MRF金利0%時代の救世主!?「SBIハイブリッド預金」とは?

2016年2月、マイナス金利が導入され、今では「高利回り低リスク」を謳っていたMRF金利も0%です。

その後、各証券会社がMRF金利を補うような独自のサービスを打ち出してきています。

しかし、それよりも以前に、いち早く独自のサービスを展開したのが、SBI証券です。

それでは、「MRFよりも便利でお得」な「SBIハイブリッド預金」についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

FX専業トレーダーがブログを書くには?利点や欠点について!

FXの専業トレーダーの中には、FXブログを毎日欠かさず書いている方も多いですよね。始めは読者...

株で億を稼ぐにはどうしたらいい?経験者のブログから学ぼう

株式投資をしている方であれば、株で億の資産を築くことは夢ではないでしょうか。その夢を現実にし...

知っておきたい株用語「寄る」とはどんな状況のことか?

少額投資非課税制度のNISAが開始されてからしばらく経ち、株は以前と比べてより身近な存在になって...

NISA口座を銀行から証券会社にしたい!その変更手順を解説!

2014年にスタートしたNISA。2015年には新たな制度が設けられ、毎年今とは別の金融機関...

FXでよく目にする追証とは?その仕組みと注意点を徹底紹介!

FXを始めようとしている方にとって、FXに関する多くの用語を覚えることは、最初のうちは難しいです...

株式投資で破産しないために!失敗パターンをまとめてみた

株式投資は利益を生み出すことにばかり注目されがちですが、その反面損失を生み出すこともあります。...

金が出る自販機?!ドバイの治安とお金持ちが多い理由とは?

日本には、当たり前のように自販機があり、見かける自販機の色は赤や白の他にも、様々なデザインが存在...

MRF金利0%で楽天証券での取扱い終了!代わるものとは?

日銀によるマイナス金利の影響で、MRFの金利は軒並み下がりました。まだMRFの取扱いがある証...

為替の終値はいつを指す?24時間取引なのに終値とは?

ネット証券の台頭もあり、株や為替は以前よりも身近なものとなってきました。株をしていると、「終...

金製品の「750」の刻印は純度を表す?これっていったい何?

昔から、金は資産価値が高く、人々のあこがれの的ですよね。そんな金ですが、実は「750」などの...

為替とは何か本当の意味知ってる?子供にもわかりやすく解説

「為替」という言葉、どなたも聞いたことがあるでしょう。しかし、実際にどのような意味かご存知ですか...

時価総額ランキングトップ10!世界で見たときの日本の位置

株式投資のなかで、「時価総額」という言葉をよく目にしますよね。投資をするかしないかの判断要素...

はじめての株式投資!まずは基本用語から「寄る」とは何?

「手持ちのお金を増やしたいけど、株式投資は難しそう」とお考えのあなたに、株式投資の基本用語をご紹...

株や不動産などで資産運用!ブログに運用結果を残す理由とは

今や、多くの人が株や債券、はたまた不動産などで資産を運用することが多い時代となりました。そし...

サービサーと交渉するためにはサービサーを知ることが大切

住宅を購入する際、多くの人が住宅ローンを利用していると思います。しかし、さまざま事情で住宅ローン...

スポンサーリンク

MRF金利とSBIハイブリッド預金について

マイナス金利導入よりもだいぶ早い2011年6月4日、SBI証券はMRFの新規買付を終了しました。

それは、SBI証券の顧客を、同じSBIグループの住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」に誘導するためだと考えられます。

SBI証券は、MRF新規買付の終了と同時に住信SBIネット銀行と連携し、MRFよりも便利でお得なSBI証券の「SBIハイブリッド預金」をはじめました。

そして、同年6月27日には、既存顧客のMRFの取り扱いも停止し、8月9日にはMRFの残高を強制解約して、すべて「預り金」としました。

この時点で、SBI証券のMRF金利はすべて0%になったのです。

2011年6月10日のMRF金利は、平均で0.0733%でした。

かつて、MRF金利は平均で0.4681%だったこともあるのですが、2011年当時はずいぶん下がっていました。

しかし、それでも普通預金に比べれば、悪くない金利です。

「SBIハイブリッド預金」は、MRF金利よりも高い金利を目指すとしていて、2011年6月の金利は0.120%と、MRF金利を上回っていました。

後にMRF金利が「SBIハイブリッド預金」を上回ったこともあったのですが、その後、マイナス金利が導入され、前述したようにMRF金利は0%になり、「SBIハイブリッド預金」の金利は、2016年5月から現在まで0.010%をキープしています。

MRF金利よりもお得な「SBIハイブリッド預金」とは?

それでは、住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」について、詳しく見ていきましょう。

【株式・投資信託取引に使える】

預り金自動スィープサービスにより、SBI証券に預けてある待機資金は、自動的に住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」へ資金移動されます。

また、「SBIハイブリッド預金」の残高は、SBI証券の買付余力に「自動的に」反映されます。

【信用取引で使える】

追加保証金等、自動振替サービスを事前に申し込んでおけば、SBI証券での信用取引で、追加保証金が必要になったとき、住信SBIネット銀行の普通預金からSBI証券の証券口座に、自動で振り替えてくれます。

