窓の隙間風対策!暖かさをキープするニトリのオススメ4選!

冬の寒い日、みなさんの部屋の暖房は、ちゃんと暖めてくれていますか?

「そう言われてみると、なかなか部屋が暖まらないなぁ…?」と思った方、それは窓からの隙間風に原因があるかもしれません。

実は隙間風というのは、窓がある以上、必ず発生してしまっているやっかいなものというのをご存知でしょうか?

今回は、大手の家具小売店であるニトリの商品による隙間風対策をご提案いたします。

いつまでも部屋が寒いと不思議に思われている方、必見です!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋に蜘蛛が!白い蜘蛛は有害?無害?

「部屋の掃除をしていたら白い蜘蛛を見つけて思わず駆除してしまった!」という人も少なくないでしょう。...

窓からの転落防止に自分で取り付けられるお勧めDIYグッズ!

小さい子どもがいると、窓からの転落事故は怖いですね。特に団地やアパート、マンションの上階...

布団用洗濯バサミは代用できる?知っておきたいマメ知識

雲一つない青空を見ると、思わず布団を干したくなります。布団を干すときに使う、布団用洗濯バサミを...

玄関前の階段をタイル張りに!選び方や施工方法をご紹介!

突然ですが、皆さんの家の玄関前の階段は、タイル張りですか?玄関の階段にタイルが張ってあると、高級...

窓には「遮熱フィルム」と「ペアガラス」どちらが有効?

冷暖房の効率を上げるには、「窓」の見直しが重要です。家の壁には断熱材を使って断熱対策がで...

木造アパートの新築工事!業者にできる騒音の対処法とは?

皆さんは、木造アパートの新築工事を、近所で見かけることはありませんか?一時より落ち着いたとはいえ...

窓から聞こえる音が気になる!原因は隙間風?対策方法とは?

「窓は閉めているはずなのに隙間風や笛のような音がする」ということはありませんか。昼間ならまだ我...

空き巣被害を避けたい!窓を防犯しながら換気する方法は?

誰がいつ遭ってもおかしくない盗難や空き巣被害。最近人気のオートロック物件など、マンションの防...

隣人の騒音をどうにかしたい!警察には通報していいの?

複数の家庭が、ひとつ屋根の下で暮らす賃貸物件では、「騒音トラブル」が少なくありません。今現在...

家に蜘蛛などの害虫が!どこから侵入する?駆除は誰が行う?

一軒家に限らずアパート・マンションなどでも、蜘蛛やゴキブリなどの害虫がたびたび部屋に出没することが...

納戸の収納力をアップ!DIYで使いやすい空間にしよう

家の間取りの中によく見かけられる納戸は、ストック用品やシーズン用品など様々なものを収納できる場所...

木造賃貸住宅にまつわるお悩み解決!自分でできる防音対策

木造賃貸住宅にまつわる悩み事の中で、特に生活に影響が出るのが音の問題です。こちらが隣家に迷惑...

賃貸は凍えるほど寒い?窓の冷気にはカーテンで対抗しよう

入居者の間でささやかれている「冬場の賃貸の部屋は凍えるほど寒い!」という言葉をオーナーさんは聞い...

日常のお手入れが肝心!すぐできる窓サッシ簡単掃除術!

窓サッシは、外からの土埃や汚れ、家の中の埃やゴミなどが原因で気がつかないうちに汚くなってしまうこ...

窓に対策を!隙間テープの貼る位置はどこがいい?

お部屋の中で最も大きい開口部である窓からは、隙間風や虫、花粉、音などが入ってきます。これらの...

