ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

無駄の無い間取りを実現!階段下トイレのデメリットと対策法

2019.7.19

新築などで間取りを決める際、階段下などのデッドスペースをトイレにしようと考える方もいるでしょう。

これは無駄のない間取りとも言えますが、デッドスペースゆえのデメリットもあります。

今回は、そのデメリットに対する対策法をご紹介していきます。

階段下をトイレにする間取りに決めて後悔することのないよう、しっかりと対策していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

建てるも住むも軽量鉄骨が有力?アパートは地震の想定がカギ

日本では、過去を遡れば大きな地震による甚大な被害が幾度となく記録されています。 そのため、アパ...

「モルタル造形」にチャレンジ!ポイントはセメントの配合!

皆さんは、「モルタル造形」をご存知でしょうか。 建物の壁や塀などにモルタルを塗って、その上にコ...

軽量鉄骨の家と重量鉄骨の家はどう違う?遮音性や耐震性は?

賃貸物件を探していると、建物の構造も部屋を選ぶポイントとなるでしょう。 建築物は「木造」「軽量...

サイディング外壁の仕上がりに差が出る!釘頭のタッチアップ

新築のときは綺麗だった外壁も、築年数を重ねていくと劣化が目立ってきます。 しかし、できることな...

ドアを「開ける音・閉める音」によるトラブルを解消する方法

みなさんは、騒音トラブルに悩まされたことはありませんか。 細心の注意を払って家探しをしても、隣人と...

お洒落なモルタル床にdiyしよう!モルタルの特徴も知りたい

モルタルはコンクリートによく似た素材で、建設業界ではお馴染みの材料です。 一般の人が使用す...

濡縁って何?同じ木材製のウッドデッキとの違いはどこに!?

若い世代のみなさんは「濡縁(ぬれえん)」という言葉を聞いたことがありますか。 濡縁とは、家...

軽量鉄骨造等の耐用年数と国税庁の定める減価償却方法とは?

建物は、基本的には鉄筋コンクリートや軽量鉄骨、または木などで造られており、それぞれに耐用年数が決めら...

後から気付いた窓やインテリアの問題はDIYで対策可能

家を新築された方、近年賃貸に住み始めた方、同じ家に住んでずいぶん経つ方、どんな状況かに関わらず、おう...

S造はRC造と違い、耐火被覆をすることで耐火構造となる構造

地震や自然災害の猛威で、建物の安全性が強く問われている昨今です。 耐震性能はもちろん、耐火性能...

オール電化?ガス併用?変更するならどちらがよりお得なの?

わが家はオール電化と言ったら、うらやましいという言葉を聞きますが、なぜでしょうか。 そこで、オール電...

w造やs造とはどんな構造?耐火性や耐震性はあるの?

物件を探しているとき、部屋の間取りももちろん大切ですが、その物件の構造も重要なポイントの一つとな...

サイディング外壁はビスが懸念材料に?施工期間の長さは?

最近人気のサイディング外壁は、種類も豊富にあり、選ぶ楽しさも魅力ですよね。 一方、他の外壁材と...

オートロックには暗証番号がある?見抜かれる共通の番号は?

防犯に対する意識が高くなり、オートロック付きの物件は常に人気の条件として挙げられます。 ストーカ...

窓用エアコンは静かなの?メリットや選び方などを見てみよう

近年、とても暑い夏、とても寒い冬と体に堪える気候ですよね。 そんな時に役立つ家電といえば「エアコ...

スポンサーリンク

階段下の複雑な形状を逆手に取る!デットスペースをトイレに

階段下といえば、他のスペースに比べ複雑な形状をしている場合が多いものです。

階段下ゆえ、傾斜のある天井などが特徴であり、他のスペースに比べ使用しづらい部分があります。

しかし、住宅の施工にかかる費用などを考えると、デットスペースとも言える階段下も、無駄にせず何か有効活用できないかと考える人もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、階段下をトイレにする間取りです。

階段下の天井は傾斜があり、一番低い位置では狭さも感じます。

これは一見、頭を天井にぶつけたりして邪魔なのではないかと感じるかもしれません。

では実際、階段下をトイレにする間取りをイメージしてみだください。

トイレの便器を、傾斜のある天井の低い位置の下に設置したとします。

次に、トイレでの行動を思い浮かべてみましょう。

トイレの便器は、女性であれば座って使用することが多いです。

反対に男性の場合、立って使用することもありますが、その立つ位置は傾斜のある天井の高い位置になります。
つまり、天井に頭をぶつけたりする可能性は低いのではないでしょうか。

