ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

固定資産税の領収書の保管方法!もし紛失したらどうすべき?

2018.10.7

毎年支払う税金として、多くの人に関係するのが「固定資産税」です。

固定資産税を現金で支払った場合には領収書が発行されますが、皆さんは、これをしっかり受け取り、きちんと保管していますか?

特に、個人事業主の場合には、紛失を防ぐことが重要です。

今回は、固定資産税の領収書もらう必要性や、その紛失を防ぐ方法、保管期限などについてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

登録免許税には軽減措置がある!?必要書類は住民票?

不動産登記をする際に課せられる登録免許税という税金には、軽減される場合があることをご存知でしょう...

増築した際の費用や固定資産税はどのくらい?3坪の場合は?

家族が増えたことで、部屋やトイレ、ベランダなどを増やしたいと増築を検討している方はいらっしゃいま...

定期預金で子供の教育資金を積み立て!途中で解約できるの?

子供の未来のために定期預金をしたいと考えているかたも、いらっしゃることでしょう。 または、定期預金...

住宅ローンの審査にクレジットカードの解約が有効って本当?

マイホームの購入で、住宅ローンを申し込んでも、その審査に通らないことがあります。 通らない理由に心...

GDPと一人当たりのGDPの意味に違いはある?投資する判断?

GDPと一人当たりのGDPの違いをご存知でしょうか? どちらも海外で投資する場合は、1つの判断材料...

ゼネコンとは何か?仕事の内容や役割をわかりやすく解説

みなさんは、ゼネコンという言葉を聞いたことはありますか? 就職活動の最中や、何となく見ていたテレビ...

年金の毎月の支払い額はいくらで、どうやって決まるのか?

会社員のみなさんはおそらく厚生年金に、自営業やフリーランスのみなさんは国民年金に加入していると思いま...

固定資産税の調査はいつ来るのか?

家や土地にかかると言われる税金には、固定資産税があります。 しかし、その課税調査はいつ来るので...

確定申告で登記事項証明書が必要な時とは?申告期限はある?

毎年必ず訪れる確定申告の時期。 この確定申告を行う際、「登記事項証明書」という書類が必要になる...

円安とは何?わかりやすく子供向けに解説!

よく「日本は不況」と言われていますが、何故不況が続いているのか一言で説明するのは難しいと思います...

ボーナスにかかる税金の計算方法は? 支給額100万円の場合

ボーナスをもらうときってうれしいものですよね。 あなたの何ヶ月かの頑張りが評価された証です。 で...

住宅ローンは団信への加入が不可欠。告知義務違反とは?

金融機関で住宅ローンを組む際に、加入が義務付けられている、団体信用生命保険(団信)という保険がありま...

固定資産税は新築から3年間軽減される?平均はどれくらい?

土地や住宅などを購入すると、必ず付いてくるものが固定資産税です。 固定資産税は不動産の所有者で...

時価総額ランキングトップ10!世界で見たときの日本の位置

株式投資のなかで、「時価総額」という言葉をよく目にしますよね。 投資をするかしないかの判断要素...

家屋の固定資産税を計算するのに欠かせない減価償却とは何?

家屋や土地などの不動産を保有している人が避けて通れないのが、税金の納付ですよね。 不動産にかかる税...

スポンサーリンク

固定資産税の支払い方法と領収書の有無

固定資産税は、保有している土地や建物にかかる税金のことです。

そして、その支払いは年4回となっていますが、最近では、4回分を一度に支払うことができる自治体もあるようです。

その固定資産税の支払い方法は、主に以下の3つです。

・コンビニなどからの現金払い

・金融機関の口座からの自動振替での支払い

・クレジットカード払い

このうち、コンビニなどから現金で支払う場合には、すぐに領収書がもらえます。

領収書は、税金を支払ったことの証明になるので、必ず受け取り、紛失しないようにしましょう。

ただ、最近は自治体の方から、口座からの自動振替を利用するよう呼びかけられているケースもあります。

自動振替で固定資産税を支払うと、

・支払いが遅れない

・振替手数料がかからない

・引き落としたことが履歴に残るため、納税証明書で領収書に替えられる

などのメリットがあり、納税者も役所も楽だからです。

また、クレジットカードでの支払いも便利ですが、その場合には領収書の発行はないので、カードの履歴を自分で確認する必要があります。

固定資産税の領収書をもらうべき理由

さて、先ほどは、固定資産税の概要と支払い方についてご説明しました。

最近は、固定資産税も色々な支払い方ができるようになっていることや、現金で固定資産税を支払うと領収書が発行されるということなどが分かりましたね。

また、「領収書が発行されるときは、それを必ずもらうように」ともお伝えしました。

ここでは、その理由をご説明しましょう。

繰り返しますが、領収書というのは、「お金を支払ったという証明」になるものです。

そして、事業で使う土地や建物にかかった固定資産税は、「必要経費」として計上することができます。

これは、個人事業主にとっては大きなことですね。

また、事業をしていない普通の人でも、領収書があれば還付を得られることがあります。

そのため、領収書が発行されるのであれば、やはりきちんともらい、紛失しないようにしっかり管理しておくべきなのです。

一方、自動振替やクレジットカード払いでは領収書は発行されませんが、記録には残ります。

それもきちんと確認し、通帳や明細などもできるだけ保管しておきましょう。

固定資産税の領収書を紛失しないための保管方法は?