スポンサーリンク

どんな窓でも必ず隙間は存在する!?隙間風対策の基本は冷気をシャットアウトすることから

隙間風というのは、読んで字のごとく隙間から入り込む風のことです。

窓と窓枠の隙間から冷たい空気が入り込むというパターンが多いかと思います。

春や秋などはほとんど気にならないとしても、寒い冬の隙間風などは早い段階でなんとかしたいものですね。

ちなみに、窓である以上、隙間風というものは多かれ少なかれ必ず発生します。

窓には、ガラスなどの「障子」と呼ばれるものが窓枠にはめ込まれているため、そこに隙間が発生しているのです。

これらの隙間は、長年の経過によって建物がわずかに歪んで増加しているのも決して珍しくありません。

それらは、人の目では気づかないレベルの隙間となっているため「部屋が暖まらない」ということになっていくのです。

いずれにせよ隙間風対策の基本は、隙間から入り込む冷気をいかにしてシャットアウトするかということに尽きるといえます。

今回は、今や世界的な企業となったインテリア家具の小売店であるニトリの商品を利用した隙間風対策をご紹介します。

隙間風対策の基本は原因の箇所を突きとめること

隙間風対策は隙間が生じている場所を突き止めることから始めます。

簡単でオススメな方法は、お線香などの煙を利用するやり方です。

隙間風が入り込んでいるであろうと思われる箇所に火のついたお線香を近づけます。

煙が風で揺らげば、そこから隙間風が入り込んでいるということです。

しかし、前述のとおり、そもそも窓には、必ず隙間風が発生します。

戸先であれば、テープタイプのクッション材で簡単に対処できるでしょう。

しかし、レール部分からの隙間風は動く部分でもあるので、隙間風対策は比較的に困難といえます。

一番確実なのは、やはり窓のリフォームです。

フレーム部分からそっくりそのまま断熱性能の高い窓に取替えたり、内側に二重窓を設置するなどの方法があります。

しかし、費用や手間を考えるとなかなかそうもいかないのが現状といえるでしょう。

そこで、オススメなのが、比較的安価で設置できる数々の断熱効果を高めてくれる商品です。

では、ニトリでオススメの隙間風対策に最適な商品をご紹介しましょう!

豊富な品揃え!ニトリの遮光カーテンは窓の隙間風対策には最適なアイテム

カーテンの一般的な使い方は、主に窓からの光を遮るために利用されます。

夜に寝る時のプライバシー保護の目的や、明け方の光を遮りたい場合などには必須のアイテムです。

特に、完璧な遮光性のあるカーテンなどは、一度利用したらやめることはできないでしょう。

ところで、光を遮る効果が高いからといって、「隙間風対策にはならないのではないか?」と疑問を持たれている人もいると思います。

確かにその通りなのですが、実は遮光カーテンは隙間風対策にかなりの効果を発揮できる物なのです。

遮光カーテンは、隙間風として侵入した冷気をカーテンで遮る効果があります。

同時に、部屋の気温をカーテンから外側に逃すことなく、部屋の暖かさをそのままに保ってくれるのです。

つまり、カーテンを境に、部屋側は暖かい温度、窓側は冷たい温度を保持する役割となります。

おすすめの遮光カーテンをご紹介します。

ニトリ:裏地付き遮光1級・遮熱カーテン 幅100cm×高140cm×2枚 5,990円(税込)

こちらの商品は、遮光性、遮音性、断熱性において優れた性能を誇ります。

遮光1級と表記されており、なんと99.99%の遮光率です。

また、同時に断熱性にも高い効果が期待できます。

形状記憶加工が施されており、家庭用の洗濯機で丸洗いが可能なところも魅力の1つです。

色、柄、サイズともに、多数のラインナップが取り揃えられています。

ニトリのレースカーテン「エコオアシス」で室内を「目隠し」しながら窓の隙間風対策

遮光カーテンに比べてレースのカーテンの利点は、程よい採光をしつつ、適度の遮光・遮熱ができるという部分です。

直射日光を遮りながら適度に光を取り入れられるのは、暮らす人にとって有り難い存在といえるでしょう。

反面、完全な遮光や断熱は目的にしておらず、どちらかというと、いかに快適な日射を取り入れられるか、という部分に重点を置いているのがレースのカーテンです。

ニトリ:遮熱・保温・遮像・ミラー レースカーテン エコオアシス 幅100cm×高138cm×2枚) 2,990円(税込)

