BS契約はアパートでも絶対しなくてはならないものなのか?

テレビが家にあるという方は、NHKの受信料を支払っていると思います。

ただし、NHKの受信料には地上契約と衛星契約(BS)で料金が異なることをご存知でしょうか。

「BSは見ていないから払う必要はないのでは?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、アパートなどでは共同アンテナの設置により、支払わなければならないことがあります。

ここではBS契約について詳しい内容をご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

義両親との同居を解消したい!円満にすすめる方法とは

義両親との同居に至るまでには、各家庭ごとに事情があると思います。しかし、義両親とはいえ他人同...

大阪市西成区は治安が悪い?飛田新地やあいりん地区とは?

大阪在住の方ならご存知だと思いますが、大阪市西成区は治安が悪いと言われています。西成区といえば、...

礼金敷金は消費税がかかるの?契約内容を確認しよう

近年、日本政府は消費税を現状の8%から10%への増税を検討しています。その時期は2018年6...

フローリングを自分で補修!塗装がはがれているときの方法

マイホームにお住まいの方でも、賃貸物件にお住いの方でも、お部屋の床がフローリングの方は多いのでは...

窓用の目隠シールを100均で買っていろいろアレンジしよう!

100均ショップは、今や私たちの生活に欠かせないものとなっています。皆さんのお宅の近くにも、...

ロフトはどうしても暑い!対処法を知って快適に使おう

ロフトは冷房が届きにくく暑いので夏場は上がらない、という人も多いと思います。しかし、ただの収...

モデムやルーターの設定は?ドコモユーザーはドコモ光がお得

戸建てのインターネットの回線については、たくさんの情報を集めることができますが、集合住宅の回線の情...

窓の防犯対策は大丈夫?鍵を交換するだけで防犯できる!?

皆さんは、窓の防犯をしているでしょうか。外出時や就寝時などは、「窓の鍵は掛けているから大丈夫...

有線lanのコンセントが足りない!増設工事はどうする?

コンセントに直接つなぐ有線lanは、無線lanに比べて場所を選ぶデメリットがありますが、高速で安...

家屋調査はリハビリ職にとって算定を取る有効なアプローチ

家屋調査とは、入院や入所している人に対して、病院や施設のリハビリスタッフが家に出向き、身体に障害を...

アパートの管理会社で入居率が変わる!?選ぶポイント!

アパートを経営するために、最も重要なのが入居者を絶やさないことですよね。もし、「いつまでも空...

窓のクレセント錠が劣化!交換するタイミングを見極めよう

住宅でよく見かける引き違いの窓には、必ず鍵が付いていますよね。その鍵の見た目は半月型をし...

建ぺい率がオーバーした!リフォームの際は建ぺい率に注意!

家を建てる際、「建ぺい率」という言葉をしきりに聞く機会が多くなりますが、皆さんは「建ぺい率」のル...

家賃滞納による強制退去!状況次第で大家が費用を負担する?

繰り返される家賃滞納で大家と賃借人の信頼関係が破綻した時、最終的には強制退去させることとなります...

住所は教えたくないが荷物を受け取りたい場合の方法

荷物は受け取りたいけれど、送り主に住所は教えたくないという場合がありますね。喧嘩した友人や別れ...

スポンサーリンク

地上放送と衛星放送(BS放送)の違いとは

一軒家にお住まいの方に限らず、一人暮らしのアパートでも最低一台、テレビを持つのが当たり前の時代になりました。

そして、テレビをお持ちの方であれば、誰もがNHK受信料を支払っているはずです。

ただ、地上契約をしているのにも関わらず、「衛星契約(BS)に変えてください」というNHKの訪問を受けたことがある方もいらっしゃるでしょう。

まず、地上放送と衛星放送の違いについて簡単に説明していきます。

地上放送は、地上の放送局から電波を発信しているものです。

次に衛星放送ですが、これは人工衛星を使用し電波を発信しています。

また、衛星放送にはBSの他にcsがありますが、これは単純に使用している衛星が異なるということです。

このように放送形態が異なる2つですが、さらに大きな問題があります。

それは料金の違いです。

●地上放送の場合(口座振込み、クレジット払い)

・2ヶ月:2,520円
・6ヶ月:7,190円
・12ヶ月:13,990円

●衛星放送(BS)の場合(口座振込み、クレジット払い)

・2ヶ月:4,460円
・6ヶ月:12,730円
・12ヶ月:24,770円

これを見るとお分かりの通り、地上放送よりも衛星放送の方がはるかに金額が高くなっていることが分かります。

アパートでBS放送を見ていなくても契約料金は支払う義務がある?

