ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

b-casカードって何?bs放送やcs放送を見るために必要?

2019.7.27

「b-casカード=ビーキャスカード」をご存知ですか。

テレビやビデオデッキの横や裏側にあるカードスロットに挿し込まれた、赤や青のカードのことです。

大きさは銀行のキャッシュカードと同じくらいで、矢印に「b-cas」と書かれています。

挿しっぱなしなので見たことがない方もいるかもしれません。

しかし、このb-casカードは、地上デジタル放送をはじめ、bsデジタル放送やcsデジタル放送を見るためには欠かせないものなのです。

それでは、b-casカードの役割や機能について見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

田園調布に豪邸を建てて優雅に住みたい!狙い目は何丁目?

田園調布という地名を聞いて、どんなイメージがありますか? やはり、「豪邸」や「高級住宅街」というイ...

署名捺印の正しい位置はあるの?失敗した時の訂正方法

賃貸契約書や口座振替依頼書など、さまざまな契約書を作成する際に署名捺印をすることになりますが、「ど...

今すぐ点検を!窓の鍵がゆるいなら修理・交換必須!

長年使用している窓であれば、経年劣化により鍵がゆるくなることがあります。 窓の鍵がゆるいと...

私道の道路では通行料を請求されることも!相場はいくら?

購入しようか検討している土地の中に、まれに私道を通らざる負えない土地もあります。 その場合...

礼金は交渉次第で値下げができる!?新築でも交渉可能?

引っ越しには多くの費用がかかります。 その中でも比較的大きな割合を占めるのが「敷金・礼金」です...

管理会社の賃貸物件におけるクレーム対応の仕組みと方法

賃貸アパート、マンションに長くお住まいですと隣の住人からの騒音、設備の故障など様々なトラブルが起こる...

家を建てるためには建蔽率と容積率が重要!?求め方は?

理想の家づくりができる注文住宅を建てる際は、まず家を建てるための土地を探さなければなりません。 ...

窓の高さの標準はどのくらい?窓の種類別に解説

窓とは家やオフィスなどの建物に取り付けられている開口部のことを指しますが、窓と一口に言っても、様...

日本の安全性に対する海外の反応は?在留外国人の増加に対応

日本は、マナーの良さや清潔さなどで、高い評価を受けることも多いですよね。 日本人としては誇らしいこ...

窓のガラスフィルムが劣化!きれいな剥がし方を知りたい

窓は採光や通風のため、建物に必ず設置されています。 しかし、採光を優先した大きな窓は、直射...

共働きで貯金は月々どれくらいが理想的?安定した貯金の方法

夫婦共働きが当たり前の現代、お金の使い道は貯金が主流になっています。 共働きをしていると、余裕があ...

窓をお洒落にDIY!100均グッズを使った簡単DIYをご紹介!

部屋の中を自分好みのインテリアで統一させても、窓だけはそのままの状態で、カーテンがついているだけ...

窓にシャッターをつけると防音や防犯対策になる?

毎日生活していると、窓の外から聞こえてくる騒音が気になることがあるでしょう。 反対に、自分の家...

bsアンテナの方向を変えれば障害物があっても映る?賃貸相談

賃貸経営をしていくうえで、通信設備については悩むことが多いと思います。 bs・cs対応にするために...

手持ちの賃貸にブラインドをDIYで取り付けてみよう!

手持ちの賃貸物件に、ブラインドを取り付けてみませんか? カーテンをブラインドに交換するだけで、...

スポンサーリンク

bs放送やcs放送を見るために必要なb-casカードとは?

2012年3月、日本のテレビは地上アナログ放送が完全に終了し、すべてデジタル化されました。

それまで、2006年から、各地でテレビの地上デジタル化が始まり、2011年7月のアナログ放送終了まで、段階を追ってデジタル化に向かって進んでいきました。

テレビではCMが流され、鹿のキャラクター「地デジカ」が、「早くデジタル放送に対応するように」と呼び掛けていましたね。

このとき、デジタル放送受信機、つまりデジタルテレビをはじめとするビデオレコーダーなどの受信機に、このb-casカードが付いてきたのです。

b-casカードは、地上デジタル放送、bsデジタル放送、110度csデジタル放送の番組を見るために必要なもので、著作権保護や有料放送の管理、自動表示メッセージやデータ放送などのサービスを受けるために使われています。

これまで、主にbsデジタル放送やcsデジタル放送で、放送番組の著作権保護などに対応してきたものが、地上波もデジタル化することで、すべての番組に対応するようになったのです。

b-casカードでbs放送やcs放送を見るのが便利になった!

b-casカードがないときは、bsデジタル放送やcsデジタル放送などの有料放送を見るためには、その放送事業者ごとの専用デコーダーが必要でした。

そのため、複数の有料放送を見るためには、A社の放送にはA社専用デコーダー、B社の放送にはB社専用デコーダーというように、複数の専用デコーダーを用意しなければならなかったのです。

