家賃を滞納してしまった!延滞金の計算方法をご紹介

「家賃は月給の3分の1」。

この言葉をご存知の方は多いはずです。

ご自身は実際にどれくらいの家賃を支払っていますか。

身の丈に合わない部屋を借りて、家賃を滞納してしまう方は少なくありません。

この記事では家賃の滞納による延滞金の発生条件や計算方法などをご紹介します。

家賃の延滞金に対して不安を抱えている方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

登記申請費用を節約!新築住宅の登記を自分で行う方法とは?

新築の際、建物や土地にかかる登記はしておかねばなりません。その場合、土地家屋調査士や司法書士...

家賃6万円は高い!?借主に納得してもらえる方法とは?

マンションやアパートの不動産を経営している人の中には、空室が続いてしまって経営不振に陥っている人...

賃貸保証会社とは何?緊急連絡先の人に支払い義務はあるの?

アパートを借りるときには、家賃を滞納した場合、それを代わりに支払う「連帯保証人」を立てるのが基本...

家賃滞納トラブルを解決したい!督促から裁判までの流れ

賃貸物件のオーナーをしている方は、家賃滞納トラブルに悩まされることもあるのではないでしょうか。...

家賃滞納で裁判!?そうなる前に分割で支払う意思を見せよう

賃貸物件に住んでいると、毎月、家賃の支払いがありますよね。この家賃、一日でも支払いが遅れると...

用途地域の概要と宅建試験に向けての覚え方をご紹介

不動産の仕事をしようと思う人が必ず取得しておいた方が良い資格があります。それが宅建です。...

窓の高さの標準はどのくらい?窓の種類別に解説

窓とは家やオフィスなどの建物に取り付けられている開口部のことを指しますが、窓と一口に言っても、様...

窓にペンを使って季節感を演出したい!消せるものはあるの?

学校や図書館などの公的な場所や、外出する機会の少ない高齢者施設などでよく行われているのが「季節感の...

窓や鏡の方角は重要!お部屋選びは風水も参考に取り入れよう

お部屋を選ぶうえで、何にポイントをおくかは重要なことです。部屋の間取りで決めるのか、オートロ...

賃貸駐車場でのトラブル対策~事前に知っておくと安心~

無断駐車や知らない間にドア接触の傷があったときは、どうすればよいのでしょうか。駐車場のトラブルは...

住所の正式な調べ方を知りたい!住所に関するマメ知識

様々な手続きや履歴書、郵便物を出す時、何かと書く機会の多い住所ですが、ご自分の正式な住所をご存知で...

テーマのある男性の一人暮らしの部屋づくりとインテリア選び

女性と比べて男性は、好みがはっきりしていて、部屋のインテイリアひとつとっても、こだわりが強いのではな...

賃貸物件での「大家さん」と「管理会社」の違いは何?

賃貸物件に住むときに、「大家さん」「不動産会社」「管理会社」「仲介会社」など聞いたことがあると思...

窓に貼るシート!断熱や遮光などさまざまな対策が出来る!

窓からの冷気や、窓からの紫外線などでお悩みの方はいませんか?窓に貼る断熱シートや遮光シートを...

ビルやマンションの窓の三角マーク!意味はあるの?

ビルやマンションを見上げたときに、窓に赤い三角マークがあるのを見たことはありませんか。多くの方...

スポンサーリンク

家賃を滞納をしてしまったら?

