ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

住民税の計算方法を簡単解説!年収180万円の場合はいくら?

2018.7.6

会社員のみなさんは、毎月の給与から住民税が引かれていることと思います。

しかし、その計算方法をご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、年収180万円の会社員の場合を例にとって、住民税の計算方法について解説したいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

円安になるほど輸出企業はなぜ儲かるのか?その仕組みとは?

円安になると、なぜ輸出企業にとって利益になるのかご存知でしょうか? テレビを見ていると、そうい...

今更聞けない!1kとは一体いくら?1kはお金だけじゃない?

最近、SNSやネットの掲示板でよく目にする「1k」という表記。 「今日は株で30k回収成功!」...

今さら聞けない為替の計算の仕方!為替投資についても解説!

為替に関するニュースをよく耳にしますが、為替はどう計算するか、計算の仕方をご存知ですか? 人に...

根抵当権を分かりやすく解説!極度額の増額・減額方法

不動産を扱う仕事をしていれば、「抵当」という言葉を耳にすると思います。 「家を抵当に入れた」なん...

円安・円高が輸出や輸入に与える有利な点と不利な点

通貨の価値は、毎日変動しています。 円安や円高などという言葉を聞いたことがありますよね。 円安、...

消費税増税については単純に反対できない理由がある

日本では、2019年に消費税増税が予定されています。 消費税増税について、賛成・反対、いろいろ...

1000万円貯金達成!預金?それとも投資?税金についても学ぶ

ついに達成した貯金1000万円! その1000万円、預金しておきますか? それとも、他の金融商品...

住宅ローンを考えている人へ。jaの審査について解説

住宅ローンの借入れを検討中の方は、どの金融機関を選べば良いのか悩んでいると思います。 今回の記事で...

節約したお金を貯金してリフォーム!ブログで副業ができる?

現在の住まいをリフォームしたい場合、費用がかかりますよね。 節約をして、リフォームのための資金...

GDPと一人当たりのGDPの意味に違いはある?投資する判断?

GDPと一人当たりのGDPの違いをご存知でしょうか? どちらも海外で投資する場合は、1つの判断材料...

固定資産税の家屋調査は拒否できる?固定資産税の疑問解決!

家を新築したら、どのお宅でも行うのが固定資産税の家屋調査です。 家屋調査は、今後支払う固定資産...

ネットの不動産ニュースランキングから気になる情報をご紹介

ネットの浸透によって、大小さまざまなニュースをすぐに知ることができるようになりました。 自分に...

住宅ローンの保証人・連帯保証人の違い!変更手続きの方法

住宅ローンを借りる際には保証人、または連帯保証人が必要であるケースが多いです。 どちらについても、...

定期預金で子供の教育資金を積み立て!途中で解約できるの?

子供の未来のために定期預金をしたいと考えているかたも、いらっしゃることでしょう。 または、定期預金...

GDP推移から見るアメリカと日本!アメリカ経済の影響とは?

現在日本は、世界でもトップクラスの経済力を誇り、GDPも世界上位に位置しています。 しかし、世...

