ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

賃貸は凍えるほど寒い?窓の冷気にはカーテンで対抗しよう

2018.12.11

入居者の間でささやかれている「冬場の賃貸の部屋は凍えるほど寒い!」という言葉をオーナーさんは聞いたことがありませんか?

凍えるほど寒いというのはオーバーな気もしますが、「賃貸は寒い」というのは本当なのでしょうか。

そもそも、冬は寒くて当たり前なのですが、苦情を言いたくなるほどの寒さなら対策が必要です。

オーナーさんとして、少しでも快適な物件を貸し出せるように窓の冷気をカーテンなどでシャットアウトできれば問題解決できますね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

賃貸アパートを経営したい!建物を建てる費用はどのくらい?

アパートなどの経営で家賃収入を望んでいるのであれば、まず建物自体が必要です。 土地は所有しているの...

アパートのドアにある郵便受けにトラブルがつきものな理由

賃貸経営には思いがけないトラブルが発生します。 アパートのドアの郵便受けに溜まっていく郵便物、散ら...

会社役員として働くメリットと使用人兼務役員制度について

社員として働いている会社で、「役員にならないか?」と声を掛けられたら、誰でも戸惑いますよね。 その...

工事現場の看板にある建築主の名前は必ず書くべきなのか?

近所の空き地に家を建てている場合など、工事現場の道沿いに看板が掲げてあるのをご存知でしょうか。 そ...

【アパート経営】エアコン等・設備の修理代は絶対貸主負担?

アパート経営を始めてまもない新米オーナーさんにとって、高額な設備の修理代や交換費用などの出費は悩まし...

地絡と漏電の違いって何?火災保険で補償はされるの?

アパートなどは、貸主にとっては大事な資産ですよね。 そんな大事な資産が、不運なことによって、火災に...

家屋の評価額はいくら?築年数によってどのくらい変わるの?

家屋の評価額というと、思い浮かぶのは売却査定や固定資産税ではないでしょうか。 売買経験のある方なら...

関東は面積に関係なく地価ランキング上位ほど人が集まる

関東と言えば、日本の中心というイメージです。 政治、経済、情報が多く集まっており、面積の割には...

雷が落ちたら家はどうなる?知っているようで知らない雷対策

ゴロゴロと轟音を轟かせる雷。 雷の音や光が苦手という人は、少なくありません。 しかし、本当に怖い...

アパートのキッチンに収納を増やす方法をご紹介!

1Kのアパートの場合、キッチンが狭く収納が大変なこともあります。 アパートに住んだことのある人...

簿記の基本を学ぶ~「現金」と「当座預金」の違いとは~

企業では日々取引が行われています。 今回は、企業会計の基本である簿記の全体像についてご説明します...

家賃滞納による強制退去について!滞納が何ヶ月も続く場合は

家賃滞納者がいると、その分家賃収入が減ってしまうことになります。 家賃滞納をする人は、様々な理由が...

簿記で使用する現金過不足勘定は精算表でどう処理するべきか

お店や会社では、日々現金が動いており、それを経理担当者などが管理しています。 しかし、何かの加減...

知ってた?アパート清掃のバイトにはこんなメリットがある!

「アパートの清掃のバイトに興味はあるけど未経験で心配…。」という方は少なくないでしょう。 対面...

地目が「山林」や「田」の土地に建物を建築することは可能?

家やアパートを建築しようと土地を探しているとき、その土地の地目が「山林」や「田」である場合があり...

