ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

窓の装飾アイテムはブラインドが人気?使い方や特徴も必見!

2019.2.7

私たちの生活のなかで、欠かせない存在である窓に取り付ける装飾アイテムには、様々なものがありますよね。

なかでも、昨今そのデザイン性の高さで人気なのがブラインドでしょう。

それに加え、使い方を工夫をして楽しむ方も増えてきているのです。

今回はブラインドを中心とし、様々な窓の装飾アイテムについて幅広くみていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お悩みの窓はDIYで壁化しよう!その方法と注意点とは?

家の中には、「ほとんど開けない窓」や「日差しがきつい窓」、「人目が気になる窓」など、ふさいでしま...

家賃の値上げがしたい。入居者に拒否されたときはどうする?

アパートやマンションの経営で、頭を悩ませるのが家賃です。 高くもなく、安くもなく、ちょうど良い金額...

サイディング外壁が浮いてきた!ビスを使って水の侵入を防止

現代は、サイディング外壁が主流です。 新築はもちろん、モルタルからサイディング外壁にリフォ...

モルタルの強度はどれくらい?素材の配合によって変化する?

建物の基礎工事などで使われる、モルタルやセメント、コンクリートですが、その違いについてご存知です...

窓に断熱シートを貼りたい!その効果や透明度も気になる!

寒い冬や暑い夏の対策として、窓に断熱シートを貼ることを検討している方もいらっしゃることでしょう。 ...

窓のサイズを図面で読み取る方法と読み取れない大切な情報

新しく家を借りたい、アパートを借りたいと思った時に見るのは、家賃や交通の便、間取りでしょう。 ...

お洒落に窓を目隠し!インテリアとしても有効なアイテム紹介

窓の多い家は、太陽光がたくさん入り、風通しも良いことから、明るくて気持ちの良いものです。 しかし...

新築で外構!境界はコストの安いブロックフェンスがおすすめ

新築したら、それと同時に外構工事も必要となります。 特に、隣家の土地と自分の土地を分ける境界に...

木造アパートの騒音トラブル!対策方法はあるのか!?

近年のアパートは、木造のものや鉄筋コンクリート造など実に様々です。 アパートに住むうえで気になる...

家賃を滞納した場合どの位の期間で保証人に連絡がいくのか

アパートやマンションを借りる場合、まず入居の為の審査があります。 審査条件として特別な場合を除...

コミュファ光でWi-Fiを使う方法!ルーターや中継器は必要?

皆さんは、「コミュファ光」というサービスをご存知ですか? 関東では利用できないサービスですが、...

窓にプチプチを貼って結露を防止しカビ対策!その効果とは?

寒い冬の時期に、窓に起こる現象といったら「結露」ではないでしょうか。 室内を暖めるとどうしても...

音の大きさと距離の関係や性質から生活騒音について考えよう

音の大きさと距離の関係というと、近くの音は大きく聞こえ、遠くの音は小さく聞こえるというのは、皆さ...

サイディングにボードアンカーを取り付けたい!注意点は?

現在の外壁は、サイディングが主流ですよね。 多くの建物でサイディングが採用されています。 D...

サイディングボードの賢い選び方は?厚みによる違いについて

木造住宅の外壁素材として主流となったサイディングボードは、以前のモルタル材と比較しても安価で耐久...

