ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

登記を自分で行う際の手順!新築の建物表題登記の場合は?

2019.9.7

新築すると「誰が建てた家か」を明確にするため、登記を行わなければなりません。

登記は専門的な知識を必要とするため、専門家に依頼して代行してもらうのが一般的です。

しかし、新築の登記は家主が自分で行うことも可能です。

どのような流れで、どのような書類が必要になるのか、以下で探っていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

見落としがちな共同住宅の階段の蹴上や踏み面をチェック!

役所、駅、病院、共同住宅、戸建てに設けられている階段で蹴上や踏み面の大きさの違いに、違和感を覚え...

賃貸の名義変更の手続きが必要なケースとは?必要書類も必須

大家さんや管理会社と賃貸の契約を結ぶ際、名義を誰にするかを決めることになります。 名義人は、何...

管理会社にクレームを言いたいとき!どこに連絡すればいい?

賃貸マンションは、「共同住宅」という建物の用途からも分かるように、他人と共同で生活する建物という性質...

窓や鏡の方角は重要!お部屋選びは風水も参考に取り入れよう

お部屋を選ぶうえで、何にポイントをおくかは重要なことです。 部屋の間取りで決めるのか、オートロ...

家賃5000円下げると起こる収益の差!他の値下げ方法はない?

空室対策として、家賃を5000円下げる交渉に応じることを余儀なくされた大家さん。 収益を計算すると...

隣人トラブルとなりやすい騒音!警察に通報してもいいの?

人は生活をしているだけで、何かしらの音を生み出しています。 掃除機やシャワーなど、毎日の生活で欠...

準防火地域は様々な規制がある!?外壁を板張りする方法は?

自己所有の土地だからと言って、どんな建物でも自由に建てられるとは限りません。 私たちが暮らす街...

権利証がないと登記できない!?事前通知制度とその期限は?

不動産の所有権移転登記には、原則として権利証や登記識別情報などの書類が必要となります。 これは...

増え続ける家賃未払い問題!裁判で家賃を回収するために!

不安定な雇用や景気の低迷によって、家賃未払い問題は深刻な社会問題となっています。 家賃の未払い...

両親と同居する場合、世帯主は誰にするべき?世帯分離とは

結婚やUターンなどで、両親と同居することになったとき、世帯主は誰になるのでしょうか。 普段は、...

いつの間に!家の中に蜘蛛の巣が多いのはなぜ?予防&対策

昔の言い伝えでは、「家の中に昼間現れる蜘蛛は、神様の使いだから殺さない方がいい」などと言われてい...

賃貸経営に必要!家賃と保証金の設定方法・償却とは?

貸主が賃貸経営を始めるにあたって、最初に悩むのが家賃の設定ですね。 また、保証金の設定もスムーズ...

家賃滞納トラブルを解決!裁判上と裁判外の「和解」とは何?

家賃滞納を放っておくことは、貸主にとって大変な損失です。 しかし、借主から確実に滞納分を回収するこ...

窓のゴムパッキンにカビが!原因やおすすめのカビ取り方法

室内の掃除というと、床などの場所を掃除することが多いものです。 そのため、窓の掃除は年に数...

窓に貼るシート!断熱や遮光などさまざまな対策が出来る!

窓からの冷気や、窓からの紫外線などでお悩みの方はいませんか? 窓に貼る断熱シートや遮光シートを...

スポンサーリンク

建物の登記とは?

まずは、「登記」についてくわしくお話ししていきましょう。

登記とは、不動産の所有者が誰なのか、どのような不動産なのか、どこから融資を受けたのか、などを明確にしたものになります。

基本的に不動産に何か変更があった場合、自分で登記を変えなければなりません。

上記の情報は法務局で管理し、誰であっても閲覧ができるようになっています。

登記にはたくさんの種類が存在し、「不動産登記」や「商業登記」などがあります。

不動産登記の中にも種類がたくさんあり、今回のように新築した場合は「建物表題登記」を行う必要があります。

建物表題登記とは、どのような建物を、誰が建てたか、などを登録するものです。

他にも、土地を他人から購入した場合は「所有者移転登記」、融資を銀行から受ける場合は「抵当権設定登記」で担保を設定したりと、実にさまざまです。

このように、どの不動産も必ず登記されています。

そのため、今住んでいる建物も、所有者の名前ですでに登記されていることでしょう。

新築登記は専門家に依頼するのが一般的?

新築が無事に完成しても、自動的に登記されることはありません。

新築の際に行う「建物表題登記」は、新築完成後、1ヶ月以内に登記を完了させないと「10万円以下の罰金」に処されてしまう決まりがあります。

そのため、すみやかに登記を申請しなければなりません。

新築すると、引っ越しの準備や住所変更の手続きなどで、自分で登記を行うために時間を割くことは難しいでしょう。

さらに、建物表題登記には専門的な知識を必要とするため、素人が手続きすると手間も時間も大変かかってしまいます。

そのため、司法書士などの専門家に代行してもらうことが多いのです。

建物表題登記の申請にはさまざまな書類が必要になります。

こちらで揃えるものもありますが、基本的には司法書士が用意したものに記入をしていく形になるでしょう。

また、司法書士に依頼する場合は、登記の費用にプラスして報酬を支払わなければなりません。

例えば都心の場合およそ10万円、地方の場合でも7~8万円くらいはかかってきます。

高額な費用ではありますが、登記には手間も時間もかかるため、このように代行してもらうことが多いのです。

新築の登記を自分で行うメリット

新築の建物表題登記を自分で行いたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

自分で登記を進めた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

1番は費用を抑えることができるという点でしょう。

上記で少しお話ししましたが、建物表題登記の場合、司法書士などの専門家に依頼することが一般的です。

そして、住宅メーカーで新築した場合は、その住宅メーカーが指定した司法書士に代行してもらうこととなるのです。

たいてい、そのような場合は割高な報酬を要求されます。

ある有名な住宅メーカーで新築し、建物表題登記を司法書士に依頼した場合、合計で45万円ほどの高額な報酬を支払った例もあるのです。

これはそのメーカーで新築するためには、致し方ないことですが、自分で登記が行えればだいぶ節約することに繋がるでしょう。

建物表題登記の費用は10万ですから、上記とは比べ物にならないくらい安く済むことになりますね。

新築の建物表題登記に必要なもの

ここでは、自分で新築の登記を行う際に、必要となる書類をご紹介していきましょう。

法務局で相談すると、書類のくわしい書き方などを説明してくれます。

インターネットなどで調べても、自分ではどうしても分からないという時にお世話になりましょう。

【建物表題登記に必要な書類】

①申請書

法務局、またはインターネットで入手できます。

自分で1から作成しても大丈夫です。

名前や住所など、基本的な情報を記入するだけなので、簡単です。

②住民票

役所で手数料の数百円を支払い発行できます。

③建築確認通知書

④検査済証

⑤工事完了引き渡し証明書

⑥住宅メーカーの印鑑証明書

書類の③~⑥はすべて住宅メーカーで用意してもらえます。

④を持っていれば、⑤と⑥は必要ない場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

⑦建物図面と各階平面図

建物図面、各階平面図は自分で描く必要があります。

これが1番難しい作業となりますが、「縮尺目盛」がついている三角定規があれば描くことができるでしょう。

以下で建物図面と各階平面図の書き方をご説明していきましょう。

自分で描く必要がある!建物図面の書き方とは

自分で新築の登記をする場合に必要となる書類、「建物図面」と「各階平面図」の書き方をご説明していきましょう。

図面の描き方は人それぞれですが、ここではフォーマットを使った方法でご説明していきます。

【建物図面と各階平面図の描き方】

①フォーマットを入手する

フォーマットの書類はインターネット上にあるひな形を使用しましょう。

書類はB4サイズで、右半分に建物図面を描き、左半分に各階平面図を描く形となります。

②各階平面図を描いていく

まずは、書類の左側の各階平面図を描いていきましょう。

まず、平面図を1/250サイズに縮小し、コピーしてから鉛筆でうつします。

求積表は設計図に記載してあるため、ここに転記しておきましょう。

③建物図面を描いていく

公図を1/500サイズに縮小し、コピーしてから鉛筆でうつします。

その後0.2ミリ以下の極細タイプのペンで清書して仕上げていきます。

ここまで、頑張って作業を行ってみましょう。

図面を描いてみたら、1度法務局へ足を運び、窓口で確認してもらうことをおすすめします。

修正点があれば、そこで指摘してもらえるはずです。

登記を自分で進める前に!必ず住宅メーカーに相談

ここまで、自分で新築の登記を行う際のメリットや、書類などについてご紹介してきました。

最後に、注意点をご紹介します。

それは住宅メーカーや工務店で新築する場合、事前に「自分で登記する旨を伝えておく」ことです。

快く了承してくれる住宅メーカーなら問題ないのですが、中には難色を示す住宅メーカーも存在します。

それは、住宅メーカーによって指定の司法書士が決まっている場合です。

基本的に、大手の住宅メーカーには専門の司法書士が決まっていて、報酬が支払われているものです。

また、自分で登記を行うと、手間取った場合、融資の実行が遅れてしまう可能性があるためです。

登記には4週間ほどの時間を要します。

申請が通った後も、法務局の人が自宅に立ち会いに来たりなど、手間もかかるのです。

融資が遅れることは、住宅メーカーにとって良いことではありませんよね。

住宅メーカーはそのようなリスクを回避するためにも、司法書士を通して登記を行いたいと考えるのが一般的なのです。

そのため、自分での登記を希望する場合は、住宅メーカーを契約する前に確認することが大事なのです。

新築の登記は自分でも行える

司法書士に新築の登記を依頼すると、高額な報酬を支払わなければなりません。

登記は時間も手間もかかり、専門知識も必要とするため、専門家に依頼しても良いでしょう。

しかし、登記は自分でも行えます。

新築の建物表題登記は人生で1度しか行わない人がほどんどですよね。

余裕があれば自分で登記を行い、同時に節約もしてしまいましょう。

 - 暮らし, 登記