窓ステッカーをきれいに剥がすことができる剥がし方をご紹介

子どもがいると、窓ガラスにシールやステッカーを貼ることがあります。

窓ガラスの断熱や結露防止でもステッカーやシールを貼ることがあります。

シールやステッカーは、そのままにしておくと、窓ガラスが汚くなるだけでなく、剥がれなくなってしまいますね。

大掃除の時に一生懸命に剥がそうとしても、なかなか剥がすことができません。

頑固にも剥がれなくなってしまったステッカーやシールの簡単な剥がし方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロフトベッドは便利!賃貸でも置くことはできるの?

高いところに寝ると、なんだか落ち着きますよね。ハンモックもそうですし、映画などで見る木の上の...

窓の暑さ対策は簡単に貼れる窓ガラスフィルムがおすすめ!

窓からの直射日光が当たると、お部屋が暑くなってしまいますし、紫外線も気になりますよね。冬は部...

面倒な窓掃除を簡単に!洗剤がなくても代用できるものご紹介

窓掃除は、なかなか重い腰が上がらないという方も多いことでしょう。そんな面倒な窓掃除を、簡...

窓のレールにはストッパーを!一人暮らしでもできる防犯対策

一人暮らしで特にアパートの下層階に住んでいる方であれば、窓への防犯対策は重要です。しかし、防...

窓からの隙間風や音をなんとかしたい!原因別対策法を紹介!

寒い冬に窓からピューっと、冷たい隙間風が入ってくる、そんな経験はありませんか?また、隙間風の...

窓からの冷気が寒すぎる!100均でお金をかけずにできる対策

寒い季節、家の中で暖房をつけてくつろいでいても「なんだか寒い?」と感じたことはありませんか?...

部屋干しのにおい対策!窓付近に室内物干しを取り付けよう

賃貸住宅を探している際、ベランダがない物件が目に付くでしょう。そのような物件は、室内の窓付近...

お悩みの窓はDIYで壁化しよう!その方法と注意点とは?

家の中には、「ほとんど開けない窓」や「日差しがきつい窓」、「人目が気になる窓」など、ふさいでしま...

二重窓に交換する方法は?YKKAPの「プラマードU」がおすすめ

部屋で過ごしていて、少し冷暖房の効きが悪いと感じたことはありませんか。また、屋外の音をうるさ...

自分でできる窓の断熱方法!エアコンを効率よく使おう

寒い時期になると、エアコンや電気ストーブ、こたつなどの暖房をほぼ毎日使用しますよね。主にエア...

窓のハンドルトラブル!自分で修理する方法や注意点

窓のなかには、開閉方法にハンドルを使うタイプのものがあります。とてもおしゃれな反面、強度...

窓の防犯対策に窓ロックがおすすめ!特徴と使い方を徹底解説

換気のために、部屋の窓を少しだけ開けることはよくありますよね。その時に、鍵ができないことから...

簡単にできる窓の防寒対策にDIYでチャレンジしてみよう!

バスや電車の窓際の座席などに座っていて、「窓に近い方の手足がやけに冷えるな」と思ったことはないでし...

窓のガタつきや隙間風は戸車が原因?それ自分で調整出来る!

窓のガタつきや隙間風が気になっていませんか。その原因は、戸車かもしれません。窓の下に付い...

窓用の目隠シールを100均で買っていろいろアレンジしよう!

100均ショップは、今や私たちの生活に欠かせないものとなっています。皆さんのお宅の近くにも、...

