ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

オーナーに朗報!窓の防寒グッズはニトリで手軽に揃えられる

2018.12.15

オーナーの皆さん、入居者からの「窓際が寒い!」という言葉を聞いたことはありませんか。

特に寒くなる前に入居した入居者の場合、冬場の結露や寒さにびっくりする人がいますよね。

何か安く簡単に防寒対策できれば良いですよね。

物件の窓の数を考えると、そんなにお金をかけることはできません。

そんな時、窓の防寒グッズはニトリがとても安くて便利なのでお勧めです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

賃貸住まいの方必見!火災保険の加入と更新が重要な理由

賃貸物件の契約時に、加入を求められるのが火災保険です。 勧められるまま加入して、あまり内容を覚えて...

家屋の固定資産税は必ず下がる?計算方法や税金対策をご紹介

税金のひとつに、「固定資産税」があります。 家屋にも固定資産税が掛かることは、ご存知の方も多いです...

アパートのネットを無料化!ルーター設置はどうすれば良い?

アパートでのネット利用料は、家賃に含まれて無料で提供されることが多くなってきました。 入居者も「ネ...

窓からの隙間風で寒い!そんなときはテープで簡単解決!

寒く、強い風が吹くことが多い冬に、窓から「ピーピー」と音が鳴っていることはありませんか。 音の正...

殺風景な窓をDIYでお洒落棚へ!アイデア満載のDIY棚をご紹介

部屋のインテリアを自分好みに変えても、窓はカーテンを付けているだけ…そんな人も多いのではないでし...

窓ガラスに残ったテープ跡!きれいな剥がし方が知りたい!

家の窓ガラスにテープ跡が残ってしまった経験はありませんか。 セロハンテープや粘着テープの裏側に...

知って得するマメ知識!動産と不動産との違いとは?

法律や不動産に関わる仕事をしている人以外は、動産や不動産といった言葉について、詳しく知らない人がほと...

防寒や防音対策に効果的?窓のサッシに隙間テープを貼ろう!

寒い季節が訪れると、自宅の中にも冷気が入り込みますよね。 冷気の大半は窓から入ってくるといわれ...

窓についた両面テープ!ガラスを傷つけない剥がし方はある?

小さいお子さまがいるご家庭ですと、ふと見たら「窓に両面テープがついている!」といった経験をした方...

家賃の領収書に印紙を貼る?貼らない?印紙の節約術とは?

これをご覧の大家の皆さんは、家賃の領収書を出す場合、印紙は貼っていますか? 貼るとしたら、ほとんど...

大阪市西成区は治安が悪い?飛田新地やあいりん地区とは?

大阪在住の方ならご存知だと思いますが、大阪市西成区は治安が悪いと言われています。 西成区といえば、...

アパートのキッチンに収納を増やす方法をご紹介!

1Kのアパートの場合、キッチンが狭く収納が大変なこともあります。 アパートに住んだことのある人...

会社の株主に関する情報の調べ方にはどのような方法があるか

新規の取引先と取引を開始するようなとき、その会社の信用調査などをするかと思います。 その際、経営...

窓に貼ると期待できる隙間テープの効果とは?貼り方も必見!

窓に隙間がある場合、役立つ商品として人気なのが隙間テープです。 その隙間テープを貼ることにより...

ロフト部分が暑いときや下のフロアが寒いときなどの温度対策

限られた空間のなかで有効活用できるロフト。 その活用方法は実にさまざまです。 しかし...

スポンサーリンク

窓の防寒対策にはニトリのグッズがおすすめ

窓ガラスの冷えは部屋の寒さの原因だけでなく、結露の原因にもなります。

結露は窓周りにカビが生えてしまうことにも繋がります。

窓周りのパッキンに一度でもカビが生えてしまうと、なかなかきれいにすることはできません。

お持ちの物件に、不動産業者が内見者を連れてきてくれても、カビだらけの窓では印象が悪くなってしまいます。

オーナーとして、物件の価値を守るためにも窓の断熱をしっかりしてカビはできるだけ阻止したいですね。

窓の断熱というと、どのようなものを想像しますか?

窓用の断熱スプレーや断熱コーティング、断熱シートや断熱フィルム、厚手のカーテンなどでしょうか。

見た目を気にしなくて良いのなら、窓に気泡緩衝材(プチプチ)を貼り付けたり、窓にボードやアルミシートを立てかけたりする方法もあります。

他にも、費用を考えなければ断熱ガラスや複層ガラス、遮熱ガラスもありますね。

しかし、窓の断熱が大事なことだとわかってはいても、費用面が気になるというオーナーの事情もあります。

そこで検討したいのが、窓の防寒対策にニトリの商品を使うことです。

ニトリの防寒商品を使うことで、費用を抑えて簡単に窓の防寒をすることができるのです。

窓の防寒対策はニトリで①リフォーム

賃貸物件のオーナーに窓の防寒対策用にニトリの商品をお勧めするのは、値段が安い、一つの店舗でたくさんの商品が置いてあるということだけではありません。

ニトリなら、簡単に窓リフォームができるからです。

一般的な大幅なリフォームは、費用も期間も手間もかかってしまいます。

その点、ニトリのリフォームの場合には既存の窓に内窓を追加するだけなので、簡単なリフォームで済みます。

しかも、追加する内窓は樹脂製ですので結露の心配がぐっと減ります。

【ニトリの断熱リフォーム】

・単板ガラス(税別14,191円から)
・複層ガラス(税別18,000円から)
・Low-Eガラス(税別20,858円から)

