ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

MRF金利0%時代の救世主!?「SBIハイブリッド預金」とは?

2019.9.1

2016年2月、マイナス金利が導入され、今では「高利回り低リスク」を謳っていたMRF金利も0%です。

その後、各証券会社がMRF金利を補うような独自のサービスを打ち出してきています。

しかし、それよりも以前に、いち早く独自のサービスを展開したのが、SBI証券です。

それでは、「MRFよりも便利でお得」な「SBIハイブリッド預金」についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

株式投資初心者へ!空売りの仕組みと銘柄の探し方を解説!

株式投資初心者の方の中には、「空売り」のことをご存知ない方も多いと思います。 「株価が上がるこ...

株取引で大損し、2017円が1217円に?信用取引には要注意!

「株で一儲けしたい!」「一発逆転したい!」「勝ったお金で旅行に行きたい!」と考えている株初心者もいる...

「株」の意味がわからない方必見!株について簡単に解説!

テレビや雑誌などで目にしたり耳にすることも多い「株」という言葉。 そもそも「株」の意味がわから...

金ETFをはじめるなら「チャート」の見方を覚えよう!

ご自分の資産を運用したいとお考えなら、金ETFをおすすめします。 金ETFとは、金価格に連動し...

日経225オプションとはどんなもの?ブログから学ぼう!

「日経225オプション」とはどんな投資か知っていますか? これから投資を始めたいという方や、投...

FX専業トレーダーがブログを書くには?利点や欠点について!

FXの専業トレーダーの中には、FXブログを毎日欠かさず書いている方も多いですよね。 始めは読者...

NISA口座で投資をはじめてみよう!おすすめの銘柄もご紹介!

年々開設する人が増加傾向にある、NISA口座。 メリットが多いことからNISA口座を開設し...

MRF新規買付終了!高い金利を狙うには?SBI証券で証券投資!

証券投資をされる方にとっておなじみの商品であったMRFですが、ほとんどの証券会社で運用が終了とな...

その他資本剰余金からの配当!源泉徴収されないのはなぜか?

超低金利時代の今、銀行預金の代わりに株に投資している人も多いのではないでしょうか。 売買益の他...

本物の金には必ず刻印がある!750の意味と価値とは

金の価値を決めるのはその含有量にあります。 金でできたジュエリーなどには、K18、K24、750や...

ファンドとはどんな金融商品のこと?ファンド型保険とは?

投資のための金融商品には様々なものがありますが、その中のひとつにファンドがあります。 ファンド...

業者で変わる?スプレッドと取引手数料がもたらす利益の違い

FXでは、カタカナやアルファベットの聞きなれない用語が頻繁に出てきます。 FXという言葉自体もそ...

FXで大損しないために!そのリスクと回避方法について知る!

FXは一般的に、危険でギャンブル的な印象が強く、実際に、大損をしている方が多いのも事実です。 ...

夫婦の収入合わせて年収400万でマイホームを買えるのか?

この記事では、夫婦で年収400万円でも、マイホームを買うことができるのか。 また、無理なく支払いをし...

スプレッド比較でFX会社を選ぶには?その注意点もチェック!

FXで取引をする上では、そのFX会社に対して、取引コストである「スプレッド」を支払わなければなり...

スポンサーリンク

MRF金利とSBIハイブリッド預金について

マイナス金利導入よりもだいぶ早い2011年6月4日、SBI証券はMRFの新規買付を終了しました。

それは、SBI証券の顧客を、同じSBIグループの住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」に誘導するためだと考えられます。

SBI証券は、MRF新規買付の終了と同時に住信SBIネット銀行と連携し、MRFよりも便利でお得なSBI証券の「SBIハイブリッド預金」をはじめました。

そして、同年6月27日には、既存顧客のMRFの取り扱いも停止し、8月9日にはMRFの残高を強制解約して、すべて「預り金」としました。

この時点で、SBI証券のMRF金利はすべて0%になったのです。

2011年6月10日のMRF金利は、平均で0.0733%でした。

かつて、MRF金利は平均で0.4681%だったこともあるのですが、2011年当時はずいぶん下がっていました。

しかし、それでも普通預金に比べれば、悪くない金利です。

「SBIハイブリッド預金」は、MRF金利よりも高い金利を目指すとしていて、2011年6月の金利は0.120%と、MRF金利を上回っていました。

後にMRF金利が「SBIハイブリッド預金」を上回ったこともあったのですが、その後、マイナス金利が導入され、前述したようにMRF金利は0%になり、「SBIハイブリッド預金」の金利は、2016年5月から現在まで0.010%をキープしています。

MRF金利よりもお得な「SBIハイブリッド預金」とは?

それでは、住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」について、詳しく見ていきましょう。

【株式・投資信託取引に使える】

預り金自動スィープサービスにより、SBI証券に預けてある待機資金は、自動的に住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」へ資金移動されます。

また、「SBIハイブリッド預金」の残高は、SBI証券の買付余力に「自動的に」反映されます。

【信用取引で使える】

追加保証金等、自動振替サービスを事前に申し込んでおけば、SBI証券での信用取引で、追加保証金が必要になったとき、住信SBIネット銀行の普通預金からSBI証券の証券口座に、自動で振り替えてくれます。

