ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

窓からの転落防止に自分で取り付けられるお勧めDIYグッズ!

2018.12.14

小さい子どもがいると、窓からの転落事故は怖いですね。

特に団地やアパート、マンションの上階の部屋の場合は、転落防止のための対策が必要になります。

しかし、賃貸のアパートやマンションは勝手に窓部分を改築することができません。

たとえ自分の家でも、改築をするのは大変ですね。

そんな時に、簡単に自分で取り付けられる転落防止商品があったらとても便利です。

今回は窓やベランダからの転倒防止用のDIY商品をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートの1階で女性が暮らすのはダメ?知っておくべきこと

アパートでは、1階よりも階上の方が多くの人に人気があります。 そのため、気に入った物件はあった...

家賃と管理費・共益費の違いとは?仕訳はどうなるか?

家賃については理解していても、管理費と共益費の違いについては知らない人もいるのではないでしょうか。...

ロフト部分が暑いときや下のフロアが寒いときなどの温度対策

限られた空間のなかで有効活用できるロフト。 その活用方法は実にさまざまです。 しかし、ロフト...

二重窓をDIY!内窓とレールはプラスチック素材を用いて節約

気温の低い日に窓の近くにいくと、冷気を感じることはありませんか? このとき「窓は閉め切っている...

アパートの部屋番号のつけ方には一定のルールはあるのか?

アパートの住所は、同じアパートであれば番地まではみんな同じですね。 1階の部屋と2階の部屋の違...

木造メゾネットアパートは要注意!騒音トラブルになることも

賃貸アパートには、メゾネットタイプのアパートもあります。 アパートではあるのですが、一戸建ての...

アパートの電気代の平均額は!?電気代が安くなる余地アリ!

電気代の平均額はご存知ですか? 同じアパートに住んでいても、建築の構造であったり、生活スタイル...

アパートの室内に洗濯機置き場がない!そんな時はどうする?

築年数が古いアパートや、土地が狭い都内では、ベランダや室内にさえ洗濯機置き場がない賃貸部屋があり...

こだわりのアパートインテリアをブログに!注意点と危険性

部屋がきれいじゃないとお客さんも呼びにくいですが、きれいに保つのも難しいですよね。 ブログやイ...

アパートでBS・CSが映らない!?原因と対処方法をご紹介!

BS・CSは地デジでは視聴できないチャンネルが豊富なため、人気が高いですよね。 しかし、アパー...

今更聞けない!1kとは一体いくら?1kはお金だけじゃない?

最近、SNSやネットの掲示板でよく目にする「1k」という表記。 「今日は株で30k回収成功!」...

賃貸の窓のゴムパッキンが劣化!交換費用は誰が負担するの?

日頃の掃除でも、年末の大掃除でも見落としがちなのが、窓のゴムパッキンではないでしょうか。 窓の...

アパートの名前で入居率が変わる!?決め方のポイント

アパート経営するにあたり、重要視すべきところはたくさんあるかと思いますが、なかなか名前については重要...

窓についた両面テープ!ガラスを傷つけない剥がし方はある?

小さいお子さまがいるご家庭ですと、ふと見たら「窓に両面テープがついている!」といった経験をした方...

アパートの足音トラブル!管理会社ができる防音対策とは?

アパートの上階の足音は下階の住人を悩ませますが、管理会社にとっても頭が痛い問題です。 なぜなら、上...

スポンサーリンク

子どもを事故から守る!窓に付ける転落防止DIY商品

子どもがマンションや団地の窓やベランダ、階段から転落をして大けがをしたり、命を落としたというニュースが流れることがあります。

子育てをしたことのある人なら、一度は子どもの行動でドキッとするような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

中には、「母親がベランダで洗濯を干しているときに、室内にいる子どもが親にかまってほしいがために網戸をどんどんと叩いて、網戸がはずれて一緒にベランダに倒れた」という事例もあります。