サイズは上記3種類とも800×500mm、1400×1000mm、1800×2000mmが用意されています。

色も5色(ナチュラルバーチ、イエローマーブル、ダーク、ホワイト、グレー)ありますから、既存の雰囲気に合わせやすいですね。

蛇足ですが、ニトリの内窓は防音にも効果があるそうです。

80dbの騒音が半分の40dbになるそうですから、交通量の多い地域の物件にお勧めです。

窓の防寒対策はニトリで②断熱パネル

窓の防寒はリフォーム以外の手軽な方法で検討したいというオーナーには、断熱グッズがあります。

非常にたくさんの種類がある窓の防寒対策ですが、ニトリでは安い値段でいろいろと揃えられるので便利です。

では、窓の防寒に使えるニトリの商品についてご案内します。

ニトリでは、結露水を吸い取る機能もある断熱パネルが売られています。

暖冷パネルという商品です。

窓ガラスの冷えが結露の原因になると先ほどお話ししましたが、結露水を吸い取ってくれる機能があるのは助かりますね。

ちなみに、こちらの商品は吸放湿繊維を使用しているそうです。

サイズは幅29×奥行29センチの3枚セットで、値段が税別555円です。

小さなサイズなのですが、抗菌・防カビ効果があるだけではなく、なんどアンモニア消臭もしてくれるそうです。

接着剤を使わない商品で何回でも貼り直せます。

結露しやすい時期に、重宝しますね。

窓の防寒対策はニトリで③断熱シート

ニトリでは、オールシーズンで使える断熱シートも売っています。

この断熱シートで「夏は涼しく冬は暖かい」部屋を用意できますので、不動産業者にも自信をもって伝えられますね。

光熱費は入居者も興味がありますので、冷暖房費が節約できる賃貸物件を目指すのはいかがでしょう。

凹凸のあるガラスや複層ガラス、合わせガラスには向いていないのですがその他の一般的なガラスであれば使用できます。

サイズは巾180×奥行90センチで、柄が2種類あります。

【ニトリの断熱シート】

・レース柄のマドピタスリガラス断熱シート(税別1,380円)

・ネコ柄のマドピタ断熱シート(税別1,195円)

上記2商品とも、全面が接着するタイプのシートで、軽い素材なので女性オーナーにもお勧めです。

三層構造で夏は涼しく、冬は暖かくガラス表面の冷えを防止して結露が発生しにくいというのも高ポイントです。

窓の防寒対策に使えるニトリの商品は、一度店頭で確認する価値があります。

窓の防寒対策はニトリで④厚手のカーテン

オーナーによっては、家具やカーテン付きのお部屋を貸している場合もあります。

実は、室内の暖かさの約50パーセントが窓から逃げていくと言われていますが、それをカーテンで軽減できます。

窓の防寒にはニトリのシートやパネル以外にも、カーテンが使えます。

カーテン付きのお部屋のオーナーは、ぜひ検討してみてください。

窓をカーテンで遮熱すると、冷暖房の効率が上がります。

入居者にとっては、断熱効果の良いお部屋は冷暖房の効率が良いので暮らしやすい物件です。

一方で、建物を長持ちさせる要素の一つに「保温性」があります。

建物にとっては、温度の急激な変化は劣化を早める原因にもなってしまいます。

保温性を簡単に手早く向上させる方法の一つがカーテンの使用です。

窓の防寒グッズを数多く扱っているニトリには、遮熱・保温効果をうりにしたカーテンが種類豊富にあります

【ニトリの防寒に使えるカーテン】

・遮光1級・遮熱カーテン(税別1,621~5,547円)
・裏地付き遮熱カーテン(税別2,547~7,399円)
・遮光1級・遮熱・防炎カーテン(税別1,621~5,547円)
・遮光1級・遮熱・防炎カーテン(税別2,084~9,250円)

素材やサイズによって値段は違いますから、見積もりを取ることをお勧めします。

生地自体がコーティングされていたり、特殊な繊維を使っていたりするものもあります。

窓の防寒対策はニトリで⑤レースのカーテン

窓の防寒にニトリの厚手のカーテンをしたら、良い機会ですからレースのカーテンも防寒に良いものを検討してはいかがでしょう。

ニトリには防寒に良いレースのカーテンもあります。

窓から暖気が逃げるのは夜だけではありません。

厚手のカーテンを開けている昼間は、防寒できるレースカーテンを使い、窓から暖気が逃げるのを防ぎましょう。

【ニトリの防寒に使えるレースカーテン】

・エコナチュレ
・エコオアシス

ニトリが帝人と共同開発した遮熱カーテンです。

高機能なカーテンで、柄も何種類もあります。

熱と紫外線と人の視線はカットしてくれますが、光や明るさは通すのですから優れものですね。

特に断熱効果率は一般的なレースのカーテンと比べて約13パーセントも良いそうですよ。

また、この遮熱カーテンは洗濯しても機能性が変わらないそうです。

カーテンは頻繁に買い替えるものではありません。

カーテン付きの物件を貸している場合は、カーテンの性能をよく検討してから買いたいですね。

窓の防寒はニトリで一式手配できる

窓の防寒にはいろいろな種類があることをご案内しました。

地域によってはしっかりとした防寒対策が必要ですが、簡単な防寒対策で済む地域もあります。

大がかりなリフォーム工事をしなくても、窓の防寒はできます。

簡単な防寒グッズでも、十分に効果を感じることもありますよね。

地域性を考えて、一度オーナー自ら窓の防寒グッズを見にニトリに足を向けてはいかがでしょうか。

何か気になるものが見つかるかもしれませんよ。

 - 住まい, 快適, 経営