b-casカードって何?bs放送やcs放送を見るために必要?

「b-casカード=ビーキャスカード」をご存知ですか。

テレビやビデオデッキの横や裏側にあるカードスロットに挿し込まれた、赤や青のカードのことです。

大きさは銀行のキャッシュカードと同じくらいで、矢印に「b-cas」と書かれています。

挿しっぱなしなので見たことがない方もいるかもしれません。

しかし、このb-casカードは、地上デジタル放送をはじめ、bsデジタル放送やcsデジタル放送を見るためには欠かせないものなのです。

それでは、b-casカードの役割や機能について見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓を遮光すると冷房効率があがる!遮光方法をご紹介

暑い季節を迎える前に、室内の暑さ対策として、何か準備をしていることはありますか?実は、夏に室...

窓の断熱に!断熱効果の高いプチプチの特長と貼り方をご紹介

冬、窓ガラスを触るとひんやりと冷たいですよね。通常の窓ガラスは断熱する機能がないため、室外の...

仲介手数料の消費税は社宅を借りた時にもかかるのか

会社で社員のために賃貸マンションやアパートを社宅として借りているケースがあります。貸主あるい...

サッシ窓が閉まらない!引っかかる!自分で直す方法は?

サッシ窓を閉めようとしたら、引っかかる感じがして、よく閉まらないという経験はありませんか?引...

契約書に書いてある敷金償却って何?賃貸用語の意味を知ろう

アパートなどを借りるときは、賃貸契約書を交わします。契約書のなかには、専門用語がズラリ。...

窓のインテリアで人気のジェルシール!剥がし方のポイントは

ジェルシールといえば、その扱いの手軽さから、多くの住宅の窓に貼り付けられているのをよく目にします...

もったいない!家賃の引き落とし手数料はなくせるのか?

アパートの家賃を自動引き落としで支払っている方の中には、家賃に手数料がかかっている方もいらっしゃ...

窓に対策を!隙間テープの貼る位置はどこがいい?

お部屋の中で最も大きい開口部である窓からは、隙間風や虫、花粉、音などが入ってきます。これらの...

窓の遮光と断熱対策について解説!

夏場になると外の気温だけではなく、家の中の室温も上がります。実は、外の気温が室温に影響するの...

フローリングを張り替えてみよう!diyはどうやって行う?

家でくつろいでいるとき、「フローリングがだいぶ傷ついてきたな」とふと気がつくこともあるでしょう。...

建ぺい率がオーバーした!リフォームの際は建ぺい率に注意!

家を建てる際、「建ぺい率」という言葉をしきりに聞く機会が多くなりますが、皆さんは「建ぺい率」のル...

義両親との同居を解消したい!円満にすすめる方法とは

義両親との同居に至るまでには、各家庭ごとに事情があると思います。しかし、義両親とはいえ他人同...

窓用クーラーは取り付けが簡単で人気!それ以外の魅力も満載

クーラーのなかでも、窓に取り付けるタイプの窓用クーラーが人気ですよね。取り付けが簡単な点はも...

増築でも登記しなければならない?必要書類と費用は?

結婚や出産などで家族が増えると、これまでの家では手狭に感じられることも増えてくるでしょう。その...

モルタルは優秀な接着剤!他にも使い方次第で幅が広がる!

お庭のDIYに欠かせない「モルタル」は、レンガやブロックを積み上げるときの接着剤としても使えます...

スポンサーリンク

bs放送やcs放送を見るために必要なb-casカードとは?

2012年3月、日本のテレビは地上アナログ放送が完全に終了し、すべてデジタル化されました。

それまで、2006年から、各地でテレビの地上デジタル化が始まり、2011年7月のアナログ放送終了まで、段階を追ってデジタル化に向かって進んでいきました。

テレビではCMが流され、鹿のキャラクター「地デジカ」が、「早くデジタル放送に対応するように」と呼び掛けていましたね。

このとき、デジタル放送受信機、つまりデジタルテレビをはじめとするビデオレコーダーなどの受信機に、このb-casカードが付いてきたのです。

b-casカードは、地上デジタル放送、bsデジタル放送、110度csデジタル放送の番組を見るために必要なもので、著作権保護や有料放送の管理、自動表示メッセージやデータ放送などのサービスを受けるために使われています。

これまで、主にbsデジタル放送やcsデジタル放送で、放送番組の著作権保護などに対応してきたものが、地上波もデジタル化することで、すべての番組に対応するようになったのです。

b-casカードでbs放送やcs放送を見るのが便利になった!

b-casカードがないときは、bsデジタル放送やcsデジタル放送などの有料放送を見るためには、その放送事業者ごとの専用デコーダーが必要でした。

そのため、複数の有料放送を見るためには、A社の放送にはA社専用デコーダー、B社の放送にはB社専用デコーダーというように、複数の専用デコーダーを用意しなければならなかったのです。