スポンサーリンク

窓にステッカーを貼る時は剥がすことを前提に

窓ガラスに結露防止や断熱のステッカーやシートを貼っておくと、結露を防止したり断熱の効果があります。

夏なら冷房効果を、冬なら暖房効果を上げます。

冬は結露の防止にもなり、カビやダニの発生を予防してくれますね。

しかし、結露防止のためのシールやステッカーの中には、吸水することで結露を防止するものがあります。

水分を吸ったままでは、カビの原因になりますので、数週間に一度取り換える必要があります。

その時に、水分を吸ったシートを剥がすことになりますね。

シートの中には窓全面に貼って結露を防止するものもあり、剥がす時はかなり大変です。

そのため、窓ガラスにステッカーやシートを貼る時には、剥がす時のことを考えて貼る必要があるのです。

ガラスだけに貼るなら良いですが、窓枠のゴムパッキンには貼らないように注意しましょう。

つい、「大きくカバーする方が効果が高いのではないか」と思ってしまいますが、窓枠のゴムパッキンに貼ると、パッキンの段差で逆に隙間ができてしまい、逆効果です。

また、窓枠にピッタリと貼り付けてしまうと、剥がすのが面倒になります。

全体に2~3mmほど隙間を開けておきましょう。

では、どんな風にシートやステッカー、シールを貼れば、きれいに剥がすことができるのでしょう。

さらに、どんな剥がし方なら、窓ガラスを傷付けることなく簡単に剥がせるのか、その方法も次の章からお伝えします。

剥がし方が簡単に!窓のステッカーの貼り方

ステッカーやシートを貼る時は、剥がすことを前提に貼りましょう。

すると、剥がし方がすごく簡単になります。

子どもがステッカーやシールを貼る時は、さすがに無理ですが、せめて断熱や結露防止のステッカーやシートは、予め準備をしてから貼ると後が楽になります。

まず、ステッカーを貼る時、窓ガラスの汚れをしっかりと落としましょう。

汚れが付いていると、ステッカーやシールもきれいに貼れません。

後で剥がす時も、汚れが残ることがあります。

ガラスをしっかり磨くと、それだけステッカーやシールもきれいに貼れますし、剥がす時も楽になります。

ガラスを磨くのは、普通の中性洗剤で大丈夫です。

しっかりと汚れを取ったら、窓ガラスを磨いてからシールやステッカーを貼ります。

すると、剥がす時も簡単に剥がしやすくなります。

また、ガラスに貼るステッカーやシートには、粘着力が強いものもあります。

ですが、汚れを取って、きれいなガラスに貼るとそれだけ接着面がきれいになりますので、剥がす時も熱を加えるだけで簡単に剥がすことができます。

昔ながらの窓ステッカーの剥がし方

昔から、ステッカーやシールの剥がし方として知られているのは、ステッカーやシールに熱湯をかけるという方法です。

熱湯をかけることで、シールに熱が加わり、さらにお湯で粘着物を溶かします。

しかし、窓ガラスに熱湯をかけるのは、ちょっと危ないですね。

そのため、熱湯をかけてステッカーやシールを剥がす時は、気を付けて行いましょう。

窓ガラスのステッカーを剥がす時、ガラスに熱湯をかけてしまうと床が水浸しになってしまいます。

そこで、熱湯ではなく湯気を当てる方法もあります。

やかんに湯を沸かしたら、やかんの口から出る湯気を当てます。

小さなシールの場合、やかんから出る湯気の熱と水蒸気で剥がすことができます。

面倒なようですが、熱湯をかける時と違い、下に湯が垂れて床が水浸しになることはありません。

しかし、やかんの口の蒸気でステッカーやシールの粘着を剥がしますので、あまり広い範囲で利用することができません。

また、冷めてしまったら効果がありません。

湯気を使ってステッカーやシールを剥がす時には、やけどにも注意してやってみてください。

ドライヤーを使った窓のステッカーの剥がし方

窓ガラスに貼ったシールやステッカーは、熱を加えると剥がしやすくなります。

貼ったばかりなら、ドライヤーを使って熱を当てると、きれいに剥がすことができます。

特に、窓に貼ったピンポイントのシールやステッカーは、それだけで簡単に剥がせます。

ドライヤーは、色々な部分に貼り付いてしまったシールやステッカーを剥がす時にも便利です。

窓ガラス以外にも、タンスや机、キッチンの引き出しなど子どもは色々なところにシールを貼りますね。

