ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

エアコンで快適な暮らしを実現!温度センサーの活用

2018.9.3

エアコンを上手に使えば、電気代の節約を実現しながら快適に暮らせるようになります。

賃貸物件を探すときに、どのようなエアコンが設置されているのかに注目すれば、快適度や節約度を推測しやすくなります。

賃貸経営の場合は、どのようなエアコンが設置されているのかをアピールすることで、入居率を高められる可能性もあります。

エアコンに搭載されている温度センサーがポイントなので、どのような性能かを把握しておきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

家賃滞納している!連帯保証人に連絡するタイミングとは?

毎月の家賃を入居者が納めてくれれば問題はないですが、中には家賃滞納が発生してしまうトラブルもあります...

減価償却費を計上する場合の耐用年数は何年?エアコンの場合

形あるものには耐用年数があるということをみなさんご存知でしょうか。 建物や車両、道具類などは材質な...

鍵を部屋に付けたい!後付けする方法と商品をご紹介

生活していく中で、生活形態が変わることがありますよね。 はじめは部屋に鍵を付けなくても問題なかった...

家賃の延滞金(遅延損害金)は消費税扱い?賃貸と税金のお話

賃貸経営をしていて、借主から延滞金(遅延損害金)を受け取るようなことは、できれば避けたい事態ですよね...

家賃滞納で少額訴訟を起こすと費用はいくらで誰が負担する?

不動産経営では、家賃滞納は大きな問題のひとつです。 できるだけ家賃の滞納は減らしたいものですが、そ...

アパートを建てるときに気にしてほしい値段とそのリスク

アパート経営は、安定した収入が得られるとして人気が高まっています。 そのためにはアパートの...

アパートのドアにある郵便受けにトラブルがつきものな理由

賃貸経営には思いがけないトラブルが発生します。 アパートのドアの郵便受けに溜まっていく郵便物、散ら...

usenの料金ってどのくらい!?店舗BGMサービスの比較

気持ちが和む音楽が流れているとリラックスできて、「その場にいたい」と感じる方が多いですよね。 店舗...

仲介手数料を仕訳!不動産屋さんに支払ったときはどうなる?

アパート経営する大家さんたちの多くは、不動産屋さんに仲介手数料を支払うかと思います。 支払いを...

床のワックス剥がれを発見!ワックスを塗る注意点やコツ

若い世代の方には、畳よりもフローリングに人気の傾向があるため、大家さんの中には、「床と共に全室フ...

持ち家やアパートなどの地震保険の概要と保険料控除について

地震保険は、万が一持ち家やアパートなどの建物や家財が地震により損害を受けた場合、それを補償する保険...

賃貸住まいの方必見!火災保険の加入と更新が重要な理由

賃貸物件の契約時に、加入を求められるのが火災保険です。 勧められるまま加入して、あまり内容を覚えて...

会社の相談役はどんな仕事をしている?役割や給与を調査!

会社員といて働いている人は、仕事内容や給与に不満を持つことも多いですよね。 しかし、会社内には...

シャーメゾンの新築に採用されている騒音防止の床がスゴイ!

賃貸住宅というと、構造が安っぽい、隣や上の部屋からの騒音がうるさい、というイメージがあります。 ...

w造2×4とはどんなアパート?そのメリットデメリットとは

アパート経営において、アパートの建物はいちばん大切な商売道具といえます。 大切な商売道具なのですか...

スポンサーリンク

エアコンの温度センサーの重要な役割

エアコンの温度設定は、どのように決めたら良いのでしょうか。

冷やし過ぎても問題ですが、電気代を節約しようとするあまり設定温度が外気温よりも高くなってしまうと誤作動の原因になることがあります。

外気温よりも高い温度が設定されていると、生暖かい風がエアコンから出てきて、かえって不快になることもあります。

屋外と屋内での気温差に注意していないと、不快なだけでなく、湿度を高めてエアコンの内部にカビが繁殖しやすい環境にしてしまう場合もあります。

常に外気温よりも低くなっているように設定温度を維持するのがポイントです。

エアコンは自動運転で機能する温度センサーが搭載されていることが多いので、その場合は希望する室内の温度になれば自然に運転が調整されて、省エネになります。

温度センサーだけでなく、さまざまなセンサーが搭載されている場合もありますので、説明書を確認してみてはいかがでしょうか。

説明書を紛失している場合は、メーカーのホームページで説明書を閲覧できますし、ダウンロードもできます。

エアコンが設置済みの賃貸物件で説明書が不備の場合は、不動産管理会社に機種を確認しておきましょう。

エアコンの風を温度センサーでバランス良く使い分けできる?

エアコンを自動運転にしていて、常に室内が快適な温度で維持されるように働く機能のひとつが温度センサーです。

温度センサーを精密に機能させているのが、風の使い分けができる温冷感センサーです。

温冷感センサーが搭載されていると、同じように温度を設定していても、室内の快適度が変化します。

室内の快適度は、エアコンの設定温度だけではなく、実際の室内の気温が重要です。

同じ室内でも天井と床では温度差が生まれます。

同じ室内では、できるだけ天井と床の温度差が大きくならないようにすることが、快適度を高められるポイントです。

温冷感センサーは、風の使い分けができる点が優れています。

風の使い分けとは、エアコンから吹いてくる風を上方向や下方向など適切に吹くようにコントロールすることを意味します。

床だけを冷やしてしまうと、立って作業をしている人は熱いと感じてしまいます。

冷えている風は自然に下方向に影響を及ぼしますが、風の力が大きすぎると遠くばかりを冷やしてしまいます。

頭と足元で、バランス良く快適に感じられるかが、温冷感センサーの役割です。

エアコンが設置済みの部屋を賃貸経営している場合は、コピーでも良いので取扱説明書を備え付けておくと入居希望者がメリットに気づきやすくなります。

エアコンの省エネに温度センサーを活用するなら

エアコンの使いすぎは電気代にも影響しますが、本当に電気代を消耗するのは最初の運転開始時だということを理解しておきましょう。

電気代を節約したいときに、必要なくなったらスイッチをオフにしたほうが良いと考えるのは自然なことかもしれませんが、その直後に再運転してしまうと大きくエネルギーを消費してしまいます。