スポンサーリンク

年収180万円の住民税、まずはその仕組みを知ろう

住民税は、居住地である市区町村と都道府県が、1月1日において住民である個人に課税する税金です。

会社員のみなさんの場合、会社が当年1~12月の給与を、翌年の1月に各市区町村へ給与支払報告書として送付しています。

その年収をもとに、各市区町村ごとに決められた計算方法で税額を計算し、4月以降に会社に決定通知書と納付書を送付します。

会社はその月割り金額を、6月の給与を初月として、社員の給与から天引きにより徴収します。

徴収した住民税は、給与支払い月の翌月10日までに、会社が納付書などによって自治体に納付しています。

6月ごろになると、皆さんの手元にも住民税決定通知書が配られると思いますが、それは前年度の住民税ということになりますね。

このように、会社員の場合、会社がその徴収と納付を代行してくれているわけです。

また、住民税には市区町村税と都道府県民税があり、それぞれに所得割と均等割、調整控除などがあり、それらを総括して住民税といいます。

さらに、自治体によって多少税率や臨時措置に差があるので、ここでは大阪府大阪市を例に話を進めていくことにします。

みなさんが計算する際は、基本は同じですが、居住地の自治体のHPをのぞいて、差異を確認してください。

では、年収180万円の会社員について、具体的な計算方法を見ていきましょう。

年収180万円の住民税の計算方法、まずは給与所得の算出

住民税の計算方法において、最初に算出すべきは年収から「給与所得控除」を差し引いた「給与所得」です。

給与所得控除とは、サラリーマンの経費のようなもので、税金がかからない金額をいいます。

そして、年収によってその控除額が決まっています。

年収180万円であれば、給与所得控除額は年収×40%で、72万円となります。

そして、年収180万円から給与所得控除の72万円をひいた108万円が給与所得です。

ちなみに、年収180万円はひとつの区切りの金額で、それ以下の場合は年収×40%、それが65万円に満たない場合は65万円が控除額になります。

年収180万円を超えて360万円以下では、控除額は年収×30%+18万円です。

給与所得控除の他にも、さまざまな条件に該当する場合に、各種の所得控除が設けられています。

代表的なものは、基礎控除で、納税者全員に対して、33万円の控除が認められています。

そして、所得が38万円以下の扶養対象の配偶者がいる場合、一般の配偶者は33万円、70歳以上の配偶者の場合は38万円の配偶者控除があります。

配偶者以外の扶養控除は、16歳以上70歳未満(19歳以上23歳未満のぞく)で33万円、19歳以上23歳未満で45万円が控除されます。

他にも70歳以上の老人扶養親族では38万円、同居老親等は45万円という扶養控除があります。

また、障害者控除は本人や扶養対象親族に障害者がいる場合、1名につき26万円、特別障害者は30万円が控除されます。

給与所得控除以外にもある、住民税のさまざまな所得控除

年収180万円から控除できるものは他にもあります。

正しい住民税の計算方法を知るために、他の所得控除にもふれておきます。

・配偶者特別控除

所得が38万円超76万円未満の扶養対象外の配偶者について、所得により33万円から3万円の段階的な所得控除がある。

・社会保険料控除

健康保険、年金、介護保険料など社会保険料は全額控除。

・小規模企業共済掛金等控除

小規模企業共済法で定められた共済の掛け金なども全額控除。

・生命保険料控除

生命保険料や簡易保険料と、個人年金保険料についてはそれぞれ以下の通り。

 ①1.5万円以下は全額。
 ②1.5万円超4万円以下は支払った保険料×1/2+7500円。
 ③4万円超7万円以下の場合は支払った保険料×1/4+17500円。
 ④7万円を超える場合は3.5万円。