スポンサーリンク

冬の賃貸が寒いと言われる理由

室内の暖かい空気は、窓やドア、床や外壁などを通じて外に逃げていくと言われています。

暖かい空気が逃げた部屋に冷たい空気が入り込むと、室温が下がっていくのは当然ですね。

では、冬の賃貸物件が寒いと言われる理由を掘り下げてみましょう。

【冬の賃貸が寒い理由】

①断熱材の問題

例えば、全ての賃貸物件というわけではありませんが、一般的に賃貸物件の断熱材は不十分と言われています。

断熱材が不十分というのは、量の問題、質の問題、施行レベルの問題があります。

また、築年数が経っていればいるほど断熱材が劣化して本来の機能を発揮できていないこともあります。

②窓の問題

窓からは部屋の暖かい空気の約半分が逃げていくと言われています。

ガラスは熱を伝えやすい性質を持っていますから、ガラスから室内の暖かい空気がどんどん逃げていってしまいます。

また、窓からの冷気には、カーテンで対応できます。

③玄関ドアの問題

真冬に玄関のドアを室内側から触ってみてください。

びっくりするほど、冷たくなっていませんか。

寒冷地にはその地域に合わせて断熱仕様の玄関ドアがありますが、一般的な地域の場合にはそこまで玄関ドアにこだわっていないケースがほとんどです。

④気密性の問題

気密性というのは、かなり大雑把に言うと室内と室外の空気の出入りがしにくい性質のことで、隙間があるかないかとイメージしても良いですね。

この気密性を良くすると、真冬の寒さも軽減されると言われています。

窓の冷気対策にはたくさんの方法がある

入居者の立場からすると、なかなかオーナーさんに「寒い」などの言葉を言い出しにくい場合もあります。

特に管理会社が管理している物件ではなく、オーナーさんが直接管理している物件の場合などです。

入居者が本当に困って相談したいと思っていたとしても、オーナーさんにクレームと受け取られたら、住みにくくなってしまうのではないかと考えるからです。

そのような場合には、オーナーさんから窓の冷気対策にカーテンが有効であることをさりげなく教えてあげるのも親切ですね。

窓からの冷気にカーテンで対応するといっても、実はたくさんの方法があります。

近年、カーテンには非常に多くの種類があります。

高機能なカーテンがたくさんあり、防寒や断熱、等級も値段もさまざまなものが揃っていますよね。

窓や窓枠のリフォームと違って、カーテンなら入居者が自由にデザインを選べます。

カーテンそのものを高機能なものにするのも一つの選択肢ですが、カーテンの使い方や枚数も検討項目に入ります。

それから、カーテン自体ではなく、カーテンボックスを導入する方法もありますよ。

窓の冷気はカーテンで防ごう①カーテンの選び方

賃貸の冬の寒さを軽減する為に、窓の冷気対策としてカーテンの選び方から検討してみましょう。

入居者からの「真冬に寒すぎる」とクレームを聞いたオーナーさんは必読ですよ。

【遮熱と断熱の違い】

まず、機能性のカーテンとしてよく名前が挙がるのが、遮熱カーテンと断熱カーテンです。

この二つの違いを知るところから始めましょう。

遮熱というのは、太陽の熱さを反射させるというものです。

遮熱カーテンは室内への直射日光を遮ってくれますから、夏の強烈な直射日光があたる部屋で使うと良いですね。

一方で、断熱というのは伝わる熱の量を小さくするというものです。

こちらは、夏に熱が入ることと、冬に外に暖かい空気が逃げることを防ぐものです。

冬の寒さを軽減させる目的で使う場合には、遮熱カーテンではなく、断熱カーテンを選んでください。

入居者のクレーム時には、オーナーさんは断熱カーテンをお勧めすると良いですね。

窓の冷気はカーテンで防ごう②カーテンの使い方

断熱効果の高いカーテンを選んだら、次に気を付けなければならないのが使い方です。

窓の冷気をカーテンで遮るためにはどのように使うのが効果的なのかをお話しします。

【断熱のためのカーテンの使い方】

①レースのカーテンだけではなく、必ず厚手のカーテンも使う。

断熱効果の高いカーテンはごわごわしているのですが、やはりレースのカーテンだけの場合と比べると窓の冷気をより遮ってくれるのは厚手のカーテンです。

レースと厚手で2枚のカーテンにすることでカーテン同士の間に空気の層を作れますから、防寒対策としてカーテンは2枚にしておきましょう。

できれば、厚手のカーテンだけ断熱機能のあるものにするのではなく、レースのカーテンも断熱機能のあるものにすると良いですね。

②カーテンは長めのサイズにする。

賃貸物件では既製品のカーテンをそのまま使う人も多いようですが、カーテンの長さは購入したお店で調整できます。

小さめのカーテンにしてしまうと、隙間から窓の冷気が室内に入ってきやすくなりますし、室内の暖かい空気も逃がしやすくなってしまいます。

窓の冷気はカーテンで防ごう③カーテンを追加する

窓の冷気をカーテンで軽減させるにはカーテンの枚数を追加するという手もあります。

【窓の防寒のための追加のカーテン】

①伸縮式ポールとビニールカーテンを使う。

レースのカーテンと窓の間に伸縮式ポールをセットして、そこに防寒用のビニールカーテンを使う方法です。

ビニールのカーテンは通気性がありませんし、レースのカーテンと窓の間に空気の層を追加できます。

冷たい空気をビニールカーテンで止めてしまう方法です。

②暖冷カーテンを使う

厚手のカーテンにフックで取り付けて使うカーテンです。

通常のカーテンよりも裾が長く作られていて、カーテンの裾のドレープの隙間から冷たい空気が入ってくるのを防ぎます。

他の防寒方法と併用すると良さそうですね。

窓の冷気対策にカーテンボックスを使おう!

窓の冷気を防ぐための断熱カーテンを使うだけでは、どうしてもカーテンレールとカーテンの間に隙間ができてしまいます。

しかし、暖かい空気は高いところにいきますから、このわずかな隙間からも部屋の暖かい空気は逃げていってしまいます。

カーテンボックスが付いていれば大丈夫ですが、賃貸でカーテンボックスがついている物件はあまりないですよね。

このカーテンボックスですが、おしゃれなイメージもありますが断熱にも効果があります。

木製などのカーテンボックスでは費用もそれなりにかかってしまいますが、布素材のカーテンボックス風のカバーなら費用を最小限に抑えて、カーテンレールから暖かい空気が逃げていくことを防げますね。

布製のカーテンボックス風のカバーなら洗濯もできますし、何よりも工事が不要で簡単に使えます。

デザインもいろいろなものがありますから、入居者が好みのものを選ぶ楽しさもありますね。

窓の冷気対策はカーテンとカーテン周りで解決できる!

窓から入ってくる冷気と、出て行ってしまう暖かい空気はカーテンとその周囲に気を配るとかなり改善されます。

大がかりなリフォームをしなくてもカーテンやその周囲のものの防寒対策を組み合わせると、効果が上がります。

入居者からの「寒い」の一言に、オーナーとしてカーテン関連の助言をしてはいかがでしょうか。

きっと、入居者も自分で手軽に防寒対策ができることを分かってくれると思いますよ。

窓の冷気はカーテンで思いのままに改善しましょう。

 - 経営