しかし、b-casカードの出現で、複数の有料放送事業者がb-casカードの情報を、それぞれ利用することが出来るようになりました。

つまり、複数の専用デコーダーの役目を、b-casカード1枚で果たすことが出来るようになったのです。

デジタル放送に変わったときに、今まで使っていた専用デコーダーが不要になって、処分した経験を持つ方もいらっしゃると思います。

専用デコーダーがなくなり、テレビも薄型になり、デジタル化以前に比べ、テレビ周りはだいぶすっきりしましたよね。

また、有料放送を見るためには、それぞれ申し込みが必要ですが、b-casカードを使うことでより手続きしやすくなりました。

b-casカードの基礎知識その1

現在、テレビやビデオレコーダーなどを購入すると、このb-casカードが契約約款と一緒にラップで包装され、必ず同梱されています。

このb-casカードのラップを剥がした時点で、契約約款に同意したことになります。

したがって、まずは契約約款を読み、納得した上でb-casカードのラップを剥がしましょう。

b-casカードには、ICチップが内臓されていて、無料放送、BSやCSなどの有料放送を制御しています。

また、b-casカードにはいくつか種類があるので、ご紹介しましょう。

【赤いカード】

赤いb-casカードは一般的で、地上デジタル放送、bsデジタル放送、110度csデジタル放送、を受信出来ます。

bsデジタル放送対応のテレビや、ビデオレコーダーなどを購入した場合に同梱されています。

【青いカード】

青いb-casカードは、地上デジタル放送を受信することが出来ます。

このカードでは、bsデジタル放送は受信出来ません。

【オレンジカード】

このカードは、ケーブルテレビ専用カードです。

赤いカードとセットで発行されています。

他にも、業務用や用途を限定したカードなど、一般的でないカードもあるようです。

b-casカードの基礎知識その2

それでは、b-casカードの機能についてご紹介しましょう。

先程もお話ししたようにb-casカードは、受信機に挿さないとデジタル放送を見ることが出来ません。

それは、裏を返すとb-casカードを挿入すれば、どのテレビでもデジタル放送を見ることが出来るということです。

つまり、有料放送を契約している場合、契約しているb-casカードを持っていれば、どこでも有料放送が見られることになります。

例えば、他人の家のテレビでもbsデジタル放送やcsデジタル放送対応であれば、b-casカードを挿入することで有料放送が見られるのです。

また、今まで2階のテレビでしか有料放送が見られなかった場合も、b-casカードを使うことで、1階のテレビでも有料放送を見ることが出来るようになります。

こうして見てみると、使い方によっては、今までよりも便利かもしれませんね。

bsデジタル放送とcsデジタル放送の違いについて

これまでの説明で、b-casカードについてお分かりいただけたかと思います。

次は、何度も出てきている、bsデジタル放送とcsデジタル放送についてご紹介しましょう。

bsデジタル放送は、「放送衛星」を使って発信される、テレビ放送のことを言います。

番組内容は、地上波と同じような番組構成で、ニュースやスポーツなど総合的な番組が見られます。

現在では、NHKを筆頭に地上波の放送局もbsチャンネルを持っていますね。

csデジタル放送は、「通信衛星」を使って発信される、テレビ放送のことを言います。

「110度csデジタル放送」という言い方もしますが、これは「東経110度にある通信衛星」を使っているため、そう呼ばれているのです。

また、csデジタル放送はbsデジタル放送と違い、総合的な番組構成ではなく、専門チャンネルが多く、ジャンルごとにチャンネルがあるのが特徴です。

このように、bsデジタル放送もcsデジタル放送も、同じ衛星放送なのですが、使っている衛星が違うということです。

しかし、bs、cs、どちらも同じ方角に衛星があるため、ひとつのアンテナで受信することが出来ます。

b-casカードが正しく挿入されていない!?

テレビを見ていると、突然「b-casカードを正しく挿入してください」という表示が現れることがあります。

これは、地上デジタル放送を見ていると、よく起きる現象です。

bsデジタル放送やcsデジタル放送では、比較的少ないようですが起きることもあります。

この場合は、まずテレビやビデオレコーダーの主電源を切ってから、b-casカードを抜き、正しい向きでしっかり挿入し直しましょう。

これで、テレビなどの電源を入れると大抵の場合、解決します。

しかし、それでも同じメッセージが流れたら、今度はコンセントから電源を落として、b-casカードを抜き、先程と同じように挿入し直してください。

また、b-casカードが汚れている場合は、やわらかい布や綿棒などで汚れを取り除きましょう。

何度か繰り返しても映らないようでしたら、カードの不具合が考えられるので、b-casカードカスタマーセンターへ問い合わせをしてください。

b-casカードでテレビは便利に

テレビ放送がデジタル化されてから、かなり時間が経ち、今では生活に定着しています。

b-casカードを使うことで、有料放送を見るにも専用デコーダーを必要とすることなく見ることが出来、便利になりました。

また、リモコンのdボタンを押すと、データ放送で24時間、いつでも必要な情報をテレビから得ることも出来ます。

b-casカードに関しては、まだまだ問題があるようですが、わたしたちの生活が便利になったのは間違いないでしょう。