BS放送を見るためには、専用のアンテナがあったとしても、ケーブルを接続しない限り見ることができません。

そのため「自分のテレビではBSは見られない」と思い、BS契約の内容に納得いかない方も多くいらっしゃいます。

では、普段からBS放送を見ていない方でも、衛星契約はしなければならないのでしょうか。

アナログ放送が終了するまでは、ほとんどの家庭で地上放送契約のみで済むことが多かったのですが、アナログ放送が終了すると共に、ほとんどのデジタルテレビに「地デジ・BS・csチューナー」が標準で内蔵されることになりました。

そのため、たとえBSを見ていないとしても、専用アンテナとケーブルをつなげばBS放送を見られることになります。

BS放送が見られるということ=衛星契約を結ばなければならないということは法律で決まっているので、やはり契約は結ばざるをえません。

ただし、一軒家の場合でしたら、ケーブルテレビなど受信方法を個人で選ぶことができます。

これは、BSが受信できるアンテナを設置しない限り、BS放送は見られないということです。

しかし、アパートやマンションなどの集合住宅の場合、現在多くの物件でBS放送が受信できるようになっています。

これは、テレビのBS視聴者が増えてニーズが高くなっているためです。

仮にアパートにBS受信できる共同アンテナが設置されている場合、それだけでBS放送を見ることができると判断されてしまい、契約が必要であるとみなされてしまうのです。

アパートでもBS契約を結ばなくてもよいケースとは?

今現在販売されているテレビのほとんどにBSチューナーが内臓されていますが、ごく少量のテレビには、BSチューナーが内臓されていないものもあります。

このようなテレビは当然BS放送を見ることができませんから、例えアパートに共同アンテナがあったとしても衛星契約を結ぶ必要はありません。

BSチューナーが内臓されていないテレビは、現在小型テレビのみになります。

アパートで一人暮らしをしている方なら、もしかしたらこのタイプのテレビかもしれませんから、一度確認をしておくとよいでしょう。

ただし、注意点としてお伝えしておきたいことがあります。

テレビにBSチューナーが内臓されていなくても、ブルーレイなどBSチューナーが内臓されていものを使用していた場合は、衛星契約が必要となります。

また当たり前ですが、テレビが故障していたりそもそもアパートにテレビがないという方は、地上放送も衛星放送も契約する必要はありません。

ただし、訪問者によっては非常に悪質なケースもあるようなので、注意が必要です。

悪質な契約訪問には要注意

特に共同アンテナが設置されているアパートやマンションの場合は、BS対応のアンテナがあるというだけで契約を迫られることがあります。

現在のテレビには、ほとんどのものがBSチューナーが内臓されているため、BS受信できるアンテナがあるだけで「衛星放送を契約する必要があります」といわれてしまうことも多く、よく分かっていないまま契約をしてしまう方も増えてきています。

ただし、先ほどもお伝えしたように、BSチューナーが内臓されていないテレビをお使いの場合、もちろんBS放送は見ることができませんから、この衛星契約を結ぶ必要はありません。

悪質な契約訪問の中には、「支払わないと法律違反になる」「テレビがなくでも契約が義務だ」「他の人も皆契約している」などといって契約を迫るケースもありますので注意しましょう。

アパートでBS放送を見る方法は?

先ほどお伝えしたように、アパートにBS放送を見ることができる共同アンテナがあった場合、衛星契約は結ばなければなりません。

契約料を支払うのであれば、BS放送を見ようと思われる方もいるでしょう。

ではどうしたら、BS放送を見ることができるのでしょうか。

まず、通常であれば地上放送デジタルにケーブルが接続されていると思います。

アンテナ放送をアンテナ入力BS・110度CSデジタルにケーブル切り替えましょう。

そうしたら、リモコンのBS放送ボタンを押して映るかどうかの確認をします。

このように、BS放送は簡単に視聴することができます。

ただし、地上デジタルのケーブルをBSに接続した場合、今度は地上放送が見れなくなってしまいますから、もう一つケーブルを用意しましょう。

便利なのが分配器です。

分配器は一つのケーブルで、地上放送とBS放送を分割できる装置です。

価格も500円程度と手ごろに手に入れることができるので、BS放送を見る予定がある方にオススメの商品です。

どうせならBS放送を楽しむ

アパートやマンションなどの集合住宅の場合、よほど古い物件でない限りはBSの共同アンテナが設置されていることと思います。

共同アンテナがあるということは、BS放送が見られるということになりますから、衛星契約は結ばなければなりません。

高い契約料を支払うのでしたら、BS放送を思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか。

BSには無料チャンネルもありますが、有料チャンネルの契約を結べばスポーツやアニメ、映画やバラエティなど様々なジャンルを楽しむことができます。

また、地上放送では放送しないような珍しい番組なども放送していることも多いです。

小さな子供がいるご家庭では、DVDを借りに行く手間もなくアニメが見られる環境はとても便利なのではないでしょうか。

テレビ好きの方は、BSの有料チャンネルを取り入れる価値は十分あると思います。

BS放送を契約する前に

BS放送が見られる環境の場合、衛星契約は結ばなければなりません。

特にアパートやマンションなどの集合住宅の場合、BS専用のアンテナが設置されていることも多いので、たとえ見ていないとしても契約をしなければならないケースも多いです。

ただし、契約訪問の中では非常に悪質なケースもあります。

もし共同アンテナがない場合や、テレビ自体がない場合は契約する必要はありません。

注意しましょう。