計測します。

アルミサッシの内側を縦・横と計測しておきましょう。

②プラダンを購入する

窓の大きさに合わせてプラダンを購入しましょう。

ホームセンターなどで、1枚数百円~で購入できます。

プラダンは切り取れるサイズを計算して、少し大きめに購入した方が余裕ができるのでおすすめです。

③プラダンを切断する

メジャーとペンを使い、プラダンに測ったサイズの印をつけていきます。

プラダンは柔らかいので、普通のハサミで簡単に切ることができます。

④窓に貼り付ける

カットしたプラダンを窓ガラスに貼っていきましょう。

隙間ができないように、テープでしっかりと貼り付けてください。

鍵の部分はプラダンを裏側に差し込めばきれいに設置ができますよ。

すべて貼り付けたら完成となります。

本格的なDIY!二重窓を作ろう①

先ほどご紹介したプチプチシートやプラダンでも、十分な防寒対策が期待できます。

しかし、さらにその上の防寒対策を目指すのならば、DIYで二重窓を作ってしまいましょう。

ここからは木材を使った、木製の二重窓の作り方をご紹介していきます。

費用は1万円以下で、賃貸にお住まいの人でも作ることが可能ですよ。

まず、必要なものからご説明していきます。

【用意するもの】

・木材

窓の枠4辺を計測し、大きさに合わせてホームセンターなどで木材を購入します。

その場で木材には溝をつけてもらいましょう。

(この溝にガラスの代わりになるボードを差し込みます)

・ポリカーボネート

ガラスの代わりに用いるボードです。

プラダンでも代用できますが、プラダンには透明タイプのものが販売していないため、より見た目を窓へ近づけたい場合はポリカーボネートを用意しましょう。

・両面テープ

木材を窓枠へ貼り付けるために使用します。

貼って剥がせるタイプの両面テープならば、賃貸の場合でも安心して使用できるでしょう。

本格的なDIY!二重窓を作ろう②

本格的なDIYとして、二重窓を作り防寒対策をとりましょう。

続いては、二重窓の取り付け方です。

【取り付け方】

①レールを取り付ける

現在の窓枠に新しく購入した木材を設置していきます。

両面テープを使用して、下枠から組み立てていきましょう。

ここで両面テープを1度剥がし、現在の木枠が剥がれてしまうようでしたら、両面テープの使用は中止しましょう。

(木材は窓枠にぴったりはまるように計測したものを購入すれば、テープなしでも組み立て可能です)

②ポリカーボネートをはめる

あらかじめつけてもらっていた溝に、ポリカーボネートをはめ込みます。

それが窓のガラスの部分になります。

余裕があれば、ポリカーボネートの上下に断熱用のアルミテープを貼ることをおすすめします。

そうすることで、断熱効果が高まるだけでなく、窓の滑りがよくなり、空洞内にゴミが入りにくいというメリットが生まれるのです。

以上で二重窓は完成となります。

冷気をシャットアウト!防寒対策のDIYを窓に施そう

窓の防寒対策と言ってもさまざまな方法があります。

今回ご紹介したプチプチシートやプラダンでしたら、すぐにでもDIYに取り掛かれる手軽なものです。

さらに上を目指すなら、二重窓をDIYしてみましょう。

業者に依頼すると高額な費用がかかりますが、DIYならば1万円以下で手軽に行えるのでおすすめですよ。

窓の防寒対策をしっかり行って、暖かく快適な部屋を目指しましょう。