そんな家庭で、少しでも安心して生活をするために、窓やベランダ、階段からの転落防止の商品が作られています。

家の窓からの転落防止のために、窓枠に取り付けるものでは「アルミ面格子」という柵があります。

木造住宅の窓枠に、取り付け金具で取り付けることができます。

金具で窓枠や柱に取り付けるため、壁や柱に金具の傷が残ります。

こちらは、賃貸のアパートやマンションでは使いにくいDIY商品になります。

しかし、転落防止だけでなく、防犯の効果もありますので、賃貸でも場合によっては利用されている方もいます。

金具の傷は退去の時に原状回復でお金を取られるかもしれませんが、それよりも命の方が大切です。

もちろん、自身の持ち家ならこういった商品を窓に取り付けていると、子どもが簡単に窓を乗り越えることができないのでとても安心です。

小さい子どもがいる家庭には、ぜひつけてほしいDIY商品です。

内側から取り付けるものと外側に取り付けるものがあり、価格はDIY商品とはいえ20,000円以上するものが多く、中には80,000円以上するものもあり、少々高価な商品でもあります。

ベランダの窓の転落防止にDIYを

団地やマンション、アパートの窓からの子どもの転落で一番多いのは、ベランダの柵の隙間から身体が出てしまうことです。

最近は、大人の胸くらいの高さまでコンクリートの塀になっていて、柵ではない部屋も増えています。

しかし、アパートでは今でもスチールの柵になっている建物もたくさんあります。

特に、2階建てくらいのアパートなら、ベランダの手すりがスチールの柵だけ、一部だけが目隠しのパネルになっていて両サイドが柵という建物もあります。

隙間の幅は大人が考えても通ることができない狭さですが、小さい子どもの頭がそこを抜けてしまうと、そのまま全身が外側に出て、下に転落してしまうことがあります。

ベランダの柵が細かい網目になっていて、隙間から外に出ることができないタイプもありますが、それでも危険はあります。

隙間から子どもの身体が出ることはありませんが、柵の上から乗り超えて、下へ転落してしまうという危険もあります。

そのため、小さい子どもを育てている場合、ベランダには足場になるようなものを置かないよう注意が必要です。

「足場になるものなんてない」と思っていても、エアコンの室外機を指摘されることもあります。

ベランダに置いてある植木鉢や洗濯物を干すときの、洗濯ばさみなどをストックするケースなども危険と言われます。

そこで、窓からの転落防止のために、小さい子どもを持つ家庭にお勧めな簡単にベランダの柵の外に出られないようにできるDIYグッズがあります。

一つは、窓の時にご紹介したラティスタイプの枠、アルミ材で格子タイプの枠をベランダの内側に取り付ける方法です。

もう一つは、転落防止用のネットを内側に取り付ける方法です。

子供が手すりを乗り越えてしまわないために!転落防止ネット

転落防止用ネットは鍵フックのようなもので、簡単にベランダの手すりに取り付けることができます。

ベランダの柵だけでなく、階段の手すりの隙間からの転落防止効果もあります。

転落防止ネットは、ベランダの手すりが網目のように細かいものでも、上から乗り越えられないように、手すりとベランダの屋根部分に取り付けて使うこともできます。

手すりの隙間から出られないくらい成長した2、3歳児になると窓を簡単に開け、ベランダにおいてある道具を使って手すりを乗り越えて転落をすることがあります。

もちろん好奇心から来るものですが、子どもの場合は身体の中で頭の重量が重く、ほんのちょっとバランスを崩しただけで、頭から転落をしてしまうことがあります。

そのため、ベランダの柵を乗り越えても危険がないように取り付けます。

鍵フックでベランダの上の部分とベランダの柵部分、または柵の隙間部分に取り付けます。

転落防止ネットは4,000円くらいから10,000円くらいですが、ベランダのほかに階段の手すりなどにもつけることができます。

DIYが苦手な人でも簡単に取り付けられるものもあります。

部屋の中の色々なところで利用できますので、一つあると便利かもしれません。

白い転落防止のDIYグッズで窓をおしゃれに

転落防止のDIYグッズの中には、アルミ材を用いていながら、見た目がおしゃれな白い室内格子もあります。

同じアルミ材でも、無骨な金属の色ではないため、アパートや木造住宅、マンションの一室に取り付けても違和感がありません。