・地震保険料

地震保険料が5万円以下の場合は保険料×1/2、5万円超の場合は2.5万円。

・医療費控除

(支払った医療費-保険補填)-(所得金額×5/100)と、10万円のいずれか少ない方の金額。

・雑損控除

災害や盗難で資産に損害を受けた場合、(損害金額-保険補填)-(所得金額×1/10)と、個人支出-5万円のうち、金額の多い方。

・寡婦控除

夫と離婚または死別していて独身で扶養対象親族がいる場合、年収500万円以下は30万円、それ以上の場合は26万円。

・寡夫控除

妻と離婚または死別していて独身で、年収500万円以下であり、同一世帯に所得38万円以下の子供がいる場合、26万円。

住民税の計算方法その①所得割

これら所得控除の合計を、給与所得から引いたものが課税所得になり、これで年収180万円の住民税の計算方法を知る準備は整いました。

ところで、大阪府大阪市の場合、住民税には市民税と府民税があり、先にそれぞれに所得割、均等割、調整控除などがあると述べました。

まず所得割の税率は、市民税6%+府民税4%の合計10%です。

具体的に、給与所得が年収180万円から給与所得控除72万円をひいた108万円で、基礎控除33万円以外の所得控除がなかったとしたら、次のようになります。

・住民税=課税所得金額75万円×10%=7.5万円(内訳は、市民税が4.5万円、府民税が3万円)。

ただし、まだ続きがあります。

税額控除といって、算出された税額から、さらに税額自体を減らす控除のことです。

まずは調整控除額ですが、所得税と住民税とで扶養や配偶者、寡婦(寡夫)、障害者などの人的控除額が異なるため、調整する必要があります。

所得税より住民税の方が人的控除額が少ないため、その差額合計か課税所得金額のうち、少ない方の5%(市民税3%、府民税2%)を税額控除するのです。

たとえば基礎控除であれば、所得税では38万円、住民税では33万円なので、差額の5万円の5%をひきます。

その他の主なものでは、住宅ローン減税の適用を受けている人は税額控除があります。

ただし、所得税で控除しきれなかった金額についてのみ上限13.65万円の範囲内で、市民税で3/5、府民税で2/5の税額控除になります。

住民税の計算方法その②均等割

最後に、住民税の均等割についてですが、均等割は文字通り、所得の多少にかかわらず、一定の税額が課税されます。

まず市民税は、標準税率で年額3,000円、府民税は年額1,000円です。

しかし、臨時措置として平成26年度から35年度までの間、防災のための施策に要する費用の財源確保のために、それぞれ500円づつが加算されます。

さらに、大阪府では、平成28年度から31年度までの間、森林の公益的機能を維持増進するための森林環境税として、府民税に300円が加算されます。

まとめると、平成29年度の住民税だとすると、市民税は3,500円、府民税は1,800円ということになります。

年収180万円の住民税を総括すると、

・市民税の所得割=課税所得金額×6%-調整控除(人的控除の3%)-税額控除(住宅ローン控除の未処理分などの3/5)。

・市民税の均等割=3,500円。

・府民税の所得割=課税所得金額×4%-調整控除(人的控除の2%)-税額控除(住宅ローン控除の未処理分などの2/5)。

・府民税の均等割=1,800円。

以上の合計金額が、住民税です。

実際に年収180万円の住民税を計算してみよう

最後に、前提条件を定めて、年収180万円の住民税の計算方法を使って、実際に住民税を計算してみましょう。

注意事項としては、端数の処理について、課税所得金額は1,000円未満を切り捨てます、

また所得割額は、市民税と府民税それぞれで計算し、100円未満の端数は切り捨てます。

前提条件は、平成28年度の大阪府大阪市に住む、年収180万円の会社員です。

家族構成は、扶養対象配偶者のみ、住宅ローンなどはなしとします。

①給与所得控除は、180万円×40%=72万円
②給与所得は、180万円-72万円=108万円
③所得控除は、基礎控除33万円+配偶者控除33万円=66万円。
④課税所得金額は、108万円-66万円=42万円。
⑤人的控除の差額は、基礎控除5万円+配偶者控除5万円=10万円。

これらのことから、

・市民税所得割=42万円×6%-10万円×3%=22200円。
・市民税均等割=3500円。
・府民税所得割=42万円×4%-10万円×2%=14800円。
・府民税均等割=1800円。

端数処理には該当しませんでしたので、以上を合計して、住民税の年額総合計は42,300円となります。

月払い金額は、端数の300円は初月である6月に足しこんで、6月は3,800円、その後11ヶ月は3,500円ということになります。

所得控除を知って活用しないと損をするかも

年収180万円の住民税の計算方法について、簡単にまとめてきました。

実際には市区町村で計算しますが、所得控除を活用することで、所得税だけでなく住民税も軽減できることがわかったと思います。

ぜひ年末調整時には、控除書類をできるだけ集めて提出しましょう。

 - 税金, 経済