ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

玄関のインターホンをテレビモニター付きのドアホンに交換!

2018.6.16

ピンポーンとチャイムが鳴り、玄関に誰が来たのか教えてくれるインターホンですが、近年テレビモニターの付いたテレビドアホンが人気です。

人気のあるテレビモニター付きのドアホンに交換してみませんか?

難しい工事ではないので、意外と簡単に取り付けができますよ。

ドアホンを検討中の持ち家住まいの方はもちろん、大家さんにもおすすめです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

家の窓をミラー化するとどんなメリットがある?DIY方法は?

窓の日差しが強く、冷房の効きが悪いと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 また、窓の前に他...

万が一に備えて火災発生の避難訓練は大事!窓は閉めるべき?

一戸建て住宅や、アパート・マンションなどの火災を、テレビなどで見たことがありますよね。 実際に発生...

フローリングに傷が!賃貸物件の場合補修費用は借主負担?

賃貸アパートにおいて、フローリング張りの洋室がある物件は増えつつあります。 ここで気になるのが...

オール電化?ガス併用?変更するならどちらがよりお得なの?

わが家はオール電化と言ったら、うらやましいという言葉を聞きますが、なぜでしょうか。 そこで、オール電...

窓からの隙間風をなんとかしたい!防止する方法とは?

冬の寒い時期に窓からの隙間風があると、身に堪えますよね。 また、風の音が気になることもあります...

納戸に布団を収納したい!正しい収納方法はあるの?

最近はフローリングのみで和室がないお宅をよく見かけます。 和室がないともちろん押し入れもありま...

ニッチのある玄関をシール式タイルを使って素敵にDIY!

玄関などにあるちょっとしたくぼみ、いわゆるニッチをよく見かけるようになりました。 玄関ニッチは...

人気の窓用ガラスフィルムにもデメリットがある?

機能性に優れ、多彩なデザインを取り揃えた、窓用のガラスフィルムに注目が集まっています。 全面に貼...

猛暑の夏、窓の日よけや遮熱対策を部屋の内側でできる方法

ここ数年は、夏の最高気温がどんどん更新されていっています。 温暖化や異常気象とも言われています...

無機質なアルミサッシ窓の枠をDIYで木の枠に作り変えよう!

なかなか借り手が見つからない不動産をお持ちで、悩んでいる方はいらっしゃいませんか? もしかした...

窓でお悩みの新築予定の方へ!YKKとリクシルの窓を徹底比較

新築を予定していると、決めなければならないことがたくさんありますよね。 特に省エネ効果を左右す...

緊急事態はどう対応される?オートロックマンションで救急車

オートロックマンションのオートロックシステムは、住人がインターホンで来訪者を確認したうえで建物に...

窓をお洒落にDIY!100均グッズを使った簡単DIYをご紹介!

部屋の中を自分好みのインテリアで統一させても、窓だけはそのままの状態で、カーテンがついているだけ...

2階にキッチンを作る間取りプランのメリット、デメリット

家を建てるとき、キッチンやリビング、ダイニングなどは、以前は1階に作るのが当たり前でした。 皆さんも...

納戸の収納力をアップ!DIYで使いやすい空間にしよう

家の間取りの中によく見かけられる納戸は、ストック用品やシーズン用品など様々なものを収納できる場所...

スポンサーリンク

玄関のインターホンは簡単に交換できる?