普通のアルミ格子と同じような枠付け縦格子のものもありますが、クロスタイプ、井桁タイプもあり、部屋に合わせて選ぶことが出来ます。

取り付けも、しっかりと金具で固定するものが多いです。

窓枠にねじ回しで固定するため、人の力ではしっかりと取り付けづらい、ということで電動ドライバーを必要とする場合もあります。

業者にお願いせずに、色々自分で安全面の改築を考えるなら、DIYグッズの一つに電動ドライバーがあると便利です。

電動ドライバーを使えば、しっかりと固定もできますので安心です。

また、そこまでしっかりと止めたくない、賃貸でも部屋に傷をつけずに使えるものが欲しい、という人のためには、突っ張りタイプの転落防止用の柵もあります。

金具で取り付けるタイプが20,000円前後に対して、価格も5,000円前後と比較的リーズナブルです。

突っ張りタイプでもしっかりと固定はしますので、乳幼児の体重なら寄りかかっても簡単に外れることはありませんが、ちょっと大きな子供や2、3歳児が数人で上にぶら下がったりすると、外れることもあります。

あくまでも、窓の外に出ないための措置と考えて利用しましょう。

DIY好きにお勧めの窓転落防止グッズ

アルミ材のステンレスの格子は不格好で嫌、という人のためには木材でできたラティスという柵もあります。

ラティスは、木片がクロスしているものと、ルーバー窓のようなものがあります。

木材がクロスしている転落防止用のラティスは、見た目もおしゃれで白や白木、木目タイプと製造販売しているメーカーによって色々あります。

ルーパー窓のタイプなら見た目もオシャレで、取り付けると南欧の窓のようになります。

外側からの覗き防止効果もあり、小さい子どもの転落防止だけでなく、若い女性が住んでいる部屋でも安心です。

ラティスは、元々ガーデニングで使われるために販売されているものがほとんどです。

そのため、ガーデニングのDIYグッズの売り場に置いてあることが多いでしょう。

購入する前には、窓の幅をしっかりと測ってから購入するようにしてくださいね。

取り付け金具が入っていないこともあるため、どうやって取り付けるかを自分で考えて作ること場合もあります。

しかし、しっかりと窓の角を合わせると、既製の転落防止用の窓枠よりもすっきり仕上がります。

ラティスだけでは2,000円くらいから購入することができます。

金具を購入しても、一つの窓に5,000円以下で取り付けることが出来ます。

DIYが好き、得意という人にはお勧めの転落防止グッズです。

転落防止用DIYグッズは人だけでなく物の転落防止にもなる!

小さい子どもがいなくても、ベランダから物を落としてしまったり、窓から物を落としてしまうことはありますね。

特に高層のマンションは、ベランダにあるちょっとした植木鉢一つでも危険と聞いたことはありませんか。

大掃除のときに、ちょっとベランダにおいておいたものが風で階下に落ちてしまった、という経験がある方も中にはいるかもしれませんね。

人だけでなく、物の転落を防止するためにも、転落防止用のネットや柵は役に立ちますね。

また、アルミの窓枠にもありましたが、空巣の抑止力にもなり防犯効果もあるかもしれません。

特に、目のつまった窓枠は女性の一人暮らしの「のぞき」防止になるものもあります。

高齢者がいる家庭でも、窓の転落防止グッズは役に立つことがあります。

私たちは、つい小さな子どものために、窓からの転落防止グッズと考えてしまいますが、転落防止のグッズは色々な使い道がありますね。

ホームセンターに行ってみると、DIYが得意な人も、苦手な人でも取り付けることができる様々な製品があります。

プロ仕様のものから、素人でも簡単に利用できるものまで様々です。

ぜひ、住んでいる家や生活様式にあった転落防止グッズを見つけて、DIYでおしゃれで安全な家のリフォームをしてみましょう。

窓からの転落防止策はDIYで簡単にできる!

最近では、窓やベランダからの転落防止グッズはもちろん、防犯グッズなどの商品も豊富にあります。

DIYが苦手でも簡単にできるものはたくさんあるので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

もし、どうしても難しい場合は、取り付け方の相談に乗ってくれるホームセンターもあります。

小さい子どもだけでなく、家族全員の命や安全を守るために、窓やベランダからの転落防止グッズを見つけてみましょう。

 - アパート