居住候補のマンションがオートロックの場合は暗証番号に注意

これから一人暮らしを開始するにあたり、防犯性や安全面を考えて、オートロックマンションに住みたいと思っている人もいるでしょう。

男女ともに、オートロック付きマンションは人気があります。

しかし、鍵や暗証番号を忘れて、エントランスの外に出てしまうなどの事態もあります。

今回は、そんなときの対処方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートで水漏れが起きてしまった!その原因と対処法は?

アパートに住んでいると、水漏れトラブルに遭うケースも珍しくありません。帰宅して部屋が水浸しに...

アパートの火災保険は加入義務あり?入らないとどうなるの?

アパートやマンションなど賃貸物件を借りる時にネックとなってしまうのが初期費用です。初期費...

アパートの「壁ドン」トラブルは警察に相談するべきか

アパートにお住まいの方は、隣に住む人から「壁ドン」された経験がある方もいるでしょう。「壁ドン...

rc造の住宅は安心といえるのか?構造の特徴と壁厚について

rc造とは、住宅などの建物の造り方の名称です。柱や梁、または壁などの主要構造部に鉄筋の入ったコン...

アパートの水漏れは大家さんに相談!原因別支払い負担の違い

アパートは大家さんなどの所有物のため、トラブルを防ぐためにも借主は節度を持った行動が求められます...

アパートの管理費とは?家賃や管理費に消費税はかかる?

賃貸アパートに入居するため物件を探していると、物件によっては家賃の他に支払う項目として管理費・共...

家屋番号の調べ方!マンションを相続するための必要事項

家屋番号というのをご存知ですか?家屋番号というのは、「不動産登記法」という不動産に関する法...

アパートのポストの種類ごとに開け方やメリットなどを解説!

アパートやマンションなど集合住宅では、ほとんどの物件で入口に集合ポストが設置されています。最...

アパート暮らしで気になるドアの開閉音!どうしたら良い?

アパートのような集合住宅では、生活音が気になりますよね。音を出している本人はそれほどでもない...

アパートの電気代の平均額は!?電気代が安くなる余地アリ!

電気代の平均額はご存知ですか?同じアパートに住んでいても、建築の構造であったり、生活スタイル...

アパートの鍵を紛失してしまった!こんなときどうしたら?

アパートの自室前で「あれ?鍵がない」と焦った経験はありませんか。アパートの鍵の紛失は、一戸建て...

オートロックの開け方がわからない場合の対処法をご紹介

マンションに住んでいる方には当たり前のオートロックですが、一人暮らしを始めたばかりでその開け方がわか...

アパートの管理会社に騒音トラブルの対応をしてもらう方法

様々な年齢、職業の方が一緒に住むアパートやマンションでは、常日頃から様々なトラブルが起こります。...

オール電化?ガス併用?変更するならどちらがよりお得なの?

わが家はオール電化と言ったら、うらやましいという言葉を聞きますが、なぜでしょうか。そこで、オール電...

アパートの雨漏りはだれが負担する?保険は適用される?

賃貸アパートのトラブルの一つに、雨漏りがあります。このような雨漏りの修理は、入居者または大家どち...