ドライヤーの熱は、剥がすものを濡らすことがないため、家具や建具のシールを剥がす時に最適です。

温めたらシールやステッカーの隅を、へらやクレーパ―で持ち上げて剥がします。

専用のへらやクレーパ―がなくても、薄くて固いものがあれば、隅にはさみこんで剥がすことができます。

この剥がし方はとても簡単なので、窓ガラス以外に貼られたシールなどでも、試してみてください。

熱を使わない窓ステッカーの剥がし方

熱を使わない剥がし方では、シールやステッカーに酢・洗剤・ハンドクリームなどを塗って剥がす方法があります。

車用のシールやステッカーは、この方法で剥がすことはできませんが、子どもがいたずらで貼ったシールや結露防止シートなら剥がすことができます。

酢や洗剤を掛けてしまいますので、ステッカーやシールそのものをきれいに剥がすことはできません。

ステッカーの印刷が消えたり、破けることがあります。

窓ガラスの場合は、酢やハンドクリームでもガラスをダメにすることはありませんが、パッキンのゴムが劣化することがあります。

剥がれないからと、大量に付けて垂らさないように注意しましょう。

中には、アルコールを使ったり、マニキュアの除光液で剥がす人もいますね。

しかし、アルコールや除光液は、剥がすものの素材をダメにすることもあります。

また、液体のものは液垂れもしますので、キッチンペーパーなどにしみ込ませて、ステッカーの上からたたいたり抑えたりすると、ステッカーやシールが剥がしやすくなります。

熱を使わないのでやけどの心配はいりませんが、アルコールや洗剤を使うので、使い方には注意する必要があります。

この方法は、窓全体のシートを剥がすにはあまり向きません。

また、車用のステッカーやシールといった、強力な粘着剤を使ったものを剥がすこともできません。

手のひらサイズくらいのステッカーやシール剥がしの時に、やってみましょう。

剥がし剤を使った窓ステッカーの剥がし方

ドライヤーの熱で剥がすと、剥がした後の粘着物がガラスに跡が残ることもあります。

きれいに磨いた後の窓でも残ることがあります。

そこで、キレイに剥がすためには、ステッカー・シール専用の剥がし剤を使うのがおすすめです。

ステッカー・シール専用の剥がし剤は、熱や水を使う剥がし方と違い、剥がす対象を選びません。

窓ガラスは熱に強いので、熱湯でもドライヤーの熱でも大丈夫ですが、タンスや机といった木材の家具の時は、熱で剥がすと素材に影響が出ることもあります。

車に貼ったステッカーやシールを剥がす時も同じです。

車にも貼ることができるステッカーやシールは、雨風にも長年耐えることができるように普通のシールよりも粘着力が高くなっています。

子どもの場合、その違いが解らずに、車用のステッカーを窓ガラスに貼ってしまうこともありますね。

すると、窓ガラスでも剥がすことが難しくなります。

無理に剥がすと、跡が残ったりガラスに傷を残してしまいます。

そんな、なかなか剥がすことができないシールやステッカーを、一番簡単に剥がす方法が、専用の剥がし剤を使うことなのです。

専用の剥がし剤は、スプレータイプと、液体のものがあります。

スプレー剤の成分はリモネンやパラフィン系炭化水素、オレンジオイルや高精製ミネラルオイルです。

リモネンやオレンジオイルは、食器用洗剤にも使われていますので、洗剤で剥がすのと同じ効果があります。

液体の剥がし剤にも、オレンジオイルが使われています。

剥がし剤は、洗剤と同じ成分ですが、より剥がしやすいようになっているのです。

剥がし方は、ステッカーやシールにスプレーしたり、液体を付けたりして剥がすだけです。

ただし、使用の仕方はそれぞれ違いますので、しっかりと指示に従ってご使用下さい。

剥がし剤は100均でも扱っていますので、簡単に購入して使用できます。

窓のステッカーをきれいに剥がそう

窓に貼ったシールやステッカーは、キレイに貼った時はとてもおしゃれになります。

しかし、そのままではやがて汚れて剥がすことになります。

無理に剥がすと、ステッカーが破れて跡が残ってしまいます。

ステッカーやシールの跡を残さず、きれいに剥がせれば、窓ガラスを簡単に元の状態に戻すことができますね。

色々な剥がし方を試して、ガラスを汚したり傷を付けないようにしましょう。