テレビモニター付きのドアホンは、玄関まで行かなくても誰が来たのか分かり、映像を見ながら会話ができます。

誰が来たのか分かるので、特に一人暮らしの方には安心材料になるでしょう。

また、部屋の中で確認をすることができるので、年配の方や体の不自由な方にも便利です。

実際に、引っ越しを考えている人も、物件の条件として、テレビモニター付きのドアホンを希望する方が多いです。

インターホンを交換するだけで、新たな入居者を呼び込める可能性も十分あります。

既存のインターホンから、テレビモニター付きのドアホンに交換するには、2つ条件があります。

ひとつめは、コンセントからの給電がされているかどうかです。

現在使っているインターホンが、コンセントをつたって電源を取っていれば、電気工事士の資格などを持っていなくても、交換ができます。

電源からではなく、電池タイプのインターホンという場合も、テレビモニター付きのドアホンの周りにコンセントがあれば可能です。

延長コードなどを使ってコードを延ばし、交換していきます。

インターホンを簡単に交換できないケース

ふたつめの、インターホンを簡単に交換できる条件は、チャイムコードが配線されているかどうかです。

ひとつめの条件である、コンセントからの給電ができていたら、インターホンの裏側を見てみましょう。

そこには、チャイムコードという、1本のコードが配線されています。

多くのインターホンには、上記のチャイムコードが配線されているはずです。

ですが、付いていないことも考慮して、確認しましょう。

このとき、チャイムコードとは別に、VVFケーブル(白と黒のケーブル)という2本のケーブルが、直接接続されていることがあります。

その場合、電気工事士資格がないと交換ができません。

誤った方法で配線をしてしまうと、火災や感電の原因になり、とても危険です。

そのため、資格のない人は、自分で交換しないようにしましょう。

ほかにも、古いボタン式のチャイムが玄関に設置されているケースでは、自分で新しいインターホンに交換するのは、難しいです。

潔く、電気工事業者に設置を依頼し、新しく交換してもらいましょう。

玄関にある既存のインターホンの取り外し方

テレビモニター付きのドアホンの本体と説明書、プラスドライバーを用意しましょう。

説明書を読みながら、手順を追っていけば、簡単に取り付けられるはずです。

一般的なインターホンの交換の手順を、ご説明していきます。

まず、玄関側に取り付ける室外子機の交換です。

【インターホンの取り外し】

①プラスドライバーを使って、現在付いているインターホンを固定しているネジを緩めて、取り外します。

②取り外したインターホンの裏側を見ると、先ほどお伝えした、チャイムコードが接続されているかと思います。

こちらもプラスドライバーを使ってネジを緩め、既存のインターホン本体から取り外しましょう。

③子機を固定していた台座も、プラスドライバーを使用して、ビスを取り外しましょう。

これで、既存のインターホンの取り外しができました。

玄関の壁に残っているのは、チャイムコードだけの状態です。

なお、チャイムコードは微弱電流しか流れていないので、手で触れてしまったとしても、感電することはありません。

玄関側室子機の取り付け方

古いインターホンは取り外せたら、新しい子機を取り付けましょう。

【玄関側室子機の取り付け】

①新しい子機を箱から出すと、台座と子機がネジでくっ付いていることがあります。

そのときは、ドライバーでネジを取り外します。

そうしたら、玄関子機本体と固定用台座を分けましょう。

②玄関の外壁に固定用台座を取り付けます。

通常であれば、ビス穴の位置は以前、開いていた場所と一致します。

そのため、その位置に台座を合わせれば、付属のビスとドライバーで、外壁に固定できるはずです。

もしも、ビス穴の位置が以前の場所と異なる場合は、ドリルビスなどを使い、外壁に取り付ける必要があります。

③新しい玄関子機にチャイムコードを接続します。

子機の裏側にある固定ネジを緩めます。

そうすると、金具の台座が下がるので、そこにコードを差すことができます。

コードを差せたら、固定ネジを締め直します。

引っ張っても抜けてしまわないように、ネジをよく締めて、固定してください。

④最後に、固定した台座に玄関子機をはめて、ネジで固定します。

以上で、玄関子機の交換は完了です。

室内側インターホンの取り外し方

室外子機の交換が完了したら、続いて室内側のインターホンの交換を行いましょう。

こちらも、先ほどの玄関側室子機の取り付け手順ができていれば、簡単に交換ができます。

【室内側インターホンの取り外し】

①使っているインターホンを取り外していきましょう。

ほとんどのメーカーや機種は、上に持ち上げるように動かすと、簡単に外すことができます。

②インターホンの本体に付いているチャイムコードを、ドライバーを使って、ネジを取り外していきます。

③固定金具に付いているネジを緩めて、固定金具を外します。

固定金具ですが、ボード用金具を使って、挟み込むように設置されていることがあります。

このときに気をつけたいのが、ネジを外すときは、ボード用金具が壁裏に落下しないようにすることです。

そのため、金具を手で支えながら作業することが肝心です。

万が一落としてしまった場合は、壁裏から取り出すことは難しいので、ホームセンターなどで新しく購入しましょう。

室内側モニターの交換

新しいモニターを室内に取り付けていきましょう。

【室内側モニターの交換方法】

①固定金具とボード用金具の間にネジを通して、壁に固定します。

②ドアホンのモニターの裏側を見て、チャイムコードを差し込む場所を確認し、取り付けます。

チャイムコードは細かい銅線が束になっているので、先端を手でねじってから差し込むと、差し込みやすくなります。

こちらも、引っ張っても抜けてしまわないように、しっかりとドライバーでネジを締めて固定します。

③チャイムコードが接続できたら、取付金具にモニターをセットしてください。

④コンセントに電源コードを差し、モニターの画面が映るか確認します。

玄関の外の風景が移れば完了です。

チャイムコードの接続ができていないと、モニターに映像が映らない場合があります。

画面に映像が映らなかったり、音声が聞こえない場合は、室外と室内のチャイムコードの接続を再確認してみてください。

これにて、インターホンからテレビモニター付きのドアホンに無事に交換ができました。

使う道具もプラスドライバーだけなので、取り付けられる条件さえ揃えば、簡単に交換ができますよ。

プラスドライバーさえあれば取り付けられる

いかがでしたでしょうか。

難しい作業ではないので、きちんと手順をおっていけば、どなたでもインターホンの交換ができます。

テレビモニター付きのドアホンで、入居者を増やしてみませんか?

ちょっとしたことでも、「ここに住みたい」と思える材料になります。

ぜひ、検討してみてくださいね。

 - マンション, 住まい, 修理・修繕・補修