金が出る自販機?!ドバイの治安とお金持ちが多い理由とは?

日本には、当たり前のように自販機があり、見かける自販機の色は赤や白の他にも、様々なデザインが存在しています。

一方で外国は、人口密度から自販機に需要がなかったり、治安の悪さ故に自販機をたくさん置くことができない国もあるでしょう。

しかし、アラブ首長国連邦の最大都市・ドバイに置かれている自販機で「金」が売られているのをご存知ですか?

今回は、「金」が売られている自販機についてや、ドバイやアラブ首長国連邦についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

株の取引きをエクセルで記録!記録から分析する取引き傾向

みなさんは、株の取引きを記録していますか?記録するのが面倒と思っているかたは、一度立ち止まっ...

人々を虜にしてきた金の歴史!発掘や生産量の多い国はどこ?

世界の政治や経済が不安定であるなか、金への投資に注目が集まっていますよね。今回は、そんな金の...

現役30代の私たち、老後の年金は毎月いくらもらえるの?

現在30代ぐらいのみなさんは、「年金」と言っても、ピンとこないという方が多いのではないでしょうか。...

資産運用には信託銀行と証券会社どちらが良い?その違いは?

資産運用を考えた場合、「信託銀行」と「証券会社」のどちらを利用したら良いのでしょうか?「どち...

不動産投資でのリスクを回避!あるいは軽減させるためには?

例えどんな場合であっても、リスクは回避したいものです。また、回避することができなかったとして...

ネットでよく見る1kっていくらのこと?どのように使うの?

インターネット上などで、『1k』といった文字が使われているところを見かけたことはありませんか?1...

ETF投資で資産を運用しよう!ブログから学ぶETFの魅力とは?

投資信託の一種でもあるETFは、分散投資として個人投資家から注目を集めており、実際に資産形成に成...

円安・円高が輸出や輸入に与える有利な点と不利な点

通貨の価値は、毎日変動しています。円安や円高などという言葉を聞いたことがありますよね。円安、...

家屋の固定資産税は必ず下がる?計算方法や税金対策をご紹介

税金のひとつに、「固定資産税」があります。家屋にも固定資産税が掛かることは、ご存知の方も多いです...

NISA口座を複数持つことはできるの?NISA口座の開設ルール!

2014年に始まったNISAは、テレビや広告などを通して広く知れ渡るようになりました。しかし...

株や不動産などで資産運用!ブログに運用結果を残す理由とは

今や、多くの人が株や債券、はたまた不動産などで資産を運用することが多い時代となりました。そし...

初めての株式投資!少額投資するにはブログを参考にしよう

これから株式投資を始めようとお考えの方の中で、まずは少額投資でトライしてみたいという方もいらっしゃる...

登録免許税が還付されるケースとは?司法書士に相談しよう!

不動産の所有権保存登記などをする際には、登録免許税を納めることが多いですね。このとき、司法書...

金投資を始めたい!金ETFと純金積立それぞれの特徴は?

投資の初心者にとって、いきなり株やFXに手を出すことはとても難しく、リスクの高いことです。ハ...

今さら聞けない!リートは投資として得なの?投資ブログ心得

リートとは、投資家から集めた資金を使って不動産を購入し、その不動産から得られた家賃収入や売却益を...

スポンサーリンク

日本の自販機は色々な場所に設置されている

日本では、街の至る所に自販機が設置されています。

飲み物の温度も、季節によって「温かい・冷たい」など需要によっても変わっています。

飲み物だけでなく、他にもこんな商品も自販機で購入することができます。

●ラーメン

インスタントラーメンの自販機で、自販機に取り付けられた給湯器のお湯を使って調理するものは「見たことがある」という人もいるでしょう。

それ以外にも、缶を開けたらすぐに食べることができる「ラーメン缶」という商品もあります。

●冷凍食品

冷凍食品の自販機ですが、自販機の中で温めてくれるので、すぐに食べられる状態になって商品が出てきます。
種類は、たこ焼き・焼きおにぎり・ホットドッグなどです。

高速道路のパーキングエリアや、ゲームセンターで販売されています。

一方、外国は、様々な問題から自販機を日本のようにたくさん置くことはありません。

しかし、たくさんある国の中でも、アラブ首長国連邦の都市・ドバイには「金」が販売されている面白い自販機があるのです。

一体それは、どのような自販機なのでしょうか?

ドバイにある「金」を販売する自販機とは?!

ドバイを含め、アラブ首長国連邦は世界中からたくさんの人々が集まり、交流が盛んにおこなわれています。

それと同時に、ビジネスのアイデアもたくさん生み出されており、「変わり種の自販機」もアイデアの一つです。

その中で最初にご紹介したいのものが、「金」を販売している「GOLD to go」という自販機です。

自販機のある場所は、ドバイのモール、Mall of the Emirates(モール・オブ・ザ・エミレーツ)の中にあるSki Dubai(スキー・ドバイ)という、屋内スキー場の入り口の近くです。

購入する際は、クレジットカードでも支払いができますが、自販機の隣にATMもあり、現金での支払いも可能です。

一口に「金」といっても、一体どのようなものが出てくるのでしょうか?

「金」が買える自販機はドバイモール以外にもあった!

