ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

新築住宅契約後にオプション費用が上がった!その原因とは?

2019.8.14

新築住宅を建てることを決め、ハウスメーカーなどと契約するという方もいらっしゃることでしょう。

そのような方の中には「契約をすると、オプション費用が上がる」ということを聞いたことがあり、不安思う方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、新築住宅のオプションはどのようなものなのか、オプション費用の相場などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートでひとり暮らし世帯主は誰?同棲は2人とも世帯主?

「世帯主」とは、父親や夫など、いわゆる一家の大黒柱と言われる人のことだと思っていませんか。 確...

アパートの給湯器に不具合!修理の前に知っておきたい事

アパートに設置されている重要な設備の一つに給湯器があります。 給湯器が存在することで、欲しい時にお...

アパートの郵便受けが開かないときの対処方法

アパートやマンションなどの集合住宅は、主に入口やエントランスに郵便受けが設置されています。 し...

アパート審査では何を見ている?連絡がこない理由とは

アパートなどの賃貸に入居する前は、必ず入居審査を受けますが、いつになっても連絡が来ないと「落ちてし...

アパートの表札を手作りで出しても大丈夫?オーナーの心構え

アパートを借りている入居者の中には、アパートの表札を手作りして出す方がみられます。 ネットを見れば...

アパートの騒音はどこまで?ドライヤーの音も苦情の原因に

アパートを所有していて、「ドライヤーの音がうるさくて眠気が覚めてしまう」なんて苦情が来ると、世知...

アパートを退去する時の立会いでは一体どんなことをするの?

アパートからの引っ越しとなると、やらなければならないことがたくさんありますね。 退去時の立...

アパートの照明が故障!交換や修理費用はだれが負担する?

アパートには、エアコンやコンロなど様々な設備が入居前から装備されていることも多いです。 照明も...

アパートのインテリアをシンプルにしたら家賃収入UP!?

アパートは、築年数が古くなるとどうしても入居者が減ってしまいます。 そのため、築浅の物件より家...

アパートの駐車場を車庫証明!申請するときに契約書は必要?

新しい車を購入したり引っ越しをした場合、車庫証明の申請が必要となりますね。 しかしなぜこの申請...

【アパート経営】エアコン等・設備の修理代は絶対貸主負担?

アパート経営を始めてまもない新米オーナーさんにとって、高額な設備の修理代や交換費用などの出費は悩まし...

【アパートの騒音トラブル】苦情を言う前に苦情を言われたら

生活するスタイルが違えば、音の感じ方も違います。 アパートは、そんな「違う」が集まって生活をする場...

アパートの電気代の平均額は!?電気代が安くなる余地アリ!

電気代の平均額はご存知ですか? 同じアパートに住んでいても、建築の構造であったり、生活スタイル...

アパートの更新料に消費税はかかる?居住用と事業用で異なる

アパートを契約すると、多くの場合、2年ごとにやってくるのが「更新」です。 更新には更新料がかか...

アパートのドアにある郵便受けにトラブルがつきものな理由

賃貸経営には思いがけないトラブルが発生します。 アパートのドアの郵便受けに溜まっていく郵便物、...

スポンサーリンク

新築住宅の「標準仕様」と「オプション」の違いとは?費用に差はある?

まず、新築住宅をハウスメーカーなどで建てる際に「標準仕様」と「オプション」があることは、多くの方がご存知なのではないでしょうか。

このような区分けはハウスメーカーであれば、どこでもはっきりと決められているようにも思えますが、工務店などではあまりはっきりとは決まっていない傾向があります。

では、具体的にこれらはどのような違いがあるのでしょうか。

順番に見ていきましょう。

【標準仕様】

これは、住宅になくてはならないものをひとくくりにして、商品として販売しているものを指します。

例えば、壁・柱・窓・キッチンなどです。

これらは、ハウスメーカーなどが種類やメーカーなどといったことを定めたものを提示しています。

【オプション】

オプションは、標準仕様のものよりもグレードの高いものであることや、新たな設備などのことを指します。

例えば、床暖房などのことです。

この他にも、「1つの住宅につき窓は〇個まで」「このスペースは〇畳まで」などと標準仕様で決められていても、それ以上に増やしたり、広げたりすることにもオプション費用はかかってきます。

新築住宅のオプション費用の相場は?

