アパート管理費の内容は?アパート内の掃除費用も含まれる?

アパートに住む契約をすると、入居者に毎月、住居費用として、家賃・管理費・共益費などを支払ってもらいますよね。

なぜ、このように、さまざまな項目が分かれているのでしょうか。

また、アパートの掃除は、管理費に含まれるのかどうかも、気になりますよね。

大家さんが掃除を行うことのメリットについても、お話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートを建てるためにはどのくらいの予算が必要なのか

投資のひとつとして、アパート経営が注目されています。アパートを建てるために必要なのが予算ですが、...

賃貸アパートの契約期間とは?2年ごとに更新する理由は?

賃貸アパートに住んでいる方ならご存知かと思いますが、アパートに住むと、「2年」ごとに更新手続きを...

定められている基本的な窓の寸法と規格について再確認しよう

部屋を借りたいと考えている人たちが重要視するポイントは幾つかありますが、部屋を見た瞬間の第一印象...

アパートにガスコンロを設置!サイズと合わせて機能にも注目

アパートに入居する際、冷蔵庫や洗濯機、ガスコンロなどの生活必需品とも言えるアイテムを購入して設置...

賃貸の壁紙の張り替え費用は誰が負担する?安く済ませる方法

賃貸物件にお住まいの方が、退去することになった場合、基本的には原状回復を行う必要があります。...

ロフトベッドは便利!賃貸でも置くことはできるの?

高いところに寝ると、なんだか落ち着きますよね。ハンモックもそうですし、映画などで見る木の上の...

アパートの部屋番号のつけ方には一定のルールはあるのか?

アパートの住所は、同じアパートであれば番地まではみんな同じですね。1階の部屋と2階の部屋の違...

人生最大の買い物で失敗したくない!大きな金額だから慎重に

人生最大の買い物といえば、もちろん「家」ですよね。多くの人は、マイホームにあこがれを持っています...

引っ越しのため敷金を返金してほしい!いつまでにもらえる?

転勤などで、今住んでいるところから新しい賃貸物件に引っ越しすることがありますよね。入居の際に...

賃貸でも諦めない!内装を白くておしゃれな家にする方法!

原状回復が原則である賃貸物件では、内装に手を加えることはなかなか難しいですよね。しかし、内装...

殺風景な窓や壁をDIYでおしゃれに!今すぐトライ!簡単DIY術

賃貸物件にお住まいであれば、いわゆるデザイナーズ物件でもない限り、窓や壁は殺風景であることがほと...

アパートのインテリアをシンプルにしたら家賃収入UP!?

アパートは、築年数が古くなるとどうしても入居者が減ってしまいます。そのため、築浅の物件より家...

ローコストアパートを建てる。低い金額には理由があった

アパートを経営するにあたって、出来るだけ低い金額でアパートを建てたいと考えるオーナーもいます。...

アパートでの隣人トラブルはどうしたら避けられる?

アパートに住んでいると、思いもよらないことで隣人トラブルに巻き込まれることがあります。こちら...

窓に貼ったステッカーで車検が通らない!車検証がいる時とは

車の窓ガラスにルールがあるのをご存知でしょうか。窓ガラスだけでなく、車には意外と知られていな...

スポンサーリンク

アパートの家賃設定

借主がアパートなどの賃貸物件を借りるときは、毎月決まった金額を支払う契約をします。

その費用として、まず「家賃」があります。

これは、部屋の使用費用で、おそらく大家さんは、地域の家賃相場を元に決めていくことになるでしょう。

一般的には、毎月の家賃が安い物件に人気が集まります。

住居を決める判断材料として、家賃価格を見る人が多いですし、できるだけ費用を抑えたいのが人間の心理ですよね。

設定する家賃費用は、ほかの物件との競争力を、大きく左右する要素です。

しかし、家賃を安くすれば良いのかというと、全てがそうではありません。

大家さんが設定した家賃価格は、入居者の属性に影響してくることも多いからです。

家賃を高く設定している物件の住人は、経済力があることから、家賃未納などの支払いトラブルが起こりにくい傾向があります。

また、一人暮らしの女性や小さい子供のいる家庭では、セキュリティ面にコストを惜しまない人もいます。

毎月の家賃が安いことを売りにする方法もありますが、多少家賃が高くても、アパートのセキュリティを売りにすることも、有効な方法と言えるでしょう。

次では、管理費についてお話します。

管理費は、アパート内を掃除する費用は含まれるのでしょうか。

アパートの管理費はどう使う?

入居者が毎月支払う費用の項目に、管理費というものがあります。

管理費とは、その名を見てお分かりいただけるように、アパートの管理するために使われる費用のことです。

例えば、大家さんがアパートの管理を不動産業者に依頼をすれば、毎月約5~6%の手数料が掛かります。

この手数料を管理費として、入居者に負担してもらうシステムなのです。

管理費の内容は、電灯やインターホンの修繕費。

掃除業者への委託費用など、いろいろな場面で使っていきます。

管理費とは、部屋の設備維持のために使用する費用というわけです。

また、アパートでは当てはまる物件は少ないですが、管理人を雇っている物件の場合も、人件費として管理費に充てることもできます。

こうしたことから、管理費をどのくらいに設定し、どう使うかに決まりはありません。

大家さん次第というわけです。

アパートの共益費ってなに?管理費と違うの?

