ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

アパートのロフトに布団を敷いて寝室として使うのはアリ?

2018.10.21

ロフト付きの間取りは、1人暮らし用のアパートでも見かけることが増えつつあります。

さほど広さもないことから、物置として使ったり、布団を敷いてベッドのように使うという話をよく聞きます。

果たして、アパートのロフトに布団を敷いてベッドとして使うのはアリなのでしょうか。

ここではロフトに布団を敷く場合に気を付けたいことや、ロフトの活用法についてお話します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

部屋に蜘蛛が!白い蜘蛛は有害?無害?

「部屋の掃除をしていたら白い蜘蛛を見つけて思わず駆除してしまった!」という人も少なくないでしょう。 ...

アパートの外壁に地震などでヒビが入ったらどうする?

日本は地震が多い国ですから、建物も地震による影響を免れることはできません。 大きな地震が起きた後、...

窓からの冷気をシャットアウト!ダンボールで節約防寒対策!

寒い時期には窓を閉めていても、室内は冷気で満ちてしまいます。 その原因の多くが窓になりますので...

アパート暮らしでお風呂の時間は何時まで?もし苦情が来たら

壁が薄いアパートだと、シャワーを浴びている音がはっきりと隣や階下に聞こえてしまうことがあります。 ...

よく聞くアパート経営の利回り、新築では平均どのくらいか?

年金の破綻の懸念や、政府の推し進める働き方改革などの影響で、個人投資が今注目を浴びています。 中で...

アパートなどの賃貸生活を守る火災保険と更新が大切な理由

アパートやマンションなどに住んでいる方なら火災保険(家財保険)に入っている方はほとんどでしょう。 ...

契約書に書いてある敷金償却って何?賃貸用語の意味を知ろう

アパートなどを借りるときは、賃貸契約書を交わします。 契約書のなかには、専門用語がズラリ。 ...

木造メゾネットアパートは要注意!騒音トラブルになることも

賃貸アパートには、メゾネットタイプのアパートもあります。 アパートではあるのですが、一戸建ての...

ロフト部分が暑いときや下のフロアが寒いときなどの温度対策

限られた空間のなかで有効活用できるロフト。 その活用方法は実にさまざまです。 しかし、ロフト...

木造メゾネット住宅で注意すべき騒音!子育て世帯は不向き?

賃貸物件の中に、「メゾネット」というタイプの住宅があります。 メゾネット住宅はその多くが木造や...

管理会社に対するクレームの言い方

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合、入居した部屋の設備不良や、他の入居者とのトラ...

なかなか厄介!アパートの契約更新時の保証人の取り扱い

近年、家賃滞納のリスクが多いことからアパート契約時の審査が厳しくなっています。 中でも最も厄介なの...

窓にできる寒さ対策!プチプチなどの100均アイテムで試そう

賃貸アパートに住みはじめて、はじめての冬。 外出から帰ってくると、室内はすっかり冷えていて、暖...

敷金が返金される期限の決まりとは?

賃貸を借りるときに初期費用として発生する敷金。 退去の際に返金されるお金ですが、大家さんが返し...

殺風景な窓や壁をDIYでおしゃれに!今すぐトライ!簡単DIY術

賃貸物件にお住まいであれば、いわゆるデザイナーズ物件でもない限り、窓や壁は殺風景であることがほと...