またトイレでは、立つ、座る以外の歩き回るような行動も取りません。

その行動の少なさを利用した間取りが、階段下をトイレにするというものなのです。

階段下がトイレの間取りのデメリット①収納の確保が難しい

階段下をトイレにする間取りは、デッドスペースを有効活用する良いアイデアと言えるでしょう。

しかし、先述した通りトイレでの行動を妨げることはなくとも、傾斜のある天井は圧迫感を感じるのも事実です。

また、それ以外にもデメリットとなることがあります。

まず挙げられるのが、収納スペースの確保が難しいということです。

階段下の天井の高い位置のスペースは、棚を設置するなどして有効活用できるように思う方もいるでしょう。

しかし、傾斜の高い位置の近くは出入り口となる場合がほとんどで、ドアの開閉を考えると、ドアより高い位置の壁に棚を取り付けなければなりません。

背の高い男性などであればその棚に手が届くでしょうが、女性など小柄な方では手が届かないということも考えられます。

トイレはその住宅に住む方全ての共有スペースであるため、誰にとっても使い勝手のよい空間でなければなりません。

また、階段下は横幅が狭いことが多く、トイレの床に置き型の棚を置くのも厳しいでしょう。

そのため、階段下にトイレがある間取りの場合、トイレ内の収納スペースをどのように確保するかが課題となります。

では、どのようにして収納スペースを確保すればよいのでしょうか。

階段下がトイレの間取りはニッチで収納を確保

階段下のトイレの収納を確保するためにおすすめなのがニッチです。

ニッチは、壁にくぼみを作ることでそこを様々な用途に使用することができるスペースです。

大きめのニッチであれば、トイレットペーパーなどの場所を取るものも、すっきりと収納することができるでしょう。

しかし、階段下のトイレが外壁に面している場合には注意が必要です。

外壁には断熱材が使用されていることが多く、その断熱材がニッチを作る際に妨げになることがあるのです。

そのため、断熱材を使用していない場合や、もし使用していたとしてもその断熱材を薄くしてニッチのスペースを確保することが求められます。

断熱材を薄くすることは、すなわちトイレの断熱性が低くなることにもなります。

ニッチを作るか、断熱材をどうするかなど、間取りを決める時点で施工会社とよく相談するようにしてください。

階段下がトイレの間取りのデメリット②照明選びが難しい

先述した収納の確保が難しいことに加え、階段下がトイレの間取りのデメリットはまだあります。

それは、階段下にトイレがある間取りの場合、トイレに取り付ける照明が限られているという点です。

階段下のトイレの天井に照明を取り付ける場合、天井の高さを確保するため配線を中央に通すことが少ないものです。

つまり、本来ならば天井の中央に取り付けるはずの照明が取り付けられないということになります。

そのため、天井ではなく壁の高い位置に照明を取り付けるなどの必要があるのです。

壁に取り付ける照明にはブラケット照明などがありますが、それではなく自分好みの照明を取り付けたいと考える方もいるでしょう。

また先述した通り、階段下にトイレがある間取りは、トイレのスペースが狭くなる傾向があります。

それゆえ、照明に大きなものやインパクトのあるものを選ぶと、圧迫感を感じる場合もあるでしょう。

それらを防ぐには、どのような方法があるのでしょうか。

間接照明で階段下のトイレを暖かみのあるスペースに

階段下にトイレがある間取りの場合、間接照明がおすすめです。

例えば、壁の低い位置のどこかに間接照明を取り付けてみてはいかがでしょうか。

トイレに陰影が生まれ、夜などでは暖かみのあるスペースに生まれ変わります。

照明の電球を暖色にすれば、なお柔らかさが増すでしょう。

しかし、間接照明は対象とするものを直接照らすものではないため、便器周辺が暗くて見えづらいのではという懸念もあるかもしれません。

その場合には、暖色より白色の電球を使うのもおすすめです。

暖色に比べ暖かみは劣りますが、高齢の方などが住んでいる場合、白色の電球の方が見やすく、トイレを使用しやすいです。

また、長い形の照明を取り付けることも、トイレ内を広範囲に照らすことに役立つでしょう。

トイレは1人で過ごす空間のため、落ち着いた雰囲気を演出したいものです。

間接照明をどの位置に取り付ければどのようにトイレを照らすことができるのか、施工会社にアドバイスを求めるのも良いでしょう。

新築を建てる方必見!階段下を洗面スペースにする間取り

ここまで、階段下をトイレにする間取りについてお話ししてきました。

階段下は、トイレだけでなく収納スペースとして有効活用している方も多いです。

それに加え、階段下を有効活用できる間取りは他にもあります。

それは、階段下を洗面スペースにする間取りです。

洗面台は高さがあるため、もし階段下を洗面スペースにするなら、傾斜のある天井の高い位置に設置すると良いです。

また、洗濯機はそれほど高さがないため、傾斜のある天井の低い位置に設置するのがおすすめです。

その場合、ドラム式洗濯機であればなお高さが必要ないため良いでしょう。

このように、階段下は間取りの工夫により様々な有効活用ができます。

これから新築を考える方などの参考にして頂くと良いでしょう。

階段下のトイレには狭さなどの対策を

新築などで間取りを決める場合、どうしても階段下などのデッドスペースができてしまうことに気付きます。

階段下を壁で塞いですっきりと見せることも良いですが、できればそこをトイレなどにして有効活用したいものです。

しかし、階段下は複雑な形状をしているため、狭さや使用のしづらさに対策を行なわなければなりません。

今回ご紹介した方法に加え、便器をタンクレスのものや手洗い付きのものを選ぶことも狭さの対策になります。

また、トイレのドアを折れ戸にすると、トイレの出入りがスムーズになりますのでおすすめです。

 - 建物, 間取り