ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

b-casカードって何?bs放送やcs放送を見るために必要?

2019.7.27

「b-casカード=ビーキャスカード」をご存知ですか。

テレビやビデオデッキの横や裏側にあるカードスロットに挿し込まれた、赤や青のカードのことです。

大きさは銀行のキャッシュカードと同じくらいで、矢印に「b-cas」と書かれています。

挿しっぱなしなので見たことがない方もいるかもしれません。

しかし、このb-casカードは、地上デジタル放送をはじめ、bsデジタル放送やcsデジタル放送を見るためには欠かせないものなのです。

それでは、b-casカードの役割や機能について見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

西と東!電圧の問題で日本国内引っ越しは家電を買い替え!?

転勤や引っ越しなどで日本中、西や東とあちらこちらに異動する方も多いかと思います。 しかし昔から、...

窓への防音対策として!隙間テープを活用してみよう!

賃貸アパートやマンションに住んでいると、気になるのがやはり「音」。 外から聞こえてくる音はもち...

窓に貼ると期待できる隙間テープの効果とは?貼り方も必見!

窓に隙間がある場合、役立つ商品として人気なのが隙間テープです。 その隙間テープを貼ることにより...

地絡と漏電の違いって何?火災保険で補償はされるの?

アパートなどは、貸主にとっては大事な資産ですよね。 そんな大事な資産が、不運なことによって、火災に...

建築基準法での用語の定義「居室」に台所は含まれるのか?

建築基準法で定められている用語の定義の中で、よく耳にする「居室」という言葉があります。 居室とは...

生活保護受給者の入院中の扶助はどうなる?家賃もその対象?

生活保護を受給していると、生活費や医療費などを始め、実に様々な分野で扶助を受け取ることができます...

義両親との同居を円満に解消するために理由は慎重に考えよう

旦那さんの両親との同居で円満に過ごしている方もいるでしょうが、嫁と姑のトラブルを抱えている方もい...

窓に貼るシート!断熱や遮光などさまざまな対策が出来る!

窓からの冷気や、窓からの紫外線などでお悩みの方はいませんか? 窓に貼る断熱シートや遮光シートを...

マンションの窓にある三角のマーク!これは何を意味してる?

高層マンションなどの窓に、三角のマークがついているのを見かけたことのある方もいるのではないでしょ...

賃貸物件の鍵交換を自分でやる!注意と確認のポイント

マンションや貸家の賃貸中、鍵にまつわるトラブルは少なくありません。 『鍵がない。どこにもない。』 ...

登記をやり直す!?持分変更にはどれくらいの費用がかかる?

不動産の所有は単独のことも多いのですが、夫婦で共同購入する場合などは持分を登記し、複数人で所有す...

窓からの隙間風や音をなんとかしたい!原因別対策法を紹介!

寒い冬に窓からピューっと、冷たい隙間風が入ってくる、そんな経験はありませんか? また、隙間風の...

家を借りた際、家賃の振込手数料を負担するのは一体誰なのか

家を借りると、発生するのが家賃です。 毎月、支払いをすることが契約によって決められています。 さ...

フローリングがアルコールで白くシミに!補修できる?

「フローリングに化粧品をこぼしたら、白くシミになってしまった」という経験をされたことのある方は少な...

手持ちの賃貸にブラインドをDIYで取り付けてみよう!

手持ちの賃貸物件に、ブラインドを取り付けてみませんか? カーテンをブラインドに交換するだけで、...

スポンサーリンク

bs放送やcs放送を見るために必要なb-casカードとは?

2012年3月、日本のテレビは地上アナログ放送が完全に終了し、すべてデジタル化されました。

それまで、2006年から、各地でテレビの地上デジタル化が始まり、2011年7月のアナログ放送終了まで、段階を追ってデジタル化に向かって進んでいきました。

テレビではCMが流され、鹿のキャラクター「地デジカ」が、「早くデジタル放送に対応するように」と呼び掛けていましたね。

このとき、デジタル放送受信機、つまりデジタルテレビをはじめとするビデオレコーダーなどの受信機に、このb-casカードが付いてきたのです。

b-casカードは、地上デジタル放送、bsデジタル放送、110度csデジタル放送の番組を見るために必要なもので、著作権保護や有料放送の管理、自動表示メッセージやデータ放送などのサービスを受けるために使われています。

これまで、主にbsデジタル放送やcsデジタル放送で、放送番組の著作権保護などに対応してきたものが、地上波もデジタル化することで、すべての番組に対応するようになったのです。

b-casカードでbs放送やcs放送を見るのが便利になった!

b-casカードがないときは、bsデジタル放送やcsデジタル放送などの有料放送を見るためには、その放送事業者ごとの専用デコーダーが必要でした。

そのため、複数の有料放送を見るためには、A社の放送にはA社専用デコーダー、B社の放送にはB社専用デコーダーというように、複数の専用デコーダーを用意しなければならなかったのです。