【買付余力に利息が付く】

取引に使わない買付余力金は、「SBIハイブリッド預金」へ自動的に振り替えられるので、普通預金と同じように利息が付きます。

【アグリゲーション機能】

アグリゲーション機能とは、SBI証券総合口座残高表示機能のことで、住信SBIネット銀行のWEBサイトで、SBI証券の預り残高を見ることが出来ます。

ただし、事前に申し込み(無料)が必要です。

【利息が毎月受取れる】

MRFの分配金と同じように、毎月預金利息の入金があります。

このように見ていくと、MRF金利が付かない今、「SBIハイブリッド預金」は、かつてのMRFとほとんど変わらない機能を持った預金と言えるでしょう。

住信SBIネット銀行「SBIハイブリッド預金」を利用するには

このように、「SBIハイブリッド預金」はMRFの機能を持ちつつ、住信SBIネット銀行と連携しているのでMRF金利と違い、利息も付きます。

それでは、住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」を利用するにはどうしたら良いか、ご紹介していきましょう。

①住信SBIネット銀行とSBI証券の口座が必要です。

②申し込みは無料、WEBサイト上で簡単に手続き出来ます。

口座開設にはマイナンバーが必要です。

マイナンバーの提出は、WEBでアップロードするのがおすすめですが、郵送で行うことも出来ます。

SBI証券の口座は、店頭や電話でも開設可能です。

③「預り金自動スィープサービス申し込み」や「アグリゲーション機能の申し込み」など、必要な申し込みは同時に行っておきましょう。

これで、住信SBIネット銀行とSBI証券を連携させ、「SBIハイブリッド預金」を利用することが出来ます。

MRF金利の替わりになる!?SBIの「スマートプログラム」

「SBIハイブリッド預金」のサービスに「スマートプログラム」があります。

「スマートプログラム」とは、商品やサービスの利用状況に応じてランク分けされ、現金やJALのマイルに交換できるスマプロポイントが貯まり、ATMや振込の手数料が無料で利用出来る優遇サービスです。

【スマプロポイント】

・外貨預金と仕組預金の月末残高合計300万円以上で、100ポイント

・給与や年金の受け取りか、定額自動入金サービスのいずれか利用で、30ポイント

・外貨積立を月1万円以上の積立で、10ポイント

・JCB(ミライノ カード)、月内引落金額合計5万円以上で、100ポイント

・口座振替=銀行引き落しで、5ポイント

・純金積立を月5千円以上積立で、10ポイント

このようにして貯めたポイントは、1ポイント=1円相当として使うことが出来ます。

また、JALのマイルに交換する場合は、100ポイント=40マイル相当として反映されます。

「SBIハイブリッド預金」も高金利ですが、給与受け取りやクレジットカードカードなどの引き落としでもポイントが貯まるのはうれしいですね。

このようなサービスを活用することで、かつてのMRF金利を上回る利益を得ることも、期待出来るかもしれません。

MRF金利の替わりにSBIの「スマートプログラム」を活用

前項では、「SBIハイブリッド預金」の「スマートプログラム」のポイントについてご紹介しました。

次にご紹介するのは、商品やサービスの利用状況に応じて決められる「ランク」についてです。

【スマプロランク】

次のいずれかの条件を満たすと基本ランクとなり、クレジットカード利用でランクアップされ、その合計で適用ランクが決まります。

《ランク2》

・月末の総預金残高が、30万円以上

・ロボアドバイザーの月末資産運用残高が、10万円以上

・30歳未満

《ランク3》

・月末の総預金残高が、300万円以上

・住宅ローンの月末残高あり

・ロボアドバイザーの月末資産運用残高が、100万円以上

《ランク4》

・外貨預金と仕組預金の月末合計が、500万円以上

・住宅ローンの月末残高あり+外貨預金と仕組預金の月末合計、300万円以上

※ロボアドバイザーとは、最新のAIを利用して投資助言を行うロボットのことです。

ランク2と3に関しては、他のサービスを複数利用するこで条件を満たすことが出来ます。

いずれにしても、ここでご紹介しきれない条件があります。

その中には、出来るだけサービスが受けやすいように工夫されている条件もあります。

詳しくは、WEBでチェックしてみてください。

先程もお話ししたように、このようなサービスを活用すれば「SBIハイブリッド預金」が、かつてのMRF金利替わりになるかもしれません。

こんなにお得!SBIの「スマートプログラム」!

ランクが決まると、受けられるサービスも変わってきます。

《ランク2》

・ATM利用手数料無料回数、月5回

・他の金融機関宛振込手数料無料回数、月3回

《ランク3》

・ATM利用手数料無料回数、月7回

・他の金融機関宛振込手数料無料回数、月7回

《ランク4》

・ATM利用手数料無料回数、月15回

・他の金融機関宛振込手数料無料回数、月15回

また、いずれのランクも、住信SBIネット銀行の口座と住信SBIネット銀行の口座宛の振込手数料は、無料回数無制限です。

ランク外であっても、ATM利用手数料は月2回、他の金融機関宛振込手数料は、月1回無料で利用出来ます。

ネット銀行ですと、ATM利用手数料が気になるところですが、このように無料回数が増えるのは助かりますね。

「SBIハイブリッド預金」は、証券口座を持つことになりますが、投資の機能はまったく利用しなくてもサービスが受けられます。

そのため、MRF金利が付かなくなって、投資に興味がなくなってしまった方でも、「SBIハイブリッド預金」のさまざまなサービスは受けられます。

SBI証券の口座を持っている方は、口座を眠らせておかないで、「SBIハイブリッド預金」で活用してみてはいかがでしょうか。

「SBIハイブリッド預金」は便利でお得!

低金利時代になって久しくなりますが、ご紹介したように「SBIハイブリッド預金」を上手に活用することで、資産運用をMRFとほとんど変わりなく行うことが出来ます。

MRF金利は0%になってしまいましたが、「SBIハイブリッド預金」であれば優遇金利も受けられますし、ポイントも付くので、利用の仕方によっては、かなりお得です。

投資に興味のある方は、まずは口座を作って、サービスを活用することから始めてみるのも良いかもしれませんね。