スポンサーリンク

窓に取り付けるブラインドなどの装飾アイテム

窓に取り付ける装飾アイテムには、様々なものがあります。

ここではまず、どのようなアイテムがあるのか、またそれぞれの特徴についてもみていきましょう。

・カーテン

多くの住宅で最もみかけることの多いものが、カーテンでしょう。

それには、なんといっても使い方が簡単で扱いやすいという点が関係しています。

また、昨今出回っているカーテンのほとんどが洗濯できるなど、手入れなどの手軽さも人気ですよね。

・ブラインド

ブラインドの特徴は、一台あればドレープとレースの二つの役割を兼ねることができることでしょう。

すなわち、遮光はもちろん、外からの視線をうまく調節することができるため、その点に関しては他の窓に取り付ける装飾アイテムに比べ長けているといえます。

・ロールスクリーン

シンプルなものが多く、インテリアを邪魔せずすっきりとした印象にできると人気です。

また、ものにもよりますが収納時には幅が10㎝ほどになり、場所をとらないこともその点に役立っていますよね。

一方、ロールスクリーンの使い方は単体であることがほとんどなため、昼用のレースカーテンとの併用ができません。

そのため、窓が曇りガラスである場所や、外からの視線を気にせずにすむような場所での取り付けがおすすめでしょう。

カーテン特有の使い方が窓や家具への影響を与える

先述した通り、前項でご説明した窓の装飾アイテムのなかで最も住宅でみかけることが多いカーテンは、使い方の簡単さが魅力ですよね。

その点は、ブラインドやロールスクリーンに比べ最も長けているともいえるでしょう。

ですが、そのカーテン特有の使い方により、開けた際に場所を取りやすいという点もあるのです。

それには、開けた際にカーテンの厚みがたまることで幅ががでてしまうことが関係しています。

それにより、窓周り全体が重たい印象になり、また窓自体が狭くみえるという心理も生み出すでしょう。

そのため、比較的狭い部屋では使い方や取り付ける場所に工夫が必要となります。

また、部屋の家具との位置関係も重要です。

例としては、机の前の設置してある窓に取り付ける場合などには、カーテンの存在が目につき違和感を感じることも少なくありません。

このような状態を防ぐには、カーテンの生地にこだわることで厚みを抑えることも重要ですね。

昨今では、このような機能性の高いカーテンも多く出回っているため、一見の価値があるといえるでしょう。

ブラインドには賢い掃除アイテムが有用!昨今人気の使い方も必見

手で直接開閉するカーテンと違い、チェーンやひもを上下させることで開閉を調節する使い方が、ブラインドの特徴ですよね。

また、昨今のブラインド人気が影響し、デザイン性に優れているものも増えてきました。

その一方、ブラインドのいくつもの羽が水平に連なる構造により、掃除に少し手間がかかることが挙げられます。

すなわち、ほこりなどがたまりやすいということにもなるため、こまめに掃除することが大切でしょう。

ですが、ブラインドのようなこまめな掃除が必要なものに有用な掃除アイテムも多く出回っていますよね。

これらの賢い使い方で、ブラインドをいつも清潔に使い続けることも可能でしょう。

ちなみに、ブラインドを本来とは違った使い方で楽しむ方も増えていますよね。

例としては、まず窓側にブラインドを取り付け、室内側にレースのカーテンを取り付ける使い方です。

この使い方は、昨今では定番ともいわれるほどインテリアを楽しむ方のなかで人気となっています。

1台で調光と窓からの視線を遮るロールスクリーンも登場

ブラインド同様、チェーンやひもを上下させることで開閉を調節するロールスクリーンは、見た目と比例したシンプルな使い方も人気ですよね。

また、その素材も豊富で、遮光性の高いものなど利用価値が高いものが多いのも特徴でしょう。

ですが先述した通り、ロールスクリーンの使い方は単体であることがほとんどのため、ダブルの使い方が難しいという点も見逃せません。

そのため、従来のロールスクリーンでは、調光と窓の外からの視線を遮るということを同時に行うという使い方ができませんでした。

ですが、昨今では遮光が可能な、厚地の生地とシースルーの生地が重なったダブルタイプのロールスクリーンなども多く出回っているのです。

このように、従来ではデメリットとも考えられていた点を克服したロールスクリーンであれば、調光と窓の外からの視線を遮るという機能をひとまとめで実感できるということですね。

窓に取り付ける装飾アイテムとして人気のブラインドにはいくつかのタイプがある

ここまでは、窓に取り付ける各装飾アイテムについてご説明してきました。

ここからは、そのなかでも昨今人気のブラインドについて詳しくご紹介していきます。

ちなみに、ブラインドと一口にいってもタイプがいくつかあるのをご存知でしょうか。

まずは、そのタイプ別に特徴を以下でまとめていきます。

・ポール式ブラインド

このタイプのブラインドは、上げ下げするチェーンやひもが別々に取り付けられていますよね。

ちなみに、このポール式ブラインドは販売するメーカーにより呼び方が異なります。

例として、タチカワブラインドのブラインドはポール式ですが、トーソーのブラインドはコード&ロッド式と呼ぶのです。

ワンポール式ブラインド

操作ポール内部にチェーンやひもを隠したタイプのブラインドで、それにより見た目をすっきりとさせることが可能です。

また、ポール式ブラインド同様、販売するメーカーにより呼び方が異なるのです。

タチカワブラインドのブラインドはワンポール式と呼ぶのに対し、トーソーのブラインドはマルチポール式と呼びます。

・チェーン式ブラインド

ループ状のチェーンやひもでのブラインドの上げ下げに加え、スラットの角度調整も可能です。

呼び名は、タチカワブラインドのものはチェーン式、トーソーのものはワンコントロール式、またニチベイはループコード式と呼びます。

次項では、これらのタイプごとの使い方についてみていきましょう。

タイプ別・ブラインドの使い方

前項でご説明したブラインドのタイプ別の使い方は以下となります。

・ポール式ブラインドの使い方

チェーンまたは紐をひくと上がりますが、途中で停止したい場合は外側に傾けることで可能です。

反対に、チェーンまたはコードを軽くひき内側に傾け、手を緩めることで下がります。

・ワンポール式ブラインドの使い方

操作ポールの先端につまみがありますので、それを上げ下げしてください。

ちなみに、1本の操作ポールのみで全ての操作ができるため、その手軽さが人気ですよね。

また、ワンポール式ブラインドは窓のタイプに関係なく使えるという点も魅力でしょう。

・チェーン式ブラインドの使い方

室内側のチェーンおよび紐をひくと上がり、窓側をひくと下がります。

ちなみに、このチェーン式ブラインドは、ギアが内蔵されていることにより、使う際の操作が軽いとの声も多くききます。

そのため、サイズが大きめなテラスの窓でもよく使われていますよね。

窓に取り付ける装飾アイテムは様々!用途に合わせて選ぼう

窓に取り付ける装飾アイテムは、ブラインドをはじめ、カーテンやロールスクリーンなどがありますよね。

それぞれに特徴があり、用途に合わせて選ぶことが大切でしょう。

また、そのなかでも昨今人気なのがブラインドですが、タイプごとに使い方も様々であることがわかりましたね。

窓のサイズや場所によっても適正に違いがありますので、よく吟味して選ぶことがポイントでしょう。

 - 建物, 暮らし, 設備