エアコンで快適な暮らしを実現!温度センサーの活用

エアコンを上手に使えば、電気代の節約を実現しながら快適に暮らせるようになります。

賃貸物件を探すときに、どのようなエアコンが設置されているのかに注目すれば、快適度や節約度を推測しやすくなります。

賃貸経営の場合は、どのようなエアコンが設置されているのかをアピールすることで、入居率を高められる可能性もあります。

エアコンに搭載されている温度センサーがポイントなので、どのような性能かを把握しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サイディング外壁の仕上がりに差が出る!釘頭のタッチアップ

新築のときは綺麗だった外壁も、築年数を重ねていくと劣化が目立ってきます。しかし、できることな...

内装をインダストリアル風に!レザーや木材でDIY!

ここ最近、部屋の内装を「インダストリアル風」に仕上げたいという方が多くなってきています。しか...

業者によってさまざま、アパート清掃の仕事の範囲とは?

アパート清掃の仕事というと、一般的には廊下やゴミ置き場などの共用部分を掃除することを思い浮かべるので...

鍵を部屋に付けたい!後付けする方法と商品をご紹介

生活していく中で、生活形態が変わることがありますよね。はじめは部屋に鍵を付けなくても問題なかった...

s造とrc造のマンションの比較!スパンが欲しいならどっち?

投資の対象としてマンションを考えたとき、最初に悩むのが構造の違いでしょう。「s造とrc造では何...

アパートのネットを無料化!ルーター設置はどうすれば良い?

アパートでのネット利用料は、家賃に含まれて無料で提供されることが多くなってきました。入居者も「ネ...

アパートのキッチンに収納を増やす方法をご紹介!

1Kのアパートの場合、キッチンが狭く収納が大変なこともあります。アパートに住んだことのある人...

オール電化?ガス併用?変更するならどちらがよりお得なの?

わが家はオール電化と言ったら、うらやましいという言葉を聞きますが、なぜでしょうか。そこで、オール電...

ウォシュレットが水漏れ!原因はパッキン?修理代は誰負担?

今や、ウォシュレットは欠かせないものになりつつありますよね。そのウォシュレットに水漏れなどの...

鉄骨造は防音性が低い?建物は柱や梁の素材で構造が違う!

街にはさまざまな建物が建てられています。建物の構造はさまざまですが、それらは柱や梁に使われる...

ドアを「開ける音・閉める音」によるトラブルを解消する方法

みなさんは、騒音トラブルに悩まされたことはありませんか。細心の注意を払って家探しをしても、隣人と...

すぐに改善したい!木造一軒家の音漏れと防音の対策とは

「木造一軒家は音漏れや騒音が気になってしまうのでは」と心配になっている方もいらっしゃるかもしれませ...

サイディングボードの賢い選び方は?厚みによる違いについて

木造住宅の外壁素材として主流となったサイディングボードは、以前のモルタル材と比較しても安価で耐久...

サイディングのビス穴補修方法!色褪せや反り返りは?

こだわりの外壁。新しく張ったばかりなのに、ビス穴が開いてしまうと気になりますよね。サイディ...

アパートのキッチンが不評で空室続き?主婦の収納術から学ぶ

アパートなどの不動産を長年所有している人にとって、空室が続くことは本意ではないでしょう。その空室...

スポンサーリンク

エアコンの温度センサーの重要な役割

エアコンの温度設定は、どのように決めたら良いのでしょうか。

冷やし過ぎても問題ですが、電気代を節約しようとするあまり設定温度が外気温よりも高くなってしまうと誤作動の原因になることがあります。

外気温よりも高い温度が設定されていると、生暖かい風がエアコンから出てきて、かえって不快になることもあります。

屋外と屋内での気温差に注意していないと、不快なだけでなく、湿度を高めてエアコンの内部にカビが繁殖しやすい環境にしてしまう場合もあります。

常に外気温よりも低くなっているように設定温度を維持するのがポイントです。

エアコンは自動運転で機能する温度センサーが搭載されていることが多いので、その場合は希望する室内の温度になれば自然に運転が調整されて、省エネになります。

温度センサーだけでなく、さまざまなセンサーが搭載されている場合もありますので、説明書を確認してみてはいかがでしょうか。

説明書を紛失している場合は、メーカーのホームページで説明書を閲覧できますし、ダウンロードもできます。

エアコンが設置済みの賃貸物件で説明書が不備の場合は、不動産管理会社に機種を確認しておきましょう。

エアコンの風を温度センサーでバランス良く使い分けできる?

エアコンを自動運転にしていて、常に室内が快適な温度で維持されるように働く機能のひとつが温度センサーです。

温度センサーを精密に機能させているのが、風の使い分けができる温冷感センサーです。

温冷感センサーが搭載されていると、同じように温度を設定していても、室内の快適度が変化します。

室内の快適度は、エアコンの設定温度だけではなく、実際の室内の気温が重要です。

同じ室内でも天井と床では温度差が生まれます。

同じ室内では、できるだけ天井と床の温度差が大きくならないようにすることが、快適度を高められるポイントです。

温冷感センサーは、風の使い分けができる点が優れています。

風の使い分けとは、エアコンから吹いてくる風を上方向や下方向など適切に吹くようにコントロールすることを意味します。

床だけを冷やしてしまうと、立って作業をしている人は熱いと感じてしまいます。

冷えている風は自然に下方向に影響を及ぼしますが、風の力が大きすぎると遠くばかりを冷やしてしまいます。

頭と足元で、バランス良く快適に感じられるかが、温冷感センサーの役割です。

エアコンが設置済みの部屋を賃貸経営している場合は、コピーでも良いので取扱説明書を備え付けておくと入居希望者がメリットに気づきやすくなります。

エアコンの省エネに温度センサーを活用するなら

エアコンの使いすぎは電気代にも影響しますが、本当に電気代を消耗するのは最初の運転開始時だということを理解しておきましょう。

電気代を節約したいときに、必要なくなったらスイッチをオフにしたほうが良いと考えるのは自然なことかもしれませんが、その直後に再運転してしまうと大きくエネルギーを消費してしまいます。