家賃の滞納が何ヶ月も続くと最終的には強制退去となります。

この項では強制退去となるまでのプロセスをご紹介します。

家賃の支払いは直接振込か口座引き落としによってが行われることが多いでしょう。

期日までに家賃を振り込めなかったり、引き落とし日に口座の残高が足りなかったりすると家賃を滞納することとなります。

家賃滞納によって、まずは家主や管理会社から家賃の支払いに関する確認連絡があるでしょう。

家賃の支払いの催促というよりも、支払い忘れの可能性が考慮された注意喚起です。

この連絡を受けたにも関わらず、支払いがないと連帯保証人へ通知がいくこともあります。

それでも支払わず、2ヶ月分の家賃を滞納すると、支払い催促の連絡があるでしょう。

電話越しに伝えられることもあれば、直接面談をお願いされることもあります。

それでも数ヶ月分の家賃を滞納すると、内容証明郵便で催促を目的とした書面が届きます。

具体的には「◯月◯日までに支払いがない場合は、賃貸契約を強制解除します」というような内容です。

書面で指定された期間内に支払いがないと、貸主が借主に対して訴訟を起こす可能性が高いです。

訴訟を起こされ、裁判所が訴訟内容を容認すれば、借主は強制退去させられることとなります。

ここで延滞金の計算が行われ、待機する際に家賃と合わせて支払うこととなるでしょう。

その時点でも支払えない場合は、退去後に分割して継続的に支払っていくことも考えられます。

家賃の延滞金は支払う必要があるの?

貸主は借主に対して、家賃の延滞金を計算してから請求することが可能です。

入居時に契約書にサインすることによって結ばれた契約は、法的な拘束力を持つ約束です。

家賃の滞納によって契約義務を果たさない借主には、その義務を果たせなかったことによる損害を償う責任があります。

借主が負うその責任は、正式には損害賠償責任と呼ばれ、延滞金の支払いもそれに含まれます。

このように家賃の滞納は借主と貸主の間に起きた問題であり、法律違反に等しい行為です。

また、契約書に延滞金の支払いに関する記載がない場合でも延滞金の支払いの義務は発生します。

賃貸契約よりも大きな枠組みの規律である法律によって定められているからです。

契約書に記載がないからといって、延滞金を支払わなくても良いということはないということを頭に入れておきましょう。

とはいえ、貸主もすぐには法的措置をとらずに、まずは話し合いによってなんとか解決しようと直接面談の機会を設けようとする場合が多いです。

話し合いの中で解決の新たな糸口を見出せる可能性もあるため、連絡を無視することによって問題を先延ばしにするのはやめましょう。

貸主からの連絡を無視し続けても問題を悪化させるということを頭に入れて、丁寧に応対しましょう。

何ヶ月くらい家賃を滞納したら延滞金が発生するの?

大半の貸主は2~3ヶ月分の家賃が滞納されてから延滞金を請求します。

入居する前に同意した契約書内には家賃の支払い期日が記載されているはずです。

25日など、月末払いが期日となっていることが多いのではないのでしょうか。

何にせよ、支払いが期日に間に合わなければ家賃を延滞したということになります。

しかし、その期日を1日でも過ぎると延滞金を支払わなければいけないのでしょうか。

結論から言うと、法的には支払う必要があります。

支払い期日を1日でも過ぎる、つまり家賃を1日分でも滞納してしまえば、延滞金を請求される可能性があります。

しかし現実的には、期日を数日過ぎたくらいで延滞金の支払いを命じられることはほどんどありません。

なぜなら、延滞金の支払いの手続きに手間がかかり、その手間に見合うだけの額を徴収できない段階で請求するのは合理的ではないからです。

計算して割り出した金額が数百円にも満たなかった場合、貸主も請求する気は起きないでしょう。

家賃の支払いが1日でも遅れた時点で延滞金を請求することは可能ですが、請求するタイミングは貸主が自由に決められます。

これまでも家賃を何度も滞納するなど、悪いイメージがついてしまっている借主は早めの段階で請求されることもあるため注意が必要です。

延滞金はどれくらいの利率で計算するの?