管理費と同じ項目として、共益費があります。

外観の修理や、外壁や屋根の修繕費、アパート全体の設備などに使用される費用です。

アパートの共用スペースの維持のために、使用する費用というわけです。

管理費と共益費の明確な違いはなく、2つとも物件の維持管理に使っていく費用になります。

あくまでも、便宜上で呼び方を変えているだけです。

そのため、管理費と共益費の両方を徴収しないようにしましょう。

「入居者に毎月支払ってもらう費用」とするならば、家賃や管理費、共益費を分けずに、全て家賃で徴収すれば良いのではないかと思いますよね。

ですが、この管理費や共益費の項目があるだけで、入居者には嬉しいメリットが発生します。

例えば、「家賃5万円・管理費0円」のAアパート、「家賃4万5千円・管理費5千円」のBアパートがあるとします。

どちらも、毎月支払う金額は5万円ですが、入居時に支払う敷金や礼金、仲介手数料は一般的に「家賃〇ヶ月分」として計算されます。

前家賃1ヶ月+敷金1ヶ月+礼金1ヶ月+仲介手数料1ヶ月での請求の場合、Aアパートは20万円。

Bアパートの場合は18万円と、管理費0円のAアパートに比べて、2万円も差額が生まれます。

入居者にとって2万円は、大きい金額です。

こうしたメリットを売りにするべく、管理費を設けている大家さんもいます。

また、家賃自体の金額が安く見える効果も期待できます。

管理費や共益費を入居者に支払ってもらっている場合、アパートの管理維持する義務が生じます。

ということは、アパートの掃除は大家さん、または依頼している不動産業者が請け負うということになります。

管理費を不動産会社に支払っていても大家さんで掃除してみよう

大家さんがアパートの管理を不動産業者に依頼していても、入居者から管理費を請求していれば毎月の手数料も掛からず、アパート内の掃除もお願いできます。

依頼することで管理する手間も掛からないことから、管理会社に任せたままの大家さんもいらっしゃることでしょう。

しかし、時には、大家さん自らアパートの掃除をすることも、大切なことです。

なぜなら、アパートと向き合う時間が作れるからです。

車をお持ちの方ならピンとくるかもしれませんが、自ら洗車をすることによって、細かい傷や汚れを同時に観察することができますよね。

他人に洗車を依頼した場合は、おそらく、そこまで細かくは観察しないでしょう。

アパート管理も、同じことが言えるのではないでしょうか。

プロの清掃会社とは違った目線で、大家さんならではの気付きが、たくさんあるはずです。

また、きちんと管理されていると思っていても、入居者は不満に思っていることもあり得ます。

こうした入居者の声を、直に聴くチャンスでもあります。

ときおり、掃除がてら、アパートの状態を確認してみては、いかがでしょうか。

大家さんがアパートの掃除を長続きさせるコツ

では、掃除をしていきましょう。

大切なことは、アパートの住人の気持ちになって行うことです。

これこそ、大家さんにしかできないことではないでしょうか。

管理費を不動産業者に依頼しないで、ご自身で掃除をしたいという大家さんも必見です。

掃除というと、少々面倒な作業にも思えます。

はじめだけ掃除して、後々やらなくなってしまうようでは、住人の信頼も下がってしまいますよね。

そこで、長続きできて、効率良くできる掃除のコツをご紹介します。

最初のコツは、長続きのコツです。

それは、時間を決めて掃除をすることです。

清掃会社に依頼している場合は、大掃除になることはありませんから、1~2週間を目安に掃除をしましょう。

掃除をし始めると、2~3時間ほどあっという間に掛かってしまいます。

これが負担になり、長続きしない原因になってしまいます。

おすすめは、タイマーを使って掃除する方法です。

ピピッとタイマーが鳴ったら、きりの良いところで手を止めます。

1ヶ月に1回まとめて2時間掃除をするよりも、1週間に1回こまめに30分掃除をするほうが、1回の負担も少なくなるはずです。

次は、効率良くできるコツです。

それは、掃除をする場所の計画を立てることです。

すべての場所を30分で終わらせることは、困難です。

1週間目は廊下の掃除、2週間目は駐車場など、週替わりで掃除をする場所を決めておくと、効率良く作業が行えます。

アパートに隣接する場所はだれが掃除するの?

家賃や管理費、共益費を入居者に支払っていただきながら、アパート内の管理や維持をしていきます。

アパート内のことならば、所有者である大家さんや管理会社が行います。

しかし、アパートに隣接している道路が汚かったり、修繕が必要な場合は、だれが行うのでしょうか。

道路は、国道・県道・市道・私道があります。

端的に言えば、これらの道路でも、所有者が管理していかなければなりません。

国道や県道、市道は管理者である地方自治体などが、掃除や修繕をすることになります。

こういったアパートに隣接する道路などが汚れていたときは、市役所などに連絡をして、相談してみましょう。

私道も、所有者に管理責任が問われます。

ただ、数世帯の共同で所有していることが多いです。

各家の前を掃除してもらうなどのルールを決めたり、定期的に清掃活動を行うといった方法で、解決していきましょう。

もし、アパートの前の道路が私道で、所有者が大家さんであれば、大家さんまたは不動産会社が掃除を行います。

大切な費用

家賃を下げて入居者を集める方法が悪いわけではありませんが、管理の行き届いている物件に住みたいと考える方は多いです。

こうしたアパートの管理をしていくには、管理費用が必要になってきます。

管理に必要な費用を、住人からどんな形で支払ってもらうのか、決める必要があります。

住人に支払ってもらう、大切な費用です。

アパート維持のため、有効に使っていきましょう。