【買付余力に利息が付く】

取引に使わない買付余力金は、「SBIハイブリッド預金」へ自動的に振り替えられるので、普通預金と同じように利息が付きます。

【アグリゲーション機能】

アグリゲーション機能とは、SBI証券総合口座残高表示機能のことで、住信SBIネット銀行のWEBサイトで、SBI証券の預り残高を見ることが出来ます。

ただし、事前に申し込み(無料)が必要です。

【利息が毎月受取れる】

MRFの分配金と同じように、毎月預金利息の入金があります。

このように見ていくと、MRF金利が付かない今、「SBIハイブリッド預金」は、かつてのMRFとほとんど変わらない機能を持った預金と言えるでしょう。

住信SBIネット銀行「SBIハイブリッド預金」を利用するには

このように、「SBIハイブリッド預金」はMRFの機能を持ちつつ、住信SBIネット銀行と連携しているのでMRF金利と違い、利息も付きます。

それでは、住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」を利用するにはどうしたら良いか、ご紹介していきましょう。

①住信SBIネット銀行とSBI証券の口座が必要です。

②申し込みは無料、WEBサイト上で簡単に手続き出来ます。

口座開設にはマイナンバーが必要です。

マイナンバーの提出は、WEBでアップロードするのがおすすめですが、郵送で行うことも出来ます。

SBI証券の口座は、店頭や電話でも開設可能です。

③「預り金自動スィープサービス申し込み」や「アグリゲーション機能の申し込み」など、必要な申し込みは同時に行っておきましょう。

これで、住信SBIネット銀行とSBI証券を連携させ、「SBIハイブリッド預金」を利用することが出来ます。

MRF金利の替わりになる!?SBIの「スマートプログラム」

「SBIハイブリッド預金」のサービスに「スマートプログラム」があります。

「スマートプログラム」とは、商品やサービスの利用状況に応じてランク分けされ、現金やJALのマイルに交換できるスマプロポイントが貯まり、ATMや振込の手数料が無料で利用出来る優遇サービスです。

【スマプロポイント】

・外貨預金と仕組預金の月末残高合計300万円以上で、100ポイント

・給与や年金の受け取りか、定額自動入金サービスのいずれか利用で、30ポイント

・外貨積立を月1万円以上の積立で、10ポイント

・JCB(ミライノ カード)、月内引落金額合計5万円以上で、100ポイント

・口座振替=銀行引き落しで、5ポイント

・純金積立を月5千円以上積立で、10ポイント

このようにして貯めたポイントは、1ポイント=1円相当として使うことが出来ます。

また、JALのマイルに交換する場合は、100ポイント=40マイル相当として反映されます。

「SBIハイブリッド預金」も高金利ですが、給与受け取りやクレジットカードカードなどの引き落としでもポイントが貯まるのはうれしいですね。

このようなサービスを活用することで、かつてのMRF金利を上回る利益を得ることも、期待出来るかもしれません。

MRF金利の替わりにSBIの「スマートプログラム」を活用

前項では、「SBIハイブリッド預金」の「スマートプログラム」のポイントについてご紹介しました。

次にご紹介するのは、商品やサービスの利用状況に応じて決められる「ランク」についてです。

【スマプロランク】

次のいずれかの条件を満たすと基本ランクとなり、クレジットカード利用でランクアップされ、その合計で適用ランクが決まります。

《ランク2》

・月末の総預金残高が、30万円以上

・ロボアドバイザーの月末資産運用残高が、10万円以上

・30歳未満

《ランク3》

・月末の総預金残高が、300万円以上

・住宅ローンの月末残高あり

・ロボアドバイザーの月末資産運用残高が、100万円以上

《ランク4》

・外貨預金と仕組預金の月末合計が、500万円以上

・住宅ローンの月末残高あり+外貨預金と仕組預金の月末合計、300万円以上

※ロボアドバイザーとは、最新のAIを利用して投資助言を行うロボットのことです。

ランク2と3に関しては、他のサービスを複数利用するこで条件を満たすことが出来ます。

いずれにしても、ここでご紹介しきれない条件があります。

その中には、出来るだけサービスが受けやすいように工夫されている条件もあります。

詳しくは、WEBでチェックしてみてください。

先程もお話ししたように、このようなサービスを活用すれば「SBIハイブリッド預金」が、かつてのMRF金利替わりになるかもしれません。

こんなにお得!SBIの「スマートプログラム」!

ランクが決まると、受けられるサービスも変わってきます。

《ランク2》

・ATM利用手数料無料回数、月5回

・他の金融機関宛振込手数料無料回数、月3回

《ランク3》

・ATM利用手数料無料回数、月7回

・他の金融機関宛振込手数料無料回数、月7回

《ランク4》

・ATM利用手数料無料回数、月15回

・他の金融機関宛振込手数料無料回数、月15回

また、いずれのランクも、住信SBIネット銀行の口座と住信SBIネット銀行の口座宛の振込手数料は、無料回数無制限です。

ランク外であっても、ATM利用手数料は月2回、他の金融機関宛振込手数料は、月1回無料で利用出来ます。

ネット銀行ですと、ATM利用手数料が気になるところですが、このように無料回数が増えるのは助かりますね。

「SBIハイブリッド預金」は、証券口座を持つことになりますが、投資の機能はまったく利用しなくてもサービスが受けられます。

そのため、MRF金利が付かなくなって、投資に興味がなくなってしまった方でも、「SBIハイブリッド預金」のさまざまなサービスは受けられます。

SBI証券の口座を持っている方は、口座を眠らせておかないで、「SBIハイブリッド預金」で活用してみてはいかがでしょうか。

「SBIハイブリッド預金」は便利でお得!

低金利時代になって久しくなりますが、ご紹介したように「SBIハイブリッド預金」を上手に活用することで、資産運用をMRFとほとんど変わりなく行うことが出来ます。

MRF金利は0%になってしまいましたが、「SBIハイブリッド預金」であれば優遇金利も受けられますし、ポイントも付くので、利用の仕方によっては、かなりお得です。

投資に興味のある方は、まずは口座を作って、サービスを活用することから始めてみるのも良いかもしれませんね。

 - 投資, 投資信託