ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

引き違い窓でみかける鍵について知りたい!交換方法も必見!

2019.3.17

多くの家で設置されている引き違い窓ですが、そこに装備されている鍵はどのような名前なのでしょうか。

また、その性質や不具合の際の交換方法も気になりますよね。

ちなみに、昨今注目されている窓の防犯性ですが、それを高める方法についてもご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

窓の断熱フィルムの断熱効果は?他のメリットにも注目!

家の中で快適に過ごすためには、窓の断熱が重要です。 近年は、極端な気候が多くなっているので、窓...

窓の防犯対策は重要!夜開けたまま寝たいときはどうすれば?

夏が近づいてくると夜でも気温が高い日もありますね。 昼間はつけていても、寝るときまでエアコンを...

ビルやマンションの窓の三角マーク!意味はあるの?

ビルやマンションを見上げたときに、窓に赤い三角マークがあるのを見たことはありませんか。 多くの方...

遠距離恋愛で結婚するときに必要な手続き

遠距離で交際している相手の方と結婚することになったとき、どのような手続きが必要となるのでしょうか...

アパート一人暮らしで1LDK!コーディネートや生活を楽しもう

一人暮らしでも、家を快適な空間にコーディネートしたいと考える人が増えています。 そのためには、...

窓サッシレールやゴムパッキンにカビが!カビとり方法と対策

窓サッシのレールやゴムパッキンにカビが生えると、健康被害が出てしまう可能性があります。 そのた...

家賃滞納で裁判!?そうなる前に分割で支払う意思を見せよう

賃貸物件に住んでいると、毎月、家賃の支払いがありますよね。 この家賃、一日でも支払いが遅れると...

見落としがちな共同住宅の階段の蹴上や踏み面をチェック!

役所、駅、病院、共同住宅、戸建てに設けられている階段で蹴上や踏み面の大きさの違いに、違和感を覚え...

賃貸物件退去時の「敷金の敷引き」「保証金の償却」って何?

家を借りる時、初めに必要な費用として、仲介手数料、賃料と共益費、それに加えて礼金・敷金・保証金等が...

私道の道路では通行料を請求されることも!相場はいくら?

購入しようか検討している土地の中に、まれに私道を通らざる負えない土地もあります。 その場合...

建物表題登記とは?新築した際の登記の流れを掴もう!

家を新築した際には、「建物表題登記」を申請する必要があります。 しかし、家の新築はほとんどの方...

ルーバー窓には突っ張り棒での防犯が有効?その効果を検証!

「ルーバー窓」と呼ばれる窓があります。 なかなか目にする機会がないかもしれませんが、実は、一戸...

親と同居している人が渡している生活費の相場は?

親元を離れて一人暮らしをしている人、結婚している人、二世帯住宅にお住まいの人、実家で親と同居して...

準防火地域では建物や窓の種類に制限がある!耐火性の重要性

準防火地域という言葉は、聞いたことがあっても詳しく知っている方は多くはないでしょう。 準防火地...

丸見えな窓にひと工夫!外から見えないようにする方法とは?

住宅密集地のため、窓を開けた目の前が隣家の窓というような場合、隣家からの視線が気になるものです。...

スポンサーリンク

引き違い窓でよくみかける鍵について

引き違い窓を設置している家の窓サッシによく装備されている鍵は、クレセントという名前です。

この名前の由来は、半円形の形状である回転部分からきているのをご存知でしょうか。

その形状により、英語で三日月を意味する、クレセントという名前が付けられました。

このクレセントが引き違い窓などのサッシの鍵として多く普及している理由は、その形状により製造がしやすいというものです。

ですがその反面、そのシンプルな形状とは裏腹に、交換方法はコツが必要であるとの声もよく耳にします。

また、クレセントは泥棒などがガラスを割って侵入しやすいというデメリットがあります。

それは、クレセントが防犯目的で製造されているのではなく、窓の密閉を高めるために製造されている理由からです。

そのため、以前使っていたクレセントの代わりに、防犯性の高い鍵を取り付けたという方も多いものです。

ちなみに、クレセントはシンプルがゆえに、故障しやすいという特徴もありますよね。

また、次項では、クレセントのどのような症状により交換が必要になるのかをみていきます。

鍵を閉めたはずの窓が開いていた?このような場合にはクレセントの交換を!

先述した通り、クレセントは引き違い窓のサッシの鍵として装備されていることが多いですが、以下のような症状がみられる場合は交換をおすすめします。

・施錠の際に閉まりが悪い

・窓との咬み合いが悪い

・なにもしていないのに勝手に窓が開閉する

上記のなかでも、勝手に窓が開閉してしまう状態は特に注意が必要でしょう。

鍵を閉めたと思っていた窓が開いていたなどという事態は、防犯上から考えてもよいことではありません。

泥棒からすれば、鍵を開ける作業をせずとも侵入できてしまうということになりますよね。

すなわち、これらの症状がみられる場合は早めのクレセントの交換が重要となるでしょう。

ちなみに、その際気になるのがクレセントの交換方法ですよね。

次項では、このクレセントの交換方法について、詳しくまとめていきます。

クレセントの交換方法は綿密な計測が鍵!

