ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

窓の断熱効果を高めて快適な生活を!100均グッズでプチDIY!

2019.2.9

日本では季節ごとに気温も変わりますので、夏は暑く冬は寒い気温の中で生活します。

外だけではなく室温にも影響しますので、自宅で快適に過ごすために何か対策をとることも重要です。

その対策の一つとして挙げられるのが、「窓の断熱効果を高めること」です。

今回はその効果とともに、100均グッズを使ってプチDIYする方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

家賃滞納トラブルを解決!裁判上と裁判外の「和解」とは何?

家賃滞納を放っておくことは、貸主にとって大変な損失です。 しかし、借主から確実に滞納分を回収するこ...

位置指定道路は私道?近隣と駐車トラブルにならないためには

普段道路について考えることは少ないですが、建築物を建てるときには、重要な部分です。 そこで今回...

窓の防音対策はどうやって行う?賃貸でも可能な方法とは?

家の中でくつろいでいるときに窓の外から聞こえてくる騒音は、迷惑なものですよね。 どうにか防音対...

BSを契約してない方も必見!高画質ハイビジョン番組が見れる

現在、BSでは高画質なハイビジョン番組が見れると人気です。 同じく人気のCSに比べ、視聴料が基...

窓の鍵が壊れた!防犯面が心配!対処方法をご紹介

リビングの窓は寝室や和室などの窓と違い、使用頻度が高いですよね。 窓の開閉の回数が多いと、...

窓からの冷気が辛い!防寒ボードで冷気をシャットアウト!

寒さの厳しい季節、暖房をしっかりいれているのに、部屋がなかなか暖まらないということはありませんか...

子どもの安全を守る!窓からの落下防止対策をDIYで!

小さい子どもがいるご家庭で注意して欲しいのが、窓からの落下事故です。 実際、窓やベランダから落...

住所が違う!?正式住所を検索で知ろう!検索のコツって?

インターネットやSNSの利用が増えて、個人情報の漏洩に対して、以前より神経質になるのも無理のない流...

建築基準法での床面積の計算に吹き抜け部分はどうなるのか?

建築基準法の中で、重要な部分になるひとつに「床面積」があります。 建ぺい率や容積率などとい...

バルサンを使いたいけれど子供やペットが居ても大丈夫?

害虫の駆除に効果的なバルサンですが、小さな子供やベットの居るご家庭では使うことを躊躇してしまいま...

床面積の計算に含めるバルコニーと含めないバルコニーの違い

部屋を借りるときなどに「床面積」という言葉が出てきます。 床面積が広ければ住生活のスペース...

家賃の自動引き落としの手数料はいくら?ufjやみずほを比較

最近では、家賃の支払いを銀行の自動引き落としにしたり、クレジットカードで支払いをする物件が増えて...

床のワックス剥がれを発見!ワックスを塗る注意点やコツ

若い世代の方には、畳よりもフローリングに人気の傾向があるため、大家さんの中には、「床と共に全室フ...

窓の暑さ対策は簡単に貼れる窓ガラスフィルムがおすすめ!

窓からの直射日光が当たると、お部屋が暑くなってしまいますし、紫外線も気になりますよね。 冬は部...

管理会社の賃貸物件におけるクレーム対応の仕組みと方法

賃貸アパート、マンションに長くお住まいですと隣の住人からの騒音、設備の故障など様々なトラブルが起こる...

スポンサーリンク

寒さ対策には断熱!なぜ窓にするべきなの?

寒い冬が訪れると、外はもちろんですが、家の中も寒くなりますよね。

それではなぜ、家の中まで寒くなってしまうのでしょうか。

寒くなる原因には大きく2つあり、1つは「床下からの底冷え」です。

床下でも換気がされており、冬では冷たい空気を床下に取り込むので、土台のコンクリートがどんどん冷えていきます。

冬は寒い気温がずっと続くので、土台もずっと凍っているような状態になっているのです。

ですから、お部屋の室温を暖房で暖かくしてもなかなか暖かくならない場合は、床下からくる冷気が関係しているといえます。

冬にカーペットなどを敷くのは、これを抑制するためだということがわかりますね。

2つめの原因は「窓からの冷気」です。

日本は外国と比べると湿度の高い国なので、通気性の良さを考慮して家が作られています。

夏では嬉しいことですが、冬ではこれが裏目に出てしまいます。

外からの冷気を室内に取り込むと同時に、室内の暖かい空気を外へ出してしまうのです。

特に窓は、全体の50%以上もの熱を部屋から外へ出してしまうので、窓に断熱対策をすることは重要なのです。

のちほどご紹介しますが、100均グッズでも対策できますので、コストをあまりかけずに対策できますよ。

冬だけではない!夏の暑さ対策にも断熱が重要?

窓を断熱することは、寒い冬だけでなく暑い夏にも重要なことです。

窓のガラスの性質には、熱伝導の良さが挙げられます。

そのため、窓から光を取り込みながら、熱も室内に入れてしまっているのです。

夏では、50~70%もの熱が窓から入ってきてるともいわれています。

ですから、暑い時期に室内に熱気がこもっている場合の多くが、窓から入ってきた熱ともいえるのです。

このとき、多くの方がエアコンをつけて室内を冷やそうとするでしょう。

ですが、熱には温度の高いところから低いところへ移動する性質があるため、夏では温度の高い外気がエアコンで涼しくなった室内に入り込んでしまうのです。

結果、涼しくしてもまた外の熱気が窓から入ることにより室温が上昇し、さらにエアコンを酷使することにつながります。

これでは悪循環の繰り返しになってしまいますよね。

そのため、100均グッズなどを利用して窓に断熱の対策を施すことは、外の熱気を室内に入るのを抑制してくれますから、夏でも重要といえるのです。

断熱効果が得られると嬉しいことがたくさん!