スポンサーリンク

オートロックマンションのメリット

暗証番号をピッピッと入力すれば、簡単に家の中に入れるオートロック付きのマンションに、住んでみたいと思う人は多くいるはずです。

オートロックマンションには、以下のようなメリットがあります。

●建物自体がしっかり作られている
●セールスマンとの接触回数が減る
●不審者が少なく、防犯によい

では、それぞれを細かくみていきましょう。

まず、オートロックマンションは、基本的に鉄筋コンクリートで作られている場合が多いです。

鉄筋コンクリートは、耐震性・耐火性・断熱性・気密性・耐久性・遮音性に優れています。

特に、遮音性は同じ条件の木造と比較しても約10倍と高く、賃貸マンションでは、よくありがちな隣人との騒音トラブル回避にも効果的です。

次に、オートロックでは、セールスマンと直接会話することを、圧倒的に減らすことができます。

セールスマンは、オートロック越しに会話をするしかないので、強行突破はできません。

そのため、押しに弱い女性でも、断ることができるでしょう。

さらに、オートロックのマンション内には、管理人が常駐していることが多いこともメリットです。

万が一、変質者が現れても、管理人が対処してくれるはずです。

あとは、ご自身で鍵や暗証番号の管理をしっかりと行うことで、セキュリティが強化できます。

オートロックマンションのデメリット

ここでは、オートロック付きのマンションのデメリットについてお話します。

●場合によっては防犯面が危うい
●部屋に入るまでが手間
●家賃や共益費が高い

オートロックマンションと聞くと、防犯性が優れているイメージがありますよね。

残念ながら現実は、思っている以上に、防犯性が向上するということはないようです。

マンションには、鍵がなくてもロックを解除できる暗証番号があります。

設定されている暗証番号によっては、適当な数字を入力して、それがビンゴで開いてしまう場合もあるのです。

また、暗証番号は極秘にしているつもりでも、不思議なことに自然と知れ渡ってしまうことがあるのです。

普通のマンションと比較したら、防犯性は高いですが、完璧ではないのです。

また、オートロックマンションは、基本的に管理費が高いことも忘れてはいけません。

建物の造りがしっかりしているので、部屋の家賃も高く設定されています。

いくら素敵な物件でも、家賃を滞納することなく支払っていけるか、しっかりと考えておきましょう。

以上のことを、物件選びの際には、頭に入れておくと良いでしょう。

暗証番号式などあるオートロックの種類

オートロックには、色々なメリット・デメリットがあります。

賃貸マンションを探す際には、鍵の種類やオートロックの種類も知っておいたほうが有益です。

そこで、オートロックと鍵の種類について、ご説明していきます。

●暗証番号式

0から9までのテンキーで設定された、暗証番号を入れて開錠するタイプです。

鍵やカードがいらないので、暗証番号さえ覚えていれば、締め出し状態にならないのが利点です。

居住者自身が個人で設定できる場合と、全員が一律で同じ番号を使う場合があります。

連続して暗証番号を誤って入力してしまうと、ある一定時間を過ぎないと、部屋に入れないこともあります。

したがって、暗証番号を正確に覚えて、管理をしなければいけません。

●集合キー式

部屋についているシリンダー錠用の鍵と同様のもので、エントランスを開錠できます。

オートロックの中でも、集合キー式は、広く普及しています。

しかし、集合キー式のオートロックは、他の居住者のドアでも開きます。

そのため、鍵のパターンが一致すれば、開いてしまう難点もあります。

●カードキー式

磁気カード式と、非接触ICカード式があります。

非接触ICカード式は、小型のIC認証カードを使って開錠するタイプです。

オートロックマンションの部屋の暗証番号を忘れてしまったら

前項でご説明したオートロックのシステムは、いくつかの種類があります。

オートロックマンションの居住者の中には、オートロックだから安心だと考え、ゴミ出しなどの際に、鍵をかけないで出てしまう人がいます。

鍵を持たずに出てしまうと、どうなってしまうか簡単に想像できますね。

ドラマなどでもよくあるように、ロックが掛かってしまい、部屋から閉め出されてしまいます。

鍵や暗証番号を忘れてしまったら、焦ってしまいますが、どうしたらよいのでしょうか。