エアコンのスイッチを、こまめにオンとオフに繰り返していると、一日に何度も運転開始時の大きなエネルギーを消費することになり、電気代のコストも大きくなります。

エアコンが設置済みの賃貸物件は魅力的ですが、電気代のコストを把握しづらい場合がありますので、スイッチの切替を調整して対策しましょう。

省エネを実現したい場合は、こまめにスイッチをオンとオフにするのではなく、温度を下げ過ぎないように機能する温度センサーが役立ちます。

温度センサーを有効活用できれば、設定した温度になると省電力モードに自動で切り替わりますので、エアコンの運転を停止することなく一時的な休止モードにできるのがポイントです。

運転を停止していませんので、再運転で必要となる大きなエネルギーが必要ありませんし、温度を下げ過ぎないので快適な室内を維持できます。

エアコンの温度センサーと人感センサーの役割

エアコンによっては温度センサーの他にも、さまざまなセンサー機能が搭載されています。

快適性を追求し、さらに省エネも実現できるセンサーとして注目されているのが、人感センサーです。

人がいるところに、ピンポイントでエアコンが風を送り届ける働きがあります。

エアコンから吹いてくる風が、室内を移動している人をセンサーでキャッチして、人の動きに合わせて風の方向を自動でコントロールしてくれます。

室内でアクティブに作業しているときや、快適に家事を行ないたいときに、自分のいる場所が適切に冷やされるのがポイントです。

人のいない場所を冷やす必要がなくなりますし、動き回っている人が快適に過ごせるようにエアコンが風を送り届けてくれます。

誰もいない場所を、わざわざ冷やさないことが、電気代の節約効果を実感させてくれるポイントです。

ただし注意しなければならないのは、人感センサーを稼働させると、動き回っている人をキャッチするか、寝て休んでいる人をキャッチできるのかが、センサーの性能によって変化する点です。

同じ室内で、家族や知人が違った行動をする場合は、人によって感じる温度が変化する可能性がありますので、あくまでも目安として認識しておくと良いでしょう。

エアコンが設置済みの賃貸物件に入居するときは、安心して利用できるセンサーか確認しておきましょう。

エアコンの気流制御を素早く実現できる温度センサーとは

エアコンを快適に利用したいときに、あらためて見直してみたいのが、設定温度に達するまでの時間の経過です。

設定温度を工夫することが、エアコンを快適に利用するポイントなのですが、設定温度に達するまでに時間が掛かり過ぎてしまうと、つい設定温度そのものを下げてしまう可能性が出てきます。

設定温度に達するまでの時間をスピードアップできるのが、気流制御を実現できる温度センサーです。

どのように風を吹かせれば、素早く快適に室内の温度を調整できるのか、自動でコントロールしてくれます。

温度の高い天井でも、日の当たる窓側と、日の当らない廊下側では、冷やす優先順位が異なってきます。

どの場所から冷やし、どのように風を循環させるのか、気流そのものを制御できれば、短時間で室内を快適に整えられます。

設定温度に達する時間がスピードアップされれば、むやみに設定温度を下げる必要がなくなりますので、電気代の節約効果も期待できます。

エアコンが設置済みの賃貸物件では、温度センサーの機能などが記載されている説明書を備え付けておくことで、入居者にメリットを理解してもらいやすくなります。

エアコンの温度センサーのデメリット

エアコンの温度センサーで室内を快適にしたい場合に、人感センサーが備わっている場合はメリットとデメリットの両方を把握しておきましょう。

病気などの理由で自分ひとりでは思うように動けない家族がいる場合や、人は外出してもペットだけが留守番をする場合が注意すべきポイントです。

人感センサーは大人の姿と行動をキャッチする正確性は高いのですが、小さな子供や、じっとして休んでいる高齢者を把握しにくいことがあります。

文字通りに人間だけを感知して、人間よりも体の小さなペットを感知できない場合もあります。

大人が外出するときに、家で留守番している家族やペットの健康を考えた場合は、センサーの種類によってはオフにしておいたほうが安全です。

室内を適切かつ快適な温度で維持できることが、熱中症の予防には不可欠です。

省エネにこだわるあまりに、休んでいる家族やペットがいるのにもかかわらず適切にエアコンが反応してくれないと、危険な状況になりかねません。

昼寝の場合も、起きたらエアコンが停止していて室内の温度が高くなっていた、ということのないように注意が必要です。

温度センサーでシンプルに設定温度を維持するだけに留めておいたほうが、熱中症予防に役立つ場合がありますから、すでにエアコンが設置済みの賃貸物件で使用する場合には性能を性格に把握しておくことをオススメします。

エアコンの温度センサーの役割を理解して安全に活用を

どのようなエアコンを設置してあるのかは、入居者にとってもオーナーにとっても重要です。

省エネ効果を高められる温度センサーで、人の感知や風の制御もできれば、熱中症の予防など健康にも役立てられます。

入居者にとってメリットの高いエアコンを設置しておくことで、入居率の高さに良い影響を与えられれば、賃貸経営の収益性にも影響します。

温度センサーの性能を理解したうえで、エアコンを選ぶようにしましょう。