冬でも夏でも、窓に断熱への対策を施すことが重要だということをお伝えしたところで、断熱効果を得られた場合の嬉しいメリットについてお話ししましょう。

●電気代の節約

先ほどまでもお話ししましたように、断熱効果を得られればエアコンなどを多く使うことはなくなります。

少ないエネルギーで室内を快適な温度にできますから、そうなればエアコンにかかる電気代も少なく済みます。

●結露防止

結露は気温によって出てきますので、断熱効果を得られれば出ることもありません。

結露がないと、そこからくるカビの発生も阻止できますよ。

●プライバシーが守れる

断熱フィルムなどを使用すれば、窓を曇りガラスのような感じになるので、カーテンを開けておいても外から室内を見られる心配もありません。

賃貸にお住みの方にも、これは嬉しいポイントなのではないでしょうか。

●紫外線カット

こちらも断熱フィルムなどを使用すれば、直射日光を防ぐことができるので、紫外線のカットにもつながります。

女性にとっては天敵ともいえる紫外線ですから、断熱と一緒に紫外線もカットできれば一石二鳥ですね。

このようなものが挙げられます。

断熱への対策を施すだけで、ほかにメリットがあれば嬉しい限りですね。

それではいよいよ、次項から100均グッズを使った断熱への対策をご紹介していきます。

安くて簡単!100均で断熱窓にプチDIY①

ではここから、100均グッズを使って断熱窓にするプチDIY術をご紹介していきます。

ほとんどが100均ショップでグッズを調達し、カットして貼りつけるだけですので簡単にできますよ。

●窓用プチプチ

引っ越しのときなどによく見かけるプチプチのシートは、100均ショップで窓用のものが販売されています。

これを窓に貼れば、夏は涼しく、冬は暖かいお部屋にしてくれます。

エアコンの利きめも向上するので、電気代の節約にも期待できますよ。

ここでプチプチシートの貼り方をご説明します。

まず、プチプチを窓に貼る場合は、窓を綺麗にしてから貼るようにしてください。

汚れなどがついたまま貼ってしまうと、粘着力が低下してしまうので忘れずに行いましょう。

そして、プチプチを窓に貼りつけていきます。

このとき両面テープを使っても良いのですが、メンディングテープを使うと跡を残さずにはがすことができ、湿気や紫外線にも強いのでおすすめです。

メンディングテープも100均で売られていますので、試してみてください。

100均のお店によっては、水で貼れるプチプチもありますので、賃貸の方はこちらを使うと良いでしょう。

デメリットを挙げるとすれば、見栄えがあまりよくありませんので、気になる方は違う方法で行うことをおすすめします。

安くて簡単!100均で断熱窓にプチDIY②

引き続き、断熱窓にプチDIYする方法をご紹介します。

●断熱フィルム

窓に貼る用の断熱フィルムには、窓で熱を吸収しやすいフィルムと反射させるフィルムがあります。

熱を吸収しやすいタイプは、窓ガラス自体に熱を蓄積させるので、触ると熱を感じやすくなります。

一方、反射タイプはその逆ですから、熱を吸収しにくくする効果が期待できます。

ですから、冬であれば吸収タイプを、夏では反射タイプのフィルムがおすすめです。

●段ボールを窓際に

100均でなくとも、ご自宅にある段ボールやスーパーなどの段ボールを使えば無料でできてしまいます。

やり方も簡単で、段ボールを窓のサイズに裁断し、これを窓枠に立てかけておくだけのものです。

特に冬であれば、冷気を遮断するのに効果的ですので試してみてください。

見栄えが気になる方は、夜から翌朝にかけて置いておきましょう。

これだけでも効果が得やすいのでおすすめです。

断熱効果にプラス!100均グッズでよりお洒落な窓に

先ほどまでご紹介したように、100均グッズでも断熱効果を高める窓にすることが可能です。

特にプチプチシートは夏にも冬にも活躍するグッズですが、できあがった際の見栄えはあまりよくはありません。

例えば、マイホームでアメリカ西海岸風のダイニングの窓にプチプチを貼ったとします。

これでは、お洒落な空間の窓に貼られたプチプチが少し浮いた印象になってしまいますね。

そんなときにおすすめなのが、100円ショップでも売られている「黒板シート」と「リメイクシート」を使うことです。

まず、プチプチを貼った窓ガラスの下半分に黒板シートを貼りつけます。

ダイニングが暗くならないように、太陽からの光は上半分の窓から取り込むようにしましょう。

さらに、木目調などのリメイクシートを窓枠と、上半分の窓ガラスに十字になるように貼ります。

切って貼るだけで、お洒落な窓に仕上がります。

下半分が黒板になるので、ちょっとしたメモ代わりにも使えますし、英文シールを貼ってより西海岸風にすることもできますよ。

断熱効果を高めたくても、見栄えがあまりよくないと気になってしまいますよね。

100均グッズでこのようにお洒落な窓にすることも可能ですから、ぜひプチDIYに挑戦してみてください。

窓への断熱効果を高めよう!

窓に断熱への対策をとることは、夏でも冬でも関係なく重要なことといえます。

自宅で快適な生活を送るためには、窓からの熱気もしくは冷気を入りにくくしなければなりませんね。

100均グッズでも対策をとることは可能ですので、ご紹介したグッズなどであまりコストをかけずに断熱効果を高める対策をしてみてください。

 - 住まい, 快適, 暮らし