暗証番号をうっかり忘れてしまったという場合は、管理人さんや大家さんに連絡をして、教えてもらう方法をとりましょう。

管理人さんがいる時間帯なら、その場で説明して開けてもらえます。

しかし、この事態が起きたのが夜間などで、携帯や財布も持たずに手ぶらだったりすると、連絡する手段がなくなってしまいます。

その場合は、他の居住者が出入りするのを待機するか、同じマンション内の知り合いを頼ってみると良いでしょう。

「○号室に住んでいる○○と申しますが、鍵を部屋に忘れてしまい、中に入れなくなってしまい困っています。」

といった感じで、助けを求めてみましょう。

後日、助けてくれた方へ、お礼に伺うことを忘れずに。

このような緊急事態のためにも、日頃から友好な人間関係を作っておくと安心できます。

何はともあれ、オートロックマンションに住むうえで、大事な暗証番号は忘れないようにしたいものですね。

マンションのオートロックの暗証番号は変更しよう

防犯対策のために、新しく建築されるほとんどのマンションには、オートロックシステムが付いています。

マンションのオートロックを開ける大事な暗証番号について、気をつけて欲しいことをお伝えします。

アイホン製のオートロックは、出荷時の暗証番号に設定されています。

賃貸で、大家さんや管理会社の管理が、きちんとされていない物件では、暗証番号設定を変更していない場合があります。

つまり、出荷時の暗証番号を入力すると、開錠されてしまうことが少なくないのです。

次に、暗証番号が変更されているにもかかわらず、設定した暗証番号にヒットして、開錠されてしまう物件例をご紹介します。

テンキーのボタンをよく見ると、特定のボタンだけ磨耗していることがあります。

それは、4個の数字と「*」ボタン、または「呼」ボタンです。

アイホン製の場合は「呼○○○○」、アイホン製以外の場合は「*○○○○」。

磨耗している4個の数字を組み合わせて押してみると、いずれかのパターンで開錠してしまいます。

空き巣などを繰り返している犯罪者は、このパターンを簡単に見抜くと言われています。

分かりやすい暗証番号を設定してしまうと、開錠されてしまう可能性もあるというリスクを、考えておく必要があります。

個人で暗証番号を設定できる場合は、自分だけしか絶対に分からない暗証番号にしましょう。

易々と犯罪者の侵入を許してしまわないように、対策をとることが大切です。

オートロックのマンションを内見する際のポイント

マンションのオートロック付き物件を内見する段階で、確認できるポイントも、ぜひ押さえておきましょう。

内見というと、内装や間取りなど、物件内部のチェックに目がいきがちです。

セキュリティを高めるためにも、確認しておくべきポイントがあります。

どんな部分を確認すべきか、まとめてみました。

●監視カメラの有無

最近では、万が一のために、車にもドライブレコーダーを搭載している人が増えました。

マンション内にも監視カメラがあるか、また角度などの確認も怠らないようにしましょう。

●集合ドア、共用玄関以外からの侵入経路の有無

オートロックシステムがある物件においても、非常階段の塀や手すりが、腰くらいの高さしかない場合があります。

これでは楽々と侵入可能となってしまうので、このような場所がないか、必ずチェックしておきましょう。

●勝手口が開放されていないか

他のセキュリティが完璧だったとしても、建物の裏の勝手口が開放されていれば、せっかくのオートロックが台無しになってしまいます。

多くの人が誤解しがちなポイントですが、一般的な物件とオートロック付き物件の違いは、建物内に共用玄関のドアがあり、施錠されていることでしかありません。

オートロックのシリンダー錠はピッキング、暗証番号は推測しやすかったり、情報漏れの心配もあるのです。

どんなに堅牢なオートロック共用玄関でも、個人の部屋のドアのセキュリティが緩いと、ほとんど意味をなしません。

オートロックを過信して、部屋に鍵をかけずに出掛けるのは、絶対にやめましょう。

オートロック物件に過度の安心は禁物

無関係者の遮断や、部外者による敷地内侵入の抑止効果を得られ、安心感抜群な気がするオートロック物件。

しかし、侵入リスクを皆無にすることはできません。

オートロック物件のリスクと対策を考慮して、物件を選ぶようにしましょう。

住み始めてからも、オートロック機能を賢く活用して、さらに防犯対策を怠らないようにして、安心できる住まい作りを行いましょう。