こちらのニトリのレースカーテン・エコオアシスには、これまでの遮光や遮熱の他に、保温効果がプラスされました。

つまり、窓の隙間から入り込んでしまった冷気を、レースカーテンが遮ることで断熱効果を高めているのです。

これは、原料に断熱性の高い特殊繊維を使用して作るためで、それによりこのような効果が得られています。

その特殊繊維とは、ニトリが、衣料・繊維メーカーのTEIJINと共同開発した、特殊な金属酸化物を練りこんだポリエステル糸繊維のことです。

これにより、断熱効果が高くなり、暖かい空気を屋外に逃しにくく、そして、冷たい冷気を屋内に入れにくい、快適な環境を保つことができるのです。

もちろん、夏場はエアコンの涼しい温度を保持する効果もあります。

目隠し・ミラー効果も高いため、プライバシーの部分にも配慮されているカーテンです。

サイズは、多数の既製サイズが用意されている他、オーダーメイドも可能です。

遮光カーテンとともに設置をすれば、かなりの隙間風対策が期待できるでしょう。

もっとも手頃に取り付けが可能なニトリの隙間風対策グッズ!窓断熱ボード

8mmの厚さのある発泡ポリエチレンから作られた断熱材をご紹介します。

ニトリ:冷気ストップボード 60cm

498円(税込)

窓に貼り付けるというよりも、密着させるように窓の前に置き、それを吸盤で固定する方法で使用します。

よって、これを装着したまま、窓の開閉はできません。

というよりも、断熱を最重要視し、あえて窓の開閉は考えずに作られているのです。

下のレール部分から入り込んだ冷気を、このボードと窓ガラスの間に滞留させ、冷気を室内に入り込みにくくする方法になります。

室内がより暖まりやすくなり、同時に暖かい空気を外に逃しにくくなるのです。

これにより暖房費の節約にもつながるのと、さらには地球温暖化防止にも貢献できます。

サイズは高さ45cmと60cmがあり、幅は190cmの窓まで使用可能です。

幅が190cm以下の窓に使用する場合は、カッターで切って使用してください。

カッターの方が綺麗に切れるので、ハサミの使用はあまりオススメしません。

色はネイビーとレッドが用意されていますので、好みの方を選びましょう。

ニトリで買える隙間風対策の商品の中では、もっとも手頃に設置できる商品といって良いでしょう。

カーテンをまくってマグネットで固定!お手頃なニトリの縦窓用シェードカーテン

ニトリのカーテンは、豊富な種類が用意されています。

こちらは、縦長の窓用に作られたシェードカーテンです。

ニトリ:マグネットシェード エクリア 幅35cm×高110cm 999円(税込)

シェードカーテンは夏場の遮熱対策を目的に使用される場合がほとんどです。

しかし、他のカーテンと同じように、外からの冷気をカーテンと窓の間に滞留させることで部屋に冷気を入れません。

つまり、隙間風対策にも十分な効果を発揮できるということです。

とはいえ、先に紹介した遮光カーテンやエコオアシスに比べると、そこまで高い断熱効果は正直期待できないかもしれません。

縦サイズをある程度お好みの長さに調整することも可能で、内蔵のマグネットを利用して固定できます。

用意されているサイズは、幅24cm、35cm、58cm、高さ110cmと150cmです。

そのため、このカーテンを使用する場合、基本的には上記サイズにマッチする窓にしか使用できませんので注意が必要です。

なお、取り付けには突っ張り棒を別途購入して使用しますので、特別な工事などは一切不要で、どなたでも簡単に取り付けが可能となります。

一番の魅力は金額がリーズナブルなところですね。

それぞれの商品を同時に使用してさらに窓の隙間風対策を高めよう!

以上、暖かい部屋をキープするための窓の隙間風対策、参考になりましたでしょうか?

遮光カーテン、レースカーテン、断熱ボードの3つは、引き違い窓などのいわゆるノーマルな窓に使用できます。

縦長の窓には、シェードカーテンの他、断熱ボードをカットしてサイズをあわせて使用できます。

つまり、それぞれを組み合わせて同時に利用することで、かなり高い断熱効果が得られるということです。

今回の記事を参考にして、ぜひ、断熱効果が高く、さらにはプライバシーにも配慮したお部屋を実現してください。