ここでは、クレセントの交換方法を、手順を追ってご説明していきましょう。

①新しいクレセントを用意しよう

まずは、交換するために新しいクレセントを用意してください。

その際、クレセントの高さや軸から金具までの間の長さなど、綿密に計測するのが鍵となります。

②クレセント上部にあるネジを取り外そう

もし、既存のクレセントにビスカバーが付属している場合は、それを外してからネジを外してください。

その後クレセント本体をずらすのですが、その際落下する可能性もありますので注意しましょう。

場合により、窓ガラスを傷つけることにも繋がりかねません。

なぜなら、クレセントは、裏板と挟む構造により固定されているため、外したらネジを付けたままにしておくとよいでしょう。

②クレセント下部にあるネジを取り外して交換しよう

次に、クレセント下部にあるネジを外したら、本体を交換します。

その際、新しく交換するクレセントのタイプにより高さなどを調節する必要もありますので、よく交換方法を説明書などで確認しながら行うとよいでしょう。

③きちんと取り付けられたか確認しよう

最後に、クレセントを施錠・解錠して、気になる点などがないか確認しましょう。

説明いらず?クレセントのバネの交換方法

先に述べた通り、鍵をしたはずの窓が勝手に開閉するなどの症状がみられる場合は、新しいものと交換することが重要ですよね。

ですが、クレセントにぐらつきなどの症状がみられる場合には、クレセントに装備されているバネの交換をするのみで症状がなくなることもあるのです。

このバネは、窓に取り付けたクレセント本体の内部に装備されているため、普段はあまり目にしない部分でもあるでしょう。

ですが、この部分が劣化することにより、このようなぐらつきの症状がみられることが多いのです。

その際には、新しいものをホームセンターなどで購入して交換することをおすすめします。

また、クレセントのバネは引きバネという名で販売されていますので、店頭で確認してください。

それに加え、交換する前には既存のバネの長さや直径をよく確認しておくことも大切でしょう。

ちなみに、交換方法はいたって簡単で、既存のバネを指で取り外したら、そこに新しいものを取り付けるのみです。

説明がいらないほど簡単な交換方法なのが、手軽でよいですね。

クレセントの交換方法に不安がある方は業者依頼も手!鍵穴つきは費用の変化に注意

クレセントの交換にはコツが必要であるというのは述べた通りです。

それにより、細かい作業が苦手・交換方法に不安がある方は、クレセントの交換に躊躇するでしょう。

また、丁寧な作業をしないと、場合により窓ガラスを傷つける恐れもあることは述べた通りです。

そのような場合には、業者依頼もおすすめです。

まずは費用面からお伝えしていきますが、相場として自分で交換する場合はクレセントの購入費用のみになりますよね。

ちなみに、相場としてはクレセントの価格は1000円~高いものでは5000円で、鍵穴付きのクレセントなどは7000円ほどの費用になるのです。

一方、クレセントの交換を業者依頼する場合、8000円~15000円が相場でしょう。

ですが、あくまでも交換するクレセントの種類により費用も変わるため、まずは見積もりを取るのもよいですね。

また、クレセントの状態によっては窓サッシの交換を余儀なくされることも多いものです。

その場合、相場の費用より高くなりますので注意しましょう。

防犯性の高い鍵を取り付ける前に!おすすめの窓の防犯アイテム

クレセントは、シンプルな形状ゆえ窓の開閉の際にも手軽であるという声も多いものです。

ですがその反面、防犯性を考えた場合、もっと防犯性の高い鍵を取り付ける方も多いということは先述した通りでしょう。

また、クレセントの交換方法のコツや費用などを考えると、もっと手軽にクレセントの防犯性を高めたいですよね。

そのような場合に有用な、おすすめ防犯方法をご紹介していきます。

・クレセントと補助鍵を併用しよう

補助鍵の多くは、粘着性の高い粘着テープで窓サッシに張り付けて固定するものがほとんどでしょう。

また、補助鍵は外から見たときに取り付けられているのが分かりやすいため、泥棒などが侵入するのをためらうという心理も働くのです。

・防犯フィルムを貼ろう

防犯フィルムも、補助鍵同様貼り付けるだけで簡単に防犯性を高めてくれる優れものでしょう。

また、窓に貼り付けることで窓自体を強固にする役割もあります。

例えば、泥棒がハンマーなどで窓を割ろうする際にも、防ぐことができる確率が高くなります。

クレセントと防犯アイテムの併用は窓の防犯性を高める

引き違い窓に装備されていることの多いクレセントは、そのシンプルな形状により窓の開閉もしやすいと人気ですよね。

ですが、その形状ゆえ防犯性に関しては高いとはいえないのが現状でしょう。

そのためには、防犯性の高い鍵と交換するのも有用ですが、優秀な防犯アイテムを使って窓の防犯性を高めるのもおすすめです。

 - 住まい, 修理・修繕・補修, 暮らし