エアコンのスイッチを、こまめにオンとオフに繰り返していると、一日に何度も運転開始時の大きなエネルギーを消費することになり、電気代のコストも大きくなります。

エアコンが設置済みの賃貸物件は魅力的ですが、電気代のコストを把握しづらい場合がありますので、スイッチの切替を調整して対策しましょう。

省エネを実現したい場合は、こまめにスイッチをオンとオフにするのではなく、温度を下げ過ぎないように機能する温度センサーが役立ちます。

温度センサーを有効活用できれば、設定した温度になると省電力モードに自動で切り替わりますので、エアコンの運転を停止することなく一時的な休止モードにできるのがポイントです。

運転を停止していませんので、再運転で必要となる大きなエネルギーが必要ありませんし、温度を下げ過ぎないので快適な室内を維持できます。

エアコンの温度センサーと人感センサーの役割

エアコンによっては温度センサーの他にも、さまざまなセンサー機能が搭載されています。

快適性を追求し、さらに省エネも実現できるセンサーとして注目されているのが、人感センサーです。

人がいるところに、ピンポイントでエアコンが風を送り届ける働きがあります。

エアコンから吹いてくる風が、室内を移動している人をセンサーでキャッチして、人の動きに合わせて風の方向を自動でコントロールしてくれます。

室内でアクティブに作業しているときや、快適に家事を行ないたいときに、自分のいる場所が適切に冷やされるのがポイントです。

人のいない場所を冷やす必要がなくなりますし、動き回っている人が快適に過ごせるようにエアコンが風を送り届けてくれます。

誰もいない場所を、わざわざ冷やさないことが、電気代の節約効果を実感させてくれるポイントです。

ただし注意しなければならないのは、人感センサーを稼働させると、動き回っている人をキャッチするか、寝て休んでいる人をキャッチできるのかが、センサーの性能によって変化する点です。

同じ室内で、家族や知人が違った行動をする場合は、人によって感じる温度が変化する可能性がありますので、あくまでも目安として認識しておくと良いでしょう。

エアコンが設置済みの賃貸物件に入居するときは、安心して利用できるセンサーか確認しておきましょう。

エアコンの気流制御を素早く実現できる温度センサーとは

エアコンを快適に利用したいときに、あらためて見直してみたいのが、設定温度に達するまでの時間の経過です。

設定温度を工夫することが、エアコンを快適に利用するポイントなのですが、設定温度に達するまでに時間が掛かり過ぎてしまうと、つい設定温度そのものを下げてしまう可能性が出てきます。

設定温度に達するまでの時間をスピードアップできるのが、気流制御を実現できる温度センサーです。

どのように風を吹かせれば、素早く快適に室内の温度を調整できるのか、自動でコントロールしてくれます。

温度の高い天井でも、日の当たる窓側と、日の当らない廊下側では、冷やす優先順位が異なってきます。

どの場所から冷やし、どのように風を循環させるのか、気流そのものを制御できれば、短時間で室内を快適に整えられます。

設定温度に達する時間がスピードアップされれば、むやみに設定温度を下げる必要がなくなりますので、電気代の節約効果も期待できます。

エアコンが設置済みの賃貸物件では、温度センサーの機能などが記載されている説明書を備え付けておくことで、入居者にメリットを理解してもらいやすくなります。

エアコンの温度センサーのデメリット

エアコンの温度センサーで室内を快適にしたい場合に、人感センサーが備わっている場合はメリットとデメリットの両方を把握しておきましょう。

病気などの理由で自分ひとりでは思うように動けない家族がいる場合や、人は外出してもペットだけが留守番をする場合が注意すべきポイントです。

人感センサーは大人の姿と行動をキャッチする正確性は高いのですが、小さな子供や、じっとして休んでいる高齢者を把握しにくいことがあります。

文字通りに人間だけを感知して、人間よりも体の小さなペットを感知できない場合もあります。

大人が外出するときに、家で留守番している家族やペットの健康を考えた場合は、センサーの種類によってはオフにしておいたほうが安全です。

室内を適切かつ快適な温度で維持できることが、熱中症の予防には不可欠です。

省エネにこだわるあまりに、休んでいる家族やペットがいるのにもかかわらず適切にエアコンが反応してくれないと、危険な状況になりかねません。

昼寝の場合も、起きたらエアコンが停止していて室内の温度が高くなっていた、ということのないように注意が必要です。

温度センサーでシンプルに設定温度を維持するだけに留めておいたほうが、熱中症予防に役立つ場合がありますから、すでにエアコンが設置済みの賃貸物件で使用する場合には性能を性格に把握しておくことをオススメします。

エアコンの温度センサーの役割を理解して安全に活用を

どのようなエアコンを設置してあるのかは、入居者にとってもオーナーにとっても重要です。

省エネ効果を高められる温度センサーで、人の感知や風の制御もできれば、熱中症の予防など健康にも役立てられます。

入居者にとってメリットの高いエアコンを設置しておくことで、入居率の高さに良い影響を与えられれば、賃貸経営の収益性にも影響します。

温度センサーの性能を理解したうえで、エアコンを選ぶようにしましょう。

 - 経営