では、固定資産税の領収書を取っておく意味が分かったところで、固定資産税の領収書のおすすめの保管方法をお伝えします。

せっかく固定資産税を現金で支払い、その領収書をもらってきても、その辺にポイっと置いてしまうと、すぐにどこかに行ってしまいます。

固定資産税の領収書は、それほど大きくありません。

そのため、ちょっとどこかに置きっぱなしにしてしまうと、他のモノに紛れて、探すことが困難になります。

どんなモノでも、一度どこかに紛れ込むと、なかなか出てきません。

そのため、やはり小さなファイルなどに入れて保管するのがおすすめです。

100円ショップでも様々な大きさのファイルが売られているので、活用すると良いでしょう。

ファイリングしておけば、一部だけ紛失したり、全く出てこないということはなくなります。

また、分かりやすくきれいに保管することができれば、固定資産税がいつまではいくらだったのかなどの確認もしやすくなります。

通帳やカードの明細も小さいので、管理には気を付けましょう。

固定資産税の領収書を紛失した場合の納税の確認方法は?

では、固定資産税の領収書を紛失した場合、それを再発行してもらうことはできないのでしょうか。

残念ですが、それは原則できないことになっています。

なぜなら、トラブルや不正を防止するためです。

例えば、紛失した領収書を再発行した後で、以前もらってあった領収書が見つかった場合、同じ領収書が2枚存在してしまいます。

そうなると、その事実が2回あったのではないかと混乱してしまいます。

また、「支払った事実を証明する」ものなので、固定資産税に限らず、領収書はむやみに再発行されることはありません。

とは言え、固定資産税の領収書を紛失しても、きちんと納税したことを確認する方法はあります。

ご自身の身分証明書(免許証など)を持って役所に行き、「納税証明書」を取れば、固定資産税をいつ、いくら払ったのかが分かります。

もし、「現金で支払った固定資産税の領収書を紛失してしまったけれど、納税してあるか確認したい」という人は、この方法で確認してみましょう。

固定資産税の領収書を紛失しても確定申告はできる!

また、固定資産税の領収書の紛失で心配になるのが、「確定申告の時に必要なのではないか」ということでしょう。

一瞬、「確定申告の時に使う大事な領収書がない、どうしよう!」と焦ってしまいますが、固定資産税の領収書を紛失しても、心配することはありません。

というのも、固定資産税の領収書を確定申告に使うことはないからです。

個人事業主の場合、固定資産税を必要経費として計上するためには、固定資産税に関する書類が必要になりますが、そこで使うのは、税を支払ったことを証明する領収書ではなく、「固定資産税納税通知書」です。

また、不動産所得がある人も固定資産税の支払いを証明することになりますが、それに使うのも「課税明細書」という、また別のものです。

そして、この「固定資産税納税通知書」や「課税証明書」は、2つセットで年度はじめに送付されてくることが多いです。

そのため、領収書を紛失しても、「固定資産税納税通知書」や「課税証明書」があれば確定申告はできるので安心して下さい。

しかし、だからと言って、固定資産税の領収書の保管せず、紛失してよいわけではありません。

最後にもう一度、その理由と保管しておく期間をお伝えします。

固定資産税の領収書は、7年間は保管しよう!

固定資産税を支払ったら、その領収書をもらうことと、紛失を防ぐことはとても重要です。
なぜなら、2018年現在での税金の法律(よく改正されます)では、個人事業主の場合、7~9年間は保管する義務があるからです。

そのため、個人事業主の場合には、固定資産税の領収書をきちんともらい(あるいは明細を管理)、7~9年間は保管しましょう。

不動産所得がある人なども、7年ほどは取っておくとよいですね。

しかし、そうではない場合の保管期限については、「モノが増えるのが嫌だ」という人もいるので、固定資産税の領収書をいつまで保管するかは、なかなか難しい問題です。

しかし、事業をしていない人も、7年間くらいは念のために保管しておくのが良いでしょう。

繰り返しますが、固定資産税の場合、納めた分が還付される場合があるからです(必ずしも還付があるわけではありません)。

その際、6年以上前のものに関しては領収書がないと還付が難しくなるので、固定資産税の還付を期待する人は、領収書を捨てずにしばらく保管することをおすすめします。

とは言え、固定資産税の領収書を7~9年間保管するとなると膨大な量になります。

間違ってファイルごと処分・紛失しないように、その管理には十分注意しましょう。

固定資産税に限らず、領収書は紛失に注意!

今回は、固定資産税の領収書について、保管しておくべき期間やその保管方法をご紹介しました。

固定資産税の領収書は、「それを確かに支払った」という証明になるものです。

紛失すると、再発行は原則できません。

固定資産税の領収書は、急に必要になっても困らないよう、一定の期間はきちんと保管して紛失に注意しましょう。

 - 税金, 経済