しかし、b-casカードの出現で、複数の有料放送事業者がb-casカードの情報を、それぞれ利用することが出来るようになりました。

つまり、複数の専用デコーダーの役目を、b-casカード1枚で果たすことが出来るようになったのです。

デジタル放送に変わったときに、今まで使っていた専用デコーダーが不要になって、処分した経験を持つ方もいらっしゃると思います。

専用デコーダーがなくなり、テレビも薄型になり、デジタル化以前に比べ、テレビ周りはだいぶすっきりしましたよね。

また、有料放送を見るためには、それぞれ申し込みが必要ですが、b-casカードを使うことでより手続きしやすくなりました。

b-casカードの基礎知識その1

現在、テレビやビデオレコーダーなどを購入すると、このb-casカードが契約約款と一緒にラップで包装され、必ず同梱されています。

このb-casカードのラップを剥がした時点で、契約約款に同意したことになります。

したがって、まずは契約約款を読み、納得した上でb-casカードのラップを剥がしましょう。

b-casカードには、ICチップが内臓されていて、無料放送、BSやCSなどの有料放送を制御しています。

また、b-casカードにはいくつか種類があるので、ご紹介しましょう。

【赤いカード】

赤いb-casカードは一般的で、地上デジタル放送、bsデジタル放送、110度csデジタル放送、を受信出来ます。

bsデジタル放送対応のテレビや、ビデオレコーダーなどを購入した場合に同梱されています。

【青いカード】

青いb-casカードは、地上デジタル放送を受信することが出来ます。

このカードでは、bsデジタル放送は受信出来ません。

【オレンジカード】

このカードは、ケーブルテレビ専用カードです。

赤いカードとセットで発行されています。

他にも、業務用や用途を限定したカードなど、一般的でないカードもあるようです。

b-casカードの基礎知識その2

それでは、b-casカードの機能についてご紹介しましょう。

先程もお話ししたようにb-casカードは、受信機に挿さないとデジタル放送を見ることが出来ません。

それは、裏を返すとb-casカードを挿入すれば、どのテレビでもデジタル放送を見ることが出来るということです。

つまり、有料放送を契約している場合、契約しているb-casカードを持っていれば、どこでも有料放送が見られることになります。

例えば、他人の家のテレビでもbsデジタル放送やcsデジタル放送対応であれば、b-casカードを挿入することで有料放送が見られるのです。

また、今まで2階のテレビでしか有料放送が見られなかった場合も、b-casカードを使うことで、1階のテレビでも有料放送を見ることが出来るようになります。

こうして見てみると、使い方によっては、今までよりも便利かもしれませんね。

bsデジタル放送とcsデジタル放送の違いについて

これまでの説明で、b-casカードについてお分かりいただけたかと思います。

次は、何度も出てきている、bsデジタル放送とcsデジタル放送についてご紹介しましょう。

bsデジタル放送は、「放送衛星」を使って発信される、テレビ放送のことを言います。

番組内容は、地上波と同じような番組構成で、ニュースやスポーツなど総合的な番組が見られます。

現在では、NHKを筆頭に地上波の放送局もbsチャンネルを持っていますね。

csデジタル放送は、「通信衛星」を使って発信される、テレビ放送のことを言います。

「110度csデジタル放送」という言い方もしますが、これは「東経110度にある通信衛星」を使っているため、そう呼ばれているのです。

また、csデジタル放送はbsデジタル放送と違い、総合的な番組構成ではなく、専門チャンネルが多く、ジャンルごとにチャンネルがあるのが特徴です。

このように、bsデジタル放送もcsデジタル放送も、同じ衛星放送なのですが、使っている衛星が違うということです。

しかし、bs、cs、どちらも同じ方角に衛星があるため、ひとつのアンテナで受信することが出来ます。

b-casカードが正しく挿入されていない!?

テレビを見ていると、突然「b-casカードを正しく挿入してください」という表示が現れることがあります。

これは、地上デジタル放送を見ていると、よく起きる現象です。

bsデジタル放送やcsデジタル放送では、比較的少ないようですが起きることもあります。

この場合は、まずテレビやビデオレコーダーの主電源を切ってから、b-casカードを抜き、正しい向きでしっかり挿入し直しましょう。

これで、テレビなどの電源を入れると大抵の場合、解決します。

しかし、それでも同じメッセージが流れたら、今度はコンセントから電源を落として、b-casカードを抜き、先程と同じように挿入し直してください。

また、b-casカードが汚れている場合は、やわらかい布や綿棒などで汚れを取り除きましょう。

何度か繰り返しても映らないようでしたら、カードの不具合が考えられるので、b-casカードカスタマーセンターへ問い合わせをしてください。

b-casカードでテレビは便利に

テレビ放送がデジタル化されてから、かなり時間が経ち、今では生活に定着しています。

b-casカードを使うことで、有料放送を見るにも専用デコーダーを必要とすることなく見ることが出来、便利になりました。

また、リモコンのdボタンを押すと、データ放送で24時間、いつでも必要な情報をテレビから得ることも出来ます。

b-casカードに関しては、まだまだ問題があるようですが、わたしたちの生活が便利になったのは間違いないでしょう。

 - インフラ, 暮らし