スポンサーリンク

アパートのロフトに布団を敷くメリット

1人暮らし用のロフト付きアパートに住むにあたり、布団をロフトに敷いて、寝室として活用するメリットとはなんでしょうか。

メインの居住スペースを有効に使えるのが、ロフトを寝室にする一番のメリットと言えます。

1人暮らし用のアパートは、ワンルームや1Kといった間取りが多く見られます。

ベッドを置くには、シングルサイズであってもそれなりの広さが必要です。

1つの部屋の中に、ベッドがあるのとないのとでは、活用できるスペースの広さが大きく変わります。

部屋に置くものの中で、最も生活感が出てしまうベッドを居住スペースに置かないことで、広いスペースを自分好みのレイアウトにしやすくなります。

「オシャレな部屋にしたいのにベッドが邪魔」なんてことにもなりません。

人を招きやすくなるという点においても、ロフトを寝室にするのはメリットと言えるでしょう。

寝室は特にプライベートな空間であり、できることなら見せたくない場所の一つでもあります。

ロフトを寝室にすることで、人を招く空間にベッドを置かずに済み、生活感を排除することができます。

遊びに来た友達に、ベッドに座られて嫌な思いをすることもありません。

アパートのロフトに布団を敷くデメリット

ロフトに布団を敷いて寝室として使うことは、メリットばかりではありません。

先ずはロフト付きアパートならではの天井の高さの問題があります。

ロフト付き物件の天井は、通常の部屋よりも高くなっています。

しかしハシゴや階段でロフトに上がってしまえば、必然的に天井に近い場所に上がるようになるため、ロフトで過ごす場合は天井が低くなるわけです。

そのため、ロフトから天井までの高さが特に低い物件で、さらに背が高い人の場合、朝起きた時に天井に頭をぶつけてしまう可能性があり、使い辛くなります。

また、天井が高いことは、室内の冷暖房の効果にも影響を与えます。

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まりやすいことはご存知の方も多いのではないでしょうか。

夏場、エアコンで部屋を涼しくしようとしても、ロフトのある高い位置には冷たい空気が届きにくいです。

更にアパートの最上階に住んでいると、屋根に近くなることから、下の居住スペースと比べて、ロフトの温度はかなり高くなります。

ロフトを寝室として使う時に気を付けたいポイント

アパートのロフトに布団を敷いて寝室として使う場合、布団を選ぶ際に気を付けたいポイントがあります。

ロフトは、登り降りするときに、階段やハシゴを使用します。

つまり布団を干す度に、布団を持って階段やハシゴを登り降りしなければいけないことになるのです。

布団はなるべく軽い、持ち運びしやすいものを選ぶのが得策です。

また敷布団に関しては、ダニやカビ対策がされている、干さなくて良い商品が販売されています。

ロフトに布団を敷くと、干すのが億劫になるという話は良く聞きますので、初めから干さなくて良いものを選んでおくと安心です。

ロフトを寝室として使う上で、布団選びと同時に気を付けたいのが、掃除方法です。

ロフトはホコリが溜まっても、天井の高さが低いため、通常の掃除機を使用して掃除を行うのは難しいです。

マメに粘着タイプの掃除用品でホコリを取るか、コンパクトタイプの掃除機を用意しておくと便利です。

布団を敷く以外にもある!アパートのロフト活用法

ロフトに布団を敷いて寝室として使う以外にロフトの活用法として多いのは、収納スペースとして使う方法です。

メインの居住スペースから見えにくいロフトだからこそ、使わないものや、シーズン外の衣類を収納するにはうってつけの場所になります。

先にもお話したように、階段やハシゴを使っての登り降りをしなければいけないので、極端に重いものや、頻繁に使用するものを収納するのには向きません。

衣装ケースなど収納家具を置いて使用する場合には、掃除がし易いようキャスター付きのものを設置すると便利です。

メインの居住スペースではないロフトは、収納スペースとして利用する他にも

・秘密基地感覚で趣味の部屋として利用する

・洗濯物を干す場所として利用する

・気分転換の場所として利用する

など、自分流にさまざまな使い方ができます。

ロフト付きアパートに住むなら、アイデアを活かしてロフトを有効に使いましょう。

ロフト付きアパートに住むなら気を付けたい騒音トラブル

賃貸アパートにおいて起きやすい騒音トラブルですが、実はロフト付きアパートに住むのであれば特に気を付ける必要があります。

集合住宅において、音は左右の部屋だけでなく、上下の部屋にも響きます。

通常の居住スペースに比べて天井に近い位置にあるロフトは、上の階の音が聞こえてくる可能性が高くなります。

ロフトに布団を敷いて寝室として使用する場合、階下の部屋に住んでいると、上からの生活音が気になって寝られない、といったことも起こり得ます。

また、自身が出す音も上の階の入居者に聞こえやすくなります。

ロフトを趣味の部屋として使用する場合、趣味の種類によっては、上の階に音が響いてトラブルになってしまうこともあるので注意が必要です。

物件の構造や、自身の部屋が1階なのか、2階以上なのかにもよりますが、一般的な間取りのアパートよりは騒音が気になる場合が多いことを覚えておきましょう。

学生がロフトを寝室にすると意外なメリットがある?!

メリットもあればデメリットもあるロフト付き物件ですが、学生が住む上で実は意外なメリットをもたらしてくれます。

アパートを借りて一人暮らしをする学生がワンルームの部屋に住むと、寝室と勉強する部屋が一緒の部屋になるため、生活にメリハリをつけにくくなります。

勉強をしなければいけないのに、ついついベッドに横になってしまいそのまま寝てしまう、なんていうことも起こり得るのです。

「寝るときはロフトに上がって布団で寝て、起きたら下の居住スペースで勉強をする」という、きちんとした生活リズムを作ることができるのは、学生にとって大きなメリットです。

また、寝坊や二度寝を防ぐためにも、ロフトを寝室として使用することは適しています。

敢えて下の居住スペースに目覚まし時計を置いてセットしておくと、わざわざ下に降りなければ止められません。

止めた後、二度寝しようと思えば、またわざわざロフトに上がらないといけません。

これにより、ロフトを寝室にすることは、朝寝坊や二度寝で学校に遅れてしまうのを予防できる可能性が高いというメリットとなるわけです。

ロフトのデメリットを対策して快適空間にしよう!

ロフトに布団を敷いて寝室として使うことは、デメリットもありますが、小型扇風機やハンディータイプの掃除機を準備しておけば、一般的なデメリットを感じずに過ごすことも可能です。

騒音も上の階を選ぶだけで、ある程度の対策はできます。

生活スペースを分けられるメリットを活かし、ロフトをあなただけの快適空間にしましょう。

 - アパート