延滞金の計算に必要となる利率についてご説明します。

まずは契約書に延滞金の利率が記載されているか確認しましょう。

記載があればその利率に基づいて、延滞金を支払うことになります。

契約書に延滞金の利率が記載されていない場合は、民法の法定利率に基づいて延滞金が計算されます。

法定利率とは、民法に規定されている延滞金の利率です。

家賃を期日までに支払わなかった借主は、損害賠償責任を負う必要があると先述しました。

民法では、損害賠償責任として不払い額に「5%」の利息をつけて支払う義務があると規定されています。

つまり法定利率は5%ですので、延滞金は滞納額の5%の金額となるのです。

ただし賃貸人が不動産賃貸業者だと、商事法定利率が適用されるため、5%ではなく「6%」となります。

このように契約書に記載があるかどうかで利率の値が異なります。

ここで次のような疑問が頭に浮かぶ方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

「万が一、契約書内で30%といったような高い利率を設定していた場合は、借主は高額な延滞金を支払う義務があるのか。」という疑問です。

しかし、安心してください。

民法では、利率の上限が「14.6%」と設定されているためそのようなことにはなりません。

仮に30%の利率を提示されたとしても、14.6%の利率で支払えば問題ないのです。

延滞金の計算方法は?

利率が判明したら早速、延滞金の計算をしてみましょう。

延滞金の額は次の計算式から求めることができます。

・1ヶ月目は「1ヶ月分の家賃×利率×1ヶ月の日数÷365」
・2ヶ月目は「2ヶ月分の家賃×利率×1ヶ月の日数÷365」
・3ヶ月目は「3ヶ月分の家賃×利率×1ヶ月の日数÷365」

それぞれの答えを合計したら3ヶ月分の延滞金を割り出せます。

上記のように家賃の滞納額は増えていくため、それに合わせて毎月金利も増えるので計算が少し複雑です。

5万円の家賃を3ヶ月分滞納してしまった場合で具体的に考えてみましょう。

先述したように契約書内に記載があるかどうかで利率が決まります。

まずは契約書内に家賃滞納に関する記載がない場合で延滞金を割り出してみましょう。

家賃の5万円、法定利率の5%(0.05)、家賃の滞納日、をそれぞれ計算式に代入します。

・1ヶ月目は「50,000×0.05×30÷365=205円」
・2ヶ月目は「100,000×0.05×30÷365=410円」
・3ヶ月目は「150,000×0.05×30÷365=616円」となります。

3ヶ月の合計延滞金は1,231円です。

次に契約書内に家賃滞納に関する記載があり、利率が上限の14.6%の場合で延滞金を割り出してみます。

・1ヶ月目は「50,000×0.146×30÷365=600円」
・2ヶ月目は「100,000×0.146×30÷365=1,200円」
・3ヶ月目は「150,000×0.146×30÷365=1800円」となります。

3ヶ月分の延滞金は3,600円です。

計算する前の注意点とは?

いざ延滞金を計算してみると、意外とその金額の安いと思う方も多いのではないでしょうか。

5万円の家賃を3ヶ月分滞納した場合、延滞金は3,600円以下で済みます。

もちろん家賃が高ければ高いほど、滞納期間が長ければ長いほど延滞金は高額となります。

しかし、現実的な家賃と滞納期間で考えると、10万円の家賃の6ヶ月滞納しても25,000円以下といったように、延滞金の負担はそこまで大きくはないです。

もう1ヶ月延滞しても問題ないのではないかといった考えが頭に浮んできてもおかしくはありません。

しかし、延滞金が少額であるからといって安易に家賃を滞納し続けるのはおすすめしません。

なぜなら家賃の滞納によるデメリットの最たるものは延滞料金の負担ではなく、信用情報に傷がつくことだからです。

家賃を滞納すると保証会社内のブラックリストに登録されます。

保証会社や不動産仲介会社間でブラックリストが共有されているため、保証会社の審査や物件の入居審査に落ちやすくなることが考えられます。

家賃滞納が長期間に渡り強制退去となると、クレジットカードの審査が通りづらくなるなど、生活全般に悪い影響を与える恐れもあるのです。

保証会社や管理会社からの連絡にはしっかり応対しよう

家賃の滞納が続くと、まずは家主や管理会社から家賃の支払いに関する確認連絡があり、家賃の延滞金が発生します。

延滞金の金額を安く感じる方もいるかもしれませんが、信用に傷がつきます。

もし滞納してしまったら、早めに保証会社や管理会社に相談しましょう。