しかし、b-casカードの出現で、複数の有料放送事業者がb-casカードの情報を、それぞれ利用することが出来るようになりました。

つまり、複数の専用デコーダーの役目を、b-casカード1枚で果たすことが出来るようになったのです。

デジタル放送に変わったときに、今まで使っていた専用デコーダーが不要になって、処分した経験を持つ方もいらっしゃると思います。

専用デコーダーがなくなり、テレビも薄型になり、デジタル化以前に比べ、テレビ周りはだいぶすっきりしましたよね。

また、有料放送を見るためには、それぞれ申し込みが必要ですが、b-casカードを使うことでより手続きしやすくなりました。

b-casカードの基礎知識その1

現在、テレビやビデオレコーダーなどを購入すると、このb-casカードが契約約款と一緒にラップで包装され、必ず同梱されています。

このb-casカードのラップを剥がした時点で、契約約款に同意したことになります。

したがって、まずは契約約款を読み、納得した上でb-casカードのラップを剥がしましょう。

b-casカードには、ICチップが内臓されていて、無料放送、BSやCSなどの有料放送を制御しています。

また、b-casカードにはいくつか種類があるので、ご紹介しましょう。

【赤いカード】

赤いb-casカードは一般的で、地上デジタル放送、bsデジタル放送、110度csデジタル放送、を受信出来ます。

bsデジタル放送対応のテレビや、ビデオレコーダーなどを購入した場合に同梱されています。

【青いカード】

青いb-casカードは、地上デジタル放送を受信することが出来ます。

このカードでは、bsデジタル放送は受信出来ません。

【オレンジカード】

このカードは、ケーブルテレビ専用カードです。

赤いカードとセットで発行されています。

他にも、業務用や用途を限定したカードなど、一般的でないカードもあるようです。

b-casカードの基礎知識その2

それでは、b-casカードの機能についてご紹介しましょう。

先程もお話ししたようにb-casカードは、受信機に挿さないとデジタル放送を見ることが出来ません。

それは、裏を返すとb-casカードを挿入すれば、どのテレビでもデジタル放送を見ることが出来るということです。

つまり、有料放送を契約している場合、契約しているb-casカードを持っていれば、どこでも有料放送が見られることになります。

例えば、他人の家のテレビでもbsデジタル放送やcsデジタル放送対応であれば、b-casカードを挿入することで有料放送が見られるのです。

また、今まで2階のテレビでしか有料放送が見られなかった場合も、b-casカードを使うことで、1階のテレビでも有料放送を見ることが出来るようになります。

こうして見てみると、使い方によっては、今までよりも便利かもしれませんね。

bsデジタル放送とcsデジタル放送の違いについて

これまでの説明で、b-casカードについてお分かりいただけたかと思います。

次は、何度も出てきている、bsデジタル放送とcsデジタル放送についてご紹介しましょう。

bsデジタル放送は、「放送衛星」を使って発信される、テレビ放送のことを言います。

番組内容は、地上波と同じような番組構成で、ニュースやスポーツなど総合的な番組が見られます。

現在では、NHKを筆頭に地上波の放送局もbsチャンネルを持っていますね。

csデジタル放送は、「通信衛星」を使って発信される、テレビ放送のことを言います。

「110度csデジタル放送」という言い方もしますが、これは「東経110度にある通信衛星」を使っているため、そう呼ばれているのです。

また、csデジタル放送はbsデジタル放送と違い、総合的な番組構成ではなく、専門チャンネルが多く、ジャンルごとにチャンネルがあるのが特徴です。

このように、bsデジタル放送もcsデジタル放送も、同じ衛星放送なのですが、使っている衛星が違うということです。

しかし、bs、cs、どちらも同じ方角に衛星があるため、ひとつのアンテナで受信することが出来ます。

b-casカードが正しく挿入されていない!?

テレビを見ていると、突然「b-casカードを正しく挿入してください」という表示が現れることがあります。

これは、地上デジタル放送を見ていると、よく起きる現象です。

bsデジタル放送やcsデジタル放送では、比較的少ないようですが起きることもあります。

この場合は、まずテレビやビデオレコーダーの主電源を切ってから、b-casカードを抜き、正しい向きでしっかり挿入し直しましょう。

これで、テレビなどの電源を入れると大抵の場合、解決します。

しかし、それでも同じメッセージが流れたら、今度はコンセントから電源を落として、b-casカードを抜き、先程と同じように挿入し直してください。

また、b-casカードが汚れている場合は、やわらかい布や綿棒などで汚れを取り除きましょう。

何度か繰り返しても映らないようでしたら、カードの不具合が考えられるので、b-casカードカスタマーセンターへ問い合わせをしてください。

b-casカードでテレビは便利に

テレビ放送がデジタル化されてから、かなり時間が経ち、今では生活に定着しています。

b-casカードを使うことで、有料放送を見るにも専用デコーダーを必要とすることなく見ることが出来、便利になりました。

また、リモコンのdボタンを押すと、データ放送で24時間、いつでも必要な情報をテレビから得ることも出来ます。

b-casカードに関しては、まだまだ問題があるようですが、わたしたちの生活が便利になったのは間違いないでしょう。

 - インフラ, 暮らし