「GOLD to go」という自販機で販売されている「金」は、プレートやコイン型の「金」、ペンダントのトップが販売されています。

一番安い価格の商品で一万円程度、一番高いもので十数万円以上するものもあります。

商品の価格がもう既に決められているものもあれば、その日によって、金のレートが計算され値段が決まる商品もあります。

ちなみに、先ほど紹介した、ドバイにあるMall of the Emirates以外にも、世界一高いとされている、Burj Khalifa(ブルジュ・ハリファ)に向かう時の入り口付近にも設置されています。

しかも、購入する自販機によって、オリジナルのデザインが施されたプレートが販売されています。

「金」を販売する自販機は、様々な国の人々の異文化交流のなかで、ビジネスイメージが飛び交った結果、でき上がったアイデアといえるでしょう。

「金」の自販機を設置できるほどドバイの治安はよいの?!

日本のテレビなどの報道を見ていると、ドバイは「中東=テロ=危険」というイメージを持たれる人もいるでしょう。

しかし、実際の所はどうなのかをお伝えしていきます。

まずは、ドバイのことを簡単にご説明します。

・国

アラブ首長国連邦(ドバイは都市名)

・天候

亜熱帯気候で、10月から4月は、50度以上になることもある。

一方、11月から3月は、10度から20度くらいの肌寒い冬期が訪れる。

・人口

2016年で250万人で、その内の80%が外国人である。

・言語

アラビア語、一部の人は英語も話せる。

・宗教

イスラム教

最初にお伝えしたいことは、ドバイの治安は「とてもよい」ということです。

ドバイへ旅行に行った人の中には「スマートフォンを落としたが返ってきた」「現金を置き忘れても手元へ戻ってきた」というお話もある程です。

他にも、タクシーにGPSが付けられているので、料金を誤魔化されることもありません。

それから、日本と同じように電車の時間が正確で、更に電車の揺れが少なく、車内がとても清潔です。

夜の外出も比較的安全で、日中は気温がとても高いため、日が暮れて涼しくなるにつれ、ドバイの街はどんどん活発になっていきます。

22時を過ぎても、営業しているお店はたくさんある程です。

ドバイが安全であるからこそ「金」を販売する自販機が置けるのも納得できます。

一方で気を付けたい所は、交通事故と露出度の高い服装です。

ドバイの街中の交通量はとても多く、また、運転が荒いので注意が必要です。

歩道がしっかりしておらず「歩いていていきなり歩道がなくなり、車道に出てしまう」ということも珍しくありません。

また、人口の80%は外国人のため、異文化に寛容的ではありますが、アラブ首長国連邦にはイスラム教の教えがあるので、露出度の高い服装は好ましくないでしょう。

アラブ首長国連邦にはお金持ちがたくさんいる?その理由とは

ドバイを都市に持つ「アラブ首長国連邦」は、ほとんどの人が「お金をたくさん持っている国」「大富豪がいる」「オイルマネー」というイメージを持っている人もいるでしょう。

そのイメージの通り、石油で得られた恩恵を王族が国民へ分配しています。

しかも、アラブ首長国連邦は「自己民優遇政策を徹底している」という点から見ても、ある程度の収入を得ることができるのです。

自己民優遇政策というのは、アラブ首長国連邦以外の外国企業は、100%外資のままでは進出できないため、アラブ首長国連邦の人を経営陣に迎えます。

そのアラブ首長国連邦の人は、たとえ仕事をしなくても「名前を貸す」だけで、一定の割合の収入や、報酬を得ることができる政策です。

それから、アラブ首長国連邦は、子沢山が一般的とされています。

経営の規模が家族経営である場合、どんどん大きくなれば、親族経営レベルの大規模に発展し、その財産を親族で守り育てていけます。

経営自体も、ある程度の知名度と地位が確立できてしまえば、他社が入る隙を与えなくなるのです。

その家族や親族が、王族と関係が近ければ近いほど強いものになります。

更に、日本のような遺産の相続税などはないので、一度お金持ちになれば、ずっとそれを維持することも可能です。

これらが、アラブ首長国連邦は、お金持ちの人の割合が高いといわれる理由です。

最後に「金」を販売する自販機の他にも「変わり種の自販機」がいくつかあるのでご紹介します。

世界の変わった自販機をご紹介

「金」を販売する自販機以外にも、ドバイには長さや濃さの種類を選べる「つけまつげ」の自販機や、皮付きのオレンジが中に入った果汁100%のオレンジジュースの自販機もあります。

他にも、世界中に一風変わった自販機があるので、今回は3つお伝えしていきます。

●ピザ

イタリアにあるピザの自販機は「3分で焼きあがるピザ」が600円で食べられます。

ピザが焼きあがるまでの間、自販機のガラス窓からピザの調理過程を覗けるので、待ち時間も楽しめるのもポイントです。

トッピングはマルゲリータ・サラミ・乾燥生ハム・燻製生ハムの4種から選ぶことができます。

●結婚式

「AutoWed Wedding Vending Machine」という結婚式を挙げられる機械をイギリスのとある企業が考案しました。

約140円払うだけで、結婚式を挙げることができ、特製の結婚証明書と結婚指輪も付いてきます。

●カニ

中国では、地下鉄の駅構内で生きたままの上海ガニが自販機で販売されています。

カニの大きさによって値段が若干変わり、一番安値で120円、高値のもので620円で購入できます。

安全な国だからこそ設置できる豪華な自販機

ジュースや食べ物以外にも「金」を販売する自販機があるとは驚きですね。

それは、アラブ首長国連邦の最大都市でもある、ドバイの治安がよいから叶ったことといえるでしょう。

また、世界には面白い自販機もあるので、外国に行った時には、変わり種自販機を探してみるのも楽しそうです。