新築住宅の標準仕様とオプションについての違いが、先のご説明でおわかりいただけたのではないでしょうか。

では、オプション費用の相場というのはどれほどなのでしょう。

これはハウスメーカーによって様々なため、「相場はこれくらいです」とははっきりとは言えません。

というのも、ハウスメーカーによっては、標準仕様としてグレードの高い設備を採用しており、ここにオプションをつけようと考えていても、必要のない場合があります。

また、ハウスメーカー側のコスト削減のために、オプションの選べる幅が狭くなっていることもあります。

これらのような場合では、オプション費用は比較的高くならないでしょう。

しかし、新築住宅の設備や内装などをこだわりたい場合、さまざまなオプションをつけることが考えられますので、費用は高くなりやすいです。

とりわけ、さまざまなオプションをつけることが可能である場合、あれもこれもという内に費用がどんどん膨らむかもしれません。

しかし、多々あるハウスメーカーのオプションの平均値というのは150~200万円とされています。

新築住宅契約後にオプション費用が上がってしまう原因とは

冒頭でもお伝えしたように、「契約をするとオプション費用が上がる」ということは実際にあるのでしょうか。

これは、すべての方がオプション費用が上がるというわけではありませんが、一部の方には当てはまります。

その原因として主に2つのことを挙げることができます。

まずは、「ハウスメーカーの問題」についてです。

これは、新築住宅を建てることを考えている方の考えと、ハウスメーカーとの相性があっていなかったということが原因として考えられます。

これが原因となりやすい方は、住宅を建てることを考える際に、複数のハウスメーカーと比較をせずに契約をしてしまう方が当てはまります。

複数のハウスメーカーと比較を行わないことで、標準仕様にどのようなものがあるかの比較を行うことができず、住宅を決めていく中でそのハウスメーカーの標準仕様に満足できなくなってしまうのです。

その結果、オプション費用をかけることで、理想に近い住宅を造っていくことになります。

このようなことを防ぐためには、契約をする前に、標準仕様・オプションについて記載された資料をもらい、目を通すことや、複数のハウスメーカーと比較をすることが挙げられます。

新築住宅の打ち合わせ中にオプション費用が上がる?!

オプション費用が上がってしまう原因の2つ目は「新築住宅の打ち合わせ中にオプション費用が上がる」です。

一般的に、契約をする前に、複数のハウスメーカーで間取り・見積もりを作ってもらい、比較をしてからハウスメーカーを決めていきます。

このとき、まだ「どのような住宅にしたい」といったことが決まっていなかったり、どのようなオプションがあるかを把握していないこともあります。

そういった「まだ、どうしたいか決まってない」という状態のまま契約をしてしまうと、オプション費用が高くなってしまうことがあります。

その理由としては、、打ち合わせが始まってから「こうしたい」という希望が出てきて、それに沿うようなオプションをたくさんつけてしまうことが考えられるからです。

このようなことを避けるには、契約前に「どのような住宅にしたいか」とある程度具体的に決めておくことです。

また、打ち合わせの際に、具体的に決めた要望をしっかりと伝えることも重要になります。

新築住宅を建てるときに注意!本当にお買い得?

新築住宅を建てることを考えたとき、おそらく多くの方が展示場などで様々なハウスメーカーを見て回ることになるでしょう。

そんなときに、住宅営業マンの話を聞いていて「ここならお買い得かもしれない」などと考えるかもしれません。

例えば、「この高機能な設備が標準仕様です」というような説明を受けたときに、このようなことが頭をよぎるでしょう。

しかし、実際にはそのハウスメーカーの得意な分野を標準仕様にしていて、その他の部分はオプション費用がかかってくる可能性があります。

確かに高機能な設備が標準なのは魅力的ですが、もしかしたら自分が欲しい設備がことごとくオプションで、オプション費用がとても高額になるかもしれません。

住宅はただでさえ高額な買い物なので、良さそうに思っても即決せず、一旦落ち着いて考える時間が必要です。

ハウスメーカーを決めるポイント

新築住宅を建てることを考えたとき、ハウスメーカーはどのようなことをポイントにして選んだら良いのでしょうか。

それは、「自分が住宅のこだわりたい部分とハウスメーカーの得意分野が一致しているか」になります。

近年、「ローコスト住宅」というのが販売されています。

こういった住宅は、安くなっている理由というものが存在します。

そのため、このようなハウスメーカーで新築することを考えると、希望に合わない部分はオプション費用が掛かることになります。

また、標準仕様が高機能な設備のものとなっているハウスメーカーというだけで契約をしたのでは、こちらもまた、希望に合わない部分はオプション費用がかかります。

このようなことから、「自分が住宅のこだわりたい部分とハウスメーカーの得意分野が一致しているか」ということを重要視してハウスメーカーを選ぶと良いと言えるのです。

それぞれのハウスメーカーの施工例や、プロモーションなど様々な情報を集めておくことが役立つでしょう。

新築住宅のオプション費用は自分自身で決まる

ここまでのご説明でおわかりいただけたと思いますが、住宅にオプション費用というのは、自分自身の決断で決まります。

どのハウスメーカーであれば、自分の希望に合うのかなどを考えながら、契約を行いましょう。

オプションを付ける際には、費用を何にどれだけ使うか、などについても考えてみることが